CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« WMS2017_北海道 | Main | WMS2017_群馬»
プロフィール

WMSプロジェクトさんの画像
WMSプロジェクト
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク集
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/wms/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/wms/index2_0.xml
【開催報告】働きたいという母の気持ち(9/16栃木) [2017年09月21日(Thu)]
みなさん、こんにちは。

NECワーキングマザーサロン栃木チームの春原です。

9月16日に、栃木で第4回目のサロンを開催しました。
運営メンバーも含め6人+進行役のみいちゃんの計7名でスタート。

20170916パルティ002.jpg
(一番左が私です)

個人ワークで手を動かし、区切られた時間で脳を活性化。
ペアワークでは言葉にする、傾聴する、という
実は普段なかなかできていないことを行います。

そして後半は、メインの「母となってはたらく」を語らいます。


「育休後の復職を考えると、子どもとの関わりやパートナーとの協働でもやもやしている」
という話を皮切りに、
復職経験者の経験談、
伝える手段の紹介、などなど
いろいろな角度からの話が出てきました。

私にとって気付きとなったのは、
自分の思いも一緒に伝えてみる、ということ。

たとえば、パートナーに言いたいけど、なかなか言い出せないことがあるとき、
言い出せないという理由や気持ちも一緒に伝えてみる、ということです。
「こういうことを言うと喧嘩になりそうで怖い」
「こういうことを言うと○○と言われそうで悲しくなる」

自分の気持ちを言葉にすることは難しいときもありますが、
自分の気持ちに気付くというだけでも、とても意味のあることだな、という気付きになりました。

20170916パルティ004.jpg

また、今回のサロンで印象的だったのは、
働きたいけど(その分忙しくなって)子どもに八つ当たりしてしまいそうで怖い
という一言でした。

なぜ働く母だけが仕事も育児も家事も、忙しくしなければいけないのでしょうか?

働きたい、という気持ちを一番身近なパートナーが支えることはもちろん、
社会全体でもっともっと支えられたらいいのに、と思いました。

今回ご参加くださったみなさま、充実した2時間をありがとうございました。


今期の栃木での開催は残り3回の予定です。
みなさまのご参加をお待ちしております!


るんるん次回開催のご案内るんるん
10月4日(水) 宇都宮市(受付中soon 詳細・お申込はこちら→http://blog.canpan.info/wms/archive/2078)
11月8日(水) 足利市(詳細準備中)
11月18日(土) 宇都宮市(詳細準備中)


(文責:春原美奈子)
【宇都宮】10/4(水) 第5回サロンのご案内☆【受付開始9/13〜!】 [2017年09月06日(Wed)]
みなさん、こんにちは。
NECワーキングマザーサロン・栃木チームの丹羽夕貴です。

栃木県宇都宮市での第5回のサロンのご案内です。

20170810salon001.jpg
↑サロンの様子

私は宇都宮へ引っ越してきて二年半くらいになります。
引っ越してきてから、出産をし、宇都宮という新しい土地で子育てをしています。
子育ては日々、子供の成長がみれて嬉しいはずなのに
新しい土地で横の繋がりがなく、孤独を感じ
子育てではなく孤育てをしているのでないかと思うことが増えてしまいました。

去年、宇都宮でチームが発足することをきき、メンバーとして参画しました。
参画した理由は、孤独に感じている自分に対して横の繋がりを作りたいと思っていたからです。

実際のサロンでは、アイスブレイクがあったり、自分のことを相手に伝えたり、気になっていることなどをシェアリングします。
自分のことを話すというのが苦手な方も無理にシェアリングで話さなくても大丈夫なんです。
私も話すより聞くことが好きなので、サロンに参加してるときは聞いていることが多いのです。
それでもサロンが終わると何かしらの気付きを得てるような気がします。
どんな場なんだろう?と気になった方、是非、参加してみてください。

