CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年05月28日

調布チーム☆メンバー紹介

NECワーキングマザーサロン事務局の竹下浩美です。
2013年度【調布チーム】として活動しているメンバー&メッセージをご紹介します!

chofuteam.jpg

向井 千文(ファシリテーター)
調布市とその近郊でサロンを開催。3才児の母であり、求職者支援に関わる仕事をしている向井千文です。日々仕事で、「働く」を考えているにも関わらず、自分自身育休中まったく何も考えずに過ごしていました。復帰したら気合で何とかなるだろうと思っていました。ところが復帰したら仕事もパートナーシップも、何もかもがうまくいかずに、復帰直後で自信喪失・・・そんな中サロンに出会い、あらためて「母となってはたらく」を考えるようになりました。たくさんの方と「母となってはたらく」について改めて考え、語り合いたいです。

北澤 ちさと(オフィシャル・サポーター)
自分の住む地域やお近くの地域でサポーターとして参画し4年目となります。「子どもをもってはたらく」ことについて語る場に関わってこれたことで、自分自身にも徐々に変化が起こっていることを日々実感しています。サロンの場をもっとたくさんの方と一緒に味わえることを楽しみに、今年も参画させていただきます!

栗田 亜紀子(オフィシャル・サポーター)
育児と仕事をこなすこと6年。上の子もとうとう小学生になりました。俗に言う一年生の壁に突入。そして今年3月に第3子第4子となる双子が誕生。3度目の産後真っ最中です。プレママなど始めて母となって戸惑っている方や子どもをもって働くことに悩む皆様の悩みや不安寄り添いながら今までの自分の経験をお伝えしつつ、改めて、4人のママとなった自分のこれからについてサポーターをしながら見据えていきたいと思っています。

鈴木 深雪(オフィシャル・サポーター)
2014年春まで育児休暇中です。マドレボニータの産後クラスには4回参加し、自分の思いを言葉で紡ぎだすことの大切さを痛感しました。「母になってはたらくこと」、皆さんと語らいながら私も自分の答えを見つけていきたいです。

元木 由香子(オフィシャル・サポーター)
チャイルドボディセラピストとして、自宅サロンをしています。同じ働く母として、悩みを共有したり、アドバイスしたりされたり(!?)、楽しいワーママライフが送れるよう、一緒に勉強していきたいと思います。

吉田 沙枝(オフィシャル・サポーター)
3歳の息子と1歳の娘がいます。現在は専業主婦ですが、もう少し子育てに余裕が出来てきたら、ぜひ働きたいと思っています。家族との時間を大切にしながら、自分はどんな形で働きたいのかをサロンを通して、自分自身と向き合いながら、模索していきたいです。地域のメンバーとの交流も楽しみにしています。

(文責:NECワーキングマザーサロン事務局・竹下)

城北チーム☆メンバー紹介

NECワーキングマザーサロン事務局の竹下浩美です。
2013年度【城北チーム】として活動しているメンバー&メッセージをご紹介します!

1005875_581005941931065_1344025917_n.jpg

吉田 紫磨子(ファシリテーター)
城北地区(練馬・板橋・北区)でサロンを開催。4児の母であり、現在は産後セルフケアインストラクターをしている吉田紫磨子です。11年前の妊娠で仕事を辞め専業主婦に。…が、出産後、体の不調と人と接することのない日々で、パートナーシップにも亀裂が入り、産後うつに。母になっても一人称で社会と接する大切さを夫とともに実感しました。その後9年「母となってはたらく」を自分に問いかけています。ともに考え、言葉を紡ぎたいです。

小野寺 佳代子(オフィシャル・サポーター)
昨年サロンに参加してから「子どもがいるからあきらめる」ばかりだった私が、「子どもがいてもあきらめないためにどうするか?」「私がどう生きれば家族は幸せか?」と考えるようになり、ぐんっと意識が変わりました。自分自身や周りと向き合い、新しい1歩を踏み出せる人が増えたらいいなと思い、今年度初めてサポーターとして応募させていただきました。より多くの女性に参加いただき、サロンを盛り上げていきましょう!

岸 香(オフィシャル・サポーター)
転勤先の知り合いがいない名古屋での産後、様々な面で助けられました。産後2年10ヶ月の今も、元気をもらっています。現在は東京に戻り前職に復帰。また新たな刺激をもらい、素敵な仲間に出会いたいなと、チャレンジしたいと思います。

駒崎 美紀(オフィシャル・サポーター)
現在私は、“ワーキングマザーが、仕事・地域社会など多方面で自己実現できる社会”を目標とし、そうした活動に参画しています。NECワーキングマザーサロンも、ワーキングマザーの支援となる場であり、私も当サロンに参加した際には、気持ちの整理と復職へ向けた決意をすることができました。自分自身が当サロンで力をもらったように、同じ悩みを持つ方々の力になりたい、そして自分自身も成長したいと思い、応募いたしました。

竹下 浩美(オフィシャル・サポーター)
住んでいる地域での活動をしたい!と思い、毎年参画しています。今年も練馬区での開催がありとても嬉しいです!チームのメンバーとの出会い、サロンに参加してくれる方との出会い、沢山の方との出会いを大切にしつつ、サロンという「語る場」を広めていきたいと思います!

遠山 薫(オフィシャル・サポーター)
自らの復職後、仕事と育児と家庭が全てうまくいかず、いっぱいいっぱいになっていたとき、ワーキングマザーサロンを知りました。仕事も子育てもしながら、WMSの活動に参加し、想いを分かち合い、前に歩んでいっている方々の姿に強く憧れ共感し、いつか自分もこの輪に参加したいと思いました。あれから3年を経て、当時の私のような想いを抱えている方と、気持ちや経験を分かちあえたらと思っています。

野上 文子(オフィシャル・サポーター)
昨年に引き続きサポーターとして参画させていただきます。サロンに参加された方が、次の一歩を踏み出すきっかけとなる”何か”をサロンから持ち帰ってもらえたら嬉しいなと思います。私自身、2度目の育休中ということもあり、母となって働くことについてみなさんと一緒に考えたいと思います。よろしくお願いします。

藤井 忍(オフィシャル・サポーター)
昨年ファシリテーターとして活動した6か月間は「ゆだねる」がメインテーマでした。今期はその経験を活かして「おせっかい精神」をもってチームに関わっていきたいです。また、あらたなメンバーで作るチームの「k.u.f.u.」や、サポーター目線で感じるサロン、プロジェクトを、言葉にして発信していきたいです。わたしの立場から、どうやってサロンや“母となってはたらく”を伝えるのか、が課題。また、今後自分が社会のどういう部分に問題意識を持って、どんなふうに活動していくのかもゆっくり見極めたいと思っています。

水口 陽子(オフィシャル・サポーター)
ファシリテーター1期生として活動してから、5年目の参画です。現在マドレボニータ城北チームでともに活動している吉田紫磨子さんと一緒に、今年度の活動を盛り上げていきたいと応募しました。毎年開催を重ね、新たな展開も増えている北区赤羽サロンを今年も!という思いとともに、住まいのある板橋区でのサロンも活性化させたい!!です。様々な出会いを今年も楽しみにしています☆

(文責:NECワーキングマザーサロン事務局・竹下)