CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« WMS2016_板橋・北 | Main | WMS2016_横浜・湘南»
プロフィール

WMSプロジェクトさんの画像
WMSプロジェクト
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
リンク集
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/wms/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/wms/index2_0.xml
【開催報告】「…気づいてしまった」11/26(土)練馬・石神井公園サロン【ラストサロン】 [2016年12月07日(Wed)]
東京西チーム、
2016年度ラストサロンは、
皆が「自分はどうしたいのか、どうありたいのか」
という問いに一所懸命向き合う場
になりました。

※文末には東京西チームメンバーの決意表明もあり!※

こんにちは。東京西チームメンバー、鈴木かおるです。
11/26(土)サロン日和の天晴れな青空のもと、
練馬区・石神井公園にて、第6回サロンが開催されました。
会場は少し小さめの和室ということもあり、暑くなってしまうアクシデントもありましたが、
場の熱気と相まって、というところも往々としてあったのかもしれません。

shakujiikouen_before.jpg
背中から緊張感が…落ち着け私(帽子を脱ぐのを忘れています)

今回も、育児休暇中の方、復職された方、フリーランスの方やまさにフリーにならんとする方、
さまざまな立場の方がご参加くださり、
大人10人、赤ちゃん3人でにぎにぎしくスタート。
最初はやはり少し緊張感がありましたが、2人組ワークで柔らかな笑顔の輪が広がります。

shakujiikouen_work2.jpg

shakujiikouen_work.jpg

リピーターの方の、
「初めての方とパーソナルな話をするのに、もっと知りたい、もっと質問したいと思う場」
というお話から、全体シェアリングがスタート。

仕事の話が多く見られた今回、
不安や迷いを口に出される方や、それを受けて、
自身の変化、決意、気づきを口にされる方。

参加者の方どうしがそれぞれのお話にじっくりと耳を傾け、
深く頷きながら、次々と連鎖してお話の輪が広がっていく様が印象的でした。

*他者からどう見られているのか*

復職予定の方から、
「残業や出張など、自分はこうやろうと決めた、というのは良くても、
会社の期待値にどう応えればいいのか。まわりの人の負担が気になる
皆さんどうされているのですか?」と口にされた場面。

それに対し他の方から
「できるのかできないのか、ではなくやりたいのかやりたくないのか
をまずは考えるでいいのではないか?。
やりたいのならばできる方法を考える。そしたらなんとかなる」
「上司には、『私はこうしたいと思っているけれど、もしかしたらできなくなることもあるかもしれない、
そのときは都度相談させてください』、とことあるごとに言っている」
という発言が。

決めたらそれを絶対にやりぬかねばという強い意志が、逆に足枷になってしまっているのだとしたら…
参加者の方の「もっと柔軟でいいんだ…」ぽつりと仰ったことばが印象的でした。

ランチ時、「どうしたいか、周りにも言っていったほうがいいんだなと思った」と仰る方も。
周りを巻き込む力や委ね託す力も思い起こさせる、心に残る流れになりました。


*他者との比較*

独身の同期がどんどん出世してしまうことに焦り…
飲み会に行ったほうがメリットがあるから行きたいと思ってしまう、という話で、
「他の人とは違う島にいる。比べることがナンセンスに思えた。比べることをやめたらスっとした」
と発言された方に対し、
「そういえば、子どもいるいないにかかわらず、皆違うんですもんね」
という別の方からの発言が。この気づきの流れがとても印象的でした。

*心の中で…*

ラスト近く。その場に紡ぎ出される言葉たちにずっとじっと耳を傾けていた方から、
「皆さんが真剣に考えているのを聞いていて、
今まで自分の気持ちにフタをしていたことに気づいてしまった。
仕事について悩んでいる皆さんが美しい」と涙ぐまれた場面。
発言のない方でも、じっくり自分に向き合われて、
一歩踏み出す機会になるのかもしれない、これがこのサロンなんだなとあらためて思いました。

また、こういう話をもっとパートナーとしてみたい
と仰る方にも、深く同調しました。

shakujiikouen_syuugou.jpg

今は、これがいい、と思える。

辛いのも苦しいのも人生と味わえたら。

軸を持って、流される。

譲れないものをしっかり握っていること。

今回のサロンで心に残った言葉たちです。
これしかダメだと決め付けずに自分の心と向き合う、
自分の気持ちを大切にしていければ、と思います。

参加してくださった皆様、本当にありがとうございました!!



★チームメンバーの決意表明

tokyonishi_first.jpg
5月、緊張気味の初対面!

仕事で悩んで、家族に支えられて、サロンで振り返って力をもらう、そんな半年間でした。
進行役をやる中で迷ったり気がついたりしながら、
自分自身の「譲れないもの」「譲れるもの」が少しずつ分かってきました。
できないことも、つまづくこともたくさんあるけれど、これからも自分の気持ち、
モヤモヤに向き合いながら、迷いながらやっていこう。今はそう思っています。(牛山泉)

最終サロンのシェアリング、私の書いた絵は自分の元気な姿でした。
この半年の活動でたくさん語り合う中で気づいたこと。
妻であり母であり、仕事する人である前に、ゆるぎない自分を持っていたい。
ついつい後回しになってしまう自分をもっと大事にしたい!
今月からずっとお休みしてた好きなこと。また始めたいと思います。(金子小夜子)

皆の思いに同調しながら悩み苦しみモヤモヤし抜いた(!)半年間。
「家族でしっかりと繋がっていることをベースに、各々それぞれの場でも楽しむ」
それが私にとってのありたい姿だとあらためて気づかされ、
そうなるためにどうするかを軸に進んでいけばいいんだなぁと思えました。
そして、今決めたことも未来永劫そのまま正解なわけじゃないから、
違うと思ったら変えてもいいんだ、と肩肘張らずに行こうと思います。(鈴木かおる)

サロンで一生懸命生きている女性たちに出会いました。
育児や家庭に仕事、自分の生きる道、みんな悩みながら歩んでいる。
なんて、悩んでいる人はここまで愛しいのだろうかと、、、一回一回、
その場に立ち会えたことが、すばらしい瞬間でした。(高宮ゆい)

半年間の活動を経て、以前よりも自分を肯定できるようになりました。
仕事と家庭を充実させるためにも、第3の居場所を大事にしたいです。
今後も色々と悩むことがあるだろうけれど、一人でモヤモヤを処理しようとせずに、
自己開示をして悩みを他者と共有して、一緒に歩んでいきたいです。(西原睦)

tokyonishi_last.jpg
11月ラストサロン、チームとして円熟味を増した、かな…!?笑

★おわりに

東京西チームでは、全6回のサロンを開催し、
のべ45名の方にご参加をいただきました。

ご参加してくださった皆さま、応援してくださった皆さま、
このブログを読んでくださったあなた、
そして支えてくれた家族に心から感謝します。

ありがとうございました!!

