CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年06月01日

東海チーム☆メンバー紹介

NECワーキングマザーサロン事務局の竹下浩美です。
2013年度【東海チーム】として活動しているメンバー&メッセージをご紹介します!

160.JPG

神田 すみれ(ファシリテーター)
愛知県瀬戸市、豊田市でサロンを開催。2児の母であり、通訳、地域に暮らす外国人支援をしている。「母となってはたらくこと」を考えることは、自分は何を大切にしたいのかを考えること。自分がどうありたいかを考え選択していくことで、その人自身の人生が豊かになりその子どもやパートナーが、そして社会全体が豊かになっていく。「母としてはたらく」を語り共有する場であるサロンがそのような機会をつくる1つのきっかけにしたいと思う。

佐藤 友恵(ファシリテーター)
名古屋市、岐阜、三重でサロンを開催。3児の母で薬剤師。現在育休中です。同職のパートナーとは、「仕事」「家事」「育児」「趣味」など多岐にわたりおもいを共有する姿勢ができてきました。しかし3人の子供との生活は楽しくも忙しい日々で、気を抜くとパートナーと話しもせず、自分のおもいも口にせず過ぎてしまうこともあります。サロンをきっかけに「母となってはたらく」をテーマに自分のおもいに触れ考え語っていきたいと思います。

戸谷 淳子(ファシリテーター)
愛知県大府市、名古屋市でサロンを開催。1才児の母であり、自動車部品メーカーに勤務しています。現在は育休中です。これからむかえる、仕事と子育ての両立に対し、自分はどうありたいか自問自答の日々です。サロンに参加し、様々な方とお話することで、少しずつ明確になってきました。「母となってはたらく」をこれからも考えていきたいし、サロンでみなさんと語りあいたいです。

上原 悦子(オフィシャル・サポーター)
去年の秋にマドレボニータ風産褥ヘルプをお手伝いし、講座でバランスボールで体の動かなさを味わっているうちに、サポーターにも手を上げてしまいました。子どもがいない私にも「母となって働くこと」というテーマは興味深い!東海地区のファシリテーターの方と、色々な人でともに考える場をつくりたいと思います。

卜部 眞規子(オフィシャル・サポーター)
2011年度3期ファシリテーター、2012年度は豊田・伊勢サロンサポーターとして、WMSプロジェクトに関わってきました。真剣にワーク・ライフを語り、考え、自分にがっつり向き合う場は誰もに必要!という思いで、自分の住む三重県に今年もサロンを届けるべく、奔走します!

神谷 有子(オフィシャル・サポーター)
WMSサポーターもいよいよ3年目。働きながらもできる範囲で、東海地域の3名のファシリテーターの皆さんを支えていきたいと思っています。よろしくお願いします!

小宮山 郁美(オフィシャル・サポーター)
昨年度はファシリテーターとして「母となって働く」を考え、今の私がいるんだと思っています。昨年終わりごろから「子どもを全力で育てる」という道を選んで、現在活動中。昨年の春には想像もしていなかった道を選んで歩んでいますが、まだまだ考えるのを終わりにしたくない!!今年はサポーターの立場から「母となって働く」をもっともっと掘り下げていきたいです。

坂野 恵美子(オフィシャル・サポーター)
昨年は岐阜を中心としてサポーター活動をさせていただきましたが、今年は地元岐阜はもちろん、愛知・三重まで自分の足で渡り歩いて、ワーキングマザーサロン東海を盛り上げていきたいと思います。働く・働きたいを考える女性の皆さんが、サロンを通し新たな1歩が踏み出せるようなサロンを目指し、ワーキングマザーの私と、東海地方のファシリテーターさん・サポーターさんと一緒に作っていきたいと思います。どうぞ宜しくお願いします。