ワーカーでもマザーでなくても、
「母となってはたらく」ということを考えたい女性なら
年齢や状況などに関わらず、
もちろん、独身の女性でも、どなたでも大歓迎です。


★NECワーキングマザーサロン@宇都宮 第5回のご案内★

◆日時◆
2017年10月4日(水) 11:00〜13:00

◆場所◆
宇都宮市男女共同参画推進センター
(宇都宮市明保野町7-1)
※パルティではありません。宇都宮市総合コミュニティセンターと同じ場所です。※
☆駐車場あり
☆バスでお越しの方:JR宇都宮駅発 鶴田駅行き 文化会館前下車
詳細は→こちら

◆参加費◆
500円
※資料として
『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします

◆参加対象◆
「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい女性の方ならどなたでもご参加いただけます。
育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、結婚・妊娠・出産の経験がない方、どなたでも大歓迎です!

◆定員◆
10組程度

※生後210日以内のお子様はご同伴できます。
2017年3月8日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
2017年3月7日までにお生まれのお子さまは、
信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。

◆お申し込み◆
お申込みは→こちら 9/13(水) 13時頃 受付開始予定

〔問合先〕栃木チーム(wms2017tochigi@madrebonita.com)
(文責:丹羽夕貴)
【開催報告】普段スルーしている自分の気持ちに向き合う〜8/10栃木 [2017年08月16日(Wed)]

こんにちはわーい(嬉しい顔)。栃木チームメンバーの石井です。

wms0810_7_2.png
(右から二番目が私です^^)

昨年は進行役をしていて、今年も栃木県にサロンチームが発足できたことが嬉しく、メンバーとして参画しています^^

さて、8/10に栃木県で今期3回目となるサロンを開催しました。

紙とペンを使って手を動かし、ペアになって話したりといったウオーミングアップのあと、全員で「母となってはたらく」についてフリートークの時間となります。

wms0810_4.jpg


そのフリートークの中に印象にのこった言葉を紹介しますね。

ある方が、こんな悩みをお話されました。
出産後にもとの仕事から離れていまはパートタイムで勤務している方です。

----
大好きな仕事に戻りたいが、夫に「自分の子どもを犠牲にしてまでやる仕事なのか」て言われてしまう。子どものことをなおざりにしたくはない。子どもともちゃんと接したいと思うと仕事を納得いくようにやれないのは仕方ないことなのか。あきらめるしかないのか。
----

自分の仕事を大切にしたい気持ちをわがままなのかもと抑えてやり過ごそうとしていることや、それがすごく苦しい、という感覚が伝わってきて、みんなで共感しながら聞きました。

wms0810_6.jpg

夫からそう言われたときは、どんな気持ちですか?ときくと、言葉を探しながら「いやな気持ち。かなしい。くやしい。」と話してくれました。

そこにみんなから「その気持ちをまずは夫に伝えてみては?」「仕事をしながらひとりで家事育児も完璧にしようと思わなくていいのでは」などの話しがでて、彼女も一つ一つじっくり聞いていました。

wms0810_3_2.png


人によって仕事への思い入れって異なると思うのですが、彼女の場合は、ほとんど生きる目的といってもいいくらい人生で大切なもののように感じました。
でもそれを夫とシェアできていないということ、普段はその違和感をみないようにして、日々をなんとか過ごしているということもありありと伝わりました。


ここに詳しく書けないですが、彼女のお仕事は次世代を育む、いま求められているお仕事です。
せっかく持っている情熱をぜひ社会に解き放ってほしいと切におもいます。


会の最後には、「あきらめなくていいんだと思った」と明るい表情で語り、具体的に何をしていくかも話してくれました。


wms0810_5.jpg

忙しい毎日で流されていく自分の気持ちを、あらためて見つめ直して自分の本心を知る。それだけでも人って癒されるし、本心さえわかれば自然と次の行動をおこしていける。

「いつものやりとりのかんじ」をじっくり反芻して、そこで自分が感じていることを味わう。

そこにサロンの醍醐味があるなあと感じられた第3回でした。



wms0810_1.jpg



余談 栃木チーム名物(!)やすよさんによる今回のイラスト入り案内板^^
ぎょうざのギョータン登場!わーい(嬉しい顔)


