CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« メディア掲載履歴 | Main | メッセージ紹介»
プロフィール

WMSプロジェクトさんの画像
WMSプロジェクト
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
リンク集
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/wms/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/wms/index2_0.xml
【開催報告】【第2部】第8回NECワーキングマザーサミット [2017年02月13日(Mon)]
引き続き、第8回NECワーキングマザーサミットの開催レポです!

▼前回のブログはこちらから
【開催報告】【第1部・前編】第8回NECワーキングマザーサミット
【開催報告】【第1部・後編】第8回NECワーキングマザーサミット

【第2部 テーマトーク&対話のワーク】

第二部は、司会のつかさっちんこと八田吏さんに、全体サポートメンバーの種ちゃんこと、
種井美緒さんが加わり2人での進行となりました。

16299199_1174563065995214_4518695452405903631_n.jpg



「母となった女性」のまわりにある、あるあるエピソードを
なんと!!!”寸劇”形式で、今期の進行役が役になりきって発表しました。

まず最初は、保育園入園にまつわる夫婦のあるある話。

保育園の送り迎えにまったくやる気がない夫へのモヤモヤ。
そしてそのモヤモヤを、児童館にて仲良しのママ友と話すが、
表面的な会話で終わって、さらにモヤモヤしてしまうさゆりさん。
寸劇1.jpg
※会場からは、進行役たちの思いがけない熱演に、笑いが!

さゆりさんを演じた、目黒チーム進行役のくまちゃんこと、茂木さゆりさんは
「演じながら、2人の子どもなのに、どうして夫は保育園のことに無関心なんだろうと
 モヤモヤした。でも何がモヤモヤしていたのか、言葉にしきれなかった」
と語りました。

それをうけて、種ちゃんからは
「夫も、妻も、復職のイメージが具体的にできていないのでは?」
「頭の中でぼんやり思い描いている状態と、言葉にして口にだすのは全然ちがうこと」
と解説してくれました。

また、児童館で夫の悪口で盛り上がるママ友との会話に対しては
「ママ友と夫の悪口で盛り上がることで、夫を仮想の敵にしてしまっている」
という、世の中の男性陣にとっては、衝撃的な告白もありました。

続いての寸劇は、職場での光景。時短で働く母が、ある出来事をきっかけに、
担当していた仕事から外されるというお話。

寸劇2.jpg

「もやもやするけれど、職場の人に「いてもいいよ」と言ってもらいたいから、
自分の本音を職場で口に出すことができない。」

「でも『いてもいいよ』と言ってもらいたいということは、
職場は安心できない場所になっているということ?」

もっとそれぞれの立場の人が、丁寧に言葉を紡いで、
「何が大変なのか?」「どこまでできるのか?」を
互いに共有していくことが大事なのではと考えさせられました。

そして最後は会場内の全員での「シェアリング」を行いました。

進行は、埼玉チームのはるちゃんこと、間藤晴見さんでした。
いつもは「母となって働く」がテーマですが今日は「親となって働く」をテーマに。
約100人が一斉に行いました。

シェアリング.jpg
シェアリング.jpg

シェアリング後の全体での発表の場では、

「仕事をテーマに考えた。今まで自分は未熟だと思っていたけれど、
 そうではないし、未熟であっても、自分の意見は出していいんだと思えた。」

「今、いる会社はあまりワーママに理解のない職場。
 でも、ワーママの仕事の仕方は、時代の先端を言っているなと感じている。」

「妻がこのプロジェクトに参画したことで、どんどんパワーアップしている。
 自分も、妻のことを、妻でもなく、母でもなく、一個人として見られるようになった」


など、それぞれが感じたことを、シェアしました。

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました!
ふとした時に、このサミットのことを思い出して、
あの会場のエネルギーを思い出していただいたらうれしいです。

スタッフ集合写真.jpg

※当日のTwitter中継のまとめはこちらから


サミットレポは、番外編に続きます!

(文責:東京東チーム兼サミット広報チーム 金丸亜由美)
【開催報告】【第1部・後編】第8回NECワーキングマザーサミット [2017年02月13日(Mon)]
前回から引き続き、第8回NECワーキングマザーサミットの様子をお伝えいたします。


▼前回のブログはこちらから
【開催報告】【第1部・後編】第8回NECワーキングマザーサミット

【第1部プレゼンテーション】

かずみちゃんこと、藤居料実さんからの話を受け、続いて、
今期世田谷チームの進行役を務められたゆりさんこと、
山口有里さんから、実際にサロンを開催した現場で起きた参加者の
変化について発表がありました。

 ゆりさん.jpg

 ”あるサロンでの出来事。ある参加者の方が「パートナーが話してくれない。
 私は一生懸命話をしているのに・・・」という悩みを話してくれました。 
 別の参加者の方が「私は逆の立場。夫からいつも意見を求められる」

 一見、異なる2人の発言でしたが、紐解いていくと、どちらの感情の
 根本にもあったのは「不安」でした。そして、その先にある望みは
 「自分の思いを大切にしたい」でした”


