CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« WMS2016_東京東 | Main | WMS2016_目黒»
プロフィール

WMSプロジェクトさんの画像
WMSプロジェクト
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
リンク集
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/wms/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/wms/index2_0.xml
【開催報告】11/27(日)第8回品川チームサロン@武蔵小杉 [2016年12月07日(Wed)]
こんにちは!品川チームのなおちん、こと青木奈央です。
15267680_1204963672905116_4946221927464300257_n.jpg

(右から3番目が私です)

品川チームでは、11月20日@荏原町に続き、
11月27日@武蔵小杉でも今期最後となるサロンを開催しました〜exclamation×2

今回は、赤ちゃん2名も参加してくれ、総勢13名(内運営メンバー4名)でのサロン開催となりました。
品川チームのサロンは、進行役のもとこさんのネットワークによる参加者の多様性ぴかぴか(新しい)が特徴的です。
今回のサロンにも、産後の女性はもちろんのこと、
これから結婚や出産を考えている女性も参加してくださり、
現在進行形の悩みなどから、将来に対する不安や疑問など、
様々な立場からの活発な意見交換・質疑応答で活気溢れるサロンとなりました。

まずは「初めまして」の自己紹介から。
サロンにいらした動機はみなそれぞれ。
これからこのメンバーで行うサロンがどんなサロンになるのか、期待が膨らみます黒ハート!!

自己紹介に続き、“Good&New”というワークから行います。
直近24時間のGood&Newをシェアすることで、隣の参加者との距離が徐々に縮まっていきます。

メインとなるワークは“シェアリング”。
「人生」「仕事」「パートナーシップ」からテーマを選び、自分の幸せを象徴する絵から
、派生してくる様々な今の想いを言葉に出してシェアリングします。時間は3分。
参加者の皆さんの真剣な様子が伝わってきます。
15134747_1232936026787149_5785651344044567977_n.jpg

最後は参加者全員で“全体シェアリング”を行います。
全体シェアリングには運営メンバーも参加させて頂きましたグッド(上向き矢印)
ワークを通じて感じたこと、自分の中で起きた変化などのシェアに加え、
今回のサロンでは特に今後に関する疑問や悩み、仕事のスタイルに関する質疑応答が活発に行われました。

シェアリングにて、ご参加者の方々から頂いたご発言で特に印象的だったものをご紹介したいと思います。

□後悔しない生き方
長期間の治療の末、諦めかけたときに子宝に恵まれたというご参加者からは「働いていたい」という
ご自分の気持ちと、「子供との時間を大切にしたい」という気持ちがあることを話してくださいました。「仕事も子育ても後悔しない生き方をしたい」という言葉に強い気持ちを感じました。


□「子供の人生」
現在第二子の育休中のご参加者からは、ハードに働いてきた自分を振り返り、
子供との時間を大切にしようと託児のスタイルを変えてみたものの
お子さんの反応は意外にクールで、
「子供にはすでに子供の世界があり、子供の人生があると感じた。」という言葉が印象的でした。

□「フリーランス」という選択
正社員からフリーランスという働き方にシフトされたというご参加者に多くの質問が集まりました。
フリーランスのプラス面とマイナス面について率直に語って下さったのですが、
実はフリーランスという選択をするに至るまでには長い葛藤があったそうです。
サロン後に
「なぜそのような選択をするに至ったのか、
それまでの葛藤についてもっとシェアすれば良かったかも。」
とおっしゃっていました。

□「フルタイムを諦めないで!」
お二人のお子さんの育児をしながらお医者様というハードなお仕事をされてきたという
ご参加者からは、「お金は大事。フルタイムを諦めないで!」と熱いメッセージがありました。
夜勤あり、緊急手術ありという勤務の中、続けてこられたのは
パートナーの多大なる協力があってのことだったと。
女性が母となって働いていく上で、パートナーも重要な要素であることを改めて感じました。

