CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年08月08日

【開催報告】7/27 第2回西東京サロン@柳沢公民館、開催しました!

こんにちは。西東京サロンのサポーターをしております、若林美保です。
人口19万人の西東京市から3年連続ファシリテーターが誕生し、今年度もサロンを開催。
毎年できるってすごいことですよね!
私もサポーター活動3年目となりました。

少し前に西東京チームの紹介文を依頼され、「NECワーキングマザーサロン・メールレター」に掲載されたものを、編集部の了解を得てご紹介します。

Q:チームにサブタイトルをつけるとしたら?
A:「思いをひとつに!あったか舞台を創る、西東京チーム」


Q:その理由は?
A:ファシリテーターのがーこちゃんは、
フリップを見せるのに紙芝居の「舞台」を使います。
(これです↓)


P1030732.JPG

がーこちゃんのあったかいファシリテーションによって
主役である参加者のみなさんがリラックスして自由に言葉を紡げるよう、
サポーターひとりひとりが舞台づくりをしている気持ちで運営しています。
そんな西東京サロンに、ぜひいらしてください★


今年度はこの9人でお待ちしております!(私は後列一番右です)

1044790_391329777644067_2135264703_n.jpg

さて、ご報告が遅れましたが、7/27には第2回目の西東京サロンを開催しました。
赤ちゃん連れの方が3人。市外からの方もいらっしゃいました。
みなさん、お暑いなかありがとうございました。

2人組のシェアリングの辺りから、雰囲気がぐっと和やかになってきました。

P1030737.JPG

全体シェアリングでは、産後間もない方が多かったこともあり、パートナーシップの話題が熱かったです。
はたらくことを考える上では、パートナーシップは避けて通れないですよね。

・「育児を『手伝う』」という言葉は、パートナーに当事者意識がないのでは。子育ては2人でするもの。

・どちらかが我慢していると、子どもがその対等ではないパートナーシップを見て育ってしまう。


また、
・父親は父性が芽生えるのが母親よりも遅いのでは?

という話から、パートナーの子どもへの関わり方についての話も。
うちではこんな風にしてるよ、とか、こんな声かけもいいよ、など。

私は産後もうすぐ6年になります。
6年も経てば産後の大変だった時期の記憶も薄れてきますが、
当時はこれがいつまで続くんだろう…と思いました。
夫の帰宅が深夜、実家も友人も近くにおらず、平日は一人きりの子育て。
マドレボニータの産後クラスには妊娠中から通っていました。
産後も通うことを目標にし、産後にも2クール通ったからこそ、心身の健康を保てていたんだな…と振り返って感じます。

当時は夫と会話する時間もなく、コミュニケーションが取れていませんでした。
でも、産後クラスに通いこのサロンと同じ「シェアリング」をし、パートナーシップを考えたことで、
「今はできていないけど、コミュニケーションを諦めないこと」は、心の根底にずっとあり続けた気がします。
そういう思いがあるかないかで、数年後の今の状況は違っていたのではないかな?と思います。

思いを伝え合う手段は「会話をすること」だけではないはず。
ふたりで一番いい方法を見つけていくのも、産後の楽しみのひとつなのかもしれません。

最後はみなさんで集合写真です。

P1030743.JPG

参加者のかたからサロン後に頂いたメールをご紹介します。

先日のWMSは、パートナーについて仕事について深く考えた時間でした。

夫婦のあり方や2人の子の母である私自身、仕事の両立・・・・・
自分の中で整理するきっかけができました。

ありがとうございました


サロンに参加したら答えがもらえる…?わけではありません。
色々な状況の方が集まって思いを話す、聴く。
自分に照らし合わせて考える、自分とは違うはたらきかたや価値観を知る…。
そんな時間の中で感じたことが、その後の自分自身の答えや選択につながっていくのではないでしょうか。
サロンはご自身の本当の気持ちを知ったり、整理したりするきっかけにもなりますね。

終了後数日、数ヶ月かけてじわじわと感じたり気持ちに変化が起きたりするのも、サロンのいいところです!

西東京サロン、8月も開催します。今年度初めての保谷開催です!
保谷駅前なので、西武池袋線沿線の方もぜひいらしてくださいね。
残席少なくなってきましたのでお早めに!

【今後のサロンのご案内】

◆8月24日(土)10:00〜12:00(残席4

西東京市保谷駅前公民館 (西武池袋線保谷駅南口直結)


アクセスはこちら


※2013年1月26日以降に生まれた赤ちゃんは同伴いただけます。

◆9月19日(木)10:00〜12:00

清瀬市コミュニティプラザひまわり 1F集会室(和室)


(協力:NPO法人ウイズアイ)

アクセスはこちら


※2013年2月21日以降に生まれた赤ちゃんは同伴いただけます。
※2013年2月20日以前に生まれた赤ちゃんは、別料金(2時間1000円)にて
託児がつけられます!託児希望の方はその旨お伝えください!

◆9月29日(日)10:00〜12:00

西東京市谷戸公民館 2F和室

(西武新宿線田無駅・西武池袋線ひばりヶ丘駅よりバス「谷戸小学校前」)


アクセスはこちら


※2013年3月3日以降に生まれた赤ちゃんは同伴いただけます。
※こちらは託児はありませんのでご注意ください。
 3月2日以前にお生まれのお子様は信頼できる方にお預けになってご参加くださいね。

●お申し込みはこちらの専用フォームから●


【参加費】500円(資料として「マドレ式ワーキングマザーの教科書」をお渡しします)

【連絡先】お気軽にお問い合わせくださいね。

 WMS西東京(担当:保坂・吉村)

 wms.nishitokyo@gmail.com


チームメンバー一同、サロンでお会いできるのを楽しみにしております!

