CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« WMS2016_世田谷・杉並 | Main | WMS2016_板橋・北»
プロフィール

WMSプロジェクトさんの画像
WMSプロジェクト
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
リンク集
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/wms/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/wms/index2_0.xml
【開催報告】11/5中野サロン〜自分の思いを感じて、他の人の話しを聞き目からウロコの体験ができる! [2016年12月04日(Sun)]
11/5の土曜日、中野チーム最終サロンを実施しました!
大人10人、赤ちゃん1人の参加で、ぽかぽか日当たりのいい保育室でのサロン。
1人目の育休中の母、2人目の育休中の母、産後3年以上の母…いろんな立場の母が集まりました。

good&newのワークで心が近づいた後は、二人組でのシェアリング。
2人目・3人目どうする?というこれからの家族の形や、
復職と子育てで揺れ動く心など、いろんな話が出ました。

全体のシェアリングでは、
・2人目・3人目どうする?
・その時に夫とのパートナーシップは?
・普段、夫とどういうやりとりをしている?
という話題が出ました。

nakano1105.jpg

サロンのワークやシェアリングを通じて、
自分はこんな希望を描いていたんだ!
他の人の出した話題が気になってきた!やっぱり家族のあり方を考えたいかも?
などいろんな自分の思いを発掘している参加者の姿がありました。

サロンに初めて参加の方にとっては、新しい発見があったり、前を見る勇気が出たり、という方も。
管理職になりたいという思いはあったけれども、今日サロンを通じて家庭・地域・仕事での役割を男女関係なく果たせる職場にしたいことがわかった
という参加者もいました。

私も数回サロンに参加していますが、
まず自分の思いを感じる時間を取ること、そして同じ参加者同士で話をして共感したり、
こういう考え方があるなと目からウロコの体験をできることがサロンの楽しさ
だと思っています。

今期のサロンには、育休中・復帰してすぐ・復帰して数年など、
様々な状況の方にご参加いただきました。

サロンで感じたことや気づいたことが参加者の方々の心に残り、
何年後かにサロンのことを思い出していただければメンバー一同嬉しく思います。

nakano1105a.jpg

中野チームの中野区・江東区のサロンへのご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました!

【文責:WMS中野チーム 柳原舞子】
【開催報告】10/24中野サロン〜迷惑をかけずに生きられるのだろうか? [2016年12月04日(Sun)]
中野チームの竹下浩美です。

少し前の開催報告ですが、10月24日
NECワーキングマザーサロン@中野第5回目に参加してきました。
私自身は、マドレボニータ認定の産後セルフケアインストラクターなので
日々教室で、ご参加者の話しを聞きながら、自分自身を見つめ直す...
ということを連日行っています。

この日は、定員での開催のはずが、残念ながらお子さんの体調が悪く
お休みの方がいらしたので、進行する立場ではなく、いち参加者として輪の中に入りました。

nakano1024a.jpg

2人組でただただ話しをさせてもらうと、
今モヤッとしていることは、やっぱりコレだよね!ということが明確に。
お相手の方が、池袋&吉祥寺の卒業生で
話した後にいただいたメッセージで、なんだか励まされた気分になりました。ありがたい!!!

そして、最近私が考えている言葉が今日も話しの隅々にでてきました。
それは、「迷惑をかけない」という言葉。
例えば時短で勤務をすることで、一緒に働く人に迷惑をかけないように...
手伝ってくれる周囲の人にも、極力迷惑をかけないように...

誰にも迷惑をかけないで生きることって、誰にもできないんじゃないかなぁと思うんです。
本当にそれは、相手にとって迷惑なのか。
迷惑だったらそこにいちゃいけないのか。
迷惑をかけずに生きたいのか...

nakano1024b.jpg

「迷惑だから」ではなく、支え合うことができるんじゃないかなぁと。
キレイごとではなく、支え合うってなんだろう?ということがグルグル頭の中を回っています。
人に頼ることと、迷惑をかけてスミマセンってことと違うんだけれど
なんだか、そこが言葉にできなくて、支え合い・助け合いがあたり前になれば
みんなが生きやすくなるんじゃないかなぁ。
どんな状況の人でも働きやすくなったり力を発揮しやすい世の中に。

子どもと一緒にいると、例えば電車で、例えば道で
子どもに注意すること、怒ることがいっぱいあって...
何で怒ってるんだろうなぁってふと考えることもある。
なんか上手く言えないんだけれど。。。

サロンに参加してスッキリ!はしないけれど、いろんなことが見えてきます^^.
中野チーム進行役のゆかちんの交通整理がとってもいい塩梅でございました!

nakano1024.jpg

もう、中野をはじめ各地の今期サロン開催は修了しましたが、
『第8回!NECワーキングマザーサミット』今期も開催です!
【2017年1月28日(土)13:30〜16:30】
12/5正午に告知&受付開始!!!手帳にちぇーーーっく!よろしくお願いします^^.