 このサロンを通じて、進行役のゆりさんは「どんな感情も否定しなくていい。
 ありたい姿は自分で決めていい」ということに気が付いた、とまとめてくださいました。
  
 続いて、横浜・湘南チーム進行役・ひろちゃんこと、生貝紘子さんから
「自分の思いを大切にすることが、新たな一歩を踏み出すきっかけに」というテーマで、
 自身が体験した職場での話を話してくれました。


 ひろちゃん.jpg

”子どもをもってから、職場で、子どもの話は聞かれるけど、仕事の話は
 聞かれなくなった。あたらしい仕事を振られることもなくなっていた。

その状況に息苦しさを感じていた昨年、昨年度参加者としてこのサロンに
参加して、自分の想いを口にした。

そうしたら、その場にいたみんなが聞いてくれて、「この気持ちは話していいんだ」と気が付いた。

今年度は、自分が進行役として、参加者の話を聴く立場になった。
参加者の話を聴きながら、常に「自分はどうありたいか?」を自分に問うようになった。 

そんなときに、上司との面談があり、また「子育てを第一にね」と声をかけられた。
今度は、自分の気持ちを大事にしようと思い、「私は子育て第一ではなく、

子育ても仕事もどちらも大事にしたい」と言ってみた。"


この一言で環境が劇的に変わったわけではないけれど、
「自分の思いも大切にしていいんだと気が付けたことは、自分にとっての一歩だった」
とひろちゃんはまとめてくれました。


なお、ゆりさんとひろちゃんは、進行役として過ごした1年間を振り返ったブログを
書いてくれています。想いの溢れる読み応えたっぷりな内容となっています。
こちらも合わせてご覧ください。ぴかぴか(新しい)

世田谷チーム 山口有里さんのブログ
横浜・湘南チーム 生貝紘子さんのブログ


まだまだ、サミットレポは続きます♪


※当日のTwitter中継のまとめはこちらから


(文責:東京東チーム兼サミット広報チーム 金丸亜由美)

【開催報告】【第1部・前編】第8回NECワーキングマザーサミット [2017年02月13日(Mon)]
こんにちは。サミット広報チームのあゆみんです。

1月28日(土)Impact Hub Tokyo (目黒)にて、
第8回NECワーキングマザーサミットを開催いたしました。

このサミットは、半年間実施してきたNECワーキングマザーサロンの
集大成として8年前から開催されています。

近年は、外部からゲストをお招きしたトークイベント形式が多かったのですが、
今回は、第8期プロジェクトメンバー有志が知恵を持ち寄り、0から内容を
練り上げるというスタイルで実施しました。

今回のブログは、サミットの開催レポートでするんるん

司会は、つかさっちんこと、マドレボニータ事務局の八田吏さんです。

つかさっちん.jpg


開会に先立ち、NECコーポレートコミュニケーション部
CSR・社会貢献室の津浦さんよりお話がありました。
(津浦さんは、当日の朝の準備からお手伝いしてくださいました!ありがとうございます♪)


津浦さん.jpg


そして、いよいよ第一部の開幕ですぴかぴか(新しい)


【第1部プレゼンテーション】

第1部は、全体サポートメンバーのかずみちゃんこと、藤居料実さんによる
プレゼンテーションから始まりました。

テーマは「NECワーキングマザーサロンの取り組みからみえてきたこと」。
サロンの運営方法、特徴等について、丁寧に語ってくださいました。

 第1部.jpg

・「母となって働く」がテーマの対話を中心としたワークショップ
 「母となって働く」というテーマに関心がある女性なら誰でも参加できる

・一般ボランティアによって運営。第8期は一般ボランティアとして108名が参画

・第8期のサロン運営チームは北は北海道から、南は鳥取まで計13チーム。
 これとは別に、広報、アンケートなどを担う全体サポートチームが5チーム。

・第8期は42自治体で、サロン開催数91回、延べ参加者数659名

・サロンは「自分の思いに向き合い、対話によって深める場」
 たった2時間のプログラムでも、本質にたどり着きやすい構成。
 想いを言語化することを重視。

・プログラムを実現するために、進行役は2か月間の研修を受講。 
 参加者にとって安心、安全な場づくりをしている。

・「母となって働く、働きたい女性」を取り巻く環境は、 
 「待機児童問題」「男女の役割意識」「長時間労働」など厳しいものが多い。
 そんな中、当事者である女性は「復職したら、どうやって仕事と育児を 
 両立すればいいのだろう」という声が多くあがっている。

・女性活躍推進法など、制度は整えられつつあるが、文化が追いついていない。 
 制度を使う事業主も、働く母たちも、実現したい本当の姿が描けていない。

個人的には、最後の「制度は整えられつつあるが、文化が追いついていない」
という一文にドキっさせられました。

私は現在、2人目の子どもの育児休業中です。働いている会社は、
女性の活躍を推進し、制度も恵まれているほうだと思っています。

でも、その中で、自分が会社や、社会で実現したい姿を描いたことはありませんでしたし、
もちろん、腹を割って、上司や同僚と話したこともありませんでした。

とりあえず「母になったら時短にして、黙々と、仕事をしなければならない」
と思い込み、自分の想いを封印していました。

でも、本当は、今の会社でやりたいことがあって入社したはずなのに・・・。

今春の復職に向けて、もう一度自分の想いと向き合いたいと思いました。

※第一部(後編)へと続きます!

