CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« WMS2017_葛飾 | Main | WMS2017_横浜»
プロフィール

WMSプロジェクトさんの画像
WMSプロジェクト
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
リンク集
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/wms/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/wms/index2_0.xml
※満席御礼※【調布チーム】8/5(土)第2回サロン@府中市のご案内 [2017年07月04日(Tue)]
満席となりました。お申し込みありがとうございました!

こんにちは!調布チームメンバーの ふっきー(福井)です。

調布チーム第二回目のサロンのお知らせです☆
8月5日(土)「NECワーキングマザーサロン」
府中市で開催します!!

調布チームの4人娘
一番右が私です黒ハート


「ワーキングマザー」と名がついているので、私は専業主婦だし行けないわ、と思ったあなた。
大丈夫です!!ぜひ来てくださいハートたち(複数ハート)
私自身、昨年、参加者としてサロンに参加した時は専業主婦でした。

大事なのは「はたらく」について考えてみたい、その気持ちなんです。

女性の人生には、色々な転機が訪れますよね。
就職、結婚、出産、転職…etc。
その状況ごとに、仕事のこと、パートナーのこと、人生のこと。
悩みは一つとは限らないし、むしろ、複雑に絡み合っていることの方が多いのかも。

モヤモヤぐるぐると一人で考え、悩み、行き詰まってしまうことって多くありませんかexclamation&question

このサロンでは、女性なら誰でも、色々な環境・場面にいる方にご参加いただけます。

皆で意見を交わしているうちに
自分の気づいていなかった思いに気が付いたり、悩みを解決するヒントを得たり。
「私も同じこと思ってた!私だけじゃなかったんだ」とホッとすることも。
もしかしたら、あなたの言葉が他の誰かの背中を押すことだってあるかもしれません黒ハート


ぜひ、様々なご参加者の意見に触れに、自分の思いとゆっくりと向き合う時間に。
お気軽にご参加くださいきらきら
皆さんにお会い出来るのを楽しみにしております(^^)


ひまわりお申込みはこちら指差し確認右ひまわり
※ 7/5(水)本日よりお申込み受付を開始いたします。

調布チーム第二回サロンです!
【NECワーキングマザーサロン 8/5(土)in 府中 】

*日時:8月5日(土)9:45〜11:45

*会場:府中市中央文化センター
http://www.tekuteku-fuchu.com/tyuou_bc.html
*住所:府中市府中町2丁目25番地(地図はこちら指差し確認右) 
*最寄駅:京王線府中駅 徒歩約7分
     京王線「府中駅」より、ちゅうバス「多摩町ルート」乗車、「中央文化センター」下車、徒歩1分

*参加費:500円(テキスト代として)
 資料として、「マドレ式・ワーキングマザーの教科書」をお渡しいたします。

*対象:「母となってはたらく」ことを語りたい女性。
 既婚、未婚、出産経験の有無は問いません。
 就労中、育休中、専業主婦、自営業、会社員 どの立場の方でも参加可能です。

*定員:10名
 お子さまの同伴は生後210日までのお子さまに限り可となっております。
 今回のサロンでは、2017年1月7日以降に生まれたお子さまは同伴可能です。
 2017年1月6日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、 単身でご参加ください。


ひまわりお申込みはこちら指差し確認右ひまわり
※ 7/5(水)本日よりお申込み受付を開始いたします。
※ 申込み受付後、折り返しメールでご連絡をさしあげます。

*お問い合わせ先 wms2017chofu★madrebonita.com
 (送信する場合は、★を@に変えて送信してください)


〔問合先〕調布チーム
(文責:福井裕香(ふくいゆか))
【開催報告】隠れていた要求が掘り起こされた瞬間【調布チーム】7/2(日)調布サロン [2017年07月04日(Tue)]
こんにちは!
NECワーキングマザーサロン調布チームのふっきーこと、福井裕香ですわーい(嬉しい顔)

第一回WMS会場写真.jpg

7/2(日)、調布チームの記念すべき第1回サロンを、小島町ふれあいの家(調布市)にて開催しました光るハート
調布チームは、進行役含め4人の少人数チームです。
ご参加者の到着前に、メンバーで輪になって、「今の思い」を一人ずつ話しました。

キックオフミーティングの時とも違う、特別な雰囲気。

これからどんなご参加者がいらっしゃるんだろう、というドキドキ揺れるハート
どんなサロンになっていくんだろう、というワクワクグッド(上向き矢印)


