CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年08月01日

【開催報告】7/28(日)世田谷サロン第2回目を開催しました!

こんにちは!
ワーキングマザーサロン世田谷チーム公式サポーターの佐藤まりこです。

mariko.jpg

7月28日(日)世田谷チーム2回目のサロンを下北沢にて開催いたしましたので
ご報告いたします。

ファシリテーターはめがねっ娘「ひろちゃん」こと土本広美さん。
土本広美
彼女の優しい笑顔がそうさせるのか?
世田谷サロンは毎回、自然とあたたかい雰囲気のサロンに仕上がっております。

日当たりも良く、花柄マットが明るさを更に強調した会場にて
集まった4名の参加者と2名のサポーターの計6名で輪を作り、
「母となってはたらく」について語り合いました。

今回の参加者は未妊・専業主婦・就業中とバラエティに富んでおり、
それぞれの立場から自分の想いを語ってくださり、
「こんな考え方もあるんだ!」「うんうん、あるある!」「なるほど!」
と聞いていて考えさせられることが多く、とても充実した時間となりました。

今回、私はカメラマンとして参加したのでシェアリングの輪の中には入らなかったのですが、
外から聞いていて「あぁ、語りたいっ!!」「うんうん、そうだよね!」と思わず
声がでてしまいそうになる位、充実した内容のサロンとなりました。
写真を撮りながら、何度か声を出して笑ったり頷いていたことはナイショです。

全体シェアリングにて心に残ったフレーズ、エピソードを紹介したいと思います。

*パートナーに育児をしてもらうことへの罪悪感
協力的なパートナーのおかげで、
育児と仕事の両立ができているのだけど・・・


「まかせてくれて大丈夫だよ。」と言ってもらえているのに、
なぜか悪いなぁと思ってしまい、いつも落ち着かない。この居心地の悪さの正体は…?

「男性(父親)はもっとバリバリ働くべきなのではないか?」
「(母親である)自分ももちろんキャリアアップしたいが、
女性はやはり育児に重点をおくべきでは?」
という固定概念が根底にあるのではないか?と話が進んでいきました。

せっかく「任せて!」と言ってくれているのだから、相手をもっと信頼して、
完全に預けてしまって大丈夫では?
不安や心配なことを考えてもきりがないので、
ある程度線引きしてゆだねることも必要なのでは?
というアドバイスが飛び交いました。
IMG_5223.JPG


*子供を保育園に預けて働くことは可哀想なことなのか?
パートナーから「可哀想と思わないの?」と言われてしまって・・・

すでに子供を保育園に預けて復職している母たちからは
「入園後、成長がみられた」
「お互いに自分の時間がとれて、一緒の時間をより大切にできるようになった」
「子供からも保育園楽しい!という言葉が聞かれる」

といった実体験が語られました。

「保活」という言葉もありますが、母親は自ら我が子の保育園を探し、
勉強し、見学していくうえで、 「知らないこと」についての不安が解消されていくのに対し、
男性にとっては未知の世界のため、一緒に保育園見学にいってみるのも良いのではないか?
という意見があり、なるほど!と思いました。
IMG_5272.JPG


*働くことの意味とは?
働くために自分のなかに軸を持つということ。

「子供を持ちながら働くなんて、できないと思う・・・」
「復帰した母が仕事量を制限され、責任のある仕事を任されない様子を見ていると
復帰を躊躇する・・・」

一度復職を経験、現在育休中の私はこの言葉にドキッとしました。
未妊の方からのストレートな問いかけだったのですが・・・

確かに仕事は制限されているが、今は仕方がない。と割り切って仕事をしている。
子供が産まれてから仕事のおかげでON,OFFの切り替えがうまくなった。
仕事をしている自分が自然だと思える。 

等々の意見が交換され、
話は自然と働くために自身の中に確固たる軸を持つのは必要か?という流れに。

もちろん働いていくうえで「軸」はもっていたほうが良い。
「軸」を探しながら働いてみても良いんではないか?
なければなくても大丈夫、状況・環境は常に変化するので柔軟に考えよう。

働くうえで「軸」を持つことの重要性はこれまでも多々語られてきましたが、
無理に持たなくても良いのでは?柔軟に考えてみよう!
という考え方には「なるほど!」と思わされました。
母が働くうえで「柔軟性」は一つのポイントかもしれませんね。

