CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 第9期(2017年度)の活動 | Main | WMS2017_栃木»
プロフィール

WMSプロジェクトさんの画像
WMSプロジェクト
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
リンク集
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/wms/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/wms/index2_0.xml
【開催報告】北海道北見サロン第1回【7/8(土)】 [2017年07月16日(Sun)]
WMS2017北海道関連記事
北海道チーム記事一覧
北海道チーム運営メンバー自己紹介
NECワーキングマザーサロン(NEC公式ページ)
WMS公式フェイスブックページ


こんにちは。NECワーキングマザーサロン(以下「サロン」と省略させて頂きます)北海道チーム進行役の櫻井由美子です。
PicsArt_07-16-09.40.47.jpg

7月8日(土)に、北見市の夕陽ヶ丘オレンジスタジオにて、北海道チームの今期初のサロンを開催しました!
開始前.jpg

7月に入り、北見も連日夏日や真夏日が続いています。
この日も30度を超える暑さの中、直前の体調不良によるキャンセルなどもなく、参加されるみなさまが集まってくださいました。
メンバーも含めて14名のにぎやかなサロンとなりました。

サロンにはこれまで何度も参加して来ましたが、今回は自分が進行役をつとめる初めてのサロンでしたので、緊張していました。その緊張はきっと参加者の方々にも伝わっていただろうなと思います。
というか、むしろみなさんに見守って頂きながらの進行だったかもしれません。本当にありがとうございました^^
進行開始.jpg


初回サロンを終えての感想
〜みんなの力を借りて自分と向き合う場〜



進行役としての初めてのサロンを終えてみて、サロンは私にとって「自分と向き合う」ことの出来る場だなぁとつくづく思いました。

わたしはこれまで、「自分と向き合う」というのは、自分ひとりで出来るものだと思っていました。
ワーク.jpg

でも、サロンと出会って、そうでもないなぁと思うようになりました。
・自分がどんなことを考えているのか
・どんな気持ちなのか
・どんなことを大切にしたいと思っているのか

それって意外と自分ひとりでは気づけないし、あえてふたをして見ないようにしていることもたくさんあります。

誰かに話をしたり、ほかのひとの話を聴いたりするなかで、何かの言葉に反応してザワザワしたり、どこかにひっかかりを感じたり、共感して涙があふれてきたり。
その反応をつうじて「あぁ、わたしってこんなこと思ってたんだな」と自分で自分の気持ちに気づける。
シェアリング1.jpg

そんな風にして、みんなの力をかりながら自分と向き合うのは、
自分ひとりで自分と向き合おうとするよりずっと心強い。

サロンを終えて、あらためてそんな風に感じています。


わたしの中に湧いてきた思い
〜責められたと感じるのは自分が自分を責めているから〜



今回のサロンでは、
子育てに関してふだん周りの人から何気なくかけられる言葉にどんなことを感じているか?
ということが話題のひとつとなりました。

そのことが私の中で引っかかっていて、サロンが終わってからも想いをめぐらせていました。
そしてわたしは、周囲からかけられる何気ない一言に、思った以上に反応している自分がいるなぁということに気がつきました。
休憩中.jpg

子どもを何時に起こし、何を着せて、朝は何を食べさせ、どこで遊び、昼には何を食べさせ、何時に昼寝をさせ、どんなおやつを食べさせ、夕飯は何を食べさせて、お風呂は何時に入れて・・・

子どもを育てていると、たくさんの決断にせまられます。
初めての育児で、すべてが手探りで、考えながら迷いながらの決断の連続です。

そんな中、まわりの人からかけられる何気ない言葉。

例えば、先日娘と一緒に立ち寄ったスーパーで、私の母世代の女性から
「あら〜、あせもが出来ちゃったのね〜」
と声をかけられました。

「(娘に)あせもがある」というのは事実だし、きっとその方は何気ない挨拶のつもりでそう声をかけてくださったんだと思います。

今日も30度を超えるとても暑い日だったので、初対面同士のすれちがいざまの会話として、とても自然だったとも思います。

それでも、わたしはその言葉を聴いた瞬間に、とっさに、娘のあせもを防げなかった自分の至らなさを責められたような、なんだか謝りたくなるような、そんな気持ちになりました。

それはきっと、その女性から言われた言葉に傷ついたのではなくて、私の中にもともとあった
・あせもが出来てしまって娘がかわいそう
・もっとこまめに汗をふいてあげていたらこうはならなかったかもしれないのに