※当日のTwitter中継のまとめはこちらから

(文責:東京東チーム兼サミット広報チーム 金丸亜由美)

第8回NECワーキングマザーサミット アンケート集計結果 [2017年02月11日(Sat)]
NECワーキングマザーサロン 全体サポート・アンケートチームの柳沼尚子です。


1月28日に開催された『第8回NECワーキングマザーサミット』のアンケート集計結果をご報告します。


■実施日:2017年1月28日(土)

■回答者数:54名



【回答者の属性】

summitA.png


summitB.png

summitC.png

summitD.png

summitE.png



【アンケート集計結果】


summit1.png

サロンの活動自体に興味のあった方が多かったようです。
その他で多かったのは、「妻に誘われて」「妻が参加しているため」でした。
夫婦での参加も年々増えている印象があります揺れるハート


summit2.png

第1部は「『NECワーキングマザーサロン』を紐解く」と題したプレゼンテーションでした。

・活動の背景やサロンの実際のエピソードについても知ることができ、改めてこの活動が本質的に必要なのだと感じました。

・各サロンの進行役をボランティアの方がされていることに感心しました。参加する人だけでなく、進行役になった人が成長されているのがすばらしいと思いました。

・サロンがどういうものか、どういう仕組みか、何が生み出されているのか、よくわかりました!

女性の目から見たリアルな声がわかり、大変勉強になりました。(男性)


summit3.png

第2部は「みんなで考えよう、語ろう。わたしから始まる『関係性』」。
第8期サロン進行役による寸劇と「親となって働く」というテーマでのシェアリングを行いました。

寸劇がリアルでおもしろかったです。

・ママの周囲で起こっている事が具体的にイメージでき、共感した上で話を聞くことができたので、とても良いシェア力があったと思います。

想いの大事さ、話すことの大事さを再認識。

・全体シェアリングで、「育児で制約があるからといって、自分が意見や希望をいう事を躊躇する必要はない」という発言が印象に残りました。勇気がでました!



最後に全体を通しての感想をご紹介します。


・自分の悩みや感じていることが自分だけではないと思えて励みになりました。

・自分も色々な想いが込み上げて、途中泣きそうになりました。こんな風に真面目に安心して話せる場があるのはすごく大切なことだと思います。

男性の姿がチラホラあったことにカンドーでした。

・夫や会社の管理職や経験者など、ワーママをとりまくステークホルダーにも知ってほしいと思いました。

自分の人生を自分で生きる、という力強い言葉に触れ、普段忘れていた自分自身に向き合うことの大切さを思い出しました。

・「制度が整えられても文化を築かねばならない」との言葉が印象的でした。人々の考え方が転換していくことは難しいですが、コミニュニケーションを続けていく他ないと思います。

・あっという間の3時間。このような活動をパパ版もあったら良いのにと思いました。(男性)

声に出して伝えてみること、この場に来て生の声を聞くことで得られるものの大きさを感じました。

・私は育休中で、復職に向けた頭の整理をしたいと考え参加しました。
プレゼン、シェアリング中想いがあふれて言葉に詰まる方が、何人かいらっしゃいましたが、きっと、大変なことだったのだろうとお察しします。それを会場全体で包み込む雰囲気のようなものを感じ、あーこの先大変でもこうして共有し合える方々がいるってどれだけ有り難いことなんだろうと思いました。


(文責:NECワーキングマザーサロン・全体サポートアンケートチーム・柳沼尚子)


続きを読む・・・
【サミット会場までの行き方】 [2017年01月24日(Tue)]

最寄駅から会場までの行き方のご案内です。13:00開場、13:30開演です。

どうぞ遅れずに、余裕を持っていらしてくださいね!!


■会場:IMPACT HUB Tokyo イベントスペース

東京都目黒区目黒2-11-3 印刷工場ビル1階  ※地図はこちら

※駐車場はございません。公共交通機関をお使いいただくか、車の場合はお近くの駐車場をお探しください。


■アクセス:

目黒駅(JR山手線・都営三田線・東急目黒線)西口より

※「西口」は、「権之助坂(ごんのすけざか)」「目黒雅叙園」方面です。

・徒歩の場合:約10分(青ルート

・バス利用の場合:約6分(乗車4分(2駅)「大鳥神社前」下車徒歩2分(黄色徒歩水色ルート


Megro-HUBTokyo_map.jpg



JR目黒駅の「中央改札」を出たら左(西口)へ

map8.jpg

(出てすぐにバス停がならんでいます)



●「目黒駅前」からバス利用の場合 ※バスはいずれも東急バスです


バス停1〜5番のいずれも「大鳥神社前」に止まります。(2駅目)

