CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« WMS2016_東海 | Main | WMS2016_全体サポート»
プロフィール

WMSプロジェクトさんの画像
WMSプロジェクト
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
リンク集
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/wms/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/wms/index2_0.xml
【開催報告】11/20倉吉ラストサロン「自分の軸を大切にしよう」 [2017年01月05日(Thu)]
こんにちは!
鳥取チーム運営メンバーの中前千明です。
大変お待たせしました!11/20(日)に倉吉市内で行った、今年最後のサロンの様子をお伝えします。

15857889_900100616799276_1665568871_o.jpg
(写真左)

私達は、10月に震災を経験し、それぞれが不安や不便さを感じる生活を余儀なくされていました。
それでも、待ったなしでやってくる明日。仕事。育児…。
そんな状況に置かれている地域の方々に、
一息ついて、ゆっくり自分の気持ちに向き合う時間をもってほしい。
今回のサロンは、そんな思いで迎えた最終サロンでした。

場所は、震災を乗り越えたリフレプラザ。使いなれた、鳥取チームのホームです。
今回は参加者7名+赤ちゃん1名の参加となり、少人数でゆったりとお話できる雰囲気に。
メンバーは、育休中の方、育休後復帰されている方、未婚の方、主婦の方…と
様々な立場の方が集まりました。

15094354_1232436740151655_3591993187982990454_n.jpg

今回、話題になったのは、
「自分の軸を大切にしよう。
自分なりのバランスを見つけよう」

という内容でした。
母として、嫁として、社会人として…仕事や生活に一生懸命に取り組む中で、

どうしても
世間的な「こうあるべき」や周囲に対する「こうした方がいいかな」といったものを背負ってしまい、
プレッシャーやストレスになってしまうこと

あると思います。

特に育児に関しては、それが強いのではないでしょうか。
プレッシャーに負けて自分らしさや自分の判断の軸を見失ってしまった時、
もう何が正解かわからなくなって、自信がなくなってしまったり、それを誰かにぶつけてしまったり…。

15192549_869936793148992_7276485783549490586_n.jpg

シェアリングで皆さんがうんうんと頷いたのは、

自分の軸をしっかりもって自信を持ちたい。
「仕事・子育て」を頑張って「自分」を犠牲にするのではなく、
「仕事・子育て・自分」と自分を主体にする時間も含めて、バランスをとっていこう!


というものでした。



私自身を振り返ると、初めての育児はとにかく不安で、
雑誌やネットで情報を集めたり、周りの方にアドバイスを求めたり。
自分の子育てに自信を持てることなんてなく、だんだんと疲弊してしまっていた気がします。

そんなある日、散歩中に近所の年配の女性が言った何気ない一言にとても救われました。

「上手に育ててるのね。
 ほら、赤ちゃんがお母さんを見つめて
 こんなにニコニコしてる!」


そして、悩む私に、
「お母さんももっと楽して、ニコニコしたらいいのよ〜。」

当時の私にはその言葉がすごく染みて、思わず涙があふれてしまいました。

「そうか、赤ちゃんがニコニコ過ごせるなら、それでいいんだ。
 私達なりの正解なんだ。」



それまでも、「そういうものだから大丈夫」とか「いいのよ気にしなくて〜」とか
励ましの言葉やアドバイスをくれた方々はいました。
でもいまいち自信が持てなかったのは、
何をもって「大丈夫」と判断していいのかわからなかったから。

周囲の情報を一生懸命集めて真似してみたり、
アドバイス通りにやってみようともがいたり…。

いつの間にか何がいいのかもわからず、自分なりの判断基準も見失って、
周りの親子が素敵に見えて、自分の子育てに自信がなくなって…の悪循環でした。

でも、その女性の言葉をきっかけに、
世間の情報に振り回されるのではなく、
「自分が頑張れる範囲で」
「赤ちゃんが笑顔でいられること」を判断の基準にした
ら、
ぐっと気持ちが楽になったし、赤ちゃんだけでなく、私自身も笑顔でいられるようになりました。

15170789_869936813148990_8190735489451901011_n.jpg


そして今、上の子5歳、下の子2歳になりました。
子どもを保育園に預け、職場復帰しています。
成長段階ごとに新しい悩みが出て来て、尽きることはなさそうですが、
最終的には子どもが笑顔でいられるなら、
家族みんなが充実感を感じて過ごせるなら、それでよし!
と思いながら生活しています。

育児って正解はない。
その親子それぞれのやり方がある。
もちろん、アドバイスや周りの方の意見を聞いたり
取り入れることは必要だし大切だと思います。

でも、最後には自分なりの基準で、
正解はコレだ!子どもも私も笑顔で過ごせる、このバランス!
というところを見つけられたら
と思います。

15171304_1232436453485017_9015848904662980079_n.jpg

今回のサロンでは、様々な立場・状況の異なる方が参加されていましたが、
それぞれの「自分だったらどうかな」を
考えていただくことができたのではないでしょうか。

子どもとの時間をもっと増やしたい方。
仕事をもっと頑張りたい方。
家庭での自分の役割や時間の使い方を見直したい方…。

シェアリングでは、お互いの話をじっくりと聴き、考えて自分の言葉を紡いでいく…
サロン全体が穏やかであたたかい雰囲気で包まれていたのが印象的でした。

自分なりのいいバランスを見つけて、皆さんが、そして大切な人と、笑顔になれる時間を増やしていってもらえたらと思います。



最後になりましたが、
半年間、ワーキングマザーサロンを通じて、
女性達の子育て環境や仕事に対する意識に触れてきました。

母として、女性として共通の悩みもあれば、
職種による悩みや地域性のある話題もあったりと様々だったと思います。


サロンでの時間を過ごすことで、言葉を交わすことで、
「考える」きっかけや解決に向けてアクションするきっかけになっていたら、
皆さんのお役に立てていたら、嬉しく思います。

家庭で、社会で頑張る女性達が、笑顔でいられますように。
鳥取でも「マドレボニータ=美しい母」達が輝いていけますように。今後も祈っています!