【文責:WMS中野チーム 竹下浩美】
【中野】11/5(土)今期ラストサロンです! [2016年10月11日(Tue)]
こんにちは。中野チーム進行役の中村有香(ゆかちん)です。
中野チーム最後のサロンのご案内です。

wmsnakanomembers.jpg

さて、私事ですが、9月に仕事復帰しました。大学病院で助産師をしています。
仕事復帰も4回目で、職場のみんなにも温かく迎えてもらい(超人手不足なのです!)
今までのように緊張はしませんでした。
というより、緊張している暇がありませんでした。

4人の子の母となり、子どもは小学生2人、保育園児2人。
子どもが成長するに伴い、子どもの習い事なども忙しくしています。
何歳になっても病気になったり、けがもするので、仕事が終わったら猛ダッシュで帰り、
小児科・耳鼻科・皮膚科・歯医者などに駆け込む日々です。

先日三男の保育園連絡ノートに、先生から
「お母さんが仕事に復帰されてから、以前のようにキレることが増えました」
と書いてありました。

もともと三男は喜怒哀楽が激しく、楽しい時は満面の笑みで楽しみ、
怒るときは全身で怒りを表現し「コノヤロー」とか「○○なんだよ〜!」とか暴言を吐きます。
が、最近はそんな姿も少なくなり、周りからも「落ち着いてきたね」と言われていました。
それでも、時々はキレたりします。
それを、「お母さんが仕事に復帰されてから」というのは、
「先生の先入観」なんじゃないか、と私は思うのですが、直接言えない私もいます。

そんなこんなで、子育て中、いろんな場面でモヤっとすることがありますよね。
モヤっとしたことについて、自分で考えて思いを言葉にしてみて誰かに話すって、
簡単なようで難しい。

そんな人に、NECワーキングマザーサロンはお勧めです。
中野区での開催は今期最後になります。

・気になっていたけどなかなか申し込めなかった方
・来春復職を迎えた方
・子どもの成長に伴って新たな課題に直面している方
・いろいろな「はたらく」を考えたい専業主婦の方
・夫と話したいのになかなか話せないなーと感じている方
・母となるってどんな感じ?と興味のある未来の母


お申し込みをお待ちしています。

【NECワーキングマザーサロン@東京都中野区★最終回】
●日時:11月5日(土)10:00〜12:00 

●会場:産業振興センター保育室(中野区中野2-13-14)
    JR中野駅南口から徒歩5分

●対象:「母となってはたらく」ことを語り合いたい女性ならどなたでも歓迎です。
   既婚・未婚・出産経験の有無は問いません!
   就労中・育休中・専業主婦・自営業・会社員...どんな立場の方でも参加可能です。

●定員:10組
※生後210日以内のお子さまは同伴での参加が可能です。
2016年4月9日以降に生まれたお子さまは同伴可能です。
2016年4月8日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。

●参加費:500円 資料として『マドレ式ワーキングマザーの教科書』(A5判冊子)をお渡しします。

●お申込み:
 ★こちらの専用フォームからお申込みください
 折り返し、メールにてご連絡を致します。


その他お問い合わせなどありましたら、「WMS中野チーム」までメールをお願いします。
メール madre.nakano☆gmail.com
※お手数ですが、☆を@に変えて送信ください。

最後の中野サロン、メンバー一同お待ちしています。
まわりの方にもお知らせしてくださると嬉しいです!

(文責:WMS中野チームメンバー 中村有香)
【開催報告】9/17(土)第4回中野サロン [2016年09月27日(Tue)]
こんにちは。中野チームの相川です。

9/17(土)の第4回中野サロンの会場はこちら。


encafe.jpg


メンバーの勤務先である
(株)構造計画研究所の社内カフェen cafeをお借りして開催しました。


置かれているイスの形がすべて違うという、オシャレなカフェ喫茶店
今回は子連れなし、大人9名のサロンとなりました。


進行役のゆかちんによるサロンの説明に始まり、
体をほぐしたり、お互いに自己紹介をしたりして、少しずつ緊張感が解けていきます。


14330099_1140049696075215_8150205413698465756_n.jpg


2人組になって、時間を区切って、テーマをもって、
お互いの話にじっくり耳を傾けていきます。


14333199_802696656534161_1718379198014282993_n.jpg


土曜日開催で子連れNGということで、
すでに復帰されている方に多くご参加いただきました。

全体シェアリングでは、まずこんな話が。

「仕事柄、人の話を聞いたり、家でも子どもの話を聞く機会は多いけれど、
 自分のことを、自分の言葉で話す機会がなかったことに気付いた
 今日、3分でも自分のことを話せてスッキリした」

