CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年11月05日

【開催報告】11/3大阪(十三)にてサロン開催!

11月に入り、一気に寒くなってきた関西ですが、いかがお過ごしでしょうかぴかぴか(新しい)
これからの季節、インフルエンザ等病気との闘いがパワーアップしそうで、
今からドキドキビクビクあせあせ(飛び散る汗)しているサポーターの岡部です。

さて、大阪では第二回目となった十三でのワーキングマザーサロンの開催報告をいたします。

生後4・5ヶ月のお子さんを含めて総勢13名と大所帯ながら、JUSO Coworking
様の明るく開放的でおしゃれな空間で、広々と使わせていただきましたハートたち(複数ハート)アロマ
が香り、心地の良い音楽が流れるサロンって他の地区ではあまりないのでは!?
今回も、と〜ってもプリティな赤ちゃん2名は、我々の心を癒し、サロンにも
積極的に(!!)参加してくれましたるんるん
wms121103.jpg
サロンは、的確で安定感が更に増したかおちゃんのファシリテートでスタート。
自己紹介・Good&Newと和やかに進んでいきます。
皆さんの参加意識の高さに思わず唸ってしまうワタクシ。
いよいよ後半、参加者全員でシェアリングに突入です!
キーワードを元にご紹介させていただきますねぴかぴか(新しい)

1.仕事から帰ってきてからの子供とのコミュニケーションの取り方

・御飯を食べながら、お風呂やお布団の中で短い時間ながら子供の話を訊くスタンスで望む。
・抱きしめる・なでてあげる・送り迎え中はお話をずっと一緒にする。
 (これは、0歳児のまだ相互コミュニケーションが出来ない頃からずっとしているとのこと)

一方で反省点を挙げられる方も・・。
・2歳頃まで家に帰ってきて、家事を取り急ぎしていると纏わりつかれるのがうっとしく感じてしまっていた。
もっとおんぶや抱っこをしてあげれば良かった。

私事ですが、ついつい家に帰ってくると、DVDやおもちゃで遊ばし、料理している
時に寄って来られるときつく叱ってしまう事がたびたびあります。今の時期だけ
なのだからと割り切って、もっと子供に愛情をもって接しなければと深く感じました。
帰ってきて就寝までの時間は皆さんそれぞれですが、約3時間ぐらいの方が多いの
ではないでしょうか。その中でお子さんとの密度の濃い有意義な時間作りはこれから
の成長過程にとってもプラスになるし、時間管理という点でも仕事・ライフワークに
活かせていけますね。これからも精進あるのみ!

2.(子供を預けてまで)なぜ働くのか、働こうとするのか

ファシリテーターかおちゃんからの問いかけです。
・(子供に)「あなたのせいで資格がとれなかった」といいたくない。
仕事をすることで活き活きしたい!仕事が好きだから!
・仕事で認められることが快感。でも母として仕事とバランスをとる事を優先している。
・母・子供・仕事を手に入れるあこがれが強い。 (一方で、時代の流れに流されていると感じることも)
・自分が子供を持ち、パートナーと仕事をすることで、仕事の理解が出来た。
・子供に好きなことをして欲しいから。(親の背中を見て子供は育つ)
 地域・経済・教育などとバランスをとっていくことに気付いた。

皆さん、仕事・子育てに対し、バランスを自分なりに取りながら、葛藤を抱えつつ
今を過ごされておられることがひしひしと伝わってきました。子供の成長過程により
悩みも変わっていくものだし、より子供と向き合うことが真摯に問われていくかも
しれません。「なぜ働くのか、働こうとするのか」は子供を育てながら仕事を続けて
行く以上、永遠に続く自分への問いかけになってくるのでしょうね。

3.隙間時間の使い方!(どうやって自分を解放しますか?)

仕事・家事・子育てを両立しているとなかなか自分の時間がとれません。
参加者の皆さんの時間の使い方を公開いたします!
・朝、ミスドに行く(保育園の送り⇒会社の間で)
・半日休暇を取り、自分の時間を確保。
・月に何度かパートナーに子供を亜付け手、ショッピング。
・5キロランニング。(実は、効うつ剤をうつ効果と同等だとか!?)
・ルンバ・食器洗い乾燥機・圧力鍋等最新家電をフルに活用する。
・片付け祭り!(収納術のノウハウを活かして自分もすっきり)
・月に一度のフェイシャルエステ。
・スイミング(子供の教室の合間に)
・義両親に預けてパートナーと飲み会。

皆さん色々な時間の使い方が出てきて、参加者一同、「なるほど〜!自分もやってみよう!」
と前向きな雰囲気で包まれた会場でした。
普段は、自分が後回しになりがちですが、どこかで自分を解放し、笑顔でいたいものですね。

以上大きく3つのキーワードがあり、意見交換がなされたのですが、
衝撃的だった問いかけが他にも・・・。

家に「部長」がいる!!

パートナーとの関係性を考えるきっかけとなりました。
家の中でも上司・部下の関係になってしまうと、自分が疲れてしまいます。
ビジョンの共有化をするためにはどうすればいいのか?
パートナーとテーマを決めて話すといいのではという意見がでました。
たとえば、お休みの日に行きたい所・今後の教育方針など、意見のぶつかり合い
になっても顔と顔を突き合わせ話していくうちに蟠りが解けていくこともありますよね。
また自分はここまでしかできないとパートナーにはっきりという勇気も必要!という意見もでました。
どこまで「できる」かというのも人それぞれ。
求め過ぎられると方向性もあやふやになり自分軸が崩壊してしまいます。

『自分が仕事も子育ても家事も楽しまないと、子供が家族が笑顔になれない。』

今回のサロンの締めくくりの言葉です。
wms121103_2.JPG
毎回サロンに参加すると色々な気づきを頂くのですが、今回は、改めてパートナーとの
関係性を深く考えさせられる回となりました。

お時間の許される方はランチへgo!
淀川沿いの開放感溢れるカフェで引き続き盛り上がりましたぴかぴか(新しい)
wms121103_3.jpg
ご参加してくれた皆さん、お疲れ様でした。これからもよろしくお願いいたしますハートたち(複数ハート)

(文責:WMS関西 サポーター 岡部雅子)