(文責:中前千明)
【鳥取】11/20(日)最終サロンのご案内〜進行役の頭の中vol.4〜 [2016年11月07日(Mon)]

シリーズ◉進行役の頭の中〜 vol.4〜

こんにちは、鳥取チーム進行役のさおちゃんです。
(写真右)
14975736_859578980851440_1303585436_o.jpg

早いもので、進行役をやると決めてから4月からの8ヶ月が飛ぶように過ぎ、
ついに次回が最終サロンとなりました。

この8ヶ月を振り返って、
母たちが子育てをする中で感じていることと
私自身が進行役をしていて自分の中で起こった葛藤は
似ているのではないか
と気付きました。

マドレボニータが知られていない土地
初めての鳥取でのサロン開催。
肩に力が入っていた私は、うまくやろう、なんとか成功させようと思っていました。

集客も、会場探しも、全力。
他の事をすべて後回しで
とにかく全力でサロンへ向かう日々でした。

休みの日もサロンのことをばかり考えるうちに
いつしか少し苦行になっていました。
修行僧。

サロン当日は楽しいけれど
サロンのことを考えると少し憂鬱で荷が重い。

思えば、
やらなければいけない、に縛られていたのだと思います。
それもなぜか自分ひとりで。

『「いいお母さん」って、一体なんなのでしょう?』
なんてサロンの場では言っていたくせに
私自身が「いい進行役」にならなければ、と思っていた。

「いいお母さん」って
他の人からの目線を気にした、カクカクしたものだと思います。
他の人を見て、
この人はここまでできている(ように見える)
あの人はこんなに楽しそうに育児をしている(ように見える)
のに、私は。

そんな構図。

私も全くそうでした。
他の進行役仲間のサロンの様子を見ていると
いつも楽しそうで、サロンはいつも満席で、考察も深い(ように見える)。
のに、私は。

でも、それはすべて自分自身が考えていただけで
周りの人も実は結構もやもや悩んでいたり
誰も自分にそこまで求めていないのだと徐々に気付きました。
そして、私はひとりではなく、
すみっちょ、ちあきちゃんという鳥取チームの仲間がいました。

子どもがいい子に育つ、は結果。
サロンがいいサロンになる、は結果。


あくまでも、結果であり、目的ではない。
仕事もあり、自分の生活もある中で、
ボランティアでやっている私達鳥取チームメンバー自身が
健やかに、できる範囲で一番よかれと思うことをやること。
それが、私達にとっての「いいサロン」なのだと気付きました。

そして、それは、
私がひとりで頭の中でぼんやり考えているだけでは
気付けないことでした。

メンバーと話して、自分の考えを伝えて、相手の話を聞いて
ことばにしてみて、初めて自分でも改めて気付く。

母たちも同じで、
頭の中で考えているだけではぐるぐる先へ進まない。
サロンの場は、忙しい母たちが、育児の合間を縫って自分のために2時間使って
そういうことを敢えてするための場
なのだと思いました。

時には手を抜いて、「できない」を認めて
オンオフを切り替えて
でもできることはやって
そうすると、無理がないから、楽しい、と思える余裕がでてくる。

今まで5回、本当に色々な母たちに出会いました。
「いいサロン」かどうかはわからないけれど
母たちの発言をや様子を通して、私自身何度もハッとさせられました。
それは、私達の財産です。

NECワーキングマザーサロンを鳥取で開催して、
本当によかったと思います。

集大成のサロン。
後悔のないように、楽しみたいと思います。
最後まで、どうぞよろしくお願いします。


===========================
   NECワーキングマザーサロン☆倉吉 第6回
===========================


日時 2016年11月20日(日)10時〜12時  ★11月4日受付開始★

●場所 リフレプラザ倉吉2階和室(倉吉市文化活動センター
※未来中心から変更になりました


   鳥取県倉吉市住吉町77−1
  (アクセス:JR「倉吉駅」より車で10分、バス10分程度)
    ※駐車場は、敷地内を自由にご利用ください。
 
●定員 10組
※生後210日以内のお子さまと同伴での参加が可能です。
お誕生日が2016年4月24日以降の赤ちゃんはご一緒に参加できます。
2016年4月23日までに誕生したお子さんは信頼できる方にお預けいただき、単身でご参加ください。

●参加費 500円
資料として『マドレ式ワーキングマザーの教科書』をお渡ししています。

●対象
「母となってはたらく」ことについて考えたい女性どなたでも
ご参加いただけます。今働いていなくても、結婚出産されていない方も大歓迎です!

●お申し込み★11月4日から受付開始です★

こちらの専用フォーム
からお申し込みください。
受付完了後、こちらからご連絡さしあげます。


●その他 お問い合わせなどありましたら、WMS鳥取までメールをお願いします。
〔問合先〕 WMS鳥取


【鳥取】11/3(木)鳥取サロン中止のご連絡 [2016年10月30日(Sun)]
11/3㈭ 鳥取サロン中止のご連絡

鳥取チームの進行役中山早織です。
この度、11/3に開催予定の鳥取サロンを、中止することに決めました。
10/21に倉吉で起きた地震により、
進行役、運営メンバー共に対応などばたばたした状況で、
落ち着いてサロンの場に臨めないのではないかと考えました。

また、余震の頻度・程度がおさまってきたとはいえ、
この状況で人を集めることに対して配慮しました。

こういう時だからこそ場づくりを、
という気持ちもありとても迷いましたが、
まだ私たち鳥取チームにはもう1回サロンが残っています。

11/20の最後の倉吉サロンに、気持ちを込めて臨みたいと思います。
お申込みいただいた方、ご協力くださった方には申し訳ありません。
ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

次回の告知です。
みなさまのご参加を心よりお待ちしています。

[鳥取チームメンバーより]

===========================
   NECワーキングマザーサロン☆倉吉 第6回
===========================


日時 2016年11月20日(日)10時〜12時  ★11月4日受付開始★

●場所 リフレプラザ倉吉2階和室(倉吉市文化活動センター

   鳥取県倉吉市住吉町77−1
  (アクセス:JR「倉吉駅」より車で10分、バス10分程度)
    ※駐車場は、敷地内を自由にご利用ください。
 
●定員 10組
※生後210日以内のお子さまと同伴での参加が可能です。
お誕生日が2016年4月24日以降の赤ちゃんはご一緒に参加できます。
2016年4月23日までに誕生したお子さんは信頼できる方にお預けいただき、単身でご参加ください。

●参加費 500円
資料として『マドレ式ワーキングマザーの教科書』をお渡ししています。

●対象
「母となってはたらく」ことについて考えたい女性どなたでも
ご参加いただけます。今働いていなくても、結婚出産されていない方も大歓迎です!