そうなんですよねーーー。子どもを産むと子供の母としての役割、
仕事の役割、妻としての役割、など自分の理想とする役割をこなすことに忙しくて、
私「個人」としての時間が極端に、それはもうびっくりするくらい簡単に消失してしまいます。
消失していることに気付かないほど。

「いままで家事の時短をしていても、減らした分結局別の家事をしていた。
 自分のために使ってもいいと気付けました」


14333825_1140093612737490_1902434994430859031_n.jpg


サロンは、そんな自分のための時間です。

そして今回のサロンではがっつり仕事とどう向き合うか?
という話が多く出てきました。

◆過去の仕事と違うスタイルになって・・・

「出産するまで残業、土日も携帯を離さず仕事をしてきた。
 所属する事業部では、育休後戻って働く第1号。
 「頑張ろう!」と思って復帰してみたものの、
 「あれ・・・?」と感じている自分がいる。
 周りが変わったわけではなく、自分が変わった。
 以前の働き方には戻れない。
 どこでやりがいを感じたらいいのか、モヤモヤする」


「会社では配慮してくれて、たまに暇な時間ができる。
 それに対する朝晩の家事育児の忙しさとのギャップがすごい。
 もっと仕事をしたいが、まわせるのか不安がある。」

「第1子の復帰後、仕事は産前より減ったにもかかわらず早く帰る分忙しく、
 仕事と家事の両立で自分が倒れたので、無理することをあきらめた。
 サポート業へのシフトすることに納得できた。」

「どこかで妥協するしかない?」


◆誰が誰に何を評価される?

「育休はブランク、といわれて反発した」

「学校→会社の流れの中で、自分の仕事も評価にとわわれてきた。
 キャリア、評価の基準を会社の枠だけにとらわれているとつらい。
 会社の成果だけがすべてではない。」

◆転職だってあり?!

「実際にするしないは別として、転職する、選択肢があると気付けた。」

◆長く続く子育て

「小4の子が学校へ行きたがらない。
 保育園の時のように、抱っこして連れていくわけにも行かず、悩んでいる。
 もっと子供が小さいころ、発熱などで突発的に休んだ経験に似ている。」

◆前向きじゃなくてもいい

「中途半端でもいい、と自分で思えればいい。
 やらない、あきらめる、もあり」

などなど、様々な言葉がやり取りされたのですが、

「モヤモヤしている」、「周囲の考え方に反発」って、

一見ネガティブに思いがちなのですが、進行役のゆかちんから、


「そのモヤモヤがあるからこそ、変わろうとするパワーが生まれるのでは?」

「発言があったことで、育休はブランクじゃない!と思う自分に気付けましたね」


とのコメントがあり、確かにそうだなぁと私も深く納得してしまいました。


むむむ・・・・?!と感じるのは、何か自分の中で違和感があるということ。
いままで「価値」だと信じていた仕事のやり方だって、
いまの自分にとっては必ずしも正しい「価値」だとは限らない。

変わることを拒んで、過去の、誰かの「価値」を出そうとするとつらい。
いまの自分が考える「価値」は、なんだろうか?
「モヤモヤ」や「反発」は、それに気づくきっかけにすることができるのだと思います。

サロンは毎回集まった参加者の気になるテーマで、
全体シェアリングはまるっと違った雰囲気・内容となるので、
なので、何度参加しても新しい視点・気づきが得られるのも魅力です。


14224722_1140091396071045_1846991226553882089_n.jpg


次回、中野サロン開催は11月5日(土)です。(10/24にもあったのですが、開催ブログ投稿が遅くなってしまいました・・・)

その他お問い合わせなどありましたら、「WMS中野チーム」までメールをお願いします。


メール madre.nakano☆gmail.com

※お手数ですが、☆を@に変えて送信ください。


メンバー一同お待ちしています。

まわりの方にもお知らせしてくださると嬉しいです!


(文責:WMS中野チームメンバー 相川梓)

【中野】10月24日(月)第5回サロンのご案内・平日開催は今期最後です! [2016年09月26日(Mon)]
NECワーキングマザーサロン(以下、WMS)、中野チームの柳原です。
※こちらのサロンはおかげさまで満席になりました。次回は11/5(土)中野サロン最終回です。

wmsnakanomembers.jpg
(後列右から二番目が私です)

いきなりですが、みなさんは「自分の声を聞く時間」を取れていますか?

