CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年05月25日

同じ合宿は2度とない...【2日目】

NECワーキングマザーサロン事務局の竹下浩美です。
実地研修の続きを^^.

1日目でそれぞれの課題が浮かびあがってきます。
2日目のみでそれをクリアにすることはできない。
でも、それぞれに課題が見えることがここでは大事なんです。
1日目の様子はコチラでどうぞ^^.

では、2日目の様子です。

【2日目】
◎初日に引き続き、身体を作っていきます。
まずはストレッチから〜
IMG_2726.jpg

この前に、研修会場に到着した皆で前日の宿題『ランニングマン』の練習をしていました。
身体は思うように動かない...それでも動かそうとするか、しないか。
そしてただ我武者らに動けばいいのではなく、どんな視点をもって練習するかというのは
ファシとしての進行練習にも通じるところ。

これを身体で感じること...というのは、とても大きいのです!
こうやって身体を動かしてみると、自分のことが結構見えてきます。
できない自分がイヤで動きをやめてしまうのか、見ることを忘れてしまうのか...
練習は結果としてついてくるというのを身体で感じると、
他のことにも中々言い訳できなくなります^^.

◎アネゴ2人目の登場!つかさっちん。
全体シェアリングってどうやって進めていくんだろう?大事なことって何?
一通り話しを聴いた後には、デモもやってみました^^.
IMG_2729.jpg

◎2日目のプログラム...は、当初の予定と大幅に変更しました。
IMG_2728.jpg
前日の進行練習をみて、「今必要なことは?」を考えてプログラムを調整。
「繰り返し」練習する時間をたっぷりとりました。

◎開いたら閉じる...の言葉通り
最後はのもゆみちゃんの進行でシェアリングをして閉じます。
これから「運営」のことで一杯になる。
だからこそ、ファシとして参画する「おもい」を改めて分かち合います。
IMG_2733.jpg

こうやって、色んな人の手を借りながら
サロン事務局3人はひたすら裏方に徹していました。
そうやって、それぞれがそれぞれにできることを「持ち寄る」。
それが、ワーキングマザーサロン全体で目指しているカタチなのです。

それを、この合宿でも実現できたんではないかなぁと
それが今回のいちばんの収穫でした。
今回「良かったよね〜」と言っていても、また来年は変わると思います^^.

最後に振り返りで、プロジェクトリーダーの葉子さんが
「メンバーによっても変わるよね」と言っていました。
オンライン課題の間中も課題を出してそれで終わり...ではなく
様子を見守っていく...それがあっての合宿なんだなぁとつくづく思いました!

こうやって誕生した5期(2013年度)の14名のファシリテーターたち。
2-299.jpg

このプロジェクトはいよいよここから始まります!
開催地域など、ぜひご確認くださいね。
今年の第一弾サロンは、6月9日(日)赤羽&調布で開催予定です!

身体を動かし、人との関わりの大切さを実感した合宿【1日目】

NECワーキングマザーサロン事務局の竹下浩美です。
いよいよ6〜11月までの半年間、第5期(2013年度)の活動が始まります!

候補生としてオンライン課題に取り組んでいたメンバー14名が初めて集まり
(この課題は、実地研修を終えた今でも続いています。)
朝から夜まで...寝食を共にする、内容もそしておもいもビッシリ詰まった
2日間の実地研修(合宿)の様子を振り返ります。

これを経て、ファシリテーターとして活動できるわけですが
これで終わり...ではなく、ここからがスタート...の手前なわけです。
私はサロン事務局として運営に関わりながら
今期は城北(練馬・赤羽・板橋)チームのオフィシャル・サポーターとしても参画します。

合宿後からチーム内でのやり取りも盛んになりました。
それは、合宿で進行役としての「土台」を作らないと、
チームでの運営というところにまでいきつかない!

ファシリテーターの実地研修を合宿形式にしたのは、昨年から。
終了した時には、合宿にして本当に良かったね〜というおもいがありました。
でも、改善したい点がなかったワケでもなく
K.U.F.U.を重ねて臨んだ今年の合宿。

身体を動かすことと、色んな人に関わってもらうことが実現しました!

【1日目】
◎ストレッチをしながら輪になっての自己紹介...からの、2人組でのストレッチ。
gassyuku_1.jpg
一体感を味わいながら、ステップをひとつ翌日への宿題に...

◎今年度からアネゴとして関わってくれるのもゆみさんによる講義。
ファシリテーターからみた景色〜
『聴く』ということについて伝えてもらいました。
gassyuku_2.jpg

◎その間中、お手伝いとして参加するメンバーは
この後の進行練習に備えています。
gassyuku_3.jpg

◎夜の『EDEN』研修の前にお風呂もすませ、課題のラップを披露し
このプロジェクトに関わっている人たちと自分との関係性を改めて絵にしてチームでシェア。
そして、皆でおもいを分ち合います。
gassyuku_4.jpg

ファシ14名の為にこの研修に関わってくれる人
そして、応援してくれている人たちは本当に多い。
ファシをはじめ、全ての人がボランティアでこの活動に関わっています。

そのあたたかさを、翌朝布団の中でこのツイートのまとめ
を見ながら感じ、一人感涙していたのはいうまでもありません!