なんとも言い表しがたい、緊張と高揚感。
メンバー全員が感じていたと思います。

調布は前日まで連日雨降りでしたが、当日は晴れに!
5名の参加者と赤ちゃん2名を無事にお迎えして、
そして、運営メンバーののまちゃん(木村恵理子さん)も初サロン。
一緒に輪の中に入り、ついにサロンがスタートしました。

今回ご参加の皆さんは、第一子ないし第二子を迎えられ
ご自分の仕事の働き方を今後どのようにしていこう?と悩まれてのご参加が多く
進行役ののそちゃんの体験談を聞きたい!と熱望される方がいらっしゃったことで
のそちゃんの体験談を聞く場面も。

のそちゃん自身、私が話して良いのかな、シェアリングの時間が足りるかな、と気にかけつつ丁寧に質問者に向き合って話し、
参加者の皆さんも、のそちゃんの話を受けて、しっかりと自分ごとに落とし込んで、
自らの環境と気持ちを見つめて発言されていました。

第一回WMS.jpg

シェアリングも半ばに差し掛かったところで、場面の転換が起こりました。


きっかけは、男性の「君の好きなようにやって良いよ」という発言に、モヤっとする!という意見からでした。
それまで仕事や収入に対して皆の意識が向いていたのに、一気にパートナーシップの話へ・・・!

メモを取っていた私は、前後半の内容の変わりように当初驚きを受けていたのですが
この記事を書くためにメモを見返してみると、前半の仕事中心のシェアリングの中にも
「夫」「パートナー」「家族」
といたるところにキーワードが出てきていたのでした。

隠れていた要求が掘り起こされた瞬間・・・!!!
なんとなくの流れで転じた話題のように思っていましたが、皆にとって真に必要なキーワードだったのかもしれませんね。

「君の好きにやって良いよ」にモヤモヤしてしまうという気持ちの根底にあるのは
「私が求めているのは許可じゃない。承認だ。」とはのそちゃんの言葉。(名言ですねぇ)

自分のやりたいと思っていることの話を寄り添って聞いてほしい。
興味を持ってほしい。
自分の考えや思いを認めてほしい。
でも、否定されるのは怖い。
だから、ごくごく身近な身内であるパートナーに改まって向き合って、
自分の気持ちの本質に迫る話をするのって、とても恥ずかしいし、照れがあるし、勇気がいる。
その恥ずかしさって何から来るの?
どうやったらその一歩を乗り越えられる?
とりあえず、一方通行でも、帰って話してみようかな。
手紙やメールとか、伝え方は色々だよ。
あえて、ちょっと投げておいて、時間を置いてみるのも手だよ。


そんな言葉が次々とご参加者の口から出て、思いが掘り下げられていく。
きっと、個々人の性格が影響して、関わり方は違うので
こうやったら正解、というのはないんだと思いますexclamation

サロンの場では解決にまで至らなかったと思うのですが、
(そもそも相手があってのことなので、パートナーがいないと解決しませんよねあせあせ(飛び散る汗)


「パートナーシップ」について考えたこと。
今まで気づかなかった、もしくは気付いていたけど見ないふりしていたのかもしれない。
この場にいたご参加者・運営メンバー全員にとって、とても尊い時間だったんじゃないかなぁと思います。


今回をきっかけに、何か一つでもステップを進められると素敵ですね黒ハート
(かくいう私も、帰宅して夫にやや興奮気味に&一方通行気味に話しました!笑)


こうして盛況の中タイムアップとなり、まだまだ話し足りないご参加者の皆さんは、ランチ会場へと向かわれましたるんるん
19718444_982555885214903_1230568414_o.jpg
皆さん素敵な笑顔です黒ハート


第一回目から、ご参加者の皆さんの活発な発言をいただき
とても充実したサロンを開催することができましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
赤ちゃんとご参加のお母さんも、皆さんの温かい眼差しに見守られ
落ち着いてお話しすることができていたように思います。
ありがとうございました目がハート

次回は、私の地元・府中市で8/5(土)に開催ですグッド(上向き矢印)
詳細はこちら指差し確認右

皆さまのご参加をお待ちしておりますexclamation×2


(文責:福井裕香)
【開催のお知らせ】調布開催!7/2(日)WMS調布チーム第1回サロン [2017年06月20日(Tue)]
こんにちは!調布チーム進行役 のそちゃん(野曽原)です。

お待たせしましたexclamation×24年ぶり手(チョキ)
7月2日(日)「NECワーキングマザーサロン」
調布市で開催しま〜す!