IMG_5218.JPG

当初、周囲を見ていて「母となってはたらく」ことは大変そう。難しいのでは?
と思ってらした方が、今日の話を聞いて、
「こんな考え方もあるんだ!最初から無理だ!と決めつける必要はないかもしれない。」
と笑顔で語られたのがとても印象的でした。


上記のエピソードからもお分かりのとおり、
今回のサロン参加者は様々な立場からご参加いただいたのですが、
それぞれがそれぞれの立場から素直に自分の想いを語ってくださり、
互いに相手の立場を尊重し、深く意見を交換しあえた、

充実のサロンとなりました。

IMG_5293.JPG


サロン終了後も参加者全員でランチ会場へ移動し、
サロン第2弾、といった感じで話はとどまることを知らず盛り上がり・・・。
カメラマン参加で若干、消化不良気味だった私も、ここぞとばかりに
お話しさせていただきました♪
1079807_332298550237053_1971671281_n.jpg


サロンは11月まで各地で開催中です。
一緒に「母となってはたらく」について語りませんか?
ご参加お待ちしております。

【文責:佐藤まりこ】


【開催スケジュール】
☆ワーキングマザーサロン世田谷☆

第1回:6月29日 東松原(世田谷区) <【開催報告です】>
第2回:7月28日 下北沢(世田谷区) <【開催報告です】>
第3回:8月25日 高井戸(杉並区)  <【詳細はこちら】>

【開催報告】7/27 調布サロン@仙川 開催しました!

こんにちは、WMS調布サポーターの鈴木深雪(みゆき)です。

7月27日(土)に第2回目の調布サロン仙川にて
開催しましたのでご報告します。
建築家の安藤忠雄さんデザインのコンクリート打ちっぱなしの
おしゃれな建物が、今回の会場です。
嬉しいことに今回は7名の方がご参加。
ファシリテータ・ちふみんの柔らかな語り口調るんるんでサロンがスタートです。

まずは、恒例のGood&Newから。
過去12時間以内にあった良かったことを、2人1組で語りあうこのワーク。
シンプルなワークを通じて、サロン全体の緊張感が徐々に解きほぐされていきました。

お互いを知ったところで、メインとなる「母となってはたらく」
ことについての語り合いです。

ご参加者の方のうち、4名がお勤め先を育児休業中ということもあり、
この時期の過ごし方について話が盛り上がりましたひらめき

この時期は、仕事のノルマやスケジュールから解放され、
子供のお世話や児童館に通ったりと、一見「お花畑かわいい
の世界に奔走
しがち。
「お花畑」で楽しんでいる間に、いつのまにか職場復帰の時期・・、
そうならぬようにに何ができるのか。
皆さん真剣に心の内をお話しくださいました。

1 『仕事から距離をおいている今だからこそ、改めて自分の働き方や生き方の理想を整理する』

母としての自分・子供の教育・社会的安定・収入・通勤時間・・・、
母としてはたらく私たちをとりまく様々な要素


これらひとつひとつをていねいに吟味し、「どこに力点をおくか」
自分の中の優先順位を整理
することが自分らしい、
働き方・生き方につながるのではとのご参加者の声。

出産を機に、大きな決断をされたあるご参加者は、
今まで不安でいっぱいだったけれど、
自分にとって何が大切かを紙に書き出す
ことで、不安が減り何をすればいいのかが
少しずつ明確になってきたとおっしゃっていました。

・どこに力点をおくか
・どんな働き方を選ぶか
・どこに向かっていくか


いずれも答えは自分の中にありそうです。
紙に書いての整理、私もぜひ実践してみたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

また、復帰後の職場とのコミュニケーションの
取り方
についても話題が及びました。

2 『どんな働き方をしたいか、何ができるかを周囲にしっかりと伝える』

復帰後、時短勤務など条件付きの働き方をする場合、
「この時間しか働けない」
「時間制約がありこれはできない」というマイナス視点で周囲に伝えがち

そこを発想の転換をし、あえて「どういう働きをしたいのか」
「何をしたいのか」というプラス視点での伝え方

してみると
上司や周りの理解も得られるし協力もしやすいのでは、
とマネージャー経験をお持ちの方より、それを踏まえての声もありました。

思えば、境遇の異なる人々がともに働く職場。
「私のことを分かってよ」ではなく、
いかに理解してもらい協力を仰げるか働く母でなくともぜひ身に着けておきたいスキルですね。