●お申し込み★11月4日から受付開始です★

こちらの専用フォーム
からお申し込みください。
受付完了後、こちらからご連絡さしあげます。


●その他 お問い合わせなどありましたら、WMS鳥取までメールをお願いします。
〔問合先〕 WMS鳥取


【鳥取】開催報告10/2(日)第5回米子サロン@Popolato [2016年10月09日(Sun)]

こんにちは。

14647480_840263716116300_1766761442_o.jpg

鳥取チーム進行役のさおちゃんです。
(写真真ん中。この3名が鳥取チームです◎)


10/2(日)に初めての米子サロンが開催されました。

人口分布を見てみると(2016年8月現在)
鳥取市:約19万人、米子市:約15万人、倉吉市:約5万人
米子は私の住む倉吉の約3倍の人口がある都会です。
倉吉から車で1時間。
鬼太郎で有名な境港までは車で30分。
すぐお隣は島根で、松江へもほど近い、
長い鳥取の一番西にある交通の要所です。


倉吉では存在しない(←すばらしい!)待機児童問題もあるという米子。
倉吉では語尾を「〜だがん」、というところを
「〜だへん」という米子。(最初聞いた時衝撃でした。へん?!って。)
よねこ、ではなく、よなご。(一応。)
そんな米子の働く母たちのお話が聞けることを楽しみに臨みました。

前日の運動会延期などでキャンセルがあり
母3名と赤ちゃん3名、独身の方1名とでしっぽりと行いました。
ゆっくりとお話でき、大人数とはまた違ったアットホームな時間でした。
今回初めて独身の方が参加してくれましたが、
こうして、母になる予備軍の方に「母となってはたらく」を考えてもらえることは
とても意味があることだなあと思います。(自分もしかり)

会場も、いつもは公民館ですが
今回は、せっかく町さ来たのでおしゃれカフェの2階で行いました。
お友達の家に来たようで、くつろげる!(Popolatoさん◎おすすめです。)

14494658_840244152784923_3999986589600849017_n.jpg


お話はパートナーシップから、仕事、人生の話。
また、鳥取出身でない方も多く、拠点をどこに置くか?なんて話も出ていました。

印象に残ったエピソードです。

上の子を保育園に預けて働いていたが
 その子は保育園が嫌いで、泣いている姿を見て、罪悪感を感じた。
 だから、2人目は一緒にいる時間を増やしたいと思って、そうしている


保育園に預けるのがダメ、ではなく、預けた結果、
その子の反応を見てそこで感じた自分の感情に正直に従った。
今まで、
自分の中でのベストの選択をすることに
奮闘する母たちを見てきたように思います。
でも、このお話を聞いて、自分の体験によって生じた想いに
忠実に生きればいいのか、とハッとしました。
こうすべき論、ではなく、こうしたことにより自分の想いに気付けた。
その時その時の、家族の反応や状態、状況に合わせて、
方法は変動させていけばいいのだと気付きました。


14656326_840244179451587_642873865421588940_n.jpg


泣いている我が子を見て、感じた「罪悪感」。(また出た罪悪感!)
なぜ罪悪感を感じたか?
どこに罪悪感を感じたか?
ここをつきつめることで、自分のありたい姿に近づける。

この方の場合は、そこを詰めて、柔軟に変化させたことで
2人目の育児の際には、ありたい姿を実現しているように感じました。

14570297_840243982784940_5498275278974229508_n.jpg

14563401_840243992784939_6887845690371056811_n.jpg

私は今まで、「罪悪感」について
感じなくてもよいのに感じて「しまっている」ように思っていたけれど
あながち悪い感情ではないのかもしれない。
「罪悪感」を感じた時は、ビビッと自分のアンテナを奮い立たせて
それを感じた自分に素直に聞いてみることが大切なのかもしれない。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
人が罪悪感を抱くのは、目標の達成をあきらめたり、
理想とする人間になれなかったりしたときです。
確かに不快な感情ですが、役に立つ場合も少なくありません。

自分の過ちを反省し、相手に謝罪し、間違った態度を改めれば、
罪悪感は自分を磨いていくきっかけになるのです。
『「ネガティブな感情」の魔法』ブレネー・ブラウン
(最近、すっかりこの人の虜です)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


過ち、とはまた違うけれど、
罪悪感を感じることは、
不快ではあるけれど、ネガティブばっかりではなく
チャンスでもあるのだと、今回初めて知りました。


少人数ではありましたが、
他県から米子に来たばかりの方、
2人目のお母さん、未婚の方、サロン2回目のリピーターさんと、
色々な立場から母となってはたらく、について
考える事ができたサロンでした。

14642104_840243826118289_2403976536712463739_n.jpg



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

≪ 中止となりました ≫

◉NECワーキングマザーサロン鳥取:第6回鳥取サロン◉




●日時:2016年11月3日(木祝)10:00〜12:00☆10/3〜受付開始☆



●会場:とりぎん文化会館 第7会議室 
鳥取市尚徳町101-5

※駐車場は、とりぎん文化会館専用の駐車場がございます。


●対象:「母となってはたらく」ことについて、考え、

  語りたい女性ならどなたでもご参加ください!

  育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、

  結婚・妊娠・出産の経験の有無に関わらず、どなたでも大歓迎です!




●定員:10組程度

  お子さまの同伴は生後210日までとしています。

  2016年4月7日以降にお生まれのお子さまは一緒にご参加いただけます。

  2016年4月6日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けいただき、

  単身にてご参加ください。




●参加費:500円

  (資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします)


●お申し込み:


※運営メンバー募集中!!