母となって間もないあなた。
母となって時間経ったなぁーのあなた。
母になってないけど、考えてみたいなーってあなた。
母だけど、働いてないし・・・のあなた。

このサロンの良いところは、母になった人、これから母になる(かも)しれない人、
そして働いている、働いていない、育休中、育休終わって復職している・・・
どんな環境の方でも参加いただけるサロンなんです揺れるハート

何故かってexclamation&question
「母となって働く」ではなく、
「母となってはたらく」を考えるワークショップだからですわーい(嬉しい顔)

「はたらく」には、いろんな意味があると思いませんか?

会社員じゃないけど、「はたらく」だなってことありますよね?

そんなことを、女性たちが集まって、安心して、ゆっくりと話せる場って・・・
いかがでしょうexclamation&question

かわいいお申込みはこちら指差し確認右かわいい
※6/20(火)本日よりお申込み受付を開始いたします。

調布チーム初回サロンです!
【NECワーキングマザーサロン 7/2(日)in 調布 】

*日時:7月2日(日)9:45〜11:45

*会場:小島町ふれあいの家
*住所:調布市小島町3-56-1 
    (http://cosite.jp/town/facility/fureai/522/chofushougai
*最寄駅:京王線調布駅 徒歩約10分
     京王線(橋本行き)京王多摩川駅 徒歩約8分

*参加費:500円(テキスト代として)
 資料として、「マドレ式・ワーキングマザーの教科書」をお渡しいたします。

*対象:「母となってはたらく」ことを語りたい女性。
 既婚、未婚、出産経験の有無は問いません。
 就労中、育休中、専業主婦、自営業、会社員 どの立場の方でも参加可能です。

*定員:9名
 お子さまの同伴は生後210日までのお子さまに限り可となっております。
 今回のサロンでは、2016年12月4日以降に生まれたお子さまは同伴可能です。
 2016年12月3日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、 単身でご参加ください。

かわいいお申込みはこちら指差し確認右かわいい
※6/20(火)本日よりお申込み受付を開始いたします。
※ 申込み受付後、折り返しメールでご連絡をさしあげます。

*お問い合わせ先 wms2017chofu★madrebonita.com
 (送信する場合は、★を@に変えて送信してください)

調布チームの4人娘

お待ちしてまーす手(パー)

〔問合先〕WMS調布
(文責:のそはら やすえ)
★チーム紹介★調布 [2017年05月24日(Wed)]
第9期(2017年度)【調布チーム】のメンバーをご紹介します☆
東京都調布市、府中市、稲城市などでサロンを開催していきます。

木村 恵理子(きむら えりこ)

5歳と0歳の兄弟の母、現在育児休業中です。二度の産後ともにマドレの産後クラスに参加し、出産育児という人生の一大事に言葉を失くしたあと、苦しみながらも思いを言葉に紡ぎだす尊さを実感しました。対話を通じて、モヤモヤの中から「これや!」という言葉がポコッと飛び出してきたときの喜び、自分の心から出てきたのにびっくりしてしまう嬉しさを感じられる方が増えたらと願って参画を希望しました。カワイイよりオモロイと言われるほうが嬉しい、笑うのが大好きな関西出身者です。

中村 有香(なかむら ゆか)

4人の男子の母で助産師です。8期の進行役を務めました。昨年9月に仕事復帰し忙しいながらも、自分なりの働き方を模索しながら日々過ごしています。今期は、職場の近くでのサロン開催と知り、運営メンバーになりました。この地域でどんな女性たちに出会えるのか、今から楽しみにしています。

野曽原 誉枝(のそはら やすえ)進行役

4歳の男の子の母です。出産を機に長年の企業人としての働き方を変え、NPO法人Fine理事、ITコンサル企業事務請負、産後ドゥーラと3枚の名刺を持って活動しています。自分にとっての働くことの意味、自分のなりたい姿、子どもとパートナーの個としての関係性など一緒に楽しく&真面目に話して、考えて、時には迷って、共に感じ合える時間を作っていけたら嬉しいです。安心して話せる場をつくりますので、どうぞ気軽にご参加くださいね。

福井 裕香(ふくい ゆか)

2歳児の男の子の母です。出産を機に、約10年間勤めた会社を退職して専業主婦になりましたが、ずっとスッキリしないモヤモヤを抱えたままでした。マドレとサロンに出会ったことで自分の仕事・人生に対する思いに向き合い、産後ドゥーラとして第二の人生を歩むことを決めました。同じように色々な思いを抱えていらっしゃる皆さんと語り合い、様々な発見をできることを楽しみにしております。