【NECワーキングマザーサロン 第8期 東京西チーム】
 牛山泉 (進行役)
 金子小夜子
 高宮ゆい
 鈴木かおる
 西原睦
 藤居料実 (全体サポート)


★ほんとにおわりに!!

2016年度ワーキングマザーサロンの集大成イベント、
NECワーキングマザーサミット、
2017年1月28日(土)@目黒にて開催します!
サミットバナー.jpg

お申込みはコチラ
↑コチラをクリック↑


第8回ワーキングマザーサミットHPはこちらからどうぞ!

詳細記載の関連ブログはこちらからどうぞ!


(文責:鈴木かおる)
【開催報告】10/10田無サロン〜安心して語れる場所だから話せること〜 [2016年12月06日(Tue)]
今期サロンも終了し、ほっとしたところです。
東京西メンバーの金子小夜子です。
遅ればせながら、田無サロンの報告をしたいと思います。

10月にしては少々肌寒い中、なんとか雨にはならず!
私の地元、西東京市田無でのサロン開催が実現しました。
進行役のいずみん、今日も素朴だけど安心感のある語り口。
子どもの年齢を2から3才に手書きでぐいっと書き直したフリップに
思わず笑いがおこったり・・・☆
最初から和気あいあいと和んだ雰囲気の中スタートしました。
DSC00813.JPG

今日は、最初の自己紹介では仕事の話がしたい。という方が結構多かっただけあって、復職後の仕事と自分のあり方への発言から始まりました。

「仕事を続けるか迷っていたけど、今は時短で6時間勤務だけど以外と効率あげて自分としてはやれている感じ。
この会社で上に行けたら制度をかえられるかも。
この場所でやっていこうと今は思えるようになった」

という方がいる一方で
「産後は時短を選んだら、1時間勤務時間が減るだけなのに給料は半分に。
でも仕事量はみんなと変わらず・・・。
上司から時短なんだからと成果はオール3でいいんじゃない。といわれてへこむ。
会社からは働くすてきなママ社員としての理想を求められる。」

復帰後の自分のめざすところと会社からの期待とのギャップに悩む姿も。

「自分の方が夫より給料が高いので大黒柱。でもお迎えはお願いしづらい雰囲気。
夫は職場に対してかっこ悪いと思ってるらしい」
「夫に子どもをまかせるのは不安。夫自身が大きい子どもみたい。」

と夫の協力を十分得られない状況で頑張っている方の発言が続くと。。。

3人の子どもがいる方から
「子ども一人の時は何とかなったけど、2人以上になったら無理!
周りに頼って夫にも頼っていかなきゃ。3人子どもみるのは大変。って夫に言っちゃう。」
「子どもは早く寝かせないととはいっても無理なときはある、ごはんだってつくれない日あってもいい。」

との言葉にふっとみんなが和んだ瞬間でした。自分が頑張ってなんとかしないと。とついつい抱え込んでしまいがちな私たち。できないっていってもいいんだ。と思うのは勇気がいるけど、時には必要なのではないかと思いました。職場でも家庭でも頑張っている自分、もっとほめてあげていいんじゃないか。と。

また子どもが小学生の方からは
「最初は自分が子どものことは全部やらないと。と夫には頼らないでやってきた。
けどあるとき話をしたら。実は夫も子どもともっと関わりたいと思っていたことが判明!
それからは夫に子どもと託して出かけることで夫と子どもの関係も良くなった。
今は自分が出かけることが夫が子どもと過ごせる貴重な時間を作ってると思えるように。」


夫といかにコミュニケーションをとるか、どうやってとったらいいのかというのは、子どもがいくつになっても継続していく課題だなぁと思いました。
仕事の話からどんどんと夫とのパートナーシップに話題が移っていき、みなさん言いたいことはいっぱいある!という感じで話が尽きないのでした。
「母となって働く」を語る上で夫とのパートナーシップは、外せないテーマなのだと改めて実感。

とここで子どもを夫に預けて初めて長時間外出した、という方から発言が!
復職に向けて今後どうしたらいんだろうという思いを持ちつつの参加でした。
「二人でのシェアリングで自分の話を組になった相手の人が要約して話してくれた時に、自分のことをわかってもらえた。と思って涙が出そうになった」
改めて思いを言葉にすることの大切さ、サロンの仕組みってすごいんじゃないかと思って胸が熱くなりました。
その方が、「今度はランチも出られるよう(夫にもっと子どもを見てもらえるよう)頑張りますー!」と明るい笑顔で帰っていったのも印象的でした。

今日のサロンは初の試みで、メンバー全員が全体シェアリングに入るという形をやってみました。結果は・・・輪の中にみんながいてメンバーも参加者も垣根なく、後半は進行役が進めなくてもどんどんと話しが広がっていく、そんなサロンになったと思います。安心して話せる場というのを実感することができました。
参加してくださったみなさんありがとうございました。

DSC00823.JPG

今期サロンは終了しましたが、
来年1月28日、第8回NECワーキングマザーサミットが
開催されます。(※12月5日より受け付け開始しております!)
サロン参加者のみなさんはもちろん、今期サロン逃してしまったー。
という方も是非ご参加お待ちしております。
https://sites.google.com/madrebonita.com/wmsummit2016
【開催報告】自分の時間も、子どもとの時間も、大切に思う〜11/5(土)練馬・上石神井サロン〜 [2016年11月14日(Mon)]
皆さんこんにちは!東京西チーム、進行役のいずみんです。
第5回サロンは、私の地元・上石神井にて、参加者5名赤ちゃん2名を迎えて開催しました。

↓左下が私です。
14947721_10210782986472842_4678915655849802474_n.jpg

全体シェアリングではまず最初に、ある参加者が
「今は育休中で子どもと一緒にいる時間が長いが、その時間を大切にできてるかな?と思っている」
ということを話して下さいました。そこから、「自分の時間」と「子どもとの時間」との葛藤、長さ、優先度、充実度など、色々な思いが出てきました。
「子どもとの時間が長くてもイライラしてしまうだけの時もあるし、短くても充実している時もある」
という発言には、多くの方がうなずいていました。

また
「育休中、育児以外にも何かしないといけないという気持ちがあって資格を取った」
という方のお話もありました。
サロン後メンバーでは、育休中の焦りは「目に見える成果がないことの不安」や、休んでることの罪悪感から
「その分、育児を充実させなければ、っていうプレッシャー」
もあるのかも、と話しました。