●問合先:


まで、メールにてお問合せ下さい。




★☆★今後のサロン日程★☆★


11/3(木祝)@《鳥取》10:00-12:00 @とりぎん文化会館
⇒詳細はコチラ

11/20(日)@《倉吉》10:00-12:00 @倉吉未来中心


※詳細は順次お知らせいたします。




沢山の出会いを楽しみにお待ちしています★




(文責 WMS鳥取 進行役 中山早織)
中止となりました 【鳥取】11/3(祝木)鳥取サロンのご案内〜進行役の頭の中vol.3〜 [2016年09月27日(Tue)]

シリーズ◉進行役の頭の中〜 vol.3〜

こんにちは、鳥取チーム進行役のさおちゃんです。

unnamed.jpg

(写真は、おなじみ鳥取砂丘。春夏秋冬違う顔を持ち、裸足で歩くと砂の温度を肌で感じられてとてもきもちがよいです。ちなみに、真冬の夜の砂丘は海風による砂塵が顔にパチパチ炸裂し尋常じゃなく痛いので真冬の夜以外がおすすめです。)


3回の倉吉サロンと、岡山出張サロンの計4回のサロンを終え、
折り返し地点を迎え、鳥取でのサロンも残すところあと3回となりました。



今までのサロンを振り返って
どのサロンでもいつも母たちの口から必ず1度はでてくることば。
それは「罪悪感」。


ふたりのお金を自分のために使うことに対する夫への罪悪感。
子どもを預けて自分のすきなことをする罪悪感。
子どもを自分の目的のために利用しているような子どもへの罪悪感。
子どもといる時間を楽しめていない自分への罪悪感。


母たちは、いろんな場面で罪悪感を感じているようです。
ギョエー。


罪悪感とは…
悪いこと、非難されるべきことをおかしたという気持ち。(大辞林)


ここでポイントなのが、
罪悪感を感じているのは自分自身であって、
実際には必ずしも非難されているわけではない、ということだと思うのです。


あるサロンの中で参加者の方が言っていた
「育児を楽しめていない」「心から笑えていない」という発言を
サロンが終わった後も私自身、ずっと反芻していました。

たとえば、自分はどうだろうか?
このサロンの活動も全部が全部楽しい?楽しめている?とか。
楽しい!て瞬間も勿論沢山あるけれど、
ちょっと大変だな、なんて思うときも正直ある。
それって、不誠実なことなのだろうか。


そんなことをもやもや考えている中で、
先日、サロンに参加してくれた方に言われた一言が
とても心に刺さりました。


子どもとの時間を、常に楽しまなくちゃいけないのかな?
 仕事だって、常に楽しいことばかりではない。
 日々の業務は大変なことの積み重ねだったりするけど、
 時々キラリと光る砂金のように
 楽しい瞬間があったりして、その瞬間のために
 日々過ごしていたりするのではないか。

 そもそも、子育てが楽しいという通念自体、一体なんなのだろう?
 だって、やっているタスク自体は食事、入浴、シモの世話だよ。
 なんでこんなことやっているんだろ?と思う時もある。
 でも、いやでもない。
 それが結局、かわいいって言葉に集約されるのかな?
 でも、かけがえのない絶対的な存在であることは確かで、
 かわいい、とかを越えているのかも。」


なるほどなああああ、とハッとさせられる発言でした。
なぜなら、建前ではなく心の底から出てくる本音だと思ったから。
そりゃ、楽しいことばかりじゃないですよね。
楽しくないな、たまには息抜きしたいな、と思う
そんな自分も認めてあげれば楽になる。

「罪悪感」を感じる根底にある思いは、
子育てを楽しまなくてはならない、
子どもを常に一番に優先し、自分の好きなことは我慢して
仕事をはじめ、自分のやりたいことに時間を使うことは悪い事、
という「よい母親像」に縛られているからなのかな、と改めて思いました。


子育てについては、

「よい親か悪い親か」という枠にはめたがる困った風潮が蔓延し、

子育てを恥の地雷原にしている。

本当に親が問われるべきなのは

「自分の子どもに一生懸命、関わっていますか?心を配っていますか?」

ということだ。

もしイエスなら、たくさん失敗し間違った判断をすることを覚悟しよう。

たとえ失敗があっても、それはやがて子どもへのよき贈り物になる。

『本当の勇気は「弱さ」を認めること』ブレネー・ブラウン



自分の気持ちに正直に、

しんどい時はそんな自分も認めてあげて

息抜きさせてー、助けてー、を素直に言えること。

こんなこと思っちゃいけない、言っちゃいけない、を一度捨てて

信頼出来る人にはえいっとぶちまけられること。


そして、そんなかっこわるい自分も含めて

子どもに一生懸命関わって、心を配っていくことが、

それがその人自身やお子さんにとって

最高によい関係性につながっていくのかなと思いました。

完璧なんて存在しないんだ。


次回サロンは、県庁所在地である鳥取市へ進出します!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


≪ 中止となりました ≫


◉NECワーキングマザーサロン鳥取:第5回鳥取サロン◉




●日時:2016年11月3日(木祝)10:00〜12:00☆10/3〜受付開始☆



●会場:とりぎん文化会館 第7会議室 
鳥取市尚徳町101-5

※駐車場は、とりぎん文化会館専用の駐車場がございます。


●対象:「母となってはたらく」ことについて、考え、

  語りたい女性ならどなたでもご参加ください!

  育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、

  結婚・妊娠・出産の経験の有無に関わらず、どなたでも大歓迎です!




●定員:10組程度

  お子さまの同伴は生後210日までとしています。

  2016年4月7日以降にお生まれのお子さまは一緒にご参加いただけます。

  2016年4月6日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けいただき、

  単身にてご参加ください。




●参加費:500円

  (資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします)


●お申し込み:


※運営メンバー募集中!!