目の前に止まっているのは3番。後ろに続いて5番まで。

1,2番のバス停は、左手の交差点を右に曲がってすぐの所にあります。


3番:「大岡山小学校前」行(黒01)12:48/12:54/13:00/13:06/13:12

4番:「二子玉川駅・等々力7丁目」行(黒02)12:50/12:59/13:08/13:17



2番:「三軒茶屋駅」行(黒06) 12:53/13:05/13:17



「大鳥神社前」のバス停を降りたら、、

1)大鳥神社の交差点を少し通り過ぎているので、バスが着た方向(目黒駅方向)へ戻ります。

map-bas1.jpg


2)大鳥神社交差点を左折します(山手通りへ)

map-bas2.jpg 12540724_1058881180810860_3336515243043815787_n.jpg


3)エメラルドグリーンの階段が特徴的!なビルを右斜めに入り、少し進むと、、

map2.jpg


4)HUB Tokyoの建物・入口があります。どうぞお入りください。

12523045_1058881057477539_5396522724190147689_n.jpg



●目黒駅から徒歩の場合

上記地図の青ラインをたどるとわかりやすいかとおもいます。

1)JR目黒駅の「中央改札」を出たら右(西口)へ。

出てすぐに並ぶバス停に沿って、右へ。

(※左手の信号を渡って権之助坂を下っても、同じ道に合流します)

map8.jpg


2)バス停をすぎたら、四つ角を左へ(目黒通りです)。

map7.jpg


3)そのまま坂を下り、目黒新橋を渡り(目黒川沿いの桜並木が有名です)、

map5.jpg

アーケードの商店街をぬけて、大鳥神社の四つ角(目黒通りと山手通りの交差点)を右へ(山手通り沿い・中目黒方面へ)。


4)エメラルドグリーンの階段が特徴的!なビルを右斜めに入り、少し進むと、、

map2.jpg


5)HUB Tokyoの建物・入口があります。どうぞお入りください。

12523045_1058881057477539_5396522724190147689_n.jpg



●その他のルート


「中目黒駅」からバス利用


3番:「大井町駅」行(渋41)12:46/12:54/13:02/13:10

-「田道(でんどう)小学校前」下車の場合:乗車5分・徒歩4分

-「大鳥神社前」下車の場合:乗車8分・徒歩2分


・乗車8分、「大鳥神社前」下車徒歩2分

※中目黒駅から徒歩の場合:18分


「大崎駅」からバス利用


・乗車13分、「大鳥神社前」下車徒歩2分  12:55/13:03/13:11

※「渋谷駅」行(渋41)は、大崎広小路、不動駅入口も通ります。


(文責:NECワーキングマザーサロン・プロジェクト本部・高橋葉子)
*満席【サミット】Twitter中継:ハッシュタグのお知らせ【広報チーム】 [2017年01月18日(Wed)]
おかげさまでキャンセル待ち分も定員を超えた為、受付は終了致しました


◆◆◆第8回NECワーキングマザーサミット◆◆◆

サミットバナー.jpg

↑画像をクリック↑


 
みなさん、こんにちは!
第8回NECワーキングマザーサミット広報チームの清水陽子(シミズ)です。

この冬はインフルエンザも胃腸炎も、
例年より流行していますよねあせあせ(飛び散る汗)

サミットに興味がありつつも
諸々の事情で、ご来場が難しい方もいらっしゃるかと思います。

既に満席となっているサミットですが、
サミットに来られる方、来られない方とも、イベントの雰囲気を伝えたく
当日、サミット広報チームにてTwitter中継を予定していまするんるん

今からでも、当日でも、後日でも
サミットのことが気になった時に、読んでみてもらえたら嬉しいです。

【NECワーキングマザーサミットTwitterアカウント】
※上記は発信専用アカウントとして稼働予定です。
※Twitterアカウントをお持ちの方はサロンのご感想やサミット当日の様子を是非ツイートして下さい。
#WMS8期 #WMSS2017 #ワーキングマザー

サロンのご感想には、
是非#WMS8期を。

サミット当日は、
是非#WMSS2017を。

そしてすべてのツイートに
#ワーキングマザーを付けて、

まだマドレボニータの活動自体を知らない方達にも
届けてもらいたいなと思いますので、
ご協力お願いいたします。

また、この機会に

「NECワーキングマザーサロンって、どんなことしているの?」
「どうやってメンバーに参画できるの?」

等、ご興味をもっていただけましたら、
以下の記事もぜひご覧くださいハートたち(複数ハート)

【プロジェクト全体像のご紹介】
http://blog.canpan.info/wms/archive/1626

第9期(2017年4月〜)のプロジェクトに、
進行役や運営メンバーとして参画してみたいな
という方のための活動説明会は
都内で3回開催の予定です。
第1回は、2月4日(土)13:30〜15:30@杉並区高井戸。
第2・3回は、2月18日(土)・3月4日(土)(時間・会場未定)です。 

詳細は追って当ブログでもご案内します。
今しばらくお待ちくださいねぴかぴか(新しい)

●〇●第8回NECワーキングマザーサミット●〇●


◆日時◆

2017年1月28日(土)13:30〜16:30 (開場13:00)

◆会場◆

Impact Hub Tokyo イベントスペース

→東京都目黒区目黒2-11-3 印刷工場ビル1階


◆交通◆

JR・東急目黒駅 西口より徒歩10分

◆対象◆

どなたでもご参加いただけます

年齢・性別・職業・状況などに関わらず、「子育てしながら働くこと」に関心がある方。

生後90日以内(※2016年10月30日以降生まれ)のお子様は一緒にご参加いただけます。

◆参加費◆

500円

夫婦・カップル参加大歓迎!!

