CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年06月28日

【開催報告】6/23(日)大田区大森にて第1回サロン開催しました!

こんにちは!

「ワーキングマザーサロン(以下WMS)品川・大田・川崎」チーム
サポーターの東麻吏(ひがしまり)です。

6月23日(日)に開催された第1回品川・大田・川崎サロンの様子をお伝えします。

私自身、参加者として産前産後に3回、
一昨年もサポーターとして参加したワーキングマザーサロンですが、
本当に毎回違った発見があり、課題が出ていました。

「サロンは“いきもの”だなあ」

毎回そう思います。

参加者の不安や疑問、(自分のなかでは)課題にも上らなかった課題がうずまいて、
思いもよらぬ方向へ展開されていったり、
急に何かが見えてきてハッとしてたり、参加者の思いが錯綜していきます。

それは参加者が変われば、「かたち」が変わっていくので、
何回参加してもおもしろいし、発見があるのです。

今回は主にパートナーシップ、夫との関係性のお話が多かったよう。

キーワードのひとつが「怖い」でした。
パートナーとしっかり話し合いをするのが怖い。

全体でお話しする前に二人でペアになって行うワークを通じて、
自分の課題が見えてきたときに、同時に出てきた思いだったかと思います。
そして、みんなで共感しました。私もうなづきました。
でも、何が怖いのか…。

いろいろとみんなで話していくうちに、
それは「味方になってほしい人に、自分の思いを否定されるのが怖い」のでは…?
ということに気づいていきました。

「私は夫に味方になってほしいんだ」ということ。
夫婦なんだから当たり前の事実ですよね。
味方になってくれる(くれそう)から結婚したわけだし。

でも、私もハッとしました。
なぜ話し合いをしたいと思うのか、なぜわかってほしいのか。
味方になってほしかったんだ、味方であると再確認したかったんだ。

私も自分の思いを深く見つめることができました。

また、夫婦間の収入格差、仕事をしている・していない、
仕事の内容の違い、家事のことについて、「自分がどう思っているのか」という話もできました。

自分の課題を見つめていくとき、自分の中にある「思い」も出てくる、
そして、それをみんなで深めていける。

サロンは自分ひとりではできないことをできる大切な場なんだ、ということを改めて感じました。

1004022_566412110077204_1534761601_n.jpg

------------------------------------
◆ WMS城南(品川・大田・川崎) ◆
第1回:6/23(日)大森 ☆
第2回:7/7(日)川崎・武蔵小杉 《 満員 》
第3回:7/28(日)大森 *7/8受付開始
------------------------------------

(文責:東麻吏)

◆城南地区のサロン開催予定◆(WMS品川・港/WMS品川・大田・川崎)
7/07 日 0945-1145 川崎市武蔵小杉(中原市民館) ※満席
7/20 土 1000-1200 港区田町(みなと子育て応援プラザぽっけ)
7/28 日 0945-1145 大田区大森(luz大森・入新井集会所)※7/8受付開始
8/18 日 0945-1145 川崎市川崎(川崎市産業振興会館) ※7/15受付開始
8/24 土 0945-1145 品川区五反田(大崎第一区民集会所)