佐藤 孔治(オフィシャル・サポーター)
男性としての立場での参画なので、「男性」、「夫」の視点から参加者皆さんの想いや考えを掘り下げていければと思います。

福岡 かおり(オフィシャル・サポーター)
昨年サポーターをさせていただき、今年で2度目です。サポーターといいつつサロンにも初参加させていただき、とても貴重な体験でした。今何がしたいのか、大切なものは何なのか、働きたいのか、どうありたいのか・・・結論ははっきり出ませんでしたが自分を見つめ直し、自分らしくありたいんだと改めて思いました。参加者皆さんが何かしら気づきのあるWMS。サポーターとして一緒に作っていければ嬉しいです。

山田 千秋(オフィシャル・サポーター)
サポーターやファシリテーターを経験する中で、たくさんの「人」の想いが凝縮して作られていくのがNECワーキングマザーサロンという場所なんだ、と実感しました。今期のスタートと共に走り出しているファシリテーター達を、公式サポーターとして応援し続けることが、この事業の運営に注力している人、参加者として集まってくる人みんなへの最大のリスペクトになる!!との想いを胸に参画します★

渡邉 さやか(オフィシャル・サポーター)
育児休暇から復帰したのですが、何のために働くかがぼやけており、この問いについて自分自身に向き合いたい、また育休を有意義に過ごすきっかけを作ってくれたマドレボニータを応援したい、そんな思いから今回初めてではありますが、サポーターとして少しでもお手伝いをさせていただきたいと思います。

(NECワーキングマザーサロン事務局・竹下)

世田谷チーム☆メンバー紹介

NECワーキングマザーサロン事務局の竹下浩美です。
2013年度【世田谷チーム】として活動しているメンバー&メッセージをご紹介します!

389215_474615902617773_531024790_n.jpg

土本 広美(ファシリテーター)
世田谷、杉並区でサロンを開催。1児の母であり、現在は都内の法律事務所に勤務。産後2か月ごろから月数回職場に足を運ぶ生活の中で、「母となってはたらく」ことは様々に考えるべきことがあることを実感。妊娠中に参加したサロンが私を支えてくれました。多くの方と語りたい、自分の住んでいる世田谷にサロンができるのを待っているなら自分が、という思いでファシリテーターに手を挙げました。たくさんの方との出会いが楽しみです。

小澤 律子(オフィシャル・サポーター)
こんにちは!杉並区に住んでいる小澤律子と申します。一昨年は参加者として、去年はファシリテーターとしてサロンに関わって参りました。今年の関わり方はひっそりとと思っていたのですが、ファシのヒロさんから熱いお誘いを受け、封印していた情熱がやおら燃え上がってきました。サポーターとして世田谷チームを作り上げたいと思っています。皆様、どうぞよろしくお願いします。

佐藤 まりこ(オフィシャル・サポーター)
3年前、第1子出産後復職時は、とにかく周囲に流されるがまま、毎日をなんとなくやりすごしていた気がします。第2子育休中の現在、マドレ産後プログラムで出会った仲間達の活動的な姿に刺激を受け、今回の育児休暇をもっと充実したものにしたい!と思い、いろいろな活動に挑戦しています。サポーターへの応募もそんな挑戦の一つ。2度目の職場復帰を前に、再度「母となって、はたらく」について皆様と一緒にじっくり悩み・考え、自身も成長していければと思います。

畠山 加奈子(オフィシャル・サポーター)
マドレボニータの産後クラスで仲間と色々話をした経験は、私にとってとても良い経験でした。仕事、人生、パートナーシップ。どれも深く考えないで過ごしていた日々に、突然現実を考えさせられました。しかし、そこを後回しにぜず自分の気持ちを出す事が出来たので、仕事を始めた今もすんなり入れたと思っています。ワーキングマザーサロンは、マドレボニータでがっつり1ヶ月向き合うよりもお手軽に仲間と話しあえる貴重な場所で、不安な気持ちを吐き出せる素晴らしいサロン。不安な想いを解消する為に、少しでもお役に立てたら幸いです。宜しくお願いします。