『産後白書2〜産後から考える働き方』をお渡しします。

※カップルでご参加の方には、『産後白書3〜産前産後のパートナーシップを語る』とのセットでお渡しします。

◆定員◆

70名

要予約/定員になり次第締め切り

※おかげさまでキャンセル待ち分も定員を超えた為、受付を終了致しました



◆◆◆第8回NECワーキングマザーサミット◆◆◆

サミットバナー.jpg

↑画像をクリック↑


 
問合せ:NECワーキングマザーサロン・プロジェクト


主 催:NPO法人マドレボニータ


協 賛:NEC


協 力:株式会社ここるく



(文責 NECワーキングマザーサミット2017 広報チーム 清水陽子)
*満席【サミット】サミット参画に寄せる想い〜第二弾〜 [2017年01月18日(Wed)]
こんにちは、東京東チーム兼サミット広報チームのあゆみんです。

先日、私の所属する東京東チームのメンバーと、この半年間チームを支えて
くれた全体サポートの種ちゃんと、打ち上げを行いましたビール

まずは、壁新聞づくり!(みんなワイワイ楽しそう)
壁新聞づくり.jpg

そのあとは、種ちゃんに進行をお願いし、「人生」「サロン」「パートナーシップ」を
テーマにシェアリング♪
(いつもは運営する側だけど、今日は参加者だから、みんなしゃべる、しゃべるw)
シェアリング.jpg


最後に、「1年後の自分」を文字やイラストで表して発表。
(どれもその人らしさが満載の発表で、胸がいっぱいに・・・!)
発表.jpg


会場を移動して、このメンバーで初めての飲み会。
(私は出産後初めての飲み会で、テンションが上がりまくり↑)
飲み会.jpg


半年前まで、赤の他人だったことが信じられないぐらい、
いろんな話をして、楽しい時間でした。

さて、前置きが長くなりましたが、サミットまであと1週間となりました。

11月でチームで運営するサロンは終了しましたが、まだこの場にかかわっていたい
という気持ちがあり、私は「広報」という役割でかかわらせてもらっています。

仕事だと、なかなか未経験の職種に飛び込める機会って限られてしまうけれど、
この場だと「エイッ」と飛び込めてしまう不思議な力、
そして、そんな私を受け止めてくれる安心感があります。

このサミットも、皆が、それぞれのできることを持ち寄って、形作られています。
ぜひ、当日はその空気感も感じていただけたら嬉しいです。

また、会場に来られない方に向けて、Twitter中継も行います。
ぜひこちらもお楽しみに〜!!!

1/28(土)13:30〜16:30 第8回NECワーキングマザーサミット
Twitter中継のご案内は、こちらから



なお、サミットにて今期の活動は終了となりますが、来期に向けて、近日
「マドレ・オープンハウス〜NECワーキングマザーサロン編」を開催します!
この場では、第9期(2017年4月〜)のプロジェクトに、
「進行役や運営メンバーとして参画してみたい!」という方向けに、
今期実際に活動をしたメンバーが、具体的な活動内容について説明をしまするんるん

昨年の様子はこちらから

今回は東京都内で3回開催予定です。

第1回は、2月4日(土)13:30〜15:30@杉並区高井戸にて開催予定です。
第2・3回は、2月18日(土)・3月4日(土)(時間・会場未定)です。
詳細が決まりましたら、このブログでもご案内します。
今しばらくお待ちください。

(文責 東京東チーム兼サミット広報チーム 金丸亜由美)

*満席【サミット】サミットの楽しみどころ♪【広報チーム】 [2017年01月16日(Mon)]
みなさん、こんにちは!
NECワーキングマザーサミット広報チームの鈴木 美穂(よねちゃん)です。
先日、サミット広報チームのみきてぃーが北海道からくるー!という事で
舞浜まで会いに行ってきましたわーい(嬉しい顔)
sumit_staff1.jpg
カメラ
みきてぃーに会いたい人たち前半チーム。
サミットスタッフともみん、サミット広報みきてぃー、あゆみん。
手に持っているのはみきてぃーお手製のフォトプロップスぴかぴか(新しい)
今回のサミットで、ビデオのそばにご用意しますハートたち(複数ハート)
ぜひ記念撮影にも使ってくださいませー!

sumit_staff2.jpg
カメラ
みきてぃーに会いたい人たち後半チーム。
サミットスタッフななちゃん、サミット広報シミズ、りえぞうさん、
みきてぃー、よねちゃん(私)
ちょっと写真が・・なんか古い・・けど、同日に撮影されておりますw

