CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年06月11日

【開催報告】6/9調布サロン第一回を開催しました!

こんにちは!調布サロンオフィシャルサポーターの北澤ちさとです。
普段はNPO法人マドレボニータの事務局スタッフとして働いています。

今年の調布チームは、ちふみんこと向井千文さんがファシリテーターをつとめ、
5人のサポーターがさまざまな形でサロンを支えてまいります★
chofuteam.jpg
左端が三鷹在住の私ですが、今年は隣の調布市まで自転車で駆けつけています!

さて、6/9に調布サロンの第一回を開催いたしましたのでご報告します!
赤羽サロンとあわせ、今年度の初開催サロンでした。

会場は、布田駅が最寄の「金子レディースクリニック」さん。
マドレボニータの産後のボディケア&フィットネス教室も開催させていただいている
とても素敵で暖かい雰囲気のクリニックです。

今回のサロンは、受付期間が一週間とタイトなスケジュールながら嬉しい満席での開催!
クリニックのブログを見てお申込みくださった方も複数いらっしゃいました。
ご参加者8名、うち赤ちゃん連れの方が6名も☆

当日はサポーターも2名をふくめ、11名で輪になってでサロンを始めました。

ファシリテーターのちふみん、
向井千文
初サロンとは思えないほど落ち着いた様子です☆

485612_424710324292876_127554593_n.jpg

「パートナーシップ」「罪悪感?」「人に甘える・ゆだねることを学ぶ」など
印象的なキーワードが飛び交い、みなさん一人一人ちがった状況ながら、
お互いの思いをシェアし合ったり、共感したり…。

良いパートナーシップを築けていても、
子どもをもってはたらくにあたり「自分がどうしたいか」という問いの答えが
なかなか出ない、という方も。

このサロンの場が、答えを導き出す場ではないかもしれませんが、
「母となってはたらく」をこうして自分に向き合い、掘り下げ続けていく思いを
みなさんと分かちあえるのがサロンの醍醐味だなあ、と
あらためて思いました。

状況は人それぞれですが、
答えはすぐに出なくても、考え続けていくこと、そして
ご参加者の言葉である「自分の気持ちを犠牲にしない」こと。
そんな根っこの思いを共有できた時間となりました。

「子どものせいで働くことに悩んでいるのではなく、
子育てをきっかけに、人生や働くことに対して考え始めた。
だから子育てのせいにはせず、向き合っていきたい」

というご参加者の言葉、いつも心に留めておきたいです!
1001764_424712780959297_1977105259_n.jpg
ご参加くださったみなさま、ありがとうございました!

次回の調布サロンは、仙川での開催が決定しました☆

7/27(土)1000-1200東京都調布市仙川(仙川ふれあいの家)
(アクセス:京王線仙川駅徒歩5分)

お申し込みはこちらの専用フォームから
(6/17より申込受付開始です♪)

☆お問合せは
wms調布チームまでメールでお願いします。

6月17日より受付を開始いたします。
皆さんのご参加、お待ちしております☆

【文責:北澤ちさと】