栃木チーム、次回以降の開催はこちらです♪


●9/16(土)10:30-12:30 栃木県宇都宮市 8/22受付開始
会場:パルティ とちぎ男女共同参画センター(栃木県宇都宮市野沢町4番地1)
アクセス:駐車場あり(最寄駅はJR宇都宮駅)
詳細案内はこちら 〔問合先〕栃木チーム



【宇都宮】9/16(土)第4回サロンのご案内☆【受付開始8/22〜!】 [2017年08月10日(Thu)]
みなさん、こんにちは。

NECワーキングマザーサロン・栃木チームの杉原智衣です。

18768530_716607478523373_5110664053979310791_o.jpg
(下段左が私です!)

栃木県宇都宮市での第4回のサロンのご案内です。



私がワーキングマザーサロンに初めて参加したのは2013年、第1子の育休中でした。

職場復帰を目前に控えているのに、保育園の申し込みにも落ちバッド(下向き矢印)
モヤモヤ満載の状態で参加しました。

異なる環境で仕事や子育てをしている方々のお話を聞き、自分の想いに気づいたりひらめき
他の方の参考になる働き方を知ることができたりぴかぴか(新しい)しました。

もちろん、サロンの2時間でそのモヤモヤが解消されたわけではありません。

ですが、4年経った今でもそのときのサロンで出会った方たちとの交流があり、
そして今、運営メンバーとして活動している、ということで、
どれだけ私の中でワーキングマザーサロンが重要なものとなったか、
わかっていただけるのではないでしょうか。

ワーカーでもマザーでなくても、
「母となってはたらく」ということを考えたい女性なら、
年齢や状況などに関わらず、どなたでも大歓迎ですexclamation

自分のことを話すのが苦手な方も、
ワーク&シェアリングを通して自分の想いに気づけるまたとないチャンスですexclamation×2

様子のわからないところに飛び込むことには勇気がいると思います。
ぜひ、子供を主語にした会話だけではなく、
「私」の想いを語りあいましょう!



★NECワーキングマザーサロン@宇都宮 第4回のご案内★

◆日時◆
2017年9月16日(土) 10:30〜12:30

◆場所◆
パルティ
とちぎ男女共同参画センター 和室
(宇都宮市野沢町4番地1)
☆駐車場あり
http://www.parti.jp/center/07.html

◆参加費◆
500円

※資料として
『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』
をお渡しします

◆参加対象◆
「母となってはたらく」ことについて、考え、
語りたい女性の方ならどなたでもご参加いただけます。

育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、
結婚・妊娠・出産の経験がない方、どなたでも大歓迎です!

◆定員◆
10組程度

※生後210日以内のお子様はご同伴できます。
2017年2月18日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。

2017年2月17日までにお生まれのお子さまは、
信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。


◆お申し込み◆
お申込みは→こちら 8/22(火)13時頃受付開始予定

〔問合先〕栃木チーム


(文責:杉原 智衣)


【開催報告】7/30(日) 第2回 栃木サロン@宇都宮北市民活動センター [2017年08月05日(Sat)]
みなさん、こんにちは。

NECワーキングマザーサロン・栃木チームの、春原美奈子です。

7/30(日)、曇り空で少し蒸し蒸しとした天気の中、
第2回目のサロン@栃木を開催しました。

20170730tochigi04.jpg
(写真右下が私です)

当日は、育休中の方、復職している方、
まもなく復職する方、反対にまもなく産休に入る方、
など様々な状況の方が集まり、
運営メンバー含めて、大人8名+赤ちゃん2名でサロンがスタートしました。