小1の母や高校生の母である参加者からの話がきっかけで、保育園児の母達もこれからの働き方について思いを巡らす、という場面もありました。そして、
「働き方を考えようとするとパートナーシップについて考える必要がある」
という話が今回もやっぱり出てきました。

「仕事と子育てで忙しいのに、よく活動までできるなあ!」
育休中に初めてサロンやマドレボニータの活動を知った時の、私の思いです。
あれから3年、2回の転職を経て今も絶賛もがき中ですが、こんな活動までやっちゃえるようになり。実際やってみると、すごく心の支えになりました。
私の気持ちとしては、
「一緒にいる時間を充実させるためには離れる時間、好きなことをする時間が大切」
という確信がありますが、同時に迷っている部分もあるんだな〜と分かりました。

14937382_10210759685410330_8338502315129505350_n.jpg

自己紹介で「モヤモヤしている」と言っていた方が、
「話を聞いていて、何にモヤモヤしていたかが分かってきた」
と教えてくれました。自分が何に引っかかっているのかを知ることが、まずは大きな一歩だと感じます。

できないことも、つまづくこともたくさんあるけれど、これからも自分の気持ち、モヤモヤに向き合いながら、迷いながらやっていこう。そう感じたサロンでした。参加して下さった皆さん、本当にありがとうございました!

14938275_988814967911358_5180996887790870336_n.jpg
↑終了後は、イタリアンでランチを楽しみました♪

■東京西チーム・ラストサロンの開催予定

ぜひこの場を体感して欲しいです!

リピート参加も大歓迎ですd(^_^o)

=========================

■日時:2016年11月26日(土)10:00〜12:00(受付中)

■会場:〈練馬区〉高野台地域集会所・和室2
(西武池袋線 石神井公園駅より徒歩10分)
http://www.city.nerima.tokyo.jp/smph/shisetsu/community/chiikishukaijo/takanodai.html

■参加費:500円
(資料として「マドレ式・ワーキングマザーの教科書」をお渡しします)

■対象:「母となってはたらく」ことを語り合いたい女性ならどなたでも歓迎です。
既婚・未婚・出産経験の有無は問いません。
就労中・育休中・専業主婦・自営業・… どんな立場の方でも参加可能です。

■定員:10組
 生後210日以内のお子さまと同伴での参加が可能です。
 2016年4月30日以降に生まれたお子さまは同伴可能です。
 2016年5月1日までにお生まれのお子さまは、
 信頼できるかたにお預けになって、単身でご参加ください。

■お申込み (受付中)
こちらのフォームよりお申込みください。
※受付後、折り返しメールで連絡させていただきます。

■お問い合わせ (WMS東京西)
wms8tokyonishi@gmail.comまでお願いします。

=========================

(文責:牛山泉)
※満席です※【東京西・最終回】11/26(土)練馬・石神井公園サロンのご案内【今こそ伝えたいサロンの魅力】 [2016年10月26日(Wed)]
【おかげさまで満席となりました!キャンセル待ち受付中です】
キャンセル待ちはこちらまでこちらまでご連絡ください!

こんにちは。WMS東京西チームメンバー鈴木かおるです。

14657463_975885629204292_7813610823741028575_n.jpg
先日行われたチーム中締め会の様子です。私は右後ろのオレンジ服・・

東京西チーム、今年最後のサロンのお知らせです。
11月26日(土)石神井公園の高野台地域集会所にて開催される、
ラストサロンのお申込み受付がスタートいたしました。
(※詳細はブログ下部ご参照ください★すぐに申込みたいという方はぜひこちらへ!)

突然ですが、今まで開催したサロンでの、参加者の方の話題を少し抜き出してみると…

・なんでもいいよと言ってくれるけど、夫は本当はどう思ってるのか?主張を引き出したい
・夫とは子育てに関する価値観がずいぶん違う
・職場ではワーキングマザーがひとくくりに考えられてる
自分が、どう働きたいか
上司の人も不安なんですよね
・夫は、ともに闘っていく家族
・キラキラしてる起業ママにイラッ、モヤッ。なぜ?
・自分の仕事は男性社会
時短だと期待に応えられているという感覚が持てない気がする
・子育てはいつ楽になるかわからない
次の世代の若い子達に仕事と育児が両方できることをみせたい
・子育てと仕事をしながらパートナーと一緒に成長してきた
・何かをあきらめるというよりもむしろ、それよりもさらに大事にしたいことを守る
・(夫は小さな子供で…に対して)大人だよ!
・私はマリア様じゃないから、この子の親は私と夫の2人

こんなキーワードがずらりと。

それに対し、この場では、
自分の思いを話すも、
皆の話を聞いて心の中で整理するも、

カタチは問いません。

無理に話して!と求めることもしません。
ディスカッションやディベートなどと違い、
答えは1つではないし、その場で答えが出ないことは厭いません。

この場の魅力を文章でどうやったら伝えられるかな…
と常々考えておりまして、自分の言葉だけでは伝えきれないと思い、
チームメンバーにがっつり依頼!

ここまでやってきた感想や、今だからわかるサロンの魅力を140文字程度で、
とお願いしたのですが、
みんな余裕でオーバーしてきました笑
そしてものすごく長文ブログになってしまいました!

私たちの今の、素直な気持ちがこちらです。

***

進行役をやってみて分かったのは、
そのままの私で座っていることが大切だということ。
もともと話をするのが得意でもないし、考えをまとめるのも苦手。
まとまってなくてもOKなサロンだからこそ、
進行役ができてるんだな〜と感じる次第です。

もがいてる私、安心してる私、迷う私。
ラストサロンも、正直な気持ちで過ごしたいなあ、と思っています。

東京西チーム進行役 牛山泉

***

メンバーとして参加して約半年、サロンの魅力がじわじわとわかってきた今日この頃です。
サロンの素敵なところ、それは・・・★
初対面の人達の集まりなのに!2時間という限られた時間を過ごすうちに。。。
あれっというくらい安心して、みんなが自分の気持ちを語っているところ。
これは一体!?・・・どんな魔法かしら。と思うくらい最後には和んでいます。

そして毎回のみんなで記念撮影。
実は写真が大の苦手!いつも自分だけひきつって笑えてないあせあせ(飛び散る汗)
という私が、なぜか!
おーいい顔してるぞ自分♪いう感じに写っているのです。
これもサロンのリラックス効果なのか。すごいぞサロン。などと思ったりして。
あとでニヤニヤしながら写真ながめているのでした。
とにかくこれを読んで下さってるあなた!
一度は体験してもらいたいです★

東京西チームメンバー 金子小夜子

***

サロン開催期間中に復職した私は、
参加するごとにモヤモヤが変わっていきました。
皆さんのお話を聞く中で自分にも問い続け、

復職して前のように仕事がちゃんとできるのか?
この仕事をずっと続けていって後悔しないか?
仕事は軌道に乗ったけど、家族とちゃんと向き合えているか?