また、今の育児期間を通過点ととらえ、
「その後どのように働きたいのか」
「どんなジャンルの仕事をしたいのか」の
少し先を見据えた働き方をすることも、
ストレスなく育児と仕事を両立するコツのようです手(チョキ)


今回のサロンで出た話題は、会社勤務・フリーランス・専業主婦の方など
いずれのご参加者も自分の境遇に置き換えて、
思わずうんうんグッド(上向き矢印)とうなずいて
しまうものばかりだったのではないでしょうか。

chofu0727-2.JPG
写真は、サロン終了後の恒例の記念写真です。
皆さん、語りつくした後の素敵な笑顔。

----------------------------------------------------------------------------
あなたもぜひ「母となってはたらく」について、一緒に考えてみませんか?
----------------------------------------------------------------------------


「自分はどんな働き方がしたいんだろう」
「今の働き方満足してるかな」
子どもと遊ぶ時間の合間に、おむつ替えをしながら、
空いた時間を見つけて考えたい・・、思ってはいるけれど
なかなか自分と向き合う時間って満足に作れませんよね。

自分と向き合う大人時間
ノイズのないサロン
同じような悩みを持つ母たちと一緒にお話ししてみませんか。

IMG_2642.JPG

写真は、調布サロンの記念すべきニューズレター第1号
調布市内の施設に配置していますし、もちろんサロンでも配布します。
ぜひ、サロンでお手に取ってみてください。

調布サロン、8月以降も続々開催予定です。
9月からはいよいよ中央線沿線(三鷹・阿佐ヶ谷)に出張もします。

---------------------------------------------------------------
  NECワーキングマザーサロン@調布 8月のご案内
---------------------------------------------------------------


日時:2013/08/24(土)10:00〜12:00
会場:調布市文化会館たづくり(調布市小島町2-33-1 京王線「調布駅」 南口から徒歩5分)
    京王八王子寄りの「中央改札」を出て地下道を直進し、「南口出口」に出ます。
    地上に上がり、バスロータリーの先に見える信号を、右折し、
    三菱東京UFJ銀行とケンタッキーフライドチキンのある通りを進みます。
(「南口広場」は連続立体交差事業のため整備中)
 直進すると「調布市文化会館前」交差点に出るので、
    交差点の左前方に見える建物が会場です。
定員:10組
   2013年1月26日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
   2013年1月25日までにお生まれのお子さまは、
   信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。

参加費:500円  (資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします)
参加対象
 「母となってはたらく」ことについて、
  考え、語りたい女性の方ならどなたでも!
  ご参加いただけます。
  育児休業中の方、専業主婦の方、
  ワーキングマザー、学生さん、
  結婚・妊娠・出産の経験がない方でも、
  どなたでも大歓迎です!

お申し込みはこちらの専用フォームから
折り返し、お受付のメールをお送りいたします。

☆お問合せは
wms調布チームまでメールメールでお願いします。


---------------------------------------
 調布サロン 開催スケジュール
---------------------------------------


第1回【報告はこちら】6月09日(日) 調布
第2回【報告は本記事】7月27日(土) 仙川
第3回【申込受付中ひらめき】8月24日(土) 調布
第4回 (予定) 9月12日(木) 三鷹出張サロン 8月15日受付スタート
第5回 (予定) 9月28日(土) 調布  8月15日受付スタート

(文責:鈴木深雪)

【9月7日(土)】岐阜サロン開催いたします★WMS東海

こんにちは晴れ

NECワーキングマザーサロン(以下WMS)東海チームサポーターの
坂野恵美子(さかのえみこ・通称:エミィ)です。

933886_484106738345210_2003661004_n.jpg

今日から8月ですexclamation
今年度のWMSプロジェクトも全開催日程の3分の1が過ぎましたexclamation×2
我が東海チームも活動範囲地域は広いですが、このプロジェクトを東海地方の多くの人に知っていただきたいと、暑さに負けず頑張って取り組んでおりまするんるん