初めは運営メンバーも含めてみなさん緊張した面持ちでしたが、
自己紹介、Good&Newのワーク、と進める中で、だんだんと和やかな雰囲気となっていきました。

Good&Newのワークでは「時間を区切る」ことで脳が活性化されます。
そして書いたフレーズから自分を客観視できる。
短時間だけれど、毎回気づきのあるワークです。

20170730tochigi07.jpg

シェアリングの時間では、
産休育休中のブランクの話、職場の話、パートナーの話、仕事と育児のバランスの話、などなど
さまざまな話題が上がり、
もやもやしている気持ちや、体験談、価値観を踏まえた自分の考え、などを語り合いました。

20170730tochigi02.jpg

その中で、私が一番印象に残ったのは、職場の環境の話です。

私の職場は、産休・育休を取った先輩ワーママがいて、
チームや上司も育児との両立に理解のあるメンバーなので、
個人的には非常に働きやすく、やりがいのある職場環境です。

一方で、職場環境によっては産休・育休を取った前例が無い、ということも。
そのような職場では、上司もどうしたらいいかわからず、
かと言って、妊婦さん本人も初めてのことなのでどうしたらいいのかわかりません。

その中で、環境を切り開き、後に続くための前例を作っていくのは、とても大変なことです。
思い通りにいかず辛い思いをするときもあるでしょうし、
自暴自棄になってしまうこともあるかもしれません。

そんな中でも環境を良くするために、できることをコツコツをやっている、という話を聞いて、
参加者一同、心を打たれていました。

例え、職場に「母となってはたらく」前例が無くても、
今回のサロンのような場所で職場以外の繋がりができ、仲間ができれば、
こんなに心強いことはありません。

語り合える仲間を作る。

それがどれだけ心強いことなのか、改めて実感したサロンとなりました。

参加者の皆様、貴重な2時間をありがとうございました。


次回は、8/10(木)に開催します。
開催案内は→ぴかぴか(新しい)こちらぴかぴか(新しい)

皆様のご参加をお待ちしています。


(文責:春原美奈子)
【宇都宮】8/10(木)第3回サロンのご案内☆【受付開始7/20〜!】 [2017年07月17日(Mon)]
みなさまこんにちは!
NECワーキングマザーサロン・栃木チームの五月女 幸(そうとめ さち)です。

写真1.jpg
(上段左から2番目が私です☆)

第二回目の開催を目前に控えておりますが、
早くも第三回目の開催案内をさせていただきます☆


わたしと、ワーキングマザーサロンの出会いは、
初めての出産をし、育児に奮闘中の昨年の10月(産後4カ月)でした。

育児休職中の私は、いずれ職場への復職を予定していますが、
育児をしていると、大変なことはたっっっくさんありながらも、
娘の今しかない一瞬一瞬の成長を見届けることができることが、とても幸せで…。
復職のタイミング、これからの働き方について、
もやもやと悩んでいました。

育児も大切にしたいし、
でも、自分が自分でいられる仕事人としてもキャリアを重ねていきたいし…


そんなとき、ワーキングマザーサロンの開催を知り、
少しでも前にすすめるきっかけになればと、えいや〜!と飛び込んでみました。

皆さんと初対面でしたが、
進行役の方の素敵な進行のもと、ワークなどを通し、
とても温かい雰囲気の中で、安心して想いを口にすることができました。
一生懸命自分と向き合った2時間でした。

育児を初めてから、子どもや家族のことはよく考えているのですが、
自分自身について、こんなに考えることができて、
「自分を大切にできた!」と感じられて、とっても心が豊かになりました

結局、サロン参加前に抱えていたもやもやが、どうなったかというと、
明確な答えが出たわけではありません。
でも、それでも、わたしはこんなことを考えて、悩んでいて、
でもこうしていきたいんだな〜ということが分かっただけでも、
すっきり!前にすすめた気がしました^^