サロンと聞くと何かちゃんとしたことを話す場なんだろうか、と
堅苦しいイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれません。
対話、向かい合うというキーワードがしっくりくる方もいらっしゃると思いますが、
私なりにサロンを表現すると「自分の声を聞く時間」という言葉がぴったりします。

普段はほんとに仕事と子育てでバタバタの生活で、
ともすればできてないことばかり目が行ってしまう。
会社でも研修の機会は少なく、はたらくことについて
改めて自分自身に問うこともない。

マッサージや整体にたまに行くと、肩がバリバリですね、とか張ってますねと
驚かれることが多いのですが、忙しさを言い訳に普段の生活では
自分のその張り具合を認識する時間も持てないような状況です。

サロンは私にとっての心のマッサージ、整体といったイメージです。
自分の気持ち、心の状況を知る時間を持てる場。


何を話したらいいのか、それもはっきりしたものがない、という人も大丈夫です!
ワークに添って話すと、だんだん自分の気持ちが出てきます。
自分が話しているのに、ほかの人の話を聞いているように
「そういう状態なんだ」「今、そんなこと考えているんだ」
とびっくりすることも。

ちょっとだけ、自分の声を聞く、
自分のための時間を持ってみませんか。

以下、第5回中野サロンの案内です。
平日開催の中野サロンは今回が最後です。
気になった方は、ぜひこの機会にお申し込みを!お問い合わせも大歓迎です☆

【NECワーキングマザーサロン@東京都中野区★第5回】
●日時:10月24日(月)10:00〜12:00 

●会場:産業振興センター和室(中野区中野2-13-14)
    JR中野駅南口から徒歩5分

●対象:「母となってはたらく」ことを語り合いたい女性ならどなたでも歓迎です。
   既婚・未婚・出産経験の有無は問いません!
   就労中・育休中・専業主婦・自営業・会社員...どんな立場の方でも参加可能です。

●定員:10組
※生後210日以内のお子さまは同伴での参加が可能です。
2016年3月28日以降に生まれたお子さまは同伴可能です。
2016年3月27日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。

●参加費:500円 資料として『マドレ式ワーキングマザーの教科書』(A5判冊子)をお渡しします。

●お申込み:
※こちらのサロンはおかげさまで満席になりました。次回は11/5(土)中野サロン最終回です。
 ★こちらの専用フォームからお申込みください
 折り返し、メールにてご連絡を致します。


次回、中野サロン開催は11月5日(土)予定です。
その他お問い合わせなどありましたら、「WMS中野チーム」までメールをお願いします。

メール madre.nakano☆gmail.com
※お手数ですが、☆を@に変えて送信ください。

メンバー一同お待ちしています。
まわりの方にもお知らせしてくださると嬉しいです!

(文責:WMS中野チームメンバー 柳原舞子)
【中野】9/17(土)第4回サロンのご案内 [2016年08月17日(Wed)]
*こちらのサロンは、満席となりました。ご検討いただいた皆さま、ありがとうございます。
 次回、中野チームの開催は、10/24(月)産業振興センターでの開催です。


皆さん、こんにちは!
NECワーキングマザーサロン(以下、WMS)、中野チームの相川 梓です。

※注意※今回はお子様連れなしの土曜開催サロンです

13394031_971390746312448_3305230391814296582_n[1].jpg

中野在住、中野勤務、子どものふるさととなるこの中野地域への愛が強くなった私は、
今年中野チームとして、ワーキングマザーサロンを中野で開催できることを
とてもうれしく思っています!

私の勤務先は、この5年間程の間にグーーンと育児休業から復帰して働く女性が増えました。

男性で育児休業を取得する方も増え、
なんと出産をきっかけに会社を辞める女性がゼロになったと聞き、
時代は変わりつつあるな・・・と感じています。

それでもまだまだ初めての出産育児、第2子第3子と家族が増えた状態で、
「はたらく」と向き合うには、不安を覚えずにはいられないのが現実だと思います。

なぜなら、一人一人家庭環境(祖父母の協力の有無、夫の働き方、勤務内容etc)は違うから。

''
雑誌に登場するワーキングマザーのようにはとてもなれる気がしない・・・、、
本当は好きな仕事を続けたいけど、家族や職場に迷惑がかかる?辞めたほうがいい?
保育園に預ける子を思うと涙がでてきた。
夜遅くまでバリバリ働き、家事も育児もしない夫にイライラ!
以前と同じように働けない自分を自分が認められない・・・。
5年後、10年後のキャリアが思い描けなくて呆然。
仕事と家事と育児に精いっぱいで、2人目なんて考えられない。

逆に、子育てを機に仕事は辞めようと思っているけれど、
仕事のように子どもにベストな環境を、子育て初心者の私一人で用意できる?
子育てがひと段落したら働こうと思っているけど、ひと段落って20年後?
その時自分は何歳でどんな働き方をしているのかな・・・。
いまからしておくことって何だろう。資格の勉強?