(文責:西東京サロンサポーター 若林美保)

☆私の「ワーキングマザーサロンに参画する思い」☆サポーター・みっきーの場合

こんにちは。サポーターの岸香(のい)です。
のい.jpg
サロンも中盤にさしかかってきましたね。毎回いろいろな気づきがあり、
ますます盛り上がっている城北チームです。

今回は私が、ともに活動参画しているサポーターの駒崎美紀さん(みっきー)に、
「サロンに参画する想い」を聞いてきました!

みっきー1.jpg

−−現在は、2人目の育休中のみっきー。サロンに出会ったきっかけは?

 1人目の育休が終了する寸前、復職目前で、とにかく不安でした。
育休中、育児だけでこんなに時間がないのに、これで本当に働けるのだろうか?
両立できるのか?とても不安で、夫に相談し、友人にヒアリングして、
復職後の生活のスケジュールをたてたり、
夫と家事分担や民間のいろいろなサービスについて調べたりしました。
それだけでなく、やはり、同じようなワーキングマザーの生の声を聴きたい!
悩みを共有し、語る場に参加したい!という思いが強くなりました。
そんなとき、マドレボニータの産後クラスを受講した際に教えていただいた
このサロンを思い出し、“コレダーー!!”と思って参加したんです。

−−実際に参加して“コレダーー!!”という想いに間違いはなかったですか?
 
 むしろ参画すればするほど、場の重要性を感じ、ますます熱くなっています(笑)
初サロンの感想は、さまざまな働く女性が参加し、語り合い、
ママ友の雑談とは全然異なるのが、すごく新鮮でした!
復職について悩んでいたこともシェアし、いろいろなアドバイスを受けるとともに、
自分はどうしたいか考えることができて……。
育休中は、子ども中心の毎日で、会話もほとんど子どものことばかり。
児童館などが主催する集まりも、子どもの手遊びなど子ども中心のイベントばかりで、
一社会人として高めあうような、そんな場はなかなかありませんでした。

実は私は、1人目の産後4カ月でマドレボニータの産後クラスを受講。
シェアリングをした際に、
「自分が自分であることを忘れ、この子の母親としてだけ存在してしまっている自分」
気づいたんです。母親であることももちろん大事ですが、
その前に、「自分が一人の女性として、どうしたいか」を考えることが私には必要だと感じました。
復職後は復職後で、そこで生じた想いや悩みなどを語る場が必要ですし、
サロンのような場がまだまだ少ないし、社会的に必要だと強く感じました。

−−もともと、“人のためになるお仕事がしたい”と、公務員として働いていたみっきー。
“私“として語ることの重要性に気づいて、地域のネットワークづくりにもなるような
ワークショップの企画運営に携わるなど、積極的に場をつくる活動をするようになったとか。
ずばり、今回“サロンに参画した理由”は?

 
現在2人目の育休中ですが、育児が忙しい中でも、挑戦をしつづけたいと思いました。
その挑戦の一つが、このサロンのサポーターです。
自分自身、子育てしながら仕事をすることで、働き方への不安もさまざまで、
仕事と育児の両立だけでなく、昇進に対する不安などの壁にぶつかり、
それらを乗り越えるには、対話が必要だと感じています。
幼い子どもたちの育児をする時期は「本来自分がこうありたい」と思う姿を思い描いても、
“やれない、無理”とあきらめてしまいがち。
でも、子どもがいるからって、なりたい自分への自己実現を諦めるのはもったいないし、
それは違うと思う。
語る場は、そうした自己実現にむかう第一歩として、
行動を踏み出す場
であると思っています。
同じような境遇の方が、以前の私のように、このサロンで元気をもらい、
勇気づけられ、仕事や家庭でイキイキと自己実現できますように、そう思って参画しました!


−−私もサロンに出るたびに元気や勇気をもらっています♪
みっきー、ありがとうございました。サロンは11月まで続きます!
ぜひ興味のある方は足を運んでみてくださいね!


【文責:岸かおり(のい)】

≪連載≫☆私の「ワーキングマザーサロンに参画する思い」☆
第1回:ファシリテーター吉田紫磨子
第2回:オフィシャル・サポーター 竹下浩美
第3回:オフィシャル・サポーター遠山薫
第4回:オフィシャル・サポーター小野寺佳代子
第5回:オフィシャル・サポーター岸かおり
第6回:オフィシャル・サポーターみっきー
 続く...

≪開催スケジュール≫ワーキングマザーサロン城北(練馬、板橋、北区)
 第1回:6/9(日)赤羽<開催報告です>
 第2回:6/25(火)成増<開催報告です>
 第3回:7/2(火)練馬<開催報告です>
 第4回:7/13(土)赤羽<開催報告です>
 第5回:8/3(土)赤羽<開催しました>
 第6回:8/27(火)王子<定員になりました>
 第7回:9/3(火)練馬お申し込みフォーム
 第8回:9/14(土)赤羽お申し込みフォーム

 詳細はワーキングマザーサロンの公式ブログでご確認くださいね☆