自分では進んでいるつもりだったけれど、ふと、チームメンバーに、
いつも同じところでモヤモヤしてるよね?と言われ…

私の望みはもっとずっとシンプルなのかもしれない、と思い始めています。

答えはまだ出ないけど、
そう思えたのはこの場で紡ぎ出された沢山のことばたちが化学変化?して、
じゃあ自分は?という気づきに繋がったからに他なりません。

あとは、産後、なんで自分はセカセカアタフタしてるのに夫はのんびりしてるの?
とかに激昂して自分の主張と相手への希望ばかり感情的に押し付けていた私が、
こうしていきたい、とか、
どう思う?とか、
互いの意思を尊重して、夫と自然に話せるようになったなあ、
という変化も感じています。
なんとなく、こういう話を続けていることで、
私だけでなく夫も変わってきているのではないか、と思っています。

東京西チームメンバー 鈴木かおる

***

参画をしてみて、何よりチームで活動できたことがうれしかった。
会社では働く母が孤軍奮闘してるので、ふとした時にも手を差し伸べてもらえる心地よさ!

サロンでは、どんな意見でも、ただいるだけでも、みんな否定せず受け入れてくれる。
じっと話に耳を傾けてもらう、という時間は、日常生活において意外と少ないのです。
今年、もうラストです。
一期一会の出会いを楽しみにしています。

東京西チームメンバー 高宮ゆい

***

活動を通して気づいたのは、自己開示することの大切さです。
半年前に比べると自分の気持ちを話すことによって他者に歩み寄るということを
意識的にするようになりました。

サロンで、「夫の本音を引き出したい」とか「子育て中の部下を持つ上司も不安」
という発言を聞いて、もしかすると自分自身が何を考えているのかわからない
周囲に不安を与える人になってはいないか?とハッとさせられました。

また、母となってもできないことを飾らずにオープンに話してくれる
参加者の方に出会いました。さらに、終了後にメンバーがその人の存在にホッとさせられ、
そこから抱え込まずに助け合える関係が生まれると感じた、
自分もオープンな自分でありたいとの感想を共有してくれた時、
そんな気づきができること自体に感銘を受けました。

サロンに参加して、さらにそこでどんな気づきがあったかを共有することによって、
気づきが気づきを呼びさらに共鳴するというか、
じわっと体の中にこうありたいという気持ちが染み込んでいくような気がしています。

東京西チームメンバー 西原睦

***

このプロジェクトのすごいところは何か?と思ったとき、
自分の中のもやをかきわけ、ありたい姿を探し出し、
それを言葉にし、自分の望む未来に向かって力強く一歩を踏み出していく、
そんな瞬間に立ち会える喜びがあります。

そんな瞬間に何度も立ち会わせてもらって思うのは、
そうやって一歩を踏み出そうとする瞬間って、選択に良し悪しとか優劣とか、
そういうものはないんだなって。
何を選んだとしても、一つ一つがかけがえなくて、
涙が出るくらい美しくて愛しいんです。

1人の人としても、サロンも、チームも。

ここだから特別なんじゃなくて、
そもそも初めからそういう存在だったんだって気づかせてもらった瞬間があった。
それが今年の発見です。

全体サポート チームサポートチーム 藤居料実

***

いかがでしたしょうか?
長文読んでくださってありがとうございます!

このフレーズってどんな意味?と思われた方…
この人のこの一文が気になる、と思われた方…

ぜひこの場を体感して欲しいです!

リピート参加も大歓迎ですd(^_^o)

============================

■日時:2016年11月26日(土)10:00〜12:00
 (10/5受付開始)

■会場:〈練馬区〉高野台地域集会所・和室2
(西武池袋線 石神井公園駅より徒歩10分)
http://www.city.nerima.tokyo.jp/smph/shisetsu/community/chiikishukaijo/takanodai.html

■参加費:500円
(資料として「マドレ式・ワーキングマザーの教科書」をお渡しします)

■対象:「母となってはたらく」ことを語り合いたい女性ならどなたでも歓迎です。
既婚・未婚・出産経験の有無は問いません。
就労中・育休中・専業主婦・自営業・… どんな立場の方でも参加可能です。

■定員:10組
 生後210日以内のお子さまと同伴での参加が可能です。
 2016年4月30日以降に生まれたお子さまは同伴可能です。
 2016年5月1日までにお生まれのお子さまは、
 信頼できるかたにお預けになって、単身でご参加ください。

■お申込み (10/26受付開始)
こちらのフォームよりお申込みください。
※受付後、折り返しメールで連絡させていただきます。

■お問い合わせ (WMS東京西)
wms8tokyonishi@gmail.comまでお願いします。

***************

ラストサロン、楽しんでまいりましょう!
お待ちしております!

(文責 WMS東京西 鈴木かおる)
【東京西PR】今年もあと2回…!私たちのサロンはこんな雰囲気です!【動画できました】 [2016年10月23日(Sun)]
ラストスパート、勢いに乗ってPR動画を作成いたしました!
少しでも、私たちの雰囲気をお伝えできればと思います。
皆様のお越しを心よりお待ちしております(^^)



第5回 練馬・上石神井サロン
http://blog.canpan.info/wms/archive/1824
日時:11/5(土)9:45-11:45(10/5受付開始)
会場:〈練馬区〉上石神井地域集会所・和室3
http://www.city.nerima.tokyo.jp/smph/shisetsu/community/chiikishukaijo/kamishakujii.html
西武新宿線上石神井駅より徒歩5分

第6回 練馬・石神井公園サロン ※ラストサロンです!
日時:11/26(土)10:00-12:00(10/26受付開始)
会場:〈練馬区〉高野台地域集会所・和室1
http://www.city.nerima.tokyo.jp/smph/shisetsu/community/chiikishukaijo/takanodai.html
西武池袋線石神井公園駅より徒歩10分

お申込みはこちらのフォームから!
※受付後、折り返しメールで連絡させていただきます。

お問い合わせはお気軽にwms8tokyonishi@gmail.comまで!
【東京西】11/5(土)第5回練馬・上石神井サロンのご案内 [2016年10月02日(Sun)]
こんにちは!東京西チーム、進行役の牛山泉です(写真の右上です)。

IMG_5467.JPG

練馬区で、夫と3歳の娘と暮らしています。
ずっと、障害者支援の仕事をしてきました。
サロンも残り2回。とうとう自分ちの最寄り駅で開催しまっす!