と、自分で自分を責める気持ちがあり、そこを刺激されて至らない自分を責められたように感じたのではないかな、と思っています。

誰だって日々出来ることも出来ないこともある。自分にも、そう声をかけてあげられたらいいな。
もっと自分をねぎらって、自分に寄り添って、子育てもそれ以外のことにも挑戦していきたいな。そう感じました。
シェアリング2.jpg


まとめ
〜モヤモヤの先にあるもの〜



今回のサロンでは、ふだんの生活の中でなんとなくモヤモヤしていた(けれど放置している)ことについて、たくさんの言葉が紡がれたように思います。
その言葉を聴いて、わたしも共感したり、ときにはわいてきた疑問を質問してみたり、ほかの方の言葉に耳が痛いなと感じたり、たくさんの感情を味わった時間になりました。

もちろん、サロンの2時間のあいだでスッキリ解決!というわけにはいかないこともたくさんあります。
(むしろふだん見ないようにしていた部分に触れて、余計しんどい!と思うこともあると思います)

ですが、モヤモヤやイライラを認めて、
・どうしてモヤモヤしているんだろう?
・どうしてイライラしているんだろう?
ということを紐解いていった先に、自分が大切にしたいものが見えてくるんじゃないかな、私も含めあの場に集まった皆にとって、サロンがそのきっかけになったら良いな、そう思っています。
ランチ.jpg

北海道チーム、次回(第2回目)のサロンは【8月19日(土)】に開催します。
受付開始は8月1日(火)13時の予定です。
お申込み開始までもうしばらくお待ちください!
メンバー一同、みなさまとお会いできることを楽しみにしています。
集合写真.jpg



【WMS北海道2017】8/19(土)北見サロン【第2回】



●日時●

2017年8月19日(土)9:45〜11:45

●会場●

北見市夕陽ケ丘オレンジスタジオ
北海道北見市寿町1丁目6-20(0157-57-1690)
■Facebookページ→コチラ ■地図→コチラ

●対象●

「母となってはたらく」ことについて、
考え、語りたい女性ならどなたでもご参加ください。
育児休業中の方、専業主婦の方ワーキングマザー学生さん、結婚・妊娠・出産の経験の有無に関わらず、どなたでも大歓迎です!

●定員●


10組程度
※生後210日までの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
2017年1月21日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
2017年1月20日以前にお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください
※託児…メールにて要問合せ

●参加費●

500円
資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします

●お申込み●


8/1(火)13:00〜受付開始!!
今しばらくお待ちください

●お問い合わせ●

WMS北海道wms2017hokkaido@madrebonita.com
※メール画面が開かない場合はこちらのアドレスをコピーしてご利用ください




【北海道サロン今後の開催予定】
 ●8/19(土) ●9/16(土)
●10/7(土) ●11/11(土) ●12/2(土)
※他、平日サロン調整中!!詳細は随時更新いたします

皆さんのご参加をお待ちしております☆

(文責 WMS北海道 櫻井 由美子)
【北海道】開催報告・模擬サロン【7/8サロン残席1】 [2017年07月04日(Tue)]
WMS2017北海道関連記事
北海道チーム記事一覧
北海道チーム運営メンバー自己紹介
NECワーキングマザーサロン(NEC公式ページ)
WMS公式フェイスブックページ


みなさんこんにちは!!
NECワーキングマザーサロン北海道チーム運営メンバーのかりぞうです。
PicsArt_07-03-02.41.55.jpg

北海道北見市にもやってきました!
30度を超える暑い季節が!
そして、熱いNECワーキングマザーサロンの季節が!

北海道チームは初回サロンを今週末に控えた先週土曜日。
進行役ゆみちゃんの掛け声で、運営メンバーだけで模擬サロンを開催しました!


【模擬サロンって?】
慎重で、しっかりもののゆみちゃんらしく、
◆サロン参加者のみなさんが安心して話ができる
◆聴ける場を作る

ために、事前に会場やら運営メンバーの動きやら色々と確認するのかな?と思っておりました。

が!!

いえいえ!

運営メンバーがサロン参加者として、しっかりがっつりサロンを味わう超濃厚なおもしろな1日となりました。

なんて運営メンバー、役得!
進行ゆみちゃん.JPG


私が話題の中で印象深かったのは、今季初参画のやえちゃんの一言。

「ワーキングマザーサロンに参画している人たちってパートナーとの平等をうたう強い女性たちの集まりなんじゃないかと思っていて、専業主婦の私が参画していいのかな?と思っていたけれど、全然違うことがわかって安心した。本当に今日、参加してよかった!」


ワーキングマザーサロン
という言葉からバリバリ働く強い女性の集まり!がイメージされるのもなんとなくわかります。
それをズバリ言い放ってくれたやえちゃんにみんなブンブン頷く!