そもそも「はたらく」ってなんだろう?
「お金を稼ぐ」ことだけが「はたらく」なの??

''

などなど、実は「はたらく」と真正面から向き合うチャンスでもあるのが、
出産後の特に女性だと思うのです。

とはいえ、1人で「はたらく」を考えていてもモヤモヤして堂々巡り・・・・。
子育て広場で保活の噂話はできても、こんな話ができる雰囲気じゃない。

リアルに集まった方と「母となってはたらく」をキーワードに話をすることで、
自分の考えが深まったり、他の参加者に自分の考えが影響を与えたり、
そんな場を提供するのが、ワーキングマザーサロンなんです☆

これから職場復帰を決めた方も、すでに復帰している方も、まだまだ悩んでいる方も、
ぜひ話をしに、聞きに、サロンに足を運んでみてくださいね。


【NECワーキングマザーサロン@東京都中野区★第4回】

●日時:9月17日(土)10:00〜12:00 

●会場:(株)構造計画研究所 本所新館 1F en cafe(中野区中央4-5-3)
    東京メトロ 丸ノ内線 「新中野」駅 1番,2番出口より徒歩約1分

●対象:「母となってはたらく」ことを語り合いたい女性ならどなたでも歓迎です。
   既婚・未婚・出産経験の有無は問いません!
   就労中・育休中・専業主婦・自営業・会社員...どんな立場の方でも参加可能です。

●定員:10組
  ※注意※
  今回お子様の同伴は不可とさせていただきます
  お子さまは、信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。

●参加費:500円
資料として『マドレ式ワーキングマザーの教科書』(A5判冊子)をお渡しします。

●お申込み:
  ★こちらの専用フォームからお申込みください
 折り返し、メールにてご連絡を致します。
*こちらのサロンは、満席になりました。次回中野チームの開催は10/24(月)です。

メールその他問い合わせなどありましたら、WMS中野までメールをお願いします。

(文責:WMS中野チームメンバー 相川梓)
【中野】開催報告8/3(水)第3回サロン@江東区『母となっての可能性』 [2016年08月17日(Wed)]
こんにちは、中野メンバー佐々木福子でするんるん

13394031_971390746312448_3305230391814296582_n[1].jpg
(下の右から二番目が私です)

今回はメンバーの私が江東区在住ということで中野チームで江東サロン開催が実現しましたexclamation
どんなサロンになるかワクワクしながら参加者を待ちましたるんるん


赤ちゃん連れの産後まもない方が多く、少し先の復職への不安を抱えながら、他の方の話しが聞きたいという感じで質問の多いサロンとなりました。

幸い、サロン経験のある方が数名いらっしゃったので、進行役の有香さんがサロンの軸を支えながら参加者が質問に答えるなどしてなかなか刺激のある流れで進みました。


13873025_1190910224306274_5753997371518897667_n[1].jpg

全体シェアリングで印象に残った言葉
・子供との関わりは、時間の長さより密度が大切。
・育児、仕事、家事 等、取捨選択をしながらまわしていくのはどうか。
・先のことを考えて色々決断することも大事だが、今目の前にあることに歯を食いしばってやることも大切なのでは?
・自分の方向性を決めて進んでから道を修正することもあり。

というようなフレーズが出てきました。

13912550_1190910100972953_7224596919314096202_n[1].jpg

チームの振り返りのときに「子育てしながら働く母は良く諦めること(洗濯とか掃除とか…)をしているけど、私には取捨選択が出来ない(これはしなくていい、とか、捨てる事ができない)」とメンバーに話したところ、「捨てるというのは自分が立っているステージによる、自分をどのレベルに持っていきたいかなのでは?」という結論がでました。その答えに納得させられました。

子育てをしながら働いているから、何かを手放して何かを大切にしなくてはいけないわけではない、全てに全力を注ぐこともありに思えました。

また、別の例で、育休をとっているからといって必ずしも前職の会社に戻らなくてはならないということもない。
それは、自分が決めて進んだことであっても、途中で道を修正していくことも可能であると言っています。

決断を迫られていても、今は決めずに目の前にあることを必死にやり通すことも大切。
そして、自分が決めて進んだことであっても、途中で道を修正していくことも可能である。

