CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年02月08日

ファシリテーターの活動を振り返る 第二回 牧内由佳@長野の場合

みなさんこんにちは。
ファシリテーターの牧内由佳です。

最後のサロンを終えてから、3ヶ月が経とうとしています。早いです・・・。
私は、長野県飯田市と松本市でサロンを開催しました。

昨年3月、NECワーキングマザーサミットの映像をパソコンで観て、
私も!!!と思い立ちファシリテーターに応募しました。

4月から取り組んだ課題や、5月の研修はわくわくと適度な緊張が入り混じって、
本当にいい経験ができたと思います。

サロン開催に尽力した半年間は、
もちろんすべてが思いどおりになったわけではありません。

でもそのたびに、サポーターとして支えてくれたはやしさんやともさん、
ファシリテーターのみんな、事務局のみなさんの存在のありがたさを感じることができました。
本当にありがとうございました。





各サロンは、それぞれ本当に楽しかったです。

楽しかったのは、その時にたくさん笑ったから、というわけではなくて、
誰かの人生や想いに触れたり、今の自分はどうだろうって振り返ったり、
ちょっと先の自分の姿を考えたり、ということができたからだと思います。

はたらくことって、仕事をするって意味だけじゃなくて、
どんな生き方をするのかってこと。

立ち止まって考える機会をもらって、
参加者のみなさんと共有できて私も幸せでした。


ファシリテーターになる前の私は、
自分の思いや考えを誰かに伝えるのがとても苦手でした(今もちょっと苦手ですが汗)。

それでも伝えることをあきらめずに頑張れたことは、
褒めてあげたいなと思います(笑)


たくさんの出会いがあったこと。

誰かの話に耳を傾けたこと。

記者の方に熱心に取材してもらったこと。

飯田市子育て支援課のかたや、つどいの広場のスタッフに協力してもらったこと。

それがとっても嬉しかったし、活動していく力になりました。

この出会いからまたいろんなつながりができて、
可能性が広がっていくのをいま感じています。

3月14日に、NECワーキングマザーサミットが開催されます。
1年前にパソコンで観た会場に、
自分が行くのがとても感慨深い!そしてとっても楽しみです。


ブログはリレー形式でまだまだ続きます。
また次回お楽しみにハート


(文責:牧内由佳)