==============================

仕事って、私にとって自信をくれるものでした。
自分の長所を見つけたり、リーダーに選ばれたりして。
わりといけてる、っていう気持ちが支えになっていました。

育休中に初めてサロンに参加したのは、
ワーキングマザーと知り合いたいな〜、っていう軽い気持ちから。
進行役の方の「どうしたいか」っていう質問を聞いて、
やっぱり仕事が好きだなあ、って思いました。

仕事を続けることは、ずっと前から決めていたけれど…。
復職後、でっかい厳しい壁にぶつかって、
2回も転職をしました。

子育てとのバランス、転職による立場の変化や
人間関係の難しさ、自分の能力不足も。

うまく動けなかったり、自信をなくしたり、
自分の価値について悩んだり…。
いけてない自分のことを正直に、
かっこつけないで話せる場所がサロンでした。

苦しくても前に進んでいる、そんな自分に気がつきました。
参加するたび、パートナーシップに支えられてるなあ、
ってことも感じました。

地元で開催したい、と思いきって進行役に応募しました。
心強いチームメンバーのおかげで、
だんだん力が抜けてきています。
進行役をやってみて、参加者の皆さんが
自分の気持ちを話して下さるのが嬉しくて、
このプログラムのすごさを改めて感じるとともに
その場を作ることがどんどん楽しくなってきています。


進行役として「どうしたいか」と尋ねることで
自分にも問いかけています。
1人で考えるんじゃなくて語り合うことで、
意外な言葉が出てきたりすることも実感しています。

いけてる話もいけてない話も
安心してできるような会にしたいな〜、
って思っています。
ちょっとでも気になった方、
足を運んでみて下さいね!

IMG_7447 - コピー.JPG

↑第3回サロンの様子です。

==============================

■日時:2016年11月5日(土)9:45-11:45 (10/5受付開始)

■会場:〈練馬区〉上石神井地域集会所・和室3
(西武新宿線上石神井駅徒歩5分)
http://www.city.nerima.tokyo.jp/smph/shisetsu/community/chiikishukaijo/kamishakujii.html

■参加費:500円
(資料として「マドレ式・ワーキングマザーの教科書」をお渡しします)

■対象:「母となってはたらく」ことを語り合いたい女性ならどなたでも歓迎です。
既婚・未婚・出産経験の有無は問いません。
就労中・育休中・専業主婦・自営業・… どんな立場の方でも参加可能です。

■定員:10組
 生後210日以内のお子さまと同伴での参加が可能です。
 2016年4月9日以降に生まれたお子さまは同伴可能です。
 2016年4月8日までにお生まれのお子さまは、
 信頼できるかたにお預けになって、単身でご参加ください。

■お申込み (10/5受付開始)
こちらのフォームよりお申込みください。
※受付後、折り返しメールで連絡させていただきます。

■お問い合わせ (WMS東京西)
wms8tokyonishi@gmail.comまでお願いします。

*************************

☆東京西チームこれからの開催予定☆

第6回 練馬・石神井公園サロン ※ラストサロンです!
日時:11/26(土)10:00-12:00(10/26受付開始)
会場:〈練馬区〉高野台地域集会所・和室1

*************************

(文責:牛山泉)
【東京西】10/10(月・祝)第4回サロン@西東京市田無 開催のご案内 [2016年09月11日(Sun)]
こんにちは!東京西チームの金子小夜子です。

(写真、真ん中にいるのが私です)


FB_IMG_1469915791727.jpg


西東京市に引っ越して約二年、日々成長を続ける一才一ヶ月の娘の子育てに奮闘中です。

今回は私の地元、西東京市田無での開催、どんな方との出会いが待ってるか?!

今からわくわくしています。


さてここで自己紹介かねて私とサロンの出会いをお話しします。


実は私、こんなところで記事を書いていますが、

ほんの数年前までは自由きままな独身生活を楽しんでました。

若い頃には 「僕と仕事、どっちが大事なの?」と

彼氏に言われたこともある仕事人間で・・・フツウ言われないですよね(笑) 

ワーキングマザーなんて自分には無縁な世界と思ってました。


ところがひょんなことから結婚し、子どもが生まれ!あぁっという間に母になっていました。

そんな私が産後まもなく開始したのは、もちろん保育園探し!

なんとラッキーなことに11月には近くの認証が決まりました。

「バンザーイ☆これで仕事に戻れる〜 」

と浮かれたのも束の間、思いもよらぬ感情が出てきたのです。

「こんなに小さい子どもと離れて仕事に行くなんて。悲しい(T-T)離れたくないっ」

保育園決まってよかったね〜〜と言われるたびにモヤモヤがたまっていきました。


そんなときサロンの存在を知り、どんなものかもよくわからずに出かけていきました。

復職を控えた人から、復職後何年もたった働く母の大センパイまで、

他では口にしないであろうたくさんの思いを聞くことができました。

時には、発言中思わず涙ぐむ参加者にもらい泣きしそうになったり。

様々な職場環境の中で、葛藤しながらも仕事を続けている生の声の数々。

本で読むよりもネットで知るよりも、圧倒的なリアルがそこにはありました。


☆時短でも成果をあげられるよう仕事のやり方をいかに工夫するか。

☆妊娠、出産や子育て中の人は会社にとって迷惑な存在?

→プラスな効果もあるはず。

☆会社に対して自分にできること、できないことを積極的に発信する

などなど・・・。


復職=子どもがいてもなるべく今までと同じようにバリバリ働く。

そのためにどうしたらよいか。という考えしかなかった私にとって、

本当に目からうろこの衝撃体験でした。


それから半年後、ガラッと考えを変えた私は時短を選択し、

家には寝に帰るだけみたい生活から、大きな方向転換をしました。

今は仕事の質は保ちつつ、夫と子どもとの時間を大切にする日々を過ごしています。

まだまだ模索中ですがサロンに行ってなければ今の私はいないなぁ。

としみじみ思います。


さてさて長くなりました!

ここまで読んでくださった方!

何か今の自分をかえたい、なんだかモヤモヤしている。

きっかけはどんなことでもよいと思います。

ぜひ一度サロンに来てみませんか−?