●問合先:


まで、メールにてお問合せ下さい。




★☆★今後のサロン日程★☆★


10/2(日)@《米子》13:00-15:00 @Popolato ⇒詳細コチラ

11/3(木祝)@《鳥取》10:00-12:00 @とりぎん文化会館

11/20(日)@《倉吉》10:00-12:00 @倉吉未来中心
(場所変更予定です)

※詳細は順次お知らせいたします。




沢山の出会いを楽しみにお待ちしています★




(文責 WMS鳥取 進行役 中山早織)
【鳥取】開催報告9/4(日)第3回サロン@倉吉未来中心 [2016年09月25日(Sun)]
こんにちは わーい(嬉しい顔)
鳥取チーム運営メンバーのちあきこと中前 千明ですぴかぴか(新しい)
9/4(日)に行われた、倉吉3回目のサロンの様子をお伝えします。

13521880_782780701864602_7682001951154479103_n[1].jpg
(写真一番右が私です)

今回の会場は倉吉の顔?!「倉吉未来中心」というコンサートもできる
多目的ホールの研修室でするんるん
和室のお部屋はお庭付き!ちょっといい旅館〜きらきらのような雰囲気に、
落ち着くようなワクワクするようなわーい(嬉しい顔)

7.jpg

今回の参加者は7名+赤ちゃん4名(よく笑いよく動きかわいかった光るハート)。
真剣に考えつつ、赤ちゃんに癒されつつ…の、2時間となりましたわーい(嬉しい顔)

1.jpg

今回のシェアリングで多く時間を使ったのは「仕事」の話題。

・気がかりがあって、明るい気持ちで仕事復帰に臨めない…。
育児や仕事に責任感をもって頑張っている周りのお母さんがキラキラして見える ふらふら

・復帰時の、職場からの配慮はありがたいが、
「母となってキャリアに磨きをかけたい」と考えていた自分の感覚とは違って戸惑っている。
育児を最優先にしない考え方はおかしいのかな… あせあせ(飛び散る汗)

つまり…

・自分の中の「モヤモヤ(過去の失敗やうまく解決できない問題)」
にとらわれて、なかなか前に進めない。

・周りの人がよく見えて、自信を失ってしまう 
・自分と周囲との考え方のギャップに、自分に否定的になってしまう… 

こういったこと、「あるある」ではないでしょうか ひらめき

実は私は、地元を離れて全く土地柄の違う環境で子育てしていく中で、
色々な感覚の違いに戸惑ったり、偏見を感じることすらあって…
自分が全否定されているような気持ちになって、
すっかり自信を失ってしまいました。それにとらわれてなかなか前に進めずにいて、
とりあえず逃げていて、「いつか偏見を正したい!」と考えていました。
でも、少し時を経て落ち着いて考えてみると、
「偏見」って実はすごく一方から見た見方で、
正しくは「価値観の違い」なんだよなと改めて気付きました。
だから、偏見は正すものでも正されるものでもなく、
「価値観の違いがこうあって、私はこう感じた」ってことを伝えたらいいんだ。
私は気を使いすぎて、自分の気持ちを伝えずにいたことがいけなかったんだな、と。

サロンを終えて色々と考えを巡らせていて辿り着いた、私の中の手がかりでしたひらめき

5.jpg

家に帰るまで、家に帰ってからジワジワくるのがこのサロン。
育児や生活に追われていると「考える」という余裕がなく、
自分の気持ちに向き合うことが難しかったり、
後ろ向きになりがちだったりすると思います。
そこで、サロンに参加することで、

「自分だけじゃなかった!」

「私だったらどうかな?」

などなど、みなさんが何か考えるきっかけを感じていただけたらと思うのです。
考えて、感じて、また考えて、アクションに変えて。
そして、みなさんが笑顔で前進できますように… わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

次回のサロン参加も絶賛受付中ですexclamation×2

【文責:中前 千明】

6.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●NECワーキングマザーサロン鳥取:第4回米子サロン●




●日時:2016年10月2日(日)13:00〜15:00


●会場:Popolato 2階和室 
鳥取県米子市花園町23−3
(HOK花園店さん駐車場奥 斜め左向)
※駐車場はHOK花園店さんをご利用ください


●対象:「母となってはたらく」ことについて、考え、

  語りたい女性ならどなたでもご参加ください!

  育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、

  結婚・妊娠・出産の経験の有無に関わらず、どなたでも大歓迎です!




●定員:10組程度

  お子さまの同伴は生後210日までとしています。

  2016年3月6日以降にお生まれのお子さまは一緒にご参加いただけます。

  2016年3月5日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けいただき、

  単身にてご参加ください。




●参加費:500円

  (資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします)


●お申し込み:


※運営メンバー募集中!!


●問合先:


まで、メールにてお問合せ下さい。




★☆★今後のサロン日程★☆★


10/2(日)@《米子》13:00-15:00 @Popolato

11/3(木祝)@《鳥取》10:00-12:00 @とりぎん文化会館

11/20(日)@《倉吉》10:00-12:00 @倉吉未来中心


※詳細は順次お知らせいたします。




沢山の出会いを楽しみにお待ちしています★


【鳥取】開催報告8/21(日) 岡山サロン [2016年09月07日(Wed)]
ぴかぴか(新しい)
こんにちは。鳥取チームの角 知代(すみっちょ)です。

13439194_986127951505394_7488263096391384297_n.jpg
(左側が私です)

8月21日に岡山で出張サロンを行いましたぴかぴか(新しい)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

今回の参加者は、保育園に通っているくらいの子どもがいる方が多く、全員が仕事されている方でした。

サロンの醍醐味である全体シェアリング、今回は、「人生」「パートナーシップ」を中心に話がすすみました。参加者4人と少人数でしたが、アットホームでゆっくりじっくりお話することができましたわーい(嬉しい顔)

3.jpg

「私は「人生」を楽しんで笑って過ごす、をモットーに生きている。」
と話してくださった参加者の方。この発言に対して別の参加者の方がこんなことを言ってくれました。

【笑うけど、楽しむことができているのかな】

「今の生活で、楽しんでいる、と自信を持っていえる時間は子どもが寝てからの自分だけの読書の時間。それ以外の子育てや仕事や家事も、楽しくなくはないけれど…」

全部の自分の時間を「楽しまないといけない」のではないか、といった思いが感じられました。
家庭があり、子どもがいて、仕事もしていれば毎日することがたくさん。その中で本当はこう思っているけど、そんな風に思っちゃいけないのでは、というギャップがあるように思いました。「本当は私どう思っているの?」をじっくり考える場としてもサロンの時間を有効に使っていただけたかなと思います時計

5.jpg

何度か出てきて気になった単語が「罪悪感」。
子どもを預けて自分だけが好きなことをする罪悪感。
家族のお金を自分のために使うという罪悪感。
罪の意識を感じる背景には、
「お母さんたるもの、ずっと子どもと過ごした方がいい」
「いいお母さんでいなければいけない」
こういう、想いがあるように感じましたぴかぴか(新しい)