専業主婦であれ、働く女性であれ、家事や育児などの慌ただしい日々の中で、
「自分がどうしたいのか」
を考えることを見失うし、もしかしたら考えることさえしなくなっているかも。

シェアリング2.JPG

それは専業主婦も働く女性もどんな立場でも、共通した現状なんじゃないでしょうか?

当然私も毎日バタバタと追われるように寝落ちの日々…。考えるどころかパートナーとの会話もない日々…。

それをワーキングマザーサロンという場に参加することを通して、人生、仕事、パートナーシップの視点で改めて自分自身とどっぷり向き合って、意識して「自分はどうしたいのか」を深めていく。

シェアリング1.JPG

それは特別な、意識が高い人たちだけがすることなのではなく。

専業主婦の方にとっても、働く女性にとっても、じっくり自分のことを考えるサロンでのこの2時間が、明日からの人生にとって、貴重なかけがえのない大切な時間になる!と、改めて今日再確認できた模擬サロンとなりました。

シェアリング3.JPG

「たった一度の人生なんだから、自分が選んだ人生を生きていきたい!」

「ただそこにいるだけでいいパートナーとの関係性!」

「10年後には夫婦2人に戻る!」

「パートナーシップ=戦いになっている!」

「パートナーシップの後退!」

「イライラもおもしろい。そこを抜けたら感動がある!」

「もっと夫と関わりたい。でも一緒にいるとイライラしてしまう!」

「専業主婦と育休中の人は違う。一緒にして欲しくない!」


本当にたくさんの深〜いワードが出て、もうどれもこれも詳細をお伝えしたいくらい(笑)。

そんな北海道北見チームのことが気になった方は、ぜひ北海道サロンに参加してください!
お待ちしています。

7月1日集合写真.JPG
欠席:かずみちゃん 早退:もよちゃん

7/8(土)第1回目サロンは残席1となっています。早い者勝ちですよー!


【WMS北海道2017】7/8(土)北見サロン【第1回】



●日時●

2017年7月8日(土)9:45〜11:45

●会場●

北見市夕陽ケ丘オレンジスタジオ
北海道北見市寿町1丁目6-20(0157-57-1690)
■Facebookページ→コチラ ■地図→コチラ

●対象●

「母となってはたらく」ことについて、
考え、語りたい女性ならどなたでもご参加ください。
育児休業中の方、専業主婦の方ワーキングマザー学生さん、結婚・妊娠・出産の経験の有無に関わらず、どなたでも大歓迎です!

●定員●


10組程度
※生後210日までの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
2016年12月10日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
2016年12月9日以前にお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください
※託児…メールにて要問合せ

●参加費●

500円
資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします

●お申込み●


こちらのサロン専用フォームからお申込みください
※終了後にランチタイムを設けておりますので、参加の有無を申し込みフォームのひと言メッセージ欄に、参加の意気込みと共に添えて下さい

●お問い合わせ●

WMS北海道wms2017hokkaido@madrebonita.com
※メール画面が開かない場合はこちらのアドレスをコピーしてご利用ください




【北海道サロン今後の開催予定】
●7/8(土) ●8/19(土) ●9/16(土)
●10/7(土) ●11/11(土) ●12/2(土)
※他、平日サロン調整中!!詳細は随時更新いたします

皆さんのご参加をお待ちしております☆

(文責 WMS北海道 佐藤 由香里)
【北海道】小さなことからコツコツと【7/8(土)サロン残席3】 [2017年06月30日(Fri)]
WMS2017北海道関連記事
北海道チーム記事一覧
北海道チーム運営メンバー自己紹介
NECワーキングマザーサロン(NEC公式ページ)
WMS公式フェイスブックページ


【真夏のチラシ作り&ランチ】

やえです。
NECワーキングマザーサロン北海道チーム運営メンバーの、西村 八重です。
PicsArt_07-03-02.55.15.jpg

来ましたね。
オホーツク北見にも遂に夏が。

本日30℃!
赤子と密着中のお母さん達、汗だく生活の季節が本番を迎えました。本当にお疲れ様です。

みんなで和気あいあいと集合時間に遅刻しながらサロンのチラシを作ってきましたよ!
内職チームwithA.jpeg
左上から時計回りに:
りかっち→息子→私→ゆみちゃん→みゆきちゃん


シールの貼り方にも個性が出てます。

内職のベテラン風情なみゆきちゃん。
職人のMIYUKI.jpeg

内職新人風なゆみちゃん。
見習いさん.jpeg

コツコツ貼るりかっち。
りかっち&みゆきちゃん.jpeg

ちょっとしたお仕事でも個性が違って面白いです。

その後のランチもオーダーメニューがバラバラでした(笑)
ランチ.jpeg

チラシに愛情と丹精をジンジン込めまくって一枚一枚手作業で作りました。

みんなにあなたに届けこの想い!