10月10日お待ちしています♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


■日時:2016年10月10日(月・祝) 10:00〜12:00


■会場:〈西東京市〉田無公民館・集会室(和室)
(西武新宿線田無駅北口より徒歩2分)

http://www.city.nishitokyo.lg.jp/smph/sisetu/lib_komin/tanasi_komin.html

■参加費:500円

(資料として「マドレ式・ワーキングマザーの教科書」をお渡しします)


■対象:「母となってはたらく」ことを語り合いたい女性ならどなたでも歓迎です。

既婚・未婚・出産経験の有無は問いません。

就労中・育休中・専業主婦・自営業・就活中… どんな立場の方でも参加可能です。


■定員:10組

 生後210日以内のお子さまと同伴での参加が可能です。

 2016年3月14日以降に生まれたお子さまは同伴可能です。

 2016年3月13日までにお生まれのお子さまは、信頼できるかたにお預けになって、

 単身でご参加ください。


■お申込み:9/10(土)より開始★

こちらのフォームよりお申込みください


お問い合わせはこちらまで


============================================


東京西チーム、本年度の開催予定は下記の通りです。(開催日の1ヶ月前より申し込み開始)


・10/10 (月祝)10:00-12:00 西東京・田無サロン (9/10(土)より申込開始★
会場:〈西東京市〉田無公民館・集会室(和室)

・11/5  (土)11/5(土)9:45-11:45 練馬・上石神井サロン
会場:〈練馬区〉上石神井地域集会所・和室3

・11/26 (土) 11/26(土)10:00-12:00 練馬・石神井公園サロン ※ラストサロンです!
会場:〈練馬区〉高野台地域集会所・和室1



(文責:金子小夜子)


【開催報告】東京西 9/3 練馬区江古田サロン ~あきらめるというよりもむしろ、それよりもさらに大事にしたいことを守る〜 [2016年09月07日(Wed)]
こんにちは!東京西チームの西原 睦(むっちゃん)です。


雨、降るかな・・・と少し心配でしたが、朝から晴れが続いた先週の土曜日9/3に
練馬区江古田にて東京西チームの第3回目サロンを開催しました。


今回の参加者は大人7名、赤ちゃん1名。リピーターの方がいらしたり、他県から来てくださったり、学生さんが参加してくれたり、妊娠中のご友人を誘って一緒に参加してくれた方も。

嬉しいです〜。


14192138_10210142477140509_2607994164638577366_n.jpg
         進行役のいずみん。穏やかな語り口が心地よいです。

まずは、ウォーミングアップに24時間以内でよかったことを話してお互いを知るきっかけになるgood &newのワーク。

続いて、人生・仕事・パートナーシップの中から選んで2人1組で話すシェアリング。

うなづきながら親身な表情で聞いている方、身振り手振りを付けて真剣な眼差しで話される方・・・、

笑顔があちこちで見られました。


KIMG0400 (1).JPG




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


そして、いよいよ全体シェアリング。


「子供を持って働いているとそれだけで大変、なぜ預けてまで働くのか、自分にとって仕事って何だろう、1番大事にしたいことって何だろう?」
というメンバーの問いかけからスタート。


今回のサロンでは偶然にも職種が同じ方が複数いて、しかも転職を考えている方も複数いらっしゃいました。


ある参加者の方は2人目の育休中に、もう少しペースダウンして近場で働きたいと思って転職を考えているとのこと。

仕事をしない選択肢はないのか?とのメンバーからの問いに、

「自分のためにも家族のためにも社会と接点を持っていた方が良いと思う」との答え。


また他の参加者の方は、今の会社の風土や福利厚生には満足しているけれど、

好きなことを仕事にしたいというお話をしてくれました。

「職場が男性社会で残業ありきでないとのしあがれないし、

期待に応えられているという感覚が何年たっても持てないような気がする。」と。


期待されている値と今の自分が期待に応えられる値のギャップで悩む話に共感が広がります。


「子育てはいつ楽になるかわからない。小学生になると大変ともいうし。

落ち着いてから転職しよう・・・というのはありえない。」

とまた別の参加者の方の発言。


仕事は好きで次の仕事も同じ職種で探しているけれど、子持ちでの転職活動の厳しさを痛感するような、ままならない現実の話もありました。


そんな話の最中、

「自分は次の世代の若い子達に仕事と育児が両方できることをみせたい」との発言も。


今ここ私だけでない、その先の未来を見ている視座にハッとさせられました。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●好きなことを仕事にするとは・・・?


好きなことを仕事にするとは、というテーマでも話しました。


「SNSで起業ママにイラッとする自分がいる、それは好きなことを仕事にしているから?」

という発言があったり、

「起業している人と接すると楽しそうに仕事をしているように見える」

という話の後で、


「楽しく働いている人ってそんなにいるんですかね?!」

との発言!(聞いていて心がザワザワします。)



新卒からずっと同じ会社で働いているという方から、今の仕事や職種が好きという話もでました。


「自分の能力が生かせているなと感じるので仕事が楽しい。

自分のできること、できないことがはっきりしているから。」


「一緒に仕事をする人によって違う。やらされ感満載でやっている人と一緒にやると楽しくないけれど、自由に発言やアイディアを出し合ったりができる人たちとやると同じ仕事でも
楽しい」


「やりたいことと適性は少し違うのかな・・・?どちらを重視するか・・・?」
という発言も。


(ちなみに・・・後でサロンを振り返った時に、あるメンバーが「起業ママにはやりたいことを仕事にすることへの羨ましさがあるけれど、私は組織でチームの一員として働きたいという気持ちがある」と話していたことも心に残りました。)


そして、好きなことを本業にしたいという参加者の方へ、

メンバーからの「やりたいことを仕事以外の空いている時間にやりたいことをするのでは満足を得られないか?」

との問いかけが。

「既に仕事とは違う活動ではやりがいを感じている、でも、仕事以外の活動が楽しくなればなるほど、本業が辛くなる…本業はやらされ感の中でやっているから」
という気持ちを話してくれました。


サロン終了の間際になって、仕事にせよ本業以外の活動にせよ、自分が納得できることをするためにはパートナーシップと向き合わざるを得なくなる、という話になりました。


参加者の方で、夫の協力がほとんど得られずにハードワークをこなしながら
ほぼ一人で家事・育児をまわしている現状を語ってくれました。

もう少し、話したかったところで、タイムオーバーになってしまい続きはランチで…。


別の参加者の方からは、「子育てと仕事をしながらパートナーと一緒に成長してきた
という発言がありました。


どちらかが諦めるのでなく一緒に成長していく関係・・・これからも考えていきたい」

と、サロン後の進行役のいずみんの感想です。


KIMG0406.JPG
        サロン終了後に記念撮影。2列目左端が筆者です。 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・「あきらめるというよりもむしろ、それよりもさらに大事にしたいことを守る」

