CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年11月17日

【ブログリレーH】チームあさかぶそれぞれの物語〜純子編〜


こんにちは!WMSあさかぶ(赤羽さいたま川口文京)
サポーターの内藤純子です。
カメラ(↓後列左から2番目のボブカットが私です)
2012WMSあさかぶメンバーズ.jpg

小学4年と1年の男の子二人の母であり、普段は、自宅でベビマ&アロマのお教室を
主宰しております。

私が、ワーキングマザーサロンにはじめて出会ったのは、2010年11月赤羽サロンでした。
ワーキングマザーサロンのことをどのようにして知ったのかは、
なぜか全く覚えていないのですが(笑)、このサロンを見つけた時に、
とても興味を感じてワクワクしたのを覚えていますわーい(嬉しい顔)

そして「残席わずか」となっていたので不安になり、
「参加できるのか?できないのか?」を主宰者側からのご連絡を待ち切れずに、
こちらからメールで再度問い合わせしてしまったほどでした。(ちょっと怖いですね〜(笑)あせあせ(飛び散る汗)

はじめてサロンに参加した時は、
「見知らぬ人とここまで、深い部分の話しができること」
そして、母になるとどうしても、子どもを中心にした話がほとんどになってしまう中、
「自分の話ができたこと」に、とても感激したことを覚えていますぴかぴか(新しい)

その後、この語れる仕組みやサロンの存在に感激し、
サポーターとして関われるということを知って、サポーターに興味を持ちましたが、
自分のお教室をちょうど本格的に始動し始めた忙しい時期でもあり、
サポーターとしての参加はあきらめました。

それでもやっぱり、サロンの存在、関わりへの興味があきらめられず、
また自身のお教室で出会うワーキングマザーの多さに驚き、
「母となってはたらく」という部分は、女性にとってもはや切り離せない部分であり、
その部分でも何かお役に立ちたい、立てることはないかな?という思いから、
その翌年、2011年に中浦和のカフェのらさん開催のサロンに、
またいち参加者として参加しました。

「今、母たちが抱えている思いって、何なのだろう?という思いを共有したい」、また、
「サロンの素晴らしい仕組みから何か学べることがあるかもしれない。。。」
「2012年はサポーターとしてかかわりたい、」などなど、色々な思いを持って前のめり気味で参加したサロンでしたが、サロンに参加して感じたことは、
「ただただ、楽しい」ということでした。^^

私を語れる場所や時間があることが、ただただ嬉しくて、楽しかったんです。

子どもが幼稚園、小学生となって成長しても、実は、
「自分のこと、心の深いところにある思い」や、
特に「人生、仕事、パートナーシップ」について、本音で語れる場所は、そうないのです。
だから、
「仕事どうする?どう頑張っていく?どうありたい?」を語れることがすごく嬉しかった。
「私、こういうことを沢山話したかったんだ」という自分の奥深くの思いにも、
気付かされました。

この気づきをキッカケに、こういった心の奥深くにある、
普段はもしかしたら見ないふりをしているかもしれない自分の気持ちにも蓋をせずに、
しっかり向き合っていこうと、今は、日々、
自分の「こうしたい」という気持ちを大事にして過ごせています。(*^_^*)

「人生、仕事、パートナーシップ」について、
真剣に向き合い、そして悩み、それでも前に進んでいこうとする人たちは、
たくさんいるんだということ、それを知れたことも、
自分にとっては、元気やパワーをもらえたことでした。

サロン開催も、次回赤羽サロンで、最後の開催となりました。
ぜひ、語れる仲間、同じ思いを持つ仲間と出会って、
新しい年もいいスタートを切れたらいいですね!
スタッフ一同、そんなみなさまとの出会いを、心からお待ちしております!
(文責 内藤純子)

【ラストサロン】*満席です*

==============================
 ●11月21日(水)10:00〜12:00@赤羽
==============================


 ビル 会  場 : 赤羽会館(第三和室) ★地図はこちら
     
 電車アクセス:JR赤羽駅徒歩5分、東京メトロ南北線赤羽岩淵駅徒歩15分

 かわいい2012年4月25日以降に生まれた赤ちゃんはご同伴頂けます。

⇒〔お申込〕コチラの専用フォームから!