ひとりで悩んでいただけでは、ずっともやもやしていたのでしょうけれど、
想いを口にして、参加者と共有すること、
他の参加者の想いを聞き、刺激をうけること、共感することをとおし、
とても素晴らしい時間になりました。

syasin2.jpg
(サロンはこんな雰囲気です☆)

わたしは、出身が福島県の会津です。
宇都宮に知り合いが少なく、育児をするなかで不安を抱えることも多くありました。
今の世の中、SNSなどでママ友を募集することは簡単です。
でも、サロンでは顔を合わせて、自分自身の深い話ができるので、
お互い初対面でも自然と親近感がわき、
サロン終了後も温かいつながりを持てていることをうれしく、心強く思っています。

わたしは、そんな素敵なサロンの場をつくるお手伝いとして、
今年は運営メンバーとしてボランティアスタッフをさせてもらっています*


心にもやもやを抱えている方。
出産後、育児に追われて自分自身と向き合う時間がなかなかとれていないな〜という方。
身近に頼れる人が少なく、心細いな〜と感じている方、
はたらき方や生き方を、ちょっと立ち止まって考えたい方。
女性どうし、同じテーマで語り合いたい方。
ピンときた方、ぜひ、足を運んでみてくださいね^^

※「ワーキング」マザーサロンというタイトルですが、
はたらいている方はもちろん、専業主婦や学生さんでも大歓迎です☆


様々なライフステージにおいて、悩んだり考えたりする場面が少なからずありますよね。
ぜひ、前にすすむきっかけの場にしてください^^

このブログを見た男性の方は、ご自身のパートナーにぜひ紹介してみてくださいね。


★NECワーキングマザーサロン@宇都宮 第3回のご案内★


◆日時:8月10日(木) 11:00〜13:00

◆会場:豊郷地区市民センター 和室1.2
 宇都宮市岩曽町825-1
 ☆駐車場あり。
 ☆バスでお越しの方
JR宇都宮駅西口より関東バス 済生会経由「帝京大学」行き、
「豊郷地区市民センター入り口」下車、徒歩3分。
 詳細は→こちら

◆参加費:500円
 資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします

◆参加対象:「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい女性の方ならどなたでも!ご参加いただけます。
育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、結婚・妊娠・出産の経験がない方でも、もちろんNECの社員の方でなくても、どなたでも大歓迎です!

◆定員:10組程度

生後210日以内のお子様はご同伴できます。
2017年1月12日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
2017年1月11日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。

お申込みは→こちら 7/20(木)13時頃受付開始予定

〔問合先〕栃木チーム

(文責:五月女 幸)
【宇都宮】7/30(日)第2回サロンのご案内 [2017年07月02日(Sun)]
みなさん、こんにちは。

NECワーキングマザーサロン・栃木チームの、春原美奈子です。

syasin01.jpg
写真右下が私です。

栃木での第1回のサロンが好評に終わり、いよいよ第2回のサロンのご案内です。

私は昨年に引き続き、運営メンバーに参加していますが、
サロンにはいろんな立場の方が足を運んでくれます。

まさに今、母として働いている就労中の方だけでなく、
産休育休中の方、専業主婦の方、産前産後の方、などなど。

「母となってはたらく」というキーワードが気になる女性なら、
どなたでも大歓迎!なんです。

復職になんとなく不安を持っている方、
母としての自分に悶々としている方、
なんとなく話がしたい方、
いろんな人の話が聞きたい方。

まずは、サロンに来てください。

モヤモヤした頭のままで大丈夫!

2時間のワークや語りの中で、少しずつ気付きが生まれてきます。

私も育休明けの復職後、なんだかモヤモヤしていた気持ちで参加したサロンで、
同期への羨ましさが自分の中にあると気付き、
その気付きだけで一歩前進できた気持ちになったことを覚えています。

もう一度書きますが(笑)、
モヤモヤした頭のままで大丈夫!