□「妊娠・出産に対する不安や怖さ」
いつかは子供を産みたいという考えはあるものの、
妊娠期間中の飲食制限や身体的負担への不安、また出産への怖さから
なかなか前向きに考えられないという思いを打ち明けてくれたご参加者。
出産も含め、人生の設計・選択は本当に人それぞれだと思います。
このサロンが、ご自身の中にある気持ちやパートナーとじっくり向き合う機会になりますように揺れるハート


□「自分を主語にした生き方」
職場で労働環境施策に携わっており、ワーキングマザーの方々との交流も多いという
ご参加者からは
「母になると子供が中心となり、“私”を主語にした生活が難しくなるのかもしれないけれど、
大切にしている趣味も継続しながら“私”を主語にした生き方をしていきたい」
という素敵な想いをお話して下さいました。
うんうん、母になるとついつい子供の話が多くなり、“私”の話は少なくなりがちです。
意識することってとっても大事ですねぴかぴか(新しい)!!

 

今期の品川チームのサロンはこれで終了となります。全8回、沢山のご参加者との出会いに感謝いたします。
ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました!
15253475_1129988850455028_268874459737920557_n.jpg

(文責:青木 奈央)
【開催報告】11/20(日)第7回品川チームサロン@品川区荏原町 開催しました! [2016年11月27日(Sun)]

こんにちは。
品川チームのわか(小林和夏)です。
右側手前が私です。
荏原町写真_ランチ中.jpg

11月20日、品川チームで7回目となるサロンを品川区の荏原町で開催しました

今回は赤ちゃんとご一緒の方の参加はなく、大人だけのサロンになりました。


サロンは、
自己紹介→二人ワーク→全体シェアリングという流れで行います。
この日は、私も含め運営メンバーも全員最初から入らせていただきました。


まずは準備体操から。

骨盤や肩の位置を直してキレイな姿勢になるための体操です。体がほぐれると、頭もジーンとして全身に血が行き渡り、さあ、ワーク開始です。

荏原町写真_準備体操_リサイズ.jpg

自己紹介。

「自分は何をしたくてこのサロンに来たのか」
話したいのか、聞きたいのか、気持ちの整理なのか、最初から自分と向き合う時間です。


そしてGood&Newで24時間以内にあったいいことを1分以内に10個書き出す。
これがなかなか難しいことなのですが、この日は、なんと5人以上の方が10個書けたとのこと。すごいです!!

その後、隣の人に自分のGood&Newを紹介します。
たまたま前の日にイベントがあったから書けたけど、平日だったら書けなかったかもという声がありました。

いえいえ、このワーク自体に脳を活性化させる仕組みがあるのです。

テーマを決めること時間を区切ることが集中力をグッと上げる秘訣だそうです。このワーク以外でも使えますよね。

荏原町写真_ワーク中_リサイズ.jpg

最後にメインの全体シェアリング。
「母となってはたらく」を人生、仕事、パートナーシップという3つの中から1つテーマを選びます。まずは一人で考え、ペアワークをし、全体でシェアリングという流れです。「自分」を主語に話します。

この日のサロンは深い話が目白押し。共感できる内容が盛りだくさんでした。
すべては書ききれませんが、いくつかピックアップさせていただきます。


●仕事を続けてきた理由
ずっと仕事を続けてきた女性。結婚したら仕事を辞める時代、ましてや子供が生まれたら・・の時代に、夫は仕事を辞めろと言わなかった。
自分は仕事が好きだし、辞めろと言われないから続けている。
育児、家事、仕事のバランスに悩むと、仕事が続けられるのか不安になってしまう。でも、こんなシンプルな考え方もあったのかとはっとさせられました。
仕事をテーマに話してくださったけれど、実はパートナーシップの話でもあるのかなぁと感じた場面でした。