6月・7月は愛知県3ヶ所で開催しましたが、いよいよ来週は三重・津サロンが開催exclamation
そしてついに私、坂野の在住地・岐阜でも、サロンの開催が決定いたしましたexclamationexclamationexclamation


今回、岐阜出張サロンを快く引き受けてくださった、名古屋市在住のファシリテーター、佐藤友恵さん

佐藤友恵

友恵さんは、4月&6月とマドレボニータの産後クラスへ名古屋から岐阜まで通われた、行動力と努力に満ち溢れた、とても魅力のあるファシリテーターです。
友恵さんのファシでサロンが開催できる事、本当に嬉しく思いまするんるん

そして、この岐阜サロンを開催させたいと、動いてくださった、岐阜サロン非公式サポーター7名の皆様。
チラシなどを配ってくださったり、他の地域でのWMSに参加してくださったり、皆さんとても頼もしい存在exclamation×2
そんな皆様の温かい御協力のおかげで、今回開催の運びとなりましたぴかぴか(新しい)
本当に、ありがとうございます。

私も、このプロジェクトの取り組みを通して、今まで以上に地元岐阜の皆さんの愛情や温かさを大いに感じました。
そしてWMSは1人では絶対に出来ない、皆さんの小さな力が、やがて大きな働きかけになって、開催できる…つまりきっと、それは「母となって働く」事は1人では決してできない、家族や周りの皆さんの温かさ・力をいただけるから出来る事…にも繋がっていくのだろうなと改めて思いました。


さて、そんなWMS@岐阜ですが、早速本日発行の岐阜市地域密着紙「こるも」に紹介記事が掲載されましたexclamationexclamationexclamation

NCM_2233.JPG

こちらも岐阜サロン非公式サポーターさんのおかげで実現出来ましたぴかぴか(新しい)
とても素晴らしい紹介記事となっております。

岐阜以外の地域の皆様も(全国からWEBから拝見できますexclamation×2
是非見ていただき、WMS@岐阜の熱い思いを感じていただきたいなと思いますぴかぴか(新しい)

http://www.cormo.jp/library/pdfs/vol20-s-light.pdf

是非、WMS@岐阜へ。ご参加お待ちしておりまするんるん

⇒お蔭さまで満席となりました!たくさんのお申込本当にありがとうございます!(8/14)


 ☆ワーキングマザーサロン@岐阜☆


●日時:2013年9月7日(土) 9:30〜11:30

●会場:ハートフルスクエアG(岐阜市橋本町1丁目10番地23 )
 ・電車の場合:JR岐阜駅より徒歩2分。(駅構内から2F連絡通路で通じています。)または名鉄岐阜駅より徒歩5分。
 ・車の場合: 南側の駐車場入り口より、3F駐車場をご利用下さい。
(ご利用料金などは、こちらをご参照に願います: http://www.ip.mirai.ne.jp/~heartful/access.html 

●参加費:500円(資料として「マドレ式・ワーキングマザーの教科書」をお渡しします)

●参加対象:「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい女性の方ならどなたでも!ご参加いただけます。育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、結婚・妊娠・出産の経験がない方でも、どなたでも大歓迎です!

●定員:10組
2013年2月9日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
2013年2月8日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。

●お申し込みはこちらの専用フォームから (お蔭さまで満席となりました!

●お問い合わせ:WMS東海(佐藤) wms.tokai@gmail.com  


【文責:坂野恵美子】







《開催スケジュール》 
☆ワーキングマザーサロン東海(愛知県・岐阜県・三重県)☆
第1回:6/23(日)名古屋<開催報告です
第2回:6/27(木)瀬戸<開催報告です
第3回:6/29(土)大府<開催報告です
第4回:7/8(月)名古屋<開催報告です
第5回:7/15(月・祝)瀬戸<開催報告です
第6回:7/21(日)大府<開催報告です
第7回:8/8(木)津<受付中詳細はこちら
第8回:8/12(月)瀬戸<受付中詳細はこちら
第9回:8/24(土)名古屋<受付中詳細はこちら
第10回:9/7 (土)岐阜<★満席です★