CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« WMS2017_栃木 | Main | WMS2017_杉並・中野・豊島»
プロフィール

WMSプロジェクトさんの画像
WMSプロジェクト
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
リンク集
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/wms/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/wms/index2_0.xml
★チーム紹介★群馬 [2017年05月25日(Thu)]
第9期(2017年度)【群馬チーム】のメンバーをご紹介します☆
群馬県高崎市などでサロンを開催していきます。

石井 尚子(いしい なおこ)進行役

2児(6歳娘、4歳息子)の母で、会社員をしています。3年前に初めてサロンに参加し、自分の想いを安心して語れる場があることに感銘を受け、サロンの活動に興味を持ちました。今年で3期目の参画になります。 私にとってのサロンとは、自分の想いを語ること、仲間の話を聞くことで、自分はどうしたいのか?を見つめなおすきっかけとなっています。自分の住む群馬県でもそんな場を作りたいと思い、今期は進行役に手をあげました。「母となって働く」を一緒に考えてみませんか?たくさんの出会いがあることを楽しみにしています。

倉林 梢(くらばやし こずえ)

自分にできるかな、とはじめは消極的な考えのもとでしたが、自分のできることをできる範囲でやればいいという言葉に力をもらい、応募しました。子育てしながら働く中で色々思うことはあってもなかなかじっくり話せる場がありませんでした。参加者の方の思いや考えを聞く中で、私自身自分の思いに向き合う作業をしたいです!

高和かおり(たかわ かおり)

渋川市(伊香保温泉が有名)在住、5歳男児の母です。未婚で出産し母となったことを受け入れるのに時間がかかりました。産後ケア教室で想像することさえ難しかった5年後、それがもうすぐやってきます。シェアリングや過去に参加したサロンで、母でもない、職業人でもない、素の自分で思いを語ることを繰り返すなかで、「ただ生きている」から「どのように生きたいか、どのように働いていきたいか?」を問えるようになりました。しかし自問自答は孤独なため、安心安全な語りあう場でお会いできたらと思います。

谷口 あん(たにぐち あん)

6歳女児と3歳男児と2歳男児の3人の子の母です。私はフルタイムで働き、大学院に通っています。第二子出産後、「母となって働くこと」が壮大なテーマだと気付いてから、毎年サロンに参加しています。現在地を確認しながら、自分自身がどう働きたいか、私は今後どうしていきたいのか、「〜べき」や「〜しなくちゃいけない」ではない「なにか」を考えて、自分で発して言葉を繋いでいくことのできる場が大好きです。よろしくお願いします。

野原 由樹子(のはら ゆきこ)

男の子2人(小1、年中)の母です。栃木市在住、職場は東京(往復4時間かけて通勤)、土日は高崎(夫の単身赴任先)で過ごす、という生活を送る中、各地のサロンに参加し、自分の気持ちと向き合うことで、「本当は自分はどうしたいのか」を考えることができました。境遇も考え方も十人十色だからこそ、他の参加者から様々な気づきを得ることもできました。サロンで新たなつながりが出来るのも楽しみの一つなので、今からとってもワクワクしています♪

藤廣 久美子(ふじひろ くみこ)

はじめまして。上州ボニータのメンバーで今回初めてNECワーキングマザーサロンに参加します藤廣久美子です。15年以上助産師の仕事をしてきましたが、母となって働いてからは6年目、まだまだ毎日ドタバタ落ち着かない新米ワーママです。一人目の育休中マドレのエクササイズに参加して以来、ママ友という間柄だけではない仲間たちに支えられ、たくさんの気づき・チャレンジを得ました。同時に自分の人生について深く考えるようになり、対話の大切さを実感しています。どうぞよろしくお願いします。

峰岸 圭衣(みねぎし けい)

前橋市で産後セルフケアインストラクターとして活動をしています。10歳と8歳の2人の子どもの母でもありますので、私自身も働くことと子育てや家族のことについて、悩むこともたくさんあります。サロンには昨年までに数回参加しているのですが、参加する度に、参加者の皆さんが真摯に語り、さらに深い気づきを得ている姿を見て、私自身もたくさん気づくことがありました。そういう場を、仲間と協力し群馬でも作れることがとても嬉しいです