一時的に子どもを預けて自分の好きなことをして、リフレッシュして、
また新たな気持ちで育児に向かえる。
それは母と子、お互いにとって有意義なこと。
罪悪感を感じずに、周りの人に協力してもらいながら
気持ちよく自分の時間を持てることが、とても大切なのだと感じました。

そのほかにもたくさんの気づきがあった岡山出張サロン。鳥取でも岡山でも共通した悩みだったり、思いがあることを感じました。

1.jpg

「本当は自分こう思ってたんだ!」という深い思いを発見できる場でありたい、そしてこういった場にもっとたくさんの方に参加してもらいたい、そう思っています。今年度のサロンも後半になってきました。少しでも興味を持っていただけた方はぜひ一度足をお運びくださいひらめき
次回は米子ですわーい(嬉しい顔)

(文責:角知代)

4.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●NECワーキングマザーサロン鳥取:第4回米子サロン●




●日時:2016年10月2日(日)13:00〜15:00☆9/5〜受付開始☆



●会場:Popolato 2階和室 
鳥取県米子市花園町23−3
(HOK花園店さん駐車場奥 斜め左向)
※駐車場はHOK花園店さんをご利用ください




●対象:「母となってはたらく」ことについて、考え、

  語りたい女性ならどなたでもご参加ください!

  育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、

  結婚・妊娠・出産の経験の有無に関わらず、どなたでも大歓迎です!




●定員:10組程度

  お子さまの同伴は生後210日までとしています。

  2016年3月6日以降にお生まれのお子さまは一緒にご参加いただけます。

  2016年3月5日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けいただき、

  単身にてご参加ください。




●参加費:500円

  (資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします)


●お申し込み:


※運営メンバー募集中!!


●問合先:


まで、メールにてお問合せ下さい。




★☆★今後のサロン日程★☆★


10/2(日)@《米子》13:00-15:00 @Popolato

11/3(木祝)@《鳥取》10:00-12:00 @とりぎん文化会館

11/20(日)@《倉吉》10:00-12:00 @倉吉未来中心


※詳細は順次お知らせいたします。




沢山の出会いを楽しみにお待ちしています★




【鳥取】10/2(日)米子サロンのご案内〜進行役の頭の中vol.2〜 [2016年08月31日(Wed)]

シリーズ◉進行役の頭の中〜 vol.2〜

こんにちは、鳥取チーム進行役のさおちゃんです。

IMG_2132.JPG

(写真は、鳥取が誇る名峰大山です!)

倉吉での2回のサロンと岡山出張サロンを終えて、
今まで緊張の度合いが大きかったサロンの場ですが、
少しずつ楽しい、と思える瞬間が増えてきた気がします。


先日、進行役仲間や先輩とのスカイプ談義で
大きな発見がありました。


それは、「遠慮」について。
サロンの場は楽しいけれど、
独身で子どもがいない自分には分からないこと、未知の話題も沢山ある。

お母さんたちの話を聞いて
色んな想いや葛藤を知りたい、学ばせてもらいたい、と思う気持ちはあるが

こんな青二才の自分が進行役でいいのだろうか?

そういうちょっとした後ろめたさ、とか
私にはわからない、という自信のなさが
正直、常に自分の中にあったことに気付きました。


じゃあ、なんでサロンの場を楽しいと思えたのか?
いずれ来る未来の自分を想像して、その予行演習ができるから?
もちろん、それもある。
でも、それだけではなくて、
話を聞いていて、その話は個人的なものだとしても
核となる部分は
独身で子どものいない自分にも共通することが沢山あったから
です。
そして、それはサロンにいる他の参加者みんなにも共通すること。

個人的な話の中に、共通のものがあるから、おもしろい。
そこをうまく抽出して、個人の課題を、みんなの普遍的な課題と捉えて
さまざまな立場から考える。

それこそが、このサロンの醍醐味であり、
サロンの対象者が「子どもを持つ女性」限定ではなくて
「母となってはたらくことに興味ある人ならだれでも」である理由なのだと
今さらながら改めて気付きました。

共感はしても、必ずしも同感する必要はない。

今まで、遠慮して、一番場を手放してはいけない進行役の私が
少し遠巻きから参加者の方を見てしまっていた瞬間が
あったかもしれないと反省しました。
それは、参加者にとって、きっととてもさみしいこと。


最後に、最近読んでいた本にとても良い事が書いてあったので
引用させていただきます。

最近ずっと考えている
「安心な場をつくるには、どうしたらいいのか」のヒントがある気がしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
友情はビー玉のびんみたいなもの。
助けたり、やさしくしたり、味方になったり、
ちゃんと秘密を守ったりしたときには、ビー玉がびんに入る。
でも意地悪したり、失礼だったり、
秘密をばらしたりすると、ビー玉は取り出される。

信頼は、ビー玉1個分ずつ積み上げられていくのだ。
(中略)信頼はほんのわずかな瞬間に形成される。
    『本当の勇気は「弱さ」を認めること』ブレネー・ブラウン
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


安心できると確信できてからびんもビー玉も用意するのではなく
サロンの最初からびんはふたをあけて置いておく。
そこに、参加者の方がビー玉をひとつひとつ入れていけるように。
せっかく参加者の方がポトンと入れてくれたビー玉を
やっぱり取り出したいと思わないように
どっしりと進行役としてあの場に在りたいと思います。
サロン終了時には、びんの底がビー玉で埋まっているように。


9/4(日)倉吉サロン詳細はコチラ

10月は気分新たに初の米子サロン開催です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●NECワーキングマザーサロン鳥取:第4回米子サロン●




●日時:2016年10月2日(日)13:00〜15:00☆9/5〜受付開始☆



●会場:Popolato 2階和室 
鳥取県米子市花園町23−3
(HOK花園店さん駐車場奥 斜め左向)
※駐車場はHOK花園店さんをご利用ください




●対象:「母となってはたらく」ことについて、考え、

  語りたい女性ならどなたでもご参加ください!

  育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、

  結婚・妊娠・出産の経験の有無に関わらず、どなたでも大歓迎です!




●定員:10組程度

  お子さまの同伴は生後210日までとしています。

  2016年3月6日以降にお生まれのお子さまは一緒にご参加いただけます。

  2016年3月5日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けいただき、

  単身にてご参加ください。




●参加費:500円

  (資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします)


●お申し込み:


※運営メンバー募集中!!