自分のための「2時間」をぜひ作って来てください。


★NECワーキングマザーサロン@宇都宮 第2回のご案内★


◆日時:7月30日(日) 10:30〜12:30

◆会場:宇都宮市北市民活動センター 和室

 宇都宮市若草3-12-25
 駐車場あり。
 JR宇都宮駅より関東バス西塙田経由「宝木団地」行き「公民館前」下車、東へ徒歩5分。
 詳細は→こちら

◆参加費:500円
 資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします

◆参加対象:「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい女性の方ならどなたでも!ご参加いただけます。
育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、結婚・妊娠・出産の経験がない方でも、もちろんNECの社員の方でなくても、どなたでも大歓迎です!

◆定員:10組程度

生後210日以内のお子様はご同伴できます。
2017年1月1日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
2016年12月31日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。

お申込みは→こちら 7/5(水)13時頃受付開始予定

〔問合先〕栃木チーム

(文責:春原美奈子)
【開催報告】語る事で自分の心と向き合う(6月28日・栃木サロン) [2017年06月29日(Thu)]
こんにちは!
NECワーキングマザーサロン栃木チームのともちゃんこと、石川智恵です。

6月28日、栃木チーム第1回目のサロンを開催しました。梅雨のこの時期、この日も朝から降っていたのにサロンが始まる頃には雨も止んでくれました!

syasin02.jpg
今年進行役のみいちゃん。

当日に1名のキャンセルが出ましたが、当日に急きょ参加していただける方もおり運営メンバー含め大人11名、赤ちゃん2名で初のサロンがスタートしましたるんるん
この日のサロンは1人目の育休中の方、仕事に復帰されて間もない方、2人、3人目の育休中の方といろいろな立場の方が参加してくれました。
進行役のみいちゃんや私たち運営メンバーも初サロンに内心ドキドキ揺れるハートと緊張していました。それは初めてこの場に集まってくれる参加者の方たちも同じ。

10秒自己紹介、Good&Newや2人組でのワーク。そして全体シェアリングへと進んでいきます。
本当に初めてワークに参加された方はGood&Newの絵を描くところから戸惑う方も。かくいう私も絵は大の苦手あせあせ(飛び散る汗)でも上手に描けなくても、上手に話せなくてもいいんです!
心の中にあるモヤモヤをゆっくりでもいいから言葉にする事で見えてくるものもあると思います。

syasin03.jpg
ワークの風景。これから語り合いますよ!

〇1人目の時は100%育児をして100%バリバリ働きたかった。でも子供が入院して家族の健康が一番だと気付いた時に優先順位に気付いた。

〇みんなの話を聞いて今は仕事をバリバリする時期じゃないと思う事が出来て少し気が楽になった。

そして私が一番ずしんときたのは「自分の思う理想と子供が思う理想は違う」という言葉。
普段なら自分が絶対に思わないことを気付かせてくれるのもサロンのいいところですよね。
サロンが終わる頃には参加者全員来たときとはまったく違ったキラキラした笑顔を浮かべてました。
全体シェアリングでみんなの話を聞きながら感極まってポロポロと涙を流す参加者の方たちも。
「みんなの話を聞いて誰もが通る道なんだと思えて安心した」という言葉に私も子育てで感じた孤独感を思い出しました。
子供と2人っきりでいる時に「こんなこと思うの自分だけ?」と感じてしまう孤独感。
そんな時はぜひサロンに参加してみてください。きっと一人じゃないんだって気付くことが出来ますよ。

次回は7月30日(日)です。栃木チーム全員でお待ちしております♪

syasin01.jpg
参加者のみなさまありがとうございましたぴかぴか(新しい)

(文責:石川 智恵)
【宇都宮】6/28(水)第1回サロンのご案内 宇都宮東生涯学習センターで開催します!! [2017年06月05日(Mon)]
皆さん こんにちは