見つけたら、ぜひ手に取ってください。
個性豊かなメンバー一同、ご参加を熱ーくお待ちしております。


【WMS北海道2017】7/8(土)北見サロン【第1回】



●日時●

2017年7月8日(土)9:45〜11:45

●会場●

北見市夕陽ケ丘オレンジスタジオ
北海道北見市寿町1丁目6-20(0157-57-1690)
■Facebookページ→コチラ ■地図→コチラ

●対象●

「母となってはたらく」ことについて、
考え、語りたい女性ならどなたでもご参加ください。
育児休業中の方、専業主婦の方ワーキングマザー学生さん、結婚・妊娠・出産の経験の有無に関わらず、どなたでも大歓迎です!

●定員●


10組程度
※生後210日までの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
2016年12月10日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
2016年12月9日以前にお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください
※託児…メールにて要問合せ

●参加費●

500円
資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします

●お申込み●


こちらのサロン専用フォームからお申込みください
※終了後にランチタイムを設けておりますので、参加の有無を申し込みフォームのひと言メッセージ欄に、参加の意気込みと共に添えて下さい

●お問い合わせ●

WMS北海道wms2017hokkaido@madrebonita.com
※メール画面が開かない場合はこちらのアドレスをコピーしてご利用ください




【北海道サロン今後の開催予定】
●7/8(土) ●8/19(土) ●9/16(土)
●10/7(土) ●11/11(土) ●12/2(土)
※他、平日サロン調整中!!詳細は随時更新いたします

皆さんのご参加をお待ちしております☆

(文責 WMS北海道 西村 八重)
【北海道】7/8(土) 北見サロン開催します!!【初回サロン】 [2017年06月19日(Mon)]
WMS2017北海道関連記事
北海道チーム記事一覧
北海道チーム運営メンバー自己紹介
NECワーキングマザーサロン(NEC公式ページ)
WMS公式フェイスブックページ


皆さんこんにちは(*´ω`*)

NECワーキングマザーサロン北海道チーム運営メンバーのみきてぃーです。
隠し撮り.jpg
昨年の地元(津別)サロン設営時。もはや誰状態。

今回は、2017年北海道サロン
記念すべき第1回のご案内です!!

水面下で黙々(?)と進められていた初回サロンの諸々。

安心安全な場とは?
安心できる環境とは?


今期の北海道チームの運営メンバーは10人。
伴走役のはるちゃんを含めると11人。

正しくもう
様々な意見交換を交わし、
自分達が大好きで参画している
サロンという場を皆さんにも味わってもらいたいと
慎重にこの告知の時を見ておりました。

そして本日。

よし。行きますか(´▽`)
この顔文字、進行役のゆみちゃんソックリ

…とGOサインが出ましたので、
皆様にお知らせしたいと思います!!

母となってはたらく

をテーマとしたワークショップです。

『母』
と謳っていますが、
テーマそのものに興味がある女性であれば
誰でも参加が可能です。

『ワーキングマザー』
と謳っていますが、
働いている/働いていない
の制限は特にございません。

2016年12月10日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけますので、
支援センター以外の初めてのお出かけの場にもオススメです♪


自分に向き合う時間

自分を見つめる時間

自分を振り返る時間


皆さんは、最近お持ちでしょうか?

是非このサロンに参加して、
自分の言葉を。
自分の思いを。

呼び起こしてあげて下さい。

運営メンバー一同、お待ちしております!!
キックオフ.jpg





【WMS北海道2017】7/8(土)北見サロン【第1回】



●日時●

2017年7月8日(土)9:45〜11:45

●会場●

北見市夕陽ケ丘オレンジスタジオ
北海道北見市寿町1丁目6-20(0157-57-1690)
Facebookページ    ■地図

●対象●

「母となってはたらく」
ことについて、考え、語りたい女性ならどなたでもご参加ください。
育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、結婚・妊娠・出産の経験の有無に関わらず、どなたでも大歓迎です!