●問合先:


まで、メールにてお問合せ下さい。




★☆★今後のサロン日程★☆★

9/4(日)《倉吉》 10:00-12:00 @倉吉未来中心詳細はコチラ

10/2(日)@《米子》13:00-15:00 @Popolato

11/3(木祝)@《鳥取》10:00-12:00 @とりぎん文化会館

11/20(日)@《倉吉》10:00-12:00 @倉吉未来中心


※詳細は順次お知らせいたします。




沢山の出会いを楽しみにお待ちしています★




(文責 WMS鳥取 進行役 中山早織)
【鳥取】開催報告8/7(日)第2回サロン@リフレプラザ倉吉 [2016年08月20日(Sat)]
こんにちはるんるん
鳥取チーム運営メンバー ちあきこと中前 千明です。(写真一番右)

13439194_986127951505394_7488263096391384297_n.jpg

サロン初上陸の鳥取で、8月7日(日)に第2回目のサロンを開催しましたぴかぴか(新しい)
参加者は私を含む8名で、赤ちゃん2名の参加でした。
(参加者のうち1名は、第1回に引き続き2回目の参加ですわーい(嬉しい顔))

私は都合により第1回のサロンに出席できなかったので、
本番の、皆さんの輪に入っての参加は初めてexclamation×2
どんなお話が聞けるか、自分の中でどんな気付きがあるのかと楽しみに参加しました。
今回の開催報告は、そんな私の、参加者としての視点多めの立場からお伝えしてみたいと思いますぴかぴか(新しい)

13938516_1138232059572124_3608625175197942204_n.jpg

まず、参加しての感想は…
とにかく、参加してよかった。楽しかった!なんだろう、この充実感。
もともと人前で話すのは得意でないし、
上手にまとめて言葉にするには時間のかかるタイプなので、
こういった場は苦手かもと思っていましたが…
初対面同士、知らないもの同士のある意味の安心感みたいなものと、
進行役さおちゃんのアナウンスやサロンの雰囲気が、緊張をほぐしてくれた気がしますひらめき

13921180_1138232106238786_1493699171234774517_n.jpg

そして、ワークの中では「パートナーシップ」をテーマに選んでみました。
このサロン、冠に「ワーキングマザー」とついているので、
「仕事」や「人生」をイメージしがちな私でしたが、
今回はあえての「パートナーシップ」。
参加者の中に、偶然にも同様に「あえて『パートナーシップ』を選んでみました」
という方がいらして、今回の全体シェアリングでは、その話題を中心に盛り上がりましたexclamation×2

13872637_1138232146238782_688277380011242316_n.jpg

育児中の母にとっては、どうしても不満の対象になりがちな『パートナー』。
ワークの中で、ペアの方にも愚痴のように語ってしまっていた私ですが、
聞いてもらったペアの方から
「ご主人のこと、大好きなんですね」
と言われ、
「え??」
まず、その発想はなかったと自分でもびっくりしてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

「そうか…好きだから結婚したんだった…。」
それなのに、育児や生活にいっぱいいっぱいになる中で、
その気持ちを忘れてしまい、
感謝の気持ちも持てず、
不満ばかりになってしまっていたパートナーの存在。
何もしてくれないわけではない。
毎日真面目に働いて、遅くなっても必ず帰ってきて、
私の作った食事を文句言わず食べてくれる人。
子どもたちから「とーさーん!」と慕われている人。
家庭を築く「パートナー」であり、人生の「パートナー」である人。
そうか、一番重要な人ときちんと向き合えてなかったのかも…。
「この人のこと好きだったんだよな」という気持ちで、もう一回顔を見てみよう。
子ども達に対して、パートナーに対して、
愛があるからこその家庭で、
愛があるから笑顔で過ごせるんだ、
家庭がイライラする場所では悲しい…

全体シェアリングでは、その気づきを伝えながら、恥ずかしながら涙があふれてしまいました。

13906586_1138232216238775_3045661551007915671_n.jpg

しかし、すかさず「泣くことは、とってもいいことなのよ!」
とフォローしてくれる方がいたり、 「私も、ハッとしました…。」
と涙を浮かべながら語ってくださる方がいたり、
「だめだ、私も泣きそう〜」と言いながら気持ちを伝えてくれる方がいて…。
サロン全体が素直な気持ちを吐き出せる優しい雰囲気に包まれましたぴかぴか(新しい)

母親みんなが24時間頑張っていて、
子どもの前では涙はみせないとか、
しっかりしなきゃ、
しっかりすべきとか背負っているんじゃないかなと思います。
でも、陰で涙する暇すらなかったり、
そもそも考えを巡らす余裕がなかったり…。
母親は、頑張っている自分をもっと認めて、
もう少し自分に優しくなってもいいのかも…と感じました。

この流れの中で、

・改めてパートナーに向き合ってみようと思った。
・思い返すと、大事にしてもらってたかも。帰ったら、感謝の気持ちを伝えたい。
・旦那の存在を意識することすらなくなっていた。いること自体に甘えてたのかな…。
・「パートナーシップ」について考えるという考えすらなかったことに気づいた。
  自分からは出てこない視点だったと思う。
・「好きだったんだ」と今は素直に思えないかも…。どうだったかな…

などなどと気付きの連鎖が起きていきましたひらめき


このサロンは、全体でも2時間という長くはない時間ですが、
ほんのきっかけかもしれませんが、
こういった「自分の心の声に耳を傾ける時間」
「客観的に見てもらう時間」って必要だな、大事だなと思いました。
サロンの後に、私の言葉に「グッときました」と言ってくれる方もいて、
久しぶりに素の自分を肯定してくれた気がしたのも嬉しかったです。

こんな時間を、こんなきっかけを、きっと頑張りすぎてしまっている
多くのお母さん達に体験してもらえたらと思います。

【文責:中前 千明】

13895404_1138232352905428_1182209777084015461_n.jpg


=========================
  NECワーキングマザーサロン☆岡山 第1回
=========================


●日時 2016年8月21日(日)14時〜16時                         
●場所 南ふれあいセンター

   岡山市南区福田690−1
  (アクセス:定期路線バス(岡電バス)南ふれあいセンター線「南ふれあいセンター」下車徒歩1分
    ※駐車場は、敷地内を自由にご利用ください。
 
●定員 10組

※生後210日以内のお子さまと同伴での参加が可能です。
お誕生日が2016年1月10日以降の赤ちゃんはご一緒に参加できます。
1月9日までに誕生したお子さんは信頼できる方にお預けいただき、単身でご参加ください。

●参加費 500円
資料として『マドレ式ワーキングマザーの教科書』をお渡ししています。

●対象
「母となってはたらく」ことについて考えたい女性どなたでも

ご参加いただけます。今働いていなくても、結婚出産されていない方も大歓迎です!