宇都宮運営メンバー、荒川 静代(あらかわ やすよ)です。


wms.jpg


進行役みいちゃん(水色のTシャツ)の右隣りが私です。


昨年も運営メンバーとして参画しており、今回は2期目です。


今年も宇都宮メンバーは、11名という大人数であります。

(写真に写っていないメンバーもいますので、ぜひサロンで会ってくださいねわーい(嬉しい顔)


ワーキングマザーサロンは、5年前の産後の孤独な時期に出会った


私の原点です。


専業主婦なのに、なんでもデキる義母との同居で、子供のことだけ見ていればいい


というありがたい環境にもかかわらず、子供との接し方もわからず自分を見失って


いた日々。


子どもが増えることイコール幸せではなく、向き合えば向き合うほど、


無気力になっていったのを覚えています。


サロンに参加することにより、


自分のなかにある本当の思いに、発することで気づく


ことができると実感しています。


女性は、人生のなかで小さい選択を迫られることが


多いと思うのですが、たとえ小さいことでも


見逃さず、自分を丁寧に扱うというのも再認識できると思っていますよ。


皆さんの参加をぜひお待ちしております。







★NECワーキングマザーサロン@宇都宮東活動市民センター6/28(水)のご案内


◆日時:6月28日(水) 11:00〜13:00

◆会場:宇都宮市中今泉3-5-1

(JR宇都宮駅東口から徒歩25分、東野バス平出工業団地行き「東図書館入口」下車」徒歩3分、宇都宮駅西口から今泉八丁目下車)






◆参加費:500円

資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします



◆参加対象:「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい女性の方ならどなたでも!ご参加いただけます。 育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、結婚・妊娠・出産の経験がない方でも、もちろんNECの社員の方でなくても、どなたでも大歓迎です!


◆定員:10組程度


生後210日以内のお子様はご同伴できます。

2016年11月30日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。

2016年11月29日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。





[問い合わせ先]栃木チーム


【文責 荒川 静代】


★チーム紹介★栃木 [2017年05月24日(Wed)]
第9期(2017年度)【栃木チーム】のメンバーをご紹介します☆
栃木県宇都宮市などでサロンを開催していきます。

荒川 静代(あらかわ やすよ)

ことしも、運営メンバーになりました。荒川静代です。4月からフルタイムになり、フルタイム勤務にするまでに、家族間で話し合いをしたりしてきました。今年は保育園の役員や、学校や、子ども会の役員など、やることがてんこ盛りですが、いかに凝縮して短くやるのが、腕のみせどころだと思います。子どもは、3人とパートナーと、義母と同居で、秋には新築が建ちます。

荒牧 菜苗 (あらまき ななえ)

現在第一子の妊娠中です。(17年6月出産予定) 出産育児はもちろんのこと、この子を通してどんな世界やつながりが広がるのか?楽しみでなりません。仕事は父の会社の後継娘として会社役員をしており、何よりも社員の働きやすさを重視しています。他、子供の頃から女性のエンパワーメントに興味があり、働く女性の学びと交流の場を主宰してきました。サロンでは、みなさんと学ぶこと、出産を経た自分の変化を味わえることを楽しみにしています。

石井 由貴(いしい ゆき)

8歳男子、5歳女子と夫とともに暮らしています。昨年度(第8期)のワーキングマザーサロン栃木チーム進行役として活動していて、今後も栃木でこのサロンが根付いて行ってほしいと願っていました。なので、今期はみいちゃんが栃木県の進行役に手を上げてくれたことがとても嬉しく、近くで大応援したく今期もチームに参画いたします。サロンは語ることでそのひとの尊厳を取り戻す場でもあるんじゃないかな、といまふと思いました。今期も楽しみです。

石川 智恵(いしかわ ともえ)

4歳と0歳の男の子の母です。現在は育休中で今年の8月に復帰の予定です。昨年に引き続き運営メンバーとして参画します。サロンに参加した方たちが涙、涙で語った後にすっきりとした笑顔になっていた事がとても印象に残っています。話す場所があるのってやっぱり大切!私もサロンで語り合うことで得るものがたくさんありました。今年もどんなサロンになるのかワクワクしています。みんなでたくさん語り合いましょう♪