●定員●

10組程度
※生後210日までの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
2016年12月10日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。2016年12月9日以前にお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください
※託児…メールにて要問合せ

●参加費●

500円
資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします


●お申込み●

こちらのサロン専用フォームからお申込みください
※終了後にランチタイムを設けておりますので、参加の有無を申し込みフォームのひと言メッセージ欄に、参加の意気込みと共に添えて下さい


●お問い合わせ●


WMS北海道wms2017hokkaido@madrebonita.com





沢山の出会いを楽しみにお待ちしております♪
(文責 WMS北海道チーム運営メンバー 田中 未希)
【北海道】キックオフサロンを開催しました【初回7/8(土)@北見市】 [2017年06月14日(Wed)]
WMS2017北海道関連記事
北海道チーム記事一覧
北海道チーム運営メンバー自己紹介
NECワーキングマザーサロンとは(NEC公式ページ)
WMS公式フェイスブックページ


こんにちは(*´ω`*)

NECワーキングマザーサロン北海道チーム運営メンバーの田中未希(みきてぃー)です。
ゆみちゃんと私.JPG
左:私 (・∀・) 右:進行役のゆみちゃん

去る6/10(土)、
メンバーの初顔合わせを含めた運営研修とキックオフサロンを行いました。


昨年の衝撃…。
びふぉー.jpg
何この味のある文字真似出来ないんだけど…!!

この文字に会いたくて!!

今年もキックオフサロンは北見市とん田地区住民センターにお願いしました。

あふたー.JPG
もはや間違い探しである

士気が上がる(?)、北海道チーム進行役の我らがゆみちゃん!!
感動の再会.JPG



【運営研修】

北海道チームは場所が場所なだけに、
運営研修やキックオフサロンは
本部チームとSkypeを繋いで行います。
オンライン運営研修.jpg

サロン運営に関する基本をレクチャーして頂く運営研修は
進行役に本部チームの細川朋美さん(ともみん)をお迎えし、
群馬チームの倉林梢さん(こずえちゃん)も加わって、
総勢12名で行いました。
ともみん側.jpg
運営研修.jpg

マドレボニータの理念や基本事業の話から始まり、
半年間のサロン運営に関して
外的/内的にどんなものが必要かの話などをしました。

んーーー、頭使うね!!

大量のおやつでエネルギーチャージです。
キックオフスタンバイ.jpg
ナッツから舶来物のチョコまで様々



【キックオフサロン】

お昼休みを挟みまして、
午後からは伴走役の間藤晴見さん(はるちゃん)を交えて、
キックオフサロンの開始です!!

みんなの思いを聞く。
ただ、それだけの時間。


でも、その時間がチームの隙間をグッと詰めます。

ワークテーマはこちら。
ワーク.jpg

私がここに居る原点

サロン参画に至った、運営メンバーみんなの原点を共有しました。

ここはサロンに参加される方と一緒で、
・自分の思いを話すのが好きな人
・自分の思いを話すのが苦手な人

様々です。

運営メンバーも例外ではありません。

だけど、
みんなただひたすらに、聞く。

そうやって受け止めてもらうだけでも、安心する。

この後7月からスタートするサロンも、
そんな場にしていきたいなと思います。

キックオフ.jpg


NECワーキングマザーサロン2017北海道の初回サロンは、
7/8(土)
を予定しています。

詳細に関しては週明けにお知らせ出来たらなと思っておりますので、
またのお知らせを楽しみにお待ちくださいね♪



NECワーキングマザーサロン北海道


●お問い合わせ●
wms2017hokkaido@madrebonita.com
※メール画面が起動しない場合は、アドレスをコピーしてご利用ください


お問い合わせはいつでもお待ちしております(*´ω`*)

(文責:WMS2017北海道チーム運営メンバー・田中 未希)
★チーム紹介★北海道 [2017年05月24日(Wed)]
第9期(2017年度)【北海道チーム】のメンバーをご紹介します☆
北海道北見市などでサロンを開催していきます。

金一 和美(かねいち かずみ)

4歳と2歳の男の子の母です。現在は専業主婦です。産後ケア教室に参加して、自分を主語にして話すことの大切さを知りました。そして第8期で同じ町の仲間が運営メンバーになり、私がワーキングマザーサロンに参加するきっかけを作ってくれました。私自身もそのきっかけ作りをみなさんにできたらなと思っています!!よろしくお願いします。

川尻 沙織(かわじり さおり)

福岡県出身、東京より北見市に移り住んで4年目です。4年半の育休を経て5月に復職しました。サロン参画は3年目です。サロンではたくさんの出会いあり、気づきあり、色々なことを学ばせてもらって本当に感謝しています。「母となってはたらく」を語る場があることって素晴らしいです。今年も安心して話のできる場所を作っていきたいと思います。たくさんの方にサロンが届きますように!