●お申し込み 
こちらの専用フォームからお申し込みください。

受付完了後、こちらからご連絡さしあげます。
●問合先:



まで、メールにてお問合せ下さい。



=========================
  NECワーキングマザーサロン☆倉吉市
=========================


●日時 2016年9月4日(日)10時〜12時                         
 
●会場:倉吉未来中心(鳥取県倉吉市駄経寺町212-5(倉吉パークスクエア内))



●定員 10組

※生後210日以内のお子さまと同伴での参加が可能です。
お誕生日が2016年2月7日以降の赤ちゃんはご一緒に参加できます。
2月6日までに誕生したお子さんは信頼できる方にお預けいただき、単身でご参加ください。

●参加費 500円
資料として『マドレ式ワーキングマザーの教科書』をお渡ししています。

●対象
「母となってはたらく」ことについて考えたい女性どなたでも

ご参加いただけます。今働いていなくても、結婚出産されていない方も大歓迎です!

●お申し込み 
こちらの専用フォームからお申し込みください。

受付完了後、こちらからご連絡さしあげます。
●問合先:



まで、メールにてお問合せ下さい。
【鳥取】8/21(日)岡山サロンへ寄せる想い〜拝啓、5年前の私〜 [2016年08月15日(Mon)]
鳥取チーム進行役のさおちゃんです。

8月21日(日)の岡山出張サロンまで、あと1週間を切りました。
7月3日(日)の鳥取初回サロンに参加して、
岡山への出張サロンを持ちかけてくれたうららちゃん。
彼女が初めて参加した5年前のサロンや自分自身のことを振り返りながら
とても暖かく、力のある言葉で想いを綴ってくれました。
是非ご覧ください◉
なお、次回鳥取サロンは9/4(日)@倉吉です。詳細はコチラ

================

打ち上げの写真.jpg
(7月3日鳥取サロン打ち上げの様子。写真真ん中長い黒髪がうららちゃん)

こんにちは、岡山に住む竹島麗(うらら)です。

世田谷サロンのこのブログを読んでいて、
自分が初めてサロンに参加した時の気持ちを思い出したので、
ここで書かせてもらうことにしました。


2011年9月。
産後3ヶ月の時に長女を連れて初めてサロンに参加しました。
その時は資格もキャリアも学歴も何も持ってない専業主婦。
それでも「母となって働く」について何かきっかけを掴みたくて参加しました。
でも、結局全体シェアリングで私は一言も言葉を発することができませんでした。
そのことが、悔しいとか情けないでもないのだけれど、
他の参加者さんたちが次々と自分の思いを発言していってる様子が
とてもとてもキラキラと輝いて見えたことは、すごくよく覚えてます。


産後の働き方に悩んでいること。
何かを始めたいと思っていること。
でも、何から始めたらいいかわからないと思っていること。
それでも、家事や育児以外に何かやりがいを見つけたいと思っていること。


こんな思いを仲間に聞いてほしい!
そして、みんなからの思いも受け取りたい!
と言う気持ちだけは強いのに、
結局私は過去に参加したサロン2回とも
一言も自分の思いをみんなに伝えることができずに2時間過ごしてしまいました。


そんなあの時の自分に、今の私が言えること。


まとまらなくてもいいんだよ。
誰も批判なんてしない。
まとまりのない漠然とした考えのままのあなたを
みんなは受け入れてくれるから、大丈夫!



もし、同じように感じていらっしゃる方がいたら、
是非岡山サロンに来てください。
もちろん何も発言しなくてもいいんです!
私と同じように発言したいけど、やっぱりできなかった…。という人は
サロン後にがっつりお話しましょう(笑)


また、みんなの話を受け取る側に徹していても
「母となって働く」という言葉に少しでも関心のある方なら、
きっときっと何か心に響くものがあると思います。
私も何かやりたい!と漠然に思い描いてから5年の時を経て、
今こうして岡山出張サロン開催とともに、また一歩自分の人生を歩んでいます。


中国地方の女性のみなさま。
とにかく、一度このサロンの場を体感してみてください。
みなさんと一緒に創り上げる岡山出張サロン。
私も参加者の1人として一緒に楽しみます!


=========================
  NECワーキングマザーサロン☆岡山 第1回
=========================


●日時 2016年8月21日(日)14時〜16時                         
●場所 南ふれあいセンター

   岡山市南区福田690−1
  (アクセス:定期路線バス(岡電バス)南ふれあいセンター線「南ふれあいセンター」下車徒歩1分
    ※駐車場は、敷地内を自由にご利用ください。
 
●定員 10組

※生後210日以内のお子さまと同伴での参加が可能です。
お誕生日が2016年1月10日以降の赤ちゃんはご一緒に参加できます。
1月9日までに誕生したお子さんは信頼できる方にお預けいただき、単身でご参加ください。

●参加費 500円
資料として『マドレ式ワーキングマザーの教科書』をお渡ししています。

●対象
「母となってはたらく」ことについて考えたい女性どなたでも

ご参加いただけます。今働いていなくても、結婚出産されていない方も大歓迎です!

●お申し込み 
こちらの専用フォームからお申し込みください。

受付完了後、こちらからご連絡さしあげます。

●サロン終了後、そのまま会場でお茶会を設けます。お時間に余裕のある方は、是非残ってお話しましょう。

●その他 お問い合わせなどありましたら、WMS鳥取までメールをお願いします。
〔問合先〕 WMS鳥取



★☆★今後の鳥取チームサロン日程★☆★


9/4(日)@倉吉⇒詳細はコチラ

10/2(日)@米子

11/3(木祝)@鳥取

11/20(日)@倉吉


※詳細は順次お知らせいたします。


みなさんのご参加をお待ちしています。


(文責:中山早織)
| 次へ