●家族と関係ないところに友達がいる幸せ
働いていることで、家族と関係ないところに友達がいるのって幸せだという声に、参加者の皆さんうんうんと強く頷く姿が。


●何のために仕事をするのか
自分は、いわゆるキャリアウーマンではない。だからこそ、何のために仕事をするのかの壁にぶつかることがある・・・
でも、心のバランスをとるため自分のために仕事をしていてもいいんだと思えた。
私自身もこの壁にぶつかり、悩んだことが何度もあり、個人的にとーっても共感する発言でした。


●経済力を持つこと
「やりたいことはやっているが、自分で経済力をもちたい」という専業主婦の方の声。

今後の行動につなげる強い意志が感じられた発言でした。

そして私自身も、サロンが終わってから、経済力を持つことの意味を改めて考えてしまいました。


●母の影響を感じる

今回のサロンでは、お母さんの影響を感じるという声がとても多かったのが印象的でした。
自分も子供の母として影響を与えていると思って今の行動につなげたい。
自分の母親がよかった、悪かったという段階は過ぎ、自分の行動につなげようという姿勢がどの方の発言にもあり、素敵だなと思いました。


あっという間の2時間で、進行役のもとこさんから「そろそろお時間が……」の声に皆さんまだまだ話し足りないという表情でした。


終わってみて、久しぶりに自分のことを話したという方も。
子育てが中心の生活だと、どうしても自分を主語に話すことが少なくなってしまいます。

でも、自分を主語に、どうしたいかを話すことが実は今抱えているもやもやを解決する鍵になってくれることをサロンは教えてくれます。

荏原町写真_集合写真_リサイズ.jpg

最後まで読んでくださってありがとうございました。


(文責:小林和夏)

※満席になりました【品川】11/27(日)第8回サロン@川崎市中原区のご案内 [2016年11月12日(Sat)]
こんにちは!

品川チーム運営チームの青木奈央です。

品川チーム.jpg

(一番右が私です!)


品川チームでは、今月は20日@荏原町に続き、27日にも@武蔵小杉にてサロンを開催いたします!!


「NECワーキングマザーサロンって何するところなの?」

って思われる方、多いと思います。


母となって働くことへの不安、心配。

母となって働いている現状に対するいろんな気持ち

一言では言い表せず、伝えるのも難しい、そんな気持ち。
日々の忙しい生活の中では、なかなか自分の気持ちに向き合う時間もないと思います。

気づけば自分の気持ちはどこかへ押しやったまま、でも根雪のように溶けることもなく積み重なっていく・・・悶々。。。ふらふら

なんてことはありませんか?


サロンは、そんな自分の気持ちに向き合う場所です。

週末のひと時を利用して、自分に向き合ってみませんか?

ちょっと時間があるから行ってみようかな?という気軽な参加、大歓迎です!

もちろん初めての方も、これまでサロンに参加されたことのあるリピーターの方も、大歓迎です揺れるハート
沢山の皆さんのご参加をお待ちしております!

以下サロンの詳細ご案内です。


 
NECワーキングマザーサロン☆品川 第8回


==================



●日時 2016年11月27日(日)9:45〜11:45(受付9:30〜)


●場所 小杉町3丁目町会会館

JR/東急東横線 武蔵小杉駅徒歩5分
(中原区役所の真ん前です)


●定員 10名

生後210日以内のお子さまと同伴での参加が可能です。

 ・お誕生日が2016年4月24日以降の赤ちゃんはご一緒に参加できます。

 ・4月23日までに誕生したお子さんは信頼できる方にお預けいただき、単身でご参加ください。


●参加費 500円

資料として『マドレ式ワーキングマザーの教科書』をお渡ししています。



●対象

「母となってはたらく」ことについて考えたい女性どなたでもご参加いただけます。

今働いていなくても、結婚出産されていない方も大歓迎です!


●お申し込み ※満席になりました

こちらの専用フォームからお申し込みください。


受付完了後、こちらからご連絡さしあげます。


●その他 お問い合わせなどありましたら、WMS品川までメールをお願いいたします。


メール: wms8shinagawa@gmail.com


ぜひお知り合いの方にもご紹介ください!