みきてぃーに会えたのはほんの10分くらいなのだけど、
一堂に会してワイワイする、この現場感が好きだなー!と。
ワイワイしつつ、ついついサミットや今後についてのミーティングに自然となる私達。
どんだけWMSが大好きなんでしょう・・!
サミット当日は、そんなプロジェクトメンバー達のわくわくが伝わる時間にもなると思います。
サミットは満席となり、受付を終了しておりますが、
サミットに来られる方も来られない方にも、イベントの雰囲気を伝えたい!と、
こちらのサミットブログ、WMSのfacebookページにて随時投稿していきますので
引き続きご注目下さいませわーい(嬉しい顔)

さてさて、自称サミットフリークの私から、サミットで楽しみにしている事をお伝えします黒ハート

ひらめきNECワーキングマザーサロンの”今”を伝え、「関係性こそが答えのない時代を切り開く未来をつくる」を皆で体感し、考え、共有しあうプログラム本編
今年は、サロンのプロジェクトメンバーが届けるプログラムです。
”母となってはたらくを語り、次の一歩へ”をテーマにしたサロンを半年間開催してきた
メンバーが、何を感じ、何を届けたいと思っているのか?
プログラムが練り上げられているところに立ち会いワクワクしています。当日が楽しみです!

ひらめきたくさんのサロン大好きな人達に会える!
熱気溢れる空間になること、間違いなしです!

ひらめきマドレストアハートたち(複数ハート)
いつもはネット上に存在する産前・産後の専門書店・マドレグッズ販売のマドレストアが
当日はリアル店舗としてオープン!
サミット向けのお買い得パックなどもあると思います。
初めてサミットに参加した時、なんかもう興奮!お土産買いたい!という気持ちになり、
その気持ちを叶えてくれる場所があって嬉しかった事を思い出しますわーい(嬉しい顔)

ひらめき全国各地のチームが今期の活動を報告する壁新聞
12622367_842358452541195_6138606471356469067_o.jpg
カメラ昨年の壁新聞の様子
こちら、各チームの活動が一斉に垣間見られて楽しいです。
各チームの力作、ぜひぜひ休憩時間などにご覧くださいませ!

ひらめきTwitter中継
私の中で、サミットといえば・・Twitter中継、なのです。
毎年あったわけではないとは思うのですが、当日イベントに参加できなかった時も、
このTwitter中継を見てイベント感を味わっていたのでした。
なので今年は、サミット広報として、私とシミズで挑戦することに!(ドキドキ)
アカウントは@wm_salonです。

そんな、楽しみどころ満載のワーキングマザーサミット。
当日お会いできる方も、当日は来られないけど注目して頂いている方も、
こちらのブログにて発信していきますので、今後もチェックして下さいね!

●〇●第8回NECワーキングマザーサミット●〇●

◆日時◆
2017年1月28日(土)13:30〜16:30 (開場13:00)
◆会場◆
Impact Hub Tokyo イベントスペース
→東京都目黒区目黒2-11-3 印刷工場ビル1階
 https://goo.gl/maps/oLqS4tPzTwo
◆交通◆
JR・東急目黒駅 西口より徒歩10分
◆対象◆
どなたでもご参加いただけます
年齢・性別・職業・状況などに関わらず、「子育てしながら働くこと」に関心がある方。
生後90日以内(※2016年10月30日以降生まれ)のお子様は一緒にご参加いただけます。
◆参加費◆
500円
夫婦・カップル参加大歓迎!!
『産後白書2〜産後から考える働き方』をお渡しします。
※カップルでご参加の方には、『産後白書3〜産前産後のパートナーシップを語る』とのセットでお渡しします。
◆定員◆
70名
要予約/定員になり次第締め切り
※おかげさまでキャンセル待ち分も定員を超えた為、受付を終了致しました


サミットバナー.jpg

↑画像をクリック↑

問合せ:NECワーキングマザーサロン・プロジェクト
wmsalon.pj@gmail.com
主 催:NPO法人マドレボニータ
http://madrebonita.com/
協 賛:NEC
http://jpn.nec.com/community/ja/resources/mother.html
協 力:株式会社ここるく
http://www.kokoruku.com/

(文責 NECワーキングマザーサミット2017 広報チーム 鈴木 美穂)
※満席【サミット】サミット参画に寄せる思い【広報チーム】 [2017年01月09日(Mon)]
おかげさまでキャンセル待ち分も定員を超えた為、受付は終了致しました

◆◆◆第8回NECワーキングマザーサミット◆◆◆

サミットバナー.jpg

↑画像をクリック↑

お申込みはコチラ
↑コチラをクリック↑


皆さんこんにちは!!

NECワーキングマザーサミット広報チームの田中未希(みきてぃー)です。
ストレングスファインダー.jpg
ストレングスファインダーによる私の強み

WMS8期は、
北海道チームの運営メンバーとして
サロンに参画させて頂きました。

『がっつりシェアリングするんでしょ!?』
程度の知識で参画した(スミマセン…)このサロン。

いやいやいやいやとんでもなかった!!!!!