サロン後のランチで参加者の方との会話が印象的だったので紹介します。


共働き家庭へのベビーシッターの経験のある学生さんに、その時の感想を尋ねたところ、


「3,4歳の子が保育園であったことを話すときに、子どもはシッター(私)よりも
お母さんに聞いて欲しいと思っているんじゃないか、と感じた」と。


そんな話から、参加者の方の発言。

「子どもが大きくなるにつれて、寄り添ってあげる時間が必要になってくる。
その相手をして「子供と過ごす時間を大事にしたい」という気持ちも、
やりたいこと(会社での仕事)と同列のやりたいことと考えていいんじゃないか」

続いて、
「何かを選ぶって何かをあきらめることなのかな・・・?」の問いに対し、

「あきらめるというよりもむしろ、それよりもさらに大事にしたいことを守ることだと思う!」

その日、1番ハッとさせられた瞬間でした。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

サロンに参加後のアンケートでは、「新しい発見があった」と記載してくれた方が複数いらっしゃいました。

「あとは行動あるのみ!」と記載してくれた方も。 




・共に語れる仲間がいることで、自分がどうしたいかに気づける

・理想と現実の狭間で揺れる想いを共有できることで救われている

私の感想です。
サロンでは輪の外で皆さんのお話を聞いて、共感したり気づかされたりしていました。
他人と話し聞くことで、自分とは同じだな、ちょっと違うな、だいぶ違うな、
こんな考え方もあるんだなと気づくことで、そもそも自分自身は何が一番大事なのか、
どうしたいのかに気づくことができるんだと感じました。

一人でネットの記事を見たりして抽象的なことを悶々と考えていてもわからない。

自分がどうしたいかはわかっているつもりなのだけれど、サロンに参加を重ねることでさらに自覚的になれる気がします。


男性社会の職場、やらされ感のある仕事、上手くいかないパートナーシップ・・・。
現実がままならず、悩みが深いほど、サロンのような他者と語り合う場が必要だと感じます。

私自身も復職を前にモヤモヤがたくさんあるけれど、このワーキングマザーサロンという場があること、共に語れる仲間がいること自体に救われているなと改めて感じました。

立場が異なる様々な参加者の方の、理想(こうありたいという思い)や現実(そうあれないという悩み)に触れることによって、

そもそも自分自身はどうしたいのか?を立ちどまって省みれる、ワーキングマザーサロンはそんな貴重な場所だと思います。


理想と現実を一致させることは難しいけれど、理想を持ち続けながら、ままならない現実から目をそらさない・・・。
日々変化するリアルタイムの想いを、仲間と共有しながら一緒に歩んでいけたらいいなと思いました。





*次回開催予定は下記の通りです。ぜひ足を運んでみてください。皆さまのお越しをお待ちしております!*


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


■日時:2016年10月10日(月・祝) 


■会場:〈西東京市〉田無公民館・集会室(和室)


■参加費:500円

(資料として「マドレ式・ワーキングマザーの教科書」をお渡しします)


■対象:「母となってはたらく」ことを語り合いたい女性ならどなたでも歓迎です。

既婚・未婚・出産経験の有無は問いません。

就労中・育休中・専業主婦・自営業・就活中… どんな立場の方でも参加可能です。


■定員:10組

 生後210日以内のお子さまと同伴での参加が可能です。

 2016年3月14日以降に生まれたお子さまは同伴可能です。

 2016年3月13日までにお生まれのお子さまは、信頼できるかたにお預けになって、

 単身でご参加ください。


■お申込み:9/10(土)より開始★

こちらのフォームよりお申込みください


お問い合わせはこちらまで


============================================


東京西チーム、本年度の開催予定は下記の通りです。(開催日の1ヶ月前より申し込み開始)


・10/10 (月祝)10:00-12:00 西東京・田無サロン (9/10(土)より申込開始★
会場:〈西東京市〉田無公民館・集会室(和室)

・11/5  (土)11/5(土)9:45-11:45 練馬・上石神井サロン
会場:〈練馬区〉上石神井地域集会所・和室3

・11/26 (土) 11/26(土)10:00-12:00 練馬・石神井公園サロン ※ラストサロンです!
会場:〈練馬区〉高野台地域集会所・和室1



(文責:西原 睦)

【開催報告】8/20(土)第2回サロン@小平市・花小金井 開催しました! [2016年08月21日(Sun)]
ふと見上げた空が数日前よりずいぶん高く、
残暑の中に確実に秋を感じてやや寂しげな気分に浸る(浸りたがる)今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

東京西チーム、つじっこ、こと鈴木かおるです。

去る8月20日(土)、小平市の後援を受けて、
4年ぶりに花小金井でサロンを開催いたしました!
念願の地元開催、こんなに早く実現できるとは…
人知れずグっと来ながら受付&記録担当させていただいておりました。
hanako0820syugo.jpg
-私はといえばシャッターを切っておりますw 皆さん素敵な笑顔…-

初産育休保活中の方から、2人目、3人目の復職予定の方、
時短で働いている方やフルタイムに戻した方、
昨日から仕事を始めた方、長く育休を取られている方、
これから子どもを持ちたいと思っている方、など
とても幅広い立場の方に参加いただいた今回のサロン。

生憎の降ったり止んだり蒸し暑い雨の中ではありましたが、
BGMのBossaも相まってか開始前から和やかな笑い声が聞こえたり、
お隣の方同士でお話されたりと、とってもリラックスした雰囲気に。
進行役いずみんの真摯で落ち着いた語り口調をベースに、
とても活発な意見交換がされるサロンとなりました。

全体シェアリングでは…

最初に盛り上がったのが、
夫とのコミュニケーション〜伝え方について。
どうやって伝えているか、といったアイディアやコツ的なお話もありつつ、
ある参加者から、「夫には期待していない」という言葉が出てきてドキリ。
そこから、自分のところではこうやっている、という話に広がりながらも、
ともに闘っていく家族としてどうありたいか、と、進んでいきました。
家事はシェアできている、でも自分の気持ちはシェアできているか?
自分はどうやっていきたいのか?
そんな問いを投げかける場になっていったように思います。

hanako0820taisou.jpg
-ちょっと休憩・身体を動かすと言葉も弾みだす-

後半は
上司とのコミュニケーションの話題に。
復職するにあたり上司が変わり、敵視されているような?
会社の風土も古く育休女性が信用されていないような雰囲気。
どうすれば…という話からスタートし、
ここでも、今までどんな面談をしたか、どういう書類を使ったか、
といった経験談が出てきつつ、
私たちの中では当たり前のことでも伝えないとわからない、何が出来るか伝えよう、
と進んで行き、そんな中である参加者から出てきた、
「上司の人も不安なんですよね…」という言葉にこれまたドキリ。
不安なのは自分だけでなく受け入れる側もであって、
ひとりひとりがどうしたいのか受け入れ側もよく知らないから、
「ワーキングマザー」がひとくくりに考えられてしまうのではないか。
敵ではなく、仲間として巻き込んでいったほうがよいのではないか、という話に。
まずは自分がどう働きたいか
そして、それをするにはどうやって上司とコミュニケーションをとっていくのがいいのか。
ここでも、「どうしたいか」がベースになっていくのだとあらためて気づく場面となりました。