光瀬 奈々江(オフィシャル・サポーター)
マドレの産後クラスに通ったときに、ワーキングマザーサロンの存在を知りました。初めてサロンに参加したのが第1子産後に職場復帰してからで、息子も保育園の洗礼を浴び、いろいろな病気をもらって、仕事を休まなければいけないことが沢山あったり、第2子妊娠も重なり、仕事と家庭の両立に思い悩んでいた時期でした。サロンに参加したことで、様々な境遇の女性に出会い、悩んでいるのは自分だけではない。悩んでいることを言葉にして語っていいんだと救われた気持ちになりました。普段誰にも語れないことを、全く知らない人たちとシェアすることは、新たな自分の発見にもつながりました。何回か参加していくうちに、もっと地域にこういう場所か広がればいいなという思いが強く、そのために何か少しでも貢献できたらと思います。

宮下ひかり(オフィシャル・サポーター)
サポーターとしての参画は3年目。今年は満を持して!地元の世田谷サロンをサポートさせていただきます。街を歩いていてもサロンを開催できる素敵な会場はないかな?ランチできそうなお店はないかな?そんなことばかり考えています。今年もたくさんの方に出会えるのを楽しみにしています!

(文責:NECワーキングマザーサロン事務局・竹下)

信州チーム☆メンバー紹介

NECワーキングマザーサロン事務局の竹下浩美です。
2013年度【信州チーム】として活動しているメンバー&メッセージをご紹介します!

s-014.jpg

森下 智美(ファシリテーター)
長野県(東御市,上田市,長野市,松本市)にてサロンを開催。2児の母であり,現在は自動車部品メーカーに勤務し,設備設計を担当している。男性ばかりの職場で育休や時間短縮で働くこと,縁のない地で生活すること,そして母,妻としての自分。一つ一つが大切で,けどどれも中途半端な毎日。いろんな人の話は聞いていても,自分には当てはまらない。そんな中で出会ったサロン。「自分を主語にして」「自分と向き合い」考える場をもっと身近に!

荒川 玲子(オフィシャル・サポーター)
マドレ正会員の荒川です。森下さんの熱い思いをサポートしながら『働くこと』を地域のママたちと共に考えていきたいと思います。一緒に考える人がいることが支えになる事もあると感じています。よろしくお願いいたします。

高橋 葉子(オフィシャル・サポーター)
東京在住ですが、実家のある長野県でのサロン開催に参画します!3期でファシリテーターを務め、初めて上田市で開催したサロンで出会った人たち、語りあったことが今も温かく心に残っています。背景も状況も違う人たちと語りあうからこそ、いろんな視点が得られておもしろい!どんな出会いと語りあいが生まれるのか、わくわく楽しみにしています!!

藤田 澄恵(オフィシャル・サポーター)
2011年に長男出産後、夫の会社の転勤で新潟から長野に引っ越し、長男の育児休暇中に次男の妊娠が判明し2012年に次男を出産して現在休暇を続けて2年超取っています。長野市で知り合う人にも「そこまでして働かなくても」と言ったような反応を受けることばかりで、積極的に働こうと考える女性と知り合う機会が圧倒的に欠けていて困っていました。wmsの存在を検索で知り、Facebookでやり取りをさせてもらって、公式サポーターにも応募させていただきました!どうぞよろしくお願いいたします。

村上 かおり(オフィシャル・サポーター)
第一子出産後、0歳の4月で育休を切り上げ復帰の予定でしたが、復帰直前に「我が子と離れたくない!もっと一緒にいたい!」と思い翌年まで休暇を延長しました。育休エンジョイ中も復帰後も、地域の方や友人、保育園職員の皆さん、両親、そして夫、たくさんの人のフォローのおかげで、あまり深く悩むこともなく、育児も仕事も自分自身も楽しむことができています。それから職業も住む場所も変わり、いま、これから、心からしたいことは何?10年後どんな私になっていたい?と考えています。サロンをお手伝いさせていただくことで自分自身と向き合い、地域のみなさんと学びや気づきを共有したいです。

