CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年06月29日

【開催報告】成増サロン6/25が開催されました☆

こんにちは。城北チーム公式サポーターの遠山薫です。

薫.jpg

本日は、6月25日に行われた、「NECワーキングマザーサロン」に参加してのご報告を書かせていただきます。

城北チームでは2度目の開催。板橋区・平日では初の開催です。

ご参加者は9名、赤ちゃんは5名。それにサポーター3名を、ファシリテーターの吉田紫磨子がファシリテートします。

今回は人数が多かったので、サポーターの水口陽子さん(よこちゃん)は輪のそとで写真撮影などを担当してくれました。
総勢19名が集まった成増アクトの和室は、気温ではなく想いの熱気でムンムン。(気温は冷房がガッツリ効いていました)

P1060333.jpg


まずはしまちゃん(と私は呼んでいます)の自己紹介、それから13名の大人の自己紹介。

サロンでは、自分の年齢ではなくて、産後○ヶ月(○年)です、と「産後の人生カウント」をするんですよ。

出産がきっかけで、生まれ変わる(というか、生まれなおす)人も多いので、私はこの表現、とっても好きです。

今回は初めてのお子さんが産まれて、という方から、3人目の母まで、いろんな方が集いました。


P1060339.jpg


一通り自己紹介が終了したら、サロン名物「Good&New」です。

24時間以内にあった「良くて」「新しいこと」をマインドマップのように書き出していきます。

実は、私が働いていた前職でも、朝会で担当者が「Good&New」をやっていました。

方法は少し違いますが、良いこと、新鮮なことを思い出そうとすると、不思議と思考がそれを考えるようになっていきます。

例えば、だれかと喧嘩したー、という事実があっても、このGood&Newに慣れていると、「でも、分かりあえてよかった」とか、脳が良いこと探しをはじめるんです。

これを時間制限付きで考え、その後となりの方とシェア。

たった30秒なのに、2人で話すと、なぜか、すごくその方に興味がわいてきます。

これだけでも、充分楽しいのですが、サロンの醍醐味はここからです。

「人生・仕事・パートナーシップ」という3つのお題から1つを選んで、まずは自分で考え、絵を書き、それを3分で人に語る。

聴いた人は、45秒で要約をして返します。

これを交互に行い、最後にメッセージ交換。

ここまで来ると、もうお相手のことを一生忘れられません(笑)

P1060343.jpg P1060346.jpg

P1060348.jpg P1060355.jpg



その後、2人で語った話や、もちろんそれ以外についてももちよって「母となってはたらく」を全体で語ります。

ファシリテータはあくまでファシリテータなので、正解をくれる先生や代表者ではありません。

サポーターも、運営周りのサポートはしていますが、輪の中に入ったら同じ一人の「女性」です。


みんなで、同じ目線で、「母となってはたらくこと」について話します。

今回も、様々なお話が飛び出しました。



P1060337.jpg



「復職について考えるとモヤモヤする」

「モヤモヤ、悶々していることは、”もん”位の段階で、パートナーに共有しておいたほうがいい」

「パートナーに共有しづらい場合は、紙に書き出したりしてみる!」

「産後の本当に大変なときに、パートナーにそれを察してもらえなくて辛かったけど、今は察せないと思っているから言うようにしている」

悶々って、自分の頭の中で考えているだけだと、さらに発酵して増殖していきます。

そしてそれは、放っておくと、心にも伝染していき、不安や悲しみに変わっていくこともあります。

家事の分担などについても、

「まずは男性の得意なことからでもいいので、任せて家事を分担するようにしている」

というご意見も出ました。

話はそういう、こうしたらいいかもね、的なところから、どんどんと深まっていきます。

今回は、妻として、母として、自分として、「こうしたい」という話まで。

「やりたいことがわからない、今のままでいいのかな、不安」という方。

「そんな不安な状態だったけれど、興味のあることにアンテナを立てながら進んでいったら、これがやりたい!ということに巡りあった」という方。

「専業主婦で、不安だと思っていたけれど、それは専業主婦が不安だったのではなくて、自分のやりたいこと、がわからない、ということが不安だったんだ、とわかった」という方もいらっしゃいました。

あと、「パートナーの転勤や転職などがあるから、(そして、自分もその時にはついていくとか、働き方をかえようとおもっているから)どうしていいかわからない」いうお話もありました。

これは個人的な意見ですが、女性はとかく、周囲の環境や状況に左右されることが多いと思います。

遠山は以前、キャリアカウンセラーとして働いていましたので、そんな方をたくさん見てきました。

結婚・パートナーの転勤や転職・ご自身の就業形態の変更(正社員から派遣とか)・出産・介護・などなど。

「私はこれで行く!」というスタンスが決めづらい部分もたくさんあると思います。

でもね、今はやりたいことがわからなくても、一つに決めなくても、全然いいと思います。

決めていても、変更したって、いいと思います。

何がやりたいのかわからないけれど、とにかく発信してみる。

周囲の友人にリアルに話をしてもいいし、ブログやSNSなどで不安やごちゃごちゃした気持ちも含めて、書いてみる、など。

そうしていると、やがて自分の軸が定まったり、これだ!というものに出会えたり、協力してくれる友人が集まってくれたりします。

夫婦間でよく聞く、「察してくれない」「分かってくれない」「言っても無理」。

これ、夫婦に限らず、自分以外の他の人には、思っていても伝わらないことってあると思います。

おまけに、産後や病気の時など、デリケートな状態の時は、周囲も「今はそっとしておいたほうがいいかも」と遠慮をしがち。

そんな時こそ、「私はこうしたい」「私は悩んでいる」「私は悶々としてる〜」みたいなことを、発信出来るといいのかもしれません。


P1060363.jpg



思いを発信したい方、ぜひワーキングマザーサロンに来て、語ってください!
【文責:遠山薫




ワーキングマザーサロン城北(練馬、板橋、北区)で活動しています!
 第1回:6/9(日)赤羽<開催報告です>
 第2回:6/25(火)成増開催しました!
 第3回:7/2(火)練馬<満席です>
 第4回:7/13(土)赤羽<満席です>
 第5回:8/3(土)赤羽お申し込みフォーム
 第6回:8/27(火)王子お申し込みフォーム
 城北チームのスケジュールは「城北カテゴリー」でご確認くださいね☆