とにかく濃密な半年間で、
その濃密具合は
北海道チームの
ブログに現れてるんじゃないかなと思います。

北海道チーム記事一覧

まさかの45記事…!!
更新し過ぎです(笑)。

でも、それだけ
・する/やる事
・伝えたい事
・残したい事

が沢山あったんだなって、
この記事数を振り返って思いました。

特に開催報告の記事やご感想メールの記事は、
他のメンバーが作成した文章を
このブログに編集・投稿しながら、
沢山沢山振り返る事が出来ました。
(記事の作成はメンバーの分業制でしたが、
投稿は私とひろちゃんがメインで行っていたのです。ふふふ)



実は私、
自分の事を自分の言葉で話すのが
苦手…?というか、
無意識の内にしないまま、
第1子の産後を迎えていました。

その頃のお話

ですが、
第2子産後に初めて
マドレボニータの産後ケアを受け、
バランスボールエクササイズもそうなんですが
シェアリングのカラクリにとても惹かれたんです。

自分の中で抱える何かを
【モヤモヤ】
と表現するんだという事もこの場で知り、
『これはきっとあらゆる人に有益っ!!』
と思っていました。


なので、
今期の北海道サロンにご参加頂いた皆さんが、
言葉をゆっくり置くように話したり
堰を切った様に一気に言葉が溢れたり
他の方の言葉に耳を傾けたり
自分の気持ちに向き合って沢山の表情が現れたり

…その全てがもうグッと来すぎて、
前述の開催報告やご感想メール記事の編集には
物凄く時間を要しました。

合間合間に自分の振り返りも入ってしまって。

でも、
それがあるからこそスッキリ出来たし、
時にはモヤッともした。

これが非常に楽しかったです。

そして、
チームメンバーでその気持ちや思いを共有する時間を
合間合間に作る事が出来ていたのも良かったです。

★北海道チームの日常シリーズ★
北の国から〜2016・夏〜
北の国から〜2016・秋〜
北の国から〜2017・冬〜


そんなサロン運営も
もう少しで終わってしまうのか…(´;ω;`)

と思っていた、冬の入り口。

北海道チームのサポートをしてくれていた
細川朋美さん(ともみん)が、

『みきてぃーさ、
サミットの広報やってみない?』

と声をかけて下さいました。


え!?
まだ携われるの!?

YES以外の選択肢が見つからない!!!

…という事で、
今現在こうやって
サミット広報チームのみきてぃーとして
関わらせて頂いております。

サロンの全体サポートチームメンバーの中に
ポンと入っての参画なので、
『勢いで手を上げたけど大丈夫か!?』
と思った事もありましたが、
私が大丈夫じゃなくても
周りが大丈夫以上のメンバーなので、
(上手な日本が見つかりません…)
安心して活動しています。

思い付きでパーンと発したものに対し、
色んな視点から意見を頂いて
ブラッシュアップされていく様子なんかは
受けていて本当に気持ちがいい!!


サミット当日、
残念ながら会場に足を運ぶ事は出来ないのですが、
その日までに出来る事。
その後になって出来る事。

指を咥えて見てるんじゃなく、
遠隔地だからこそより一層介入して、
今度のサミットを盛り上げたいと思っています!!

当日の様子も
Twitterで追いながら楽しみたいです♪

【NECワーキングマザーサミットTwitterアカウント】

@wm_salon
※サロンのご感想やサミット当日の様子を是非ツイートして下さい※
#WMS8期 #WMSS2017 #ワーキングマザー

サロンのご感想には、
是非#WMS8期を。
サミット当日は、
是非#WMSS2017を。
そしてすべてのツイートに
#ワーキングマザーを付けて、
まだマドレボニータの活動自体を知らない方達にも
届けてもらいたい
なと思いますので、
ご協力お願いいたします。


ちなみにNECワーキングマザーサミットは
現在キャンセル待ちにてお申し込みをお受けしていますので、
気になる…という方は
お気軽にお問合せ下さい。

どうぞ宜しくお願い致します!!



●〇●第8回NECワーキングマザーサミット●〇●

◆日時◆
2017年1月28日(土)13:30〜16:30 (開場13:00)
◆会場◆
Impact Hub Tokyo イベントスペース
→東京都目黒区目黒2-11-3 印刷工場ビル1階
 https://goo.gl/maps/oLqS4tPzTwo
◆交通◆
JR・東急目黒駅 西口より徒歩10分
◆対象◆
どなたでもご参加いただけます
年齢・性別・職業・状況などに関わらず、「子育てしながら働くこと」に関心がある方。
生後90日以内(※2016年10月30日以降生まれ)のお子様は一緒にご参加いただけます。
◆参加費◆
500円
夫婦・カップル参加大歓迎!!
『産後白書2〜産後から考える働き方』をお渡しします。
※カップルでご参加の方には、『産後白書3〜産前産後のパートナーシップを語る』とのセットでお渡しします。
◆定員◆
70名
要予約/定員になり次第締め切り
※おかげさまでキャンセル待ち分も定員を超えた為、受付を終了致しました