母となって「コウでなければいけない」、というようなことが世間的には存在するけれど、それは環境や立場によって変わること、変えても良いこと、変えていくこと、といった母となっての可能性が無限であることが想像できるサロンでした。
でもそこには、悩み考え葛藤する母の姿があり、それでこそ可能性が広がるということも学びました。

少し内容の深いサロンのようにも感じますが、
サロンの受け取り方もそれぞれ、是非一度お越しいただき、何か感じ取り、持ち帰れるものがあれば・・・、と思いますexclamation×2

【文責:佐々木 福子】

13920863_1190910034306293_2838661143780298063_n[1].jpg



【NECワーキングマザーサロン@東京都中野区★第4回】

●日時:9月17日(土)10:00〜12:00 

●会場:(株)構造計画研究所 本所新館 1F en cafe(中野区中央4-5-3)
    東京メトロ 丸ノ内線 「新中野」駅 1番,2番出口より徒歩約1分

●対象:「母となってはたらく」ことを語り合いたい女性ならどなたでも歓迎です。
   既婚・未婚・出産経験の有無は問いません!
   就労中・育休中・専業主婦・自営業・会社員...どんな立場の方でも参加可能です。

●定員:10組
  ※注意※
  今回お子様の同伴は不可とさせていただきます
  お子さまは、信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。

●参加費:500円
資料として『マドレ式ワーキングマザーの教科書』(A5判冊子)をお渡しします。

●お申込み:
  ★こちらの専用フォームからお申込みください
 折り返し、メールにてご連絡を致します。

メールその他問い合わせなどありましたら、WMS中野までメールをお願いします。
【開催報告】7/9(土)第2回サロン@中野「産褥期を過ぎても、家族だけで乗り切らなくてもいい」 [2016年07月15日(Fri)]
こんにちは、中野チームメンバー:石井智美です。

FB_IMG_1468199320558.jpg
後列右端が私です。

中野チームは初回開催より、間もなく2回目のワーキングマザーサロンを7月9日(土)に開催しました。
最近の不安定な天候で、お子さまの体調不良等で欠席された方もおられましたが、
チームメンバーも加わり10名+お子さま1名で「母となってはたらく」を語り合いました。

進行役の中村有香さんも、初回よりリラックスしながらの進行!
時に笑いも引き起こすほど^^
参加された皆さまも緊張感がほどけたかと思います。

ペアワークで、お互いに自己紹介、3分間のワーク・シェアリング。
お互いの距離も縮まり、自分の想いもより具体的となり「話したい」「聞きたい」欲も高まってきます!
20160709_102623.jpg

全体シェアリング。
この日のご参加者は「仕事」に関して「話したい」「聞きたい」という方が多かったです。

●母となってみて、産前より「仕事」に対する取り組み方・見方など変化している。

このような意見もあがりました。
実際、働き方を見直す、ゆくゆく復職したいが今は子育てを優先している…など、

産後・育児という「現実」と対面して、自分の気持ちの変化から、
「仕事」の位置が今までと変化しながらも
「私」であったり、家族の「これからの在り方」を選択していく。

それは、正解・不正解とかなく
「誰」とか「一般的な家庭」とかと比較するものでもなく
「今」の「私」「家族」は、この在り方でいいのだ、とOKを出せればいいーー。

つい、何にしても(仕事だけではなく育児なども)これでいいのか、と不安になったりすることもあるけれど、
また違和感を感じたりした際は考えたり、パートナーと話し合ったりして、

「今」の軸をどこに持ってくるのか?

産後は環境も大変化するため、つい分からなくなりがちですが
私や家族が了承していれば、どんな形で在ってもいいのだなぁと感じました。

また、中でも私が印象的だったのは、

【産褥期を過ぎても、家族だけで乗り切らなくてもいい】ということです。

子どもが増えると、家族自体の環境も生活リズム、時間の使い方なども大激変します。
現在、私は産後4ヶ月ですが、産褥期は仲間や友人たちからの支援もあり、じっくり養生させてもらい、
恩恵を賜ってきました。

しかし、子どもが成長し、また子どもの数が増えるほど悩みや育児内容も変化するし、
更に復職、となると「やること」の負担も増えます。
パートナーと協力し合いながらも、お互いにいっぱいいっぱいな状況にも往々にしてなると思います。
そんな現実を目の当たりにすると、