木下 里佳子(きのした りかこ)

今年2歳になる一児の母、現在専業主婦です。転勤、引越し、出産後誰も知り合いがいない中に産後ケア、マドレに出会いました。産後後回しになってしまう自分の事について考え、話ができるありがたさに涙し、知らない人でもすぐ仲良くなれる仕組みに感銘し去年、今年と参画しました。産後失った自分自身を取り戻せる場、自分と向き合える場、仲間作りの場、安心して話が出来る場作りをしてたくさんの人と話をしたいと思っています。

櫻井 由美子(さくらい ゆみこ)進行役

私、夫、1歳娘の3人家族。専業主婦歴丸5年。横浜市出身、夫の仕事の都合で北見へ来て、4年目です。妊婦のときに初めてサロンに出会い、話すこと・聴くことで自分でも気づいていなかった自分の気持ちに気づけたり、「私だけじゃないんだ」「こんなこと思っても良いんだ」とホッと出来る場があることをとても心強く感じました。サロンで話すこと・聴くことが、自分の本来の力を取り戻すきっかけになる。そう信じています。メンバー全員で力を合わせて、安心して自分を出せる場を作っていきたいと思っています。ぜひ足を運んでください。お待ちしています!

佐藤 由香里(さとう ゆかり)

小6、小3、2歳の3児の母です。田舎町の高校で教員をしています。一昨年、年の離れた第3子の産後にサロンに初参加。そして昨年は運営メンバーとしてサロンに参画しました。何と言ってもサロンの魅力は普段ないがしろにしがちな自分を主人公にした話ができることです。参加者の皆さんと自分を見つめるひと時を共有できることを楽しみにしています。

田中 未希 (たなか みき)

津別町在住の、2児(7歳/3歳)の母です。 専業主婦歴はかれこれ4年半となりますが、だからこそ『妻・母としての思い』だけではなく『自分自身の思い』にしっかりと触れたくて、昨年に続いて運営メンバーとしての参画に名乗りを上げました。 沢山の出会いやそこで受けた言葉達が、私の頭の中の起爆剤になってフィーバーするその瞬間がたまりません!! 色んな『私』に出会える場所づくりを、楽しみたいと思います。

堂藤 友世(どうとう ともよ)

1歳の男の子の母です。現在、育児休業中です。母になったと同時に子育てに追われ、自分のことを考える時間が持てませんでした。しかし昨年サロンに参加し、産後の自分を深く見つめるきっかけをもらい、今は迷いながらも生き生きと生活できています。今年も自分の「働く」について深く見つめていくと同時に、母たちが自分自身を見つめる機会を持つお手伝いをしたいと考え参画したいと思いました。地域の母とつながり、様々な話をすることを楽しみにしています。

西村 美由紀(にしむら みゆき)

出産と同時に知り合いのいない地域に引っ越すことになり、少しの不安を感じていた出産間近にマドレボニータに出逢い、バランスボールやサロンで世界が広がり、自分の心が軽くなった気がしました。そんな温かい場所を私もつくれればと思います。仲間作りもできたらいいな。よろしくお願いします。

西村 八重(にしむら やえ)

一年前、身重の体でパートナーの転勤で札幌から北見に来ました。誰も知り合いのいない土地で、今日まで元気にやってこれたのはサロンで皆さんに会えたから!世知辛いご時世で半信半疑になる位にありがたい産褥サポートで支えて貰った事、何よりご縁に本当に感謝です。今度は素敵なメンバーと一緒に活動を出来るのがとっても嬉しいです。初めての経験で不安ですが、皆さんの胸を借りつつお手伝いしていきたいです。新しい出会いや活動を通してパワーアップしていきたいなと思います。

渡辺 寛子(わたなべ ひろこ)

大空町女満別出身、今も女満別に住む、2歳の女の子の母です。同時期に出産するいとこにバランスボールのクラスに誘われたのがキッカケでマドレボニータに出会いました。想いを言葉にするのは苦手ですが、話し始めると自分が一番引っかかっていることに気づいて涙が出ることばかりで、貴重な場だと思っています。家庭や仕事のことなど、みなさんと一緒に考えていきたいと思っています。よろしくお願いします。