川辺 真美子 (かわべ まみこ)

名古屋出身の3児の母です。昨年の8期のサロンの運営メンバーから参画しました。サロンに関わっていくうちに、多くの方が母となって働くことに対していろんな思いがあるということを知り、こういう場は本当に必要だと感じました。今期は誰かに頼ってこういう場に参加しても大丈夫なんだということをさらに多くの女性に知ってもらいたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

菅原 直子(すがわら なおこ)

仕事復帰、営業女子の菅原直子です!出身は新潟、栃木歴10年を迎えました。昨年、妊娠、出産を経験し、マドレボニータの産後ケア教室に4カ月通い5月に仕事復帰しました。産後ケア教室での学び、気づきをきっかけに様々な女性、美しい母に出会いました。NECワーキングマザーサロンでさらに出会いと気づきを深めたいと思います。よろしくお願いします!

杉原 智衣 (すぎはら ちえ)

宇都宮在住の二児(現在4歳と0歳)の母です。現在育休中であり、9月に復職を予定しています。2013年にWMSに参加し、様々な境遇の方々と話をすることができ、短い時間でしたが、たくさんのものを得ることができました。この想い、経験をより多くの方に広げていけるよう、安心して話せる環境を作っていきたいと思っています。よろしくお願いいたします。

春原 美奈子(すのはら みなこ)

2歳の子どもの母で、現在妊娠中のワーキングマザーです。世にいう、リケジョの分野にて男社会で働いています。昨年は、第1子の育休明けの復職のタイミングで、サロンの運営メンバーとして関わらせていただきました。サロンという場の大切さに気付き、今年も場作りに参画したい!と思い、運営メンバーに応募しました。たくさんの出会いと気付きを楽しみにしています。

五月女 幸(そうとめ さち)

0歳の娘の育児に奮闘中の母(育休中)です! 働き方が多様化してきた現代、【母として働く】ことを考えるということは、自分の人生や家族の幸せを考える、とっても面白いことだと考えています。それを、母というアイデンティティをお休みし、自分と向き合い、仲間と熱く語り合う…ワーキングマザーサロンはとても素敵な場だと思います。この活動を通し、地域のたくさんの女性と出会い、温かいつながりを作っていけることを楽しみにしています☆

永井 美衣(ながい みい)進行役

3歳娘、0歳息子、夫と4人家族です。私は2年前に初めてサロンに参加して、ワークの効果に感動したり、他の方の話を聞いた事、関わった人との繋がりをきっかけに、視野、価値観が拡がりました。昨年は栃木で運営メンバーとして参画し、サロン期間中に出産しました。進行役のゆきちゃんはじめ、運営メンバーに支えられての出産はとても心強く、感謝です。サロンでの参加者同士、一生付き合えるような仲間にもなれました!こんな繋がりを栃木で根付かせて行けたらと思ってます。

丹羽 夕貴(にわ ゆき)

もうすぐ2歳になる女の子を育てています。パートナーの仕事の関係で宇都宮へ引っ越し、同時に仕事は退職しました。妊娠していたため新しい土地で初めての出産・育児を経験しました。楽しい子育てになるはずだったのに感じたのは孤独感や孤立感。育児をする中で自分の思いなどを話すこと、横のつながりが大切なことを知りました。2016年運営メンバーに参画し、いろいろな思いや考えを学ばせてもらいました。2017年も自分として思いや話す場のお手伝いができればと思っています。

舛田 美帆(ますだ みほ)

地元を離れて二人の育児をしています。慣れない環境での第一子のときに産後ケア教室に通いたくさんの仲間に出会えました。第二子のときにはたくさんの刺激をもらいました!たくさんの方と話すことで、自分の正直な気持ちに気づく機会にもなり、人生観が変わりますまだまだ見えていない部分を切り開いていきたいと思いました。