かわいい

 かわいい参 加 費 : 500円…資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします

⇒〔問合先〕WMS北区・さいたま
      (折り返し、メールにてご連絡させていただきます)  
   

チームあさかぶ(赤羽さいたま川口文京)一同、ご参加を心よりお待ちしておりまするんるん

【WMS関西】11/6明石市にてサロンを開催しました

11/6(木)兵庫県明石市・明石市生涯学習センターにてサロンを開催
しました。先月に引き続きサポーター鴨谷がサロンの様子をレポート
させていただきます✩
1106akasi-1.jpg

★全部自分でやろうとしてはだめ!★

これから復職するにあたっての不安を持っている方と、すでに復職
した経験のある方とが意見交換をしました。子の病気だったり、生活
をどうまわしていくか、どれくらいの時間働こうか・・子どもや家族との
生活を大事にしながらいかに働こうか、それぞれのあり方を考えました。

その中でも、全部自分でやろうとしたらしんどい!任せるところは
任せる。「自分がやったらなんとかなるから自分がやる」、は家庭でも
仕事でも、自分も周りも大変!という意見にみながうなずきました。

ワーキングマザーの教科書でも「委ねる」能力や必要性が言及され
ていますね、そうやってみんなで子どもも自分も育てていくのですね。

★そこそこに働く!?ばりばり働く!?仕事への想い〜★

・そこそこに働きたいなという思いがある
・そもそも母でなくても組織で働き続けるって大変だよね・・
・子どもに生き生きと働いている姿をみせたい
・仕事を始めたときと、続けている今で働く意味みたいなものも変化してきた

働くといってもそれぞれに働く目的も違うし、職種も働き方も様々!
それぞれが仕事に対する考えや想いを言葉にし合いました。

★パートナーシップ、わたしは夫とどう歩んでいくか・いきたいか★

・夫とは対等でいたい。
・夫の「外で働いて欲しくない!」「定年までお互い仕事頑張ろうな!」にわたしは・・

それぞれの夫との関係性について、「うちはこんなかんじだけどこう
思っている」ということを話しあいました。それぞれの家族にそれぞれの
形がある。話してみること、言葉にしてみることで「ああ、自分はこういう
関係を結んでいきたいのだ」という発見もあったようです。


 

関西のサロンも残すところあと2回となりました。まだ参加されていない方、
もういっかい参加したい方、11月までですので、お見逃しなく✩私たちの
母となって働くを一緒に語り合いましょう!

⇒ 11/27(火)神戸・ヒーローズサロン

11/27(火) 加古川・東播磨生活創造センター かこむ




ところで今朝、保育園に子どもを送っていった時に、園庭に園児たちと
遊ぶ中学生の姿が。これは、我が兵庫県が誇る「トライやるウィーク」の
光景です。98年より始まった中学生の職場体験で、中学2年生が5日間、
職場や公共施設で過ごして学ぶプログラムです。

やけにしっかりした、いい感じの学生さんたちだな、と感じて、それを
先生に伝えると「うちの卒園生なんですよ!こんなに小さい時から
知ってるけど、立派になって!」と教えてくださいました。それをきい
たらなんだか涙が・・・こんなに優しい目で子どもをみてる、どっしりと
した中学生達がこの保育園で育ったんだ!と感動。うちの子達もこんな
中学生になったら嬉しいな、と思いました。中学生と遊んでもらえる機会
などめったにないので母も嬉しくなりました。私もいろんな人に助けて
もらいながら・関わってもらいながら子どもを育てていきたいです。

(文責・WMS関西サポーター 鴨谷 香)