他にも、ある参加者の話に対して、
自分が後回しになっているように思える」
「もっと自分を甘やかしていいんじゃないか」という言葉に、
ハッとされた方も多かったように思います。

最後にひとりずつ感想を言う場面では、
自分だけではこの考え方は気づかなかった
自分をないがしろにしていた、もっと自分を甘やかしていいのだと私も思った

と、新たな気づきを口にされていたことがとても印象的でした。

あらためて、会は参加者の方がつくるもの、
場によってテーマや味わいが全く異なってくるものだなという深みを感じたサロンとなりました。


hanako0820lunch.jpg
-ランチ延長戦 あっ私いました左から2人目です-

参加された皆さん口をそろえて、「こういうことをしっかり時間をとって話す場がない」と
仰っていて、またある方からは、
ずっと参加したいと思っていたが開催地が遠く、
今回やっとここなら行けるかも、と思って申し込めた
とお言葉をいただき、とても嬉しく思いました。

このサロンが、またひとつのきっかけとなっているといいな、と心から思います。

もっともっと、こういった場を必要とされている方に届けていければと思っています!

ここまで読んでいただきありがとうございました!

東京西チーム、次回サロンは9月3日(土)@江古田ハートたち(複数ハート)です!

============================================

■日時:2016年9月3日(土)

■会場:〈練馬区〉旭丘地域集会所・和室(西武池袋線江古田駅南口より徒歩5分)
→詳しい場所はこちらをご確認ください

■参加費:500円
(資料として「マドレ式・ワーキングマザーの教科書」をお渡しします)

■対象:「母となってはたらく」ことを語り合いたい女性ならどなたでも歓迎です。
既婚・未婚・出産経験の有無は問いません。
就労中・育休中・専業主婦・自営業・就活中… どんな立場の方でも参加可能です。

■定員:10組
 生後210日以内のお子さまと同伴での参加が可能です。
 2016年2月6日以降に生まれたお子さまは同伴可能です。
 2016年2月5日までにお生まれのお子さまは、信頼できるかたにお預けになって、
 単身でご参加ください。

■お申込み:8/3(水)より開始★
こちらのフォームよりお申込みください

お問い合わせはこちらまで

============================================

東京西チーム、本年度の開催予定は下記の通りです。
 
7/30(土) @練馬区・中村橋 開催報告
8/20(土) @小平市・花小金井 開催報告※本記事
9/3 (土) @練馬区・江古田  絶賛募集中★告知記事
10/10(月祝)・11/5  (土) ・11/26 (土) ※時間・会場は決定次第、順次ブログに掲載いたします

是非是非、お気軽に足をお運びくださいグッド(上向き矢印)
メンバー一同、心よりお待ちしておりまするんるんるんるん

〔文責:WMS東京西 鈴木かおる〕
【東京西】9/3(土)第3回サロン@東京都練馬区 開催のご案内 [2016年08月02日(Tue)]
こんにちは!東京西チームの西原 睦です。(写真、左から2番目が私です)

FB_IMG_1469915791727.jpg

現在、育休中で5歳と1歳の子供がいます。

ワーキングマザーサロンに参加するようになったきっかけは、第1子の育休中にマドレボニータの産後クラスに通い、シェアリングの効果に驚いたことでした。

復職後はモヤモヤすると、私が行っても大丈夫かな…と緊張してドキドキしながらも、年に1度くらいの頻度でサロンに足を運んでいます。

サロンに参加すると即、悩みが解決するわけではないけれど、自分の言葉をつむぐこと・他者の話を聞くことで新たな気づきを得て、気持ちや行動が前向きになる不思議なパワーをもらいます。

マスコミからの情報や、時代の風潮、周囲はこういう人が多いから、〜でなければいけないとか〜するのが偉いとか〜するべきだ、
ではなくて、自分自身がどうしたいのか。

他者に問われて内側から湧き上がってくるものがある、
聴いてくれる他者がいて初めて言葉を紡ぐことができる、と実感しています。

今回の参画にあたって、サロンで迎えてくれる運営メンバーの方達はキラキラしているイメージで、恐れをなしていたのですが…。やってみたいという気持ちへの後悔がないように、とえいやっと思い切って参画を決めました。

ちょっと気になるなー、と思われた方、ぜひ気軽に足を運んでみてください。


改めまして、第3回サロンのご案内です。


■日時:2016年9月3日(土)

■会場:〈練馬区〉旭丘地域集会所・和室(西武池袋線江古田駅南口より徒歩5分)
→詳しい場所はこちらをご確認ください

■参加費:500円
(資料として「マドレ式・ワーキングマザーの教科書」をお渡しします)

■対象:「母となってはたらく」ことを語り合いたい女性ならどなたでも歓迎です。
既婚・未婚・出産経験の有無は問いません。
就労中・育休中・専業主婦・自営業・就活中… どんな立場の方でも参加可能です。

■定員:10組
 生後210日以内のお子さまと同伴での参加が可能です。
 2016年2月6日以降に生まれたお子さまは同伴可能です。
 2016年2月5日までにお生まれのお子さまは、信頼できるかたにお預けになって、
 単身でご参加ください。

■お申込み:8/3(水)より開始★
こちらのフォームよりお申込みください

お問い合わせはこちらまで

なお、東京西チーム、本年度の開催予定は下記の通りです。
 
7/30(土)@練馬区 中村橋※満員御礼 開催しました※
8/20(土)@小平市 花小金井※満員御礼 開催しました※
9/3(土)本ブログで案内

10/10(月祝)・11/5(土)・11/26(土)
時間・会場は決定次第、順次ブログに掲載いたします。


メンバー一同、どんな出会いがあるのか楽しみにお待ちしております。

文責:WMS東京西 西原 睦
| 次へ