森 貴代美(オフィシャル・サポーター)
5年前の出産でマドレボニ−タを知りました。このときに出会うことができていろんな気持ちが入り混じる中でも自分と向き合うことができてきているように思います。数年前に上田で開催されたサロンに参加しました。しりめつれつでもいい!想いを言葉にすること!お互いがお互いをそのままを認めあう環境がとても良かったです。 今回松本で開催されることで参画しようと決めました。よろしくお願いします。

山岸 ゆみ子(オフィシャル・サポーター)
3児の母です。出産してからの生活、心境、体型の変化、子供の事の悩み、沢山のお母さん達と共有したいと思います。よろしくお願いします。

(文責:NECワーキングマザーサロン事務局・竹下)

千葉チーム☆メンバー紹介

NECワーキングマザーサロン事務局の竹下浩美です。
2013年度【千葉チーム】として活動しているメンバー&メッセージをご紹介します!

2013chiba.jpg

大木 佳子(ファシリテーター)
茨城県つくば市、栃木県宇都宮市、足利市、千葉市、船橋市、浦安市にてサロンを開催。2児の母であり、現在は住宅会社で働いている。2度の育児休暇を取得し、復帰してからも「はたらく」ことについて、考えつづけています。昨年度に引き続きファシリテーターとして参画。話すことが自分自身の考えを深めるきっかけになる、「話す場、仲間が欲しい」と思い、サロン開催します。

荒木 智子(オフィシャル・サポーター)
こんにちは、荒木です。2010年2011年とファシリテーターをさせていただきました。2012年からはサポーターとして参画しております。このプロジェクトに関われば関わるほど、「母となってはたらく」ことに正解がないことや掘り下げてみればみるほど深いことを感じます。今年も皆様と一緒にこのプロジェクトで手と口と頭をフル回転に「母となってはたらく」ことについて考えていきたいと思います!

若菜 ひろみ(オフィシャル・サポーター)
千葉サポーター3年目です。2011年度から、千葉にゆかりのあるファシリテーターをお招きしてサロンを出張開催していただいています。今年度は、お隣の茨城県より大木佳子さんが来てくださることに!毎年、サロンの開催を楽しみにしてくださっている方がいるので、継続開催できてうれしいです。今年度もたくさんの方と語り合うこと、そしてサロンという場を作っていくことが楽しみです!!

(文責:NECワーキングマザーサロン事務局・竹下)

茨城・栃木チーム☆メンバー紹介

NECワーキングマザーサロン事務局の竹下浩美です。
2013年度【茨城・栃木チーム】として活動しているメンバー&メッセージをご紹介します!

942412_497203940360663_645122160_n.jpg

大木佳子(ファシリテーター)
茨城県つくば市、栃木県宇都宮市、足利市、千葉市、船橋市、浦安市にてサロンを開催。2児の母であり、現在は住宅会社で働いている。2度の育児休暇を取得し、復帰してからも「はたらく」ことについて、考えつづけています。昨年度に引き続きファシリテーターとして参画。話すことが自分自身の考えを深めるきっかけになる、「話す場、仲間が欲しい」と思い、サロン開催します。

佐藤直子(オフィシャル・サポーター)
2012年9月から産後セルフケアインストラクターとして宇都宮を中心に栃木県、茨城県で活動をしています。NECワーキングマザーサロンは、2011年にファシリテーター、2012年はサポーターとしてプロジェクトに関わってきました。このサロンでの出会い、そこに参加している方の想いや言葉に触れ、私自身エンパワーされます。今年も茨城、栃木のサロンを一緒につくり、面白い人たちに出会うのを楽しみにしています。

杉浦千加(オフィシャル・サポーター)
産後2年経ってから出会ったマドレボニータ。昨年、サロンに参加して、一気にその魅力に引き込まれました。ファシリテーターの大木さんと一緒に活動したい!という想いで応募しました。多くの人に、きっかけを与える場作りのお手伝いができればと思っています。

(文責:NECワーキングマザーサロン事務局・竹下)