自分の方が○○している、とか
自分の方がパートナーより○○していないから○○しなければならない…。

という
「私(パートナー)がもっとやらなきゃ、がんばらなきゃ」スパイラル
に、はまってしまう。

そうではなく、お互いのキャパシティが越えていると感じたら
第三者にお願いする選択もあって良い。

自分も産後支援を仕事として、ご利用者さまに話すことも多くあったに関わらず…
改めて「当事者」の立場になり目から鱗でした。

産褥期を過ぎたら、それなりに自分たちだけでやっていかねばならない、

というルールを私が敷いていたのです…。

「できない私たちが他より劣っている」とさげすむでなく、今の状況で家族だけでは難しい。
だから、誰かに助けてもらおう♪くらいでもいいのかなぁ…。と。

そういう理想や現実を改めて書き出したり、パートナーと話し合って
具体的に今の問題点を出していけば、解決策も明確になるかもしれません。

産後は「新たなメンバーが加わった家族」を作っていくスタートです。
環境の変化はもちろんのこと、価値観の変化もあると思うし、
それに伴い今までの活動も変わったり、変えざるを得ない状況にも一時的にでもなるかと思います。

いろいろ悩んで考えて出した結論に間違いや正解などはない。
自分自身や家族が納得しているならば、
それが「今」のベストな在り方であり、幸せの形なのだと思います。
もちろん、それは随時変化していいものでもあると思います。
1468561714184.jpg
参加者により、シェアリング内容も変化しますから、前回と同じサロンになることはないと思います!
以前参加された方も、興味はあるけど、まだ参加されたことのない方も…。ぜひお越しください!

次回中野チーム開催は8月3日@江東区となります

-----------------------------------------------------------
日時:8月3日(水)10:00〜12:00 

●会場:江東文化センター第2和室(江東区東陽町4-11-3)

    東京メトロ東西線「東陽町」駅下車 1番出口より徒歩5分


●対象:「母となってはたらく」ことを語り合いたい女性ならどなたでも歓迎です。

   既婚・未婚・出産経験の有無は問いません!

   就労中・育休中・専業主婦・自営業・会社員...どんな立場の方でも参加可能です。


●定員:10組

  ※生後210日以内のお子さまは同伴での参加が可能です。

  2016年1月6日以降に生まれたお子さまは同伴可能です。

  2016年1月5日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、

  単身でご参加ください。

●参加費:500円

資料として『マドレ式ワーキングマザーの教科書』(A5判冊子)をお渡しします。


●お申込み:

 ★こちらの専用フォームからお申込みください

 折り返し、メールにてご連絡を致します。

メールその他問い合わせなどありましたら、WMS中野までメールをお願いします。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(文責:WMS中野チームメンバー 石井智美)
【開催報告】6/29(水)第1回サロン@中野「自分が納得する選択とは?」 [2016年07月05日(Tue)]
こんにちは、中野チームメンバー佐々木福子です。

今期中野チーム初のサロンが6月29日中野区桃園区民活動センターで開催されました。
平日の開催ということもあり、復職間際の方や再就職や復職について考えている方ばかり9名のご参加。産後1年に満たない方が8割と妊婦さん、そして赤ちゃんも5名集まりました。

中野チームの進行役は、4人の男児の母中村有香さん。
有香さんは、9月に4回目の復職を控えています。
育休中の最後の挑戦に、安心して「母となってはたらく」を話せる場を作りたいと、今期進行役に立候補したそう!

有香さんの暖かい雰囲気で場も和み、「安心して話せる場」となった初回サロンでした。

nakano0629b.jpg

私は今回、輪の外からみなさんの様子を見ていました。
最初は緊張感があったご参加者の輪も、自己紹介が進むにつれ参加者皆さんの「話したい!」という思いが見えてきて、早くもサロンに活気が出てきたようにみえました。

まずは、隣の方とペアになって参加者同士で3分話したことをきっかけに、全体でシェアリングでおもいを分かち合っていきます。

nakano0629c.jpg

「自分の働き方」という話しから、「パートナーシップ」の話題へと移っていきました。
今回のサロンで私が印象的だったのは
「色々な働きかたがあるけれど、自分がどう納得するかということが大切」という言葉。

・今は子育てや夫のサポートをメインにしながら働きたい
・出張や残業のない仕事に転職する
・周りの手を借りながら今まで通り働きたい
・仕事ではお金や安定を得て、やりたい事は仕事としてではなく他の時間にやっていきたい

など、母の数だけ母となって働くカタチはあるけれど、
どれを選択したとしても、それが自分で納得出来る選択であること、
それが大切なのでは?というものでした。

人生の中でも、「母となって働く」という場面においても、
誰かのせいに…、何かを言い訳に…、今はこうするしかないという決め方ではなく
自分で考え悩み抜くことで、自分で納得して選択する。