◆◆◆第8回NECワーキングマザーサミット◆◆◆

サミットバナー.jpg

↑画像をクリック↑

お申込みはコチラ
↑コチラをクリック↑

問合せ:NECワーキングマザーサロン・プロジェクト
wmsalon.pj@gmail.com
主 催:NPO法人マドレボニータ
http://madrebonita.com/
協 賛:NEC
http://jpn.nec.com/community/ja/resources/mother.html
協 力:株式会社ここるく
http://www.kokoruku.com/

(文責 NECワーキングマザーサミット2017 広報チーム 田中未希)
※満席【サミット】第8回ワーキングマザーサミットのご案内 [2016年12月06日(Tue)]
おかげさまでキャンセル待ち分も定員を超えた為、受付を終了致しました

◆◆◆第8回NECワーキングマザーサミット◆◆◆

サミットバナー.jpg

↑画像をクリック↑


お申込みはコチラ
↑コチラをクリック↑



第8期NECワーキングマザーサロン
北海道チーム運営メンバーの田中未希と申します。
今回、このサミットの広報として参画しています。
お気軽に
みきてぃー\(^o^)/
とお呼び下さい♪

今年度のNECワーキングマザーサロンは
11月末をもちまして全国各地の全サロンを終了いたしました。

ご参加頂きました皆様には、心より感謝を申し上げます。

そして、今期の締めくくりといたしまして、

2017/1/28(土)

第8回NECワーキングマザーサミット

開 催 決 定 !!





■社会が変わろうとしている今
男女問わず働き方を問われる時代。相変わらず長時間労働は存在しながらも、
国、自治体、企業は、働き方の具体的な改革に取り組み始めています。
一方、私たちはこの状態に、どうしたらよいか、答えを見つけられずにいます。

■その関わりは、あなたから始まる
女性は特に出産、復職といったライフステージの変化のタイミングで、
自身とも、まわりとも、関わり方が変わります。
以前の関わり方に戻る、遠慮して空気を読む、何かしらに合わせられないから諦める、ではなく
"新しく関わり方を創り変える"
関わり方は簡単に変えられない。けれども、まずは一人ひとりが関わり方を見つめ直し、
ビジョンを描き、次の一歩を踏み出すことが、時代を切り拓くきっかけとなるのではないでしょうか。

■リアルな声から見えてくるもの

しかし、母となった女性からは、
復職後の周りとの関わり方の不安・悩み・迷いの声が、多く聞かれます。
その背景には、関わり方を新たに創り出すための会話が成立しにくい現実も見えてきます。

■私たちひとりひとりにできること
社会が変わろうとするこの時に、私たちには、何ができるのか。
小さくてもよいので、一歩を踏み出す、すぐにうまくいかなくても、試行錯誤してみる。
その自分の選択を肯定し、自分を信じる。
このイベントでは、自分自身、夫婦、家族、組織という視点から、関わり方を新たに創り出す働き方、生き方を考えてみます。


こちらのイベントの特徴は、何といっても
男性も参加OKな点です。

なので、カップルでのご参加や男性単身でのご参加も大歓迎です!!



★当日のプログラム★
第1部:プレゼンテーション
「NECワーキングマザーサロン」を紐解く

第2部:みんなで考えよう、語ろう。
わたしから始まる「関係性」


NECワーキングマザーサロンとはまた違った時間を、
私達と一緒に過ごしてみませんか?





第8回NECワーキングマザーサミット

◆日時◆
2017年1月28日(土)13:30〜16:30 (開場13:00)
◆会場◆
Impact Hub Tokyo イベントスペース
→東京都目黒区目黒2-11-3 印刷工場ビル1階
 https://goo.gl/maps/oLqS4tPzTwo
◆交通◆
JR・東急目黒駅 西口より徒歩10分
◆対象◆
どなたでもご参加いただけます
年齢・性別・職業・状況などに関わらず、「子育てしながら働くこと」に関心がある方。
生後90日以内(※2016年10月30日以降生まれ)のお子様は一緒にご参加いただけます。
◆参加費◆
500円
夫婦・カップル参加大歓迎!!
『産後白書2〜産後から考える働き方』をお渡しします。
※カップルでご参加の方には、『産後白書3〜産前産後のパートナーシップを語る』とのセットでお渡しします。
◆定員◆
70名
要予約/定員になり次第締め切り
※おかげさまでキャンセル待ち分も定員を超えた為、受付を終了致しました


◆◆◆第8回NECワーキングマザーサミット◆◆◆

サミットバナー.jpg

↑画像をクリック↑


お申込みはコチラ
↑コチラをクリック↑



是非、全国各地からのご参加をお待ちしております!!
(ちなみに私は当日おりません…)


問合せ:NECワーキングマザーサロン・プロジェクト
wmsalon.pj@gmail.com
主 催:NPO法人マドレボニータ
http://madrebonita.com/
協 賛:NEC
http://jpn.nec.com/community/ja/resources/mother.html
協 力:株式会社ここるく
http://www.kokoruku.com/
| 次へ