CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年06月18日

7/20(土)さいたまサロン開催します!

皆さん、こんにちは!
ワーキングマザーサロンさいたまチーム、サポーターの鈴木 美穂です。
↓キックオフのチーム写真、右から二番目です!
このメンバーと、もう1名(ともみん)、計6名が今年のさいたまチームです!
969853_552163371502719_1669443743_n.jpg
地元さいたまで、2010年から、毎年サロンを開催できている事が嬉しいです!

何度も参加している、このワーキングマザーサロンですが、
参加者によって、場の雰囲気によって、一つとして同じサロンは無く、
参加するたびにいろんな気付きがあります。

どうして、こんなに面白いのか?
それは、「はたらく」ということ、「生きる」ということを、
誰にも牽制されずに、茶化されずに、
真剣に話すことができる場だからだと思います。

先日、渋谷パルコでやっていた、ほぼ日の「はたらきたい展」

行きたいー、と思いながらも、都合がつかず、がっくり落ち込む私に、
サポーター仲間りえぞうさんから素敵なプレゼントが!!
hobonichi.jpeg
99の「はたらく」言葉。(と、ほぼ日腹巻♪おそろい♪)

この表紙を見ただけで、わくわくし、一枚一枚丁寧に見ました。
この言葉も、あの言葉もいいなぁー、
今一番しっくりくるのは、この言葉かなー、なんて考えながら、ふと、
あ、これって、ワーキングマザーサロンだな、と。

”母となってはたらく”をキーワードに、一般的によく出てくるのは、
『大変』『不安』『乗り切る』『子どもが可哀想?』
という言葉たち。

でも、本当にそれは、自分の中から出てきた言葉なのでしょうか。

ネットや雑誌で、そういう言葉をよく聞くから。
そういうイメージだから。
同じ境遇の友達と話していて、漠然とそんな話になるから。

実は、そういう”思い込み”に、自分の思考が支配されている状態なのかもしれません。

ワーキングマザーサロンでは、
まず自分と向き合い、
それからペアを組んで話を聞き合い、
最後に全体でシェアリングをします。

この、”まず自分と向き合う”時間のあとに全体で話をすると、
皆、自分の言葉で話し始めます。

いろんな人がいる。
いろんな”母となってはたらく”がある。
誰かの言葉が、自分の想いと重なりあうかもしれない。
誰かの言葉で、そういう考え方もあるんだ、と感じるかもしれない。
終わった後で、また新たな想いが生まれるかもしれない。

そんな、豊かな時間なんです、ワーキングマザーサロンって。

ぜひ、一緒にそんな時間を過ごしましょう!
さいたまチーム二回目のサロン、6/20より受付開始です!

===========================
☆NECワーキングマザーサロン@さいたま☆

◆日時:2013年7月20日(土)10:00〜12:00

◆会場:さいたま市北区プラザノース 第三和室

◆参加費:500円
  (資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします)

◆参加対象
「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい 女性の方ならどなたでも!ご参加いただけます。
 育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、結婚・妊娠・出産の経験がない方でも、どなたでも大歓迎です!

◆定員:10組
2012年12月22日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。

サロン後にランチ交流会を予定しています(会場近くで1時間程度)。お時間のある方はぜひ!

お申し込みはこちらの専用フォームから
(6/20より申込受付開始です♪)
折り返し、メールでご連絡させていただきます♪

☆お問合せは
wms埼玉チームまでメールでお願いします。

【文責:鈴木 美穂】