そうしたら、選択に後悔はないし、そこを軸に自信をもって
母となり、妻となり、自分となる。
そんなことを想像させられる深くて大切な言葉でした。

他にも、「自分がして欲しいことが多すぎる、どうしたら夫がやってくれるか。」
という発言には

・して欲しいことを細かく伝える。
・やってくれたことへの評価を伝える。
・第三者からの評判を伝える。など、

「言葉にして伝える事が大切」という当たり前だけれどもう一度見直したい
パートナーシップを育んでいくうえでの大切なキーワードも出てきました。

nakano0629a.jpg

このワーキングマザーサロンは、誰か偉い人の話しを聞いて、
なんとなくいい話しを聞いたなぁとか、ノウハウを学ぶという時間ではないです。

同じ「母となって働く」という関心を持って集まった仲間同士で話しをするからこそ
それぞれの心に響く言葉が出てきて
たとえその場では解決しないことでも、
その言葉を持ち帰り、またそれぞれが自分と向き合う時間を持つ...
そんなきっかけの場でもあるのだと思いました。

共感もあり、気づきもあり、出会いもあり、
そんなサロンに是非いらして下さい!

次回、中野チームのサロンは7月9日(土)こちらは満席。
8月3日(水)10:00〜12:00@江東文化センターを7月6日より受付開始です!

↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ 

日時:月3日(水)10:00〜12:00 
会場:江東文化センター第2和室(江東区東陽町4-11-3)
    東京メトロ東西線「東陽町」駅下車 1番出口より徒歩5分
対象:「母となってはたらく」ことを語り合いたい女性ならどなたでも歓迎です。
   既婚・未婚・出産経験の有無は問いません!
   就労中・育休中・専業主婦・自営業・会社員...どんな立場の方でも参加可能です。
定員:10組
  ※生後210日以内のお子さまは同伴での参加が可能です。
  2016年1月6日以降に生まれたお子さまは同伴可能です。
  2016年1月5日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、
  単身でご参加ください。
参加費:500円
資料として『マドレ式ワーキングマザーの教科書』(A5判冊子)をお渡しします。

お申込み:
 折り返し、メールにてご連絡を致します。
 ※7/6(水)より、お申込み受付を開始いたします。

メールその他問い合わせなどありましたら、WMS中野までメールをお願いします。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(文責:WMS中野チームメンバー 佐々木福子)
※満席です※【中野】第3回開催は、8/3(水)「江東区東陽町」です♪ [2016年07月01日(Fri)]
※満席となりました。お申込みありがとうございました。
次回は9/17(土)@中野で開催予定です。詳細のアップは少々お待ちください。

WMS中野チームメンバー、佐々木福子です。
「なぜ中野チームが江東区で開催するのか」
それは、私が江東区在住だからです。

8wms_nakano.jpg

第1子出産後、マドレボニータ中野クラスに通っていた為、
すっかり中野区に詳しい江東区民になりましたが、
我が街江東区でもこの中野チームで開催したい!と思い実現しました♪

現在は、第2子産後8ヶ月。
フリーのヘアメイクの仕事は「好きだから」、ただその理由だけで続けています。

好きだから続けているけれど、、、母となってからの「働く」はプチ難関が多発!し
心が穏やかでいられる日は少ないです…。

夫と話したり、周りにグチったり、もしますが
同じく「母となって働く」ことに悩んだり、考えたりしているひとと、
グチるだけではなく語り合うことが、最も心が平らになる気がします。

母の人数分、違った働き方や思いがあります。
自分の思いを話したり、人の思いを聞いてみたり、そんな時間は母となってはプライスレス!

ぜひ、気楽な気持ちでご参加ください!


【NECワーキングマザーサロン@東京都中野区★第3回】


日時:月3日(水)10:00〜12:00 

会場:江東文化センター第2和室(江東区東陽町4-11-3)
    東京メトロ東西線「東陽町」駅下車 1番出口より徒歩5分 

対象:「母となってはたらく」ことを語り合いたい女性ならどなたでも歓迎です。
   既婚・未婚・出産経験の有無は問いません!
   就労中・育休中・専業主婦・自営業・会社員...どんな立場の方でも参加可能です。

定員:10組
  ※生後210日以内のお子さまは同伴での参加が可能です。
  2016年1月6日以降に生まれたお子さまは同伴可能です。
  2016年1月5日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、
  単身でご参加ください。

参加費:500円
     資料として『マドレ式ワーキングマザーの教科書』(A5判冊子)をお渡しします。

お申込み:
 折り返し、メールにてご連絡を致します。
 ※満席となりました。お申込みありがとうございました。

メールその他問い合わせなどありましたら、WMS中野までメールをお願いします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

多くのご参加お待ちしております!

お知り合いにもぜひお声かけくださいね★

メンバー一同お待ちしています。


(文責:WMS中野チームメンバー 佐々木福子)

| 次へ