文責:青木奈央
【品川】11/20(日)第7回サロン@品川区のご案内 [2016年11月06日(Sun)]
こんにちは。
品川チーム運営メンバーの増田理央です。

13912862_1010251972426325_7861979547852348040_n.jpg
(後列一番右が私です)

7月からスタートした品川チームのサロンも今回で7回目。
これまでのサロンでは、
ワーキングマザーだけでなく、専業主婦の方、学生、未婚の方、育休・産休中の方…
いろいろな立場の参加者の方々と一緒に
「母となってはたらく」を考えてきました。

参加しようかどうしようか迷っている方、
具体的な悩みが分からなくもいいです。
なんとなくモヤモヤしている、これがポイントです。

そのモヤモヤを、サロンで自分の気持ちと向き合って、
それを言葉にすることで、
そして他の参加者との相乗効果で、
少しずつ明らかにしてみてください。

私が初めてサロンに参加したとき、
「自分はどうしたいのか」という考え方に出逢いました。

え、それって当たり前の考え方じゃないの?
と思う方もいるかもしれませんが、

そのときの私は、
(母となったのだから)
「○○しなくちゃいけない」
「みんな○○しているから自分もそうした方がいい」
「夫が○○してくれない(不満)」
という考え方が先行して、家事や仕事、育児についても
義務感や不満が強く、しかもその考え方が負であるということに
気付いてさえいない状態でした。


そういう考え方は、前向きじゃない、楽しくないな、と。

自分は何をしたいのか、とゆうことを自分主体で考えて、自分で行動すること。 
しなくちゃいけない、じゃなくて。 
誰かがしてくれない、じゃなくて。 


「母となってはたらく」
――――もう、それぞれにいろーんな想いがありますよね。

だからこそ、サロンで気付く「何か」も、
参加者それぞれで違っていて、
ご自身で気付いたその「何か」が、生活を少しでも明るくしてくれると信じています。
そしてそして!地域でつながり、仲間をつくれるのもサロンの魅力です。


ようやく本題…品川チーム、次回のサロンのご案内です。

=====================

NECワーキングマザーサロン☆品川 第7回

=====================


●日時 2016年11月20日(日)9:45〜11:45(受付9:30〜)



●場所 荏原第四区民集会所 和室

荏原町駅徒歩1分

http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000005700/hpg000005648.htm

●定員 10名

生後210日以内のお子さまと同伴での参加が可能です。
 ・お誕生日が2016年4月24日以降の赤ちゃんはご一緒に参加できます。
 ・4月23日までに誕生したお子さんは信頼できる方にお預けいただき、単身でご参加ください。


●参加費 500円

資料として『マドレ式ワーキングマザーの教科書』をお渡ししています。


●対象

「母となってはたらく」ことについて考えたい女性どなたでもご参加いただけます。

今働いていなくても、結婚出産されていない方も大歓迎です!


●お申し込み 
こちらの専用フォームからお申し込みください。

受付完了後、こちらからご連絡さしあげます。


●その他 お問い合わせなどありましたら、WMS品川までメールをお願いいたします。

メール: wms8shinagawa@gmail.com


ぜひお知り合いの方にもご紹介ください!



文責:増田理央
【開催報告】 10/29(土)第6回サロン@茨城開催しました!  [2016年11月05日(Sat)]
こんにちは。 

品川チーム運営メンバーの増田理央です。 



今回は…!茨城県日立市での出張サロンを開催しました〜!! 



茨城は進行役・もとこさんの地元。 

茨城における女性の就労の難しさや、子育てのために離職したあと、 

もう一度仕事に復帰したいと考えつつもモヤモヤしている女性たちと一緒に 

「母となって働く」を考えたい、という想い。 



そして、 



茨城キリスト教大学 地域連携センター長でいらっしゃる中島美那子准教授の 

多大なるご協力のもと、今回の出張サロンが実現しました。 



14639679_1120020428073709_7646927051836038229_n.jpg



後列の真ん中で赤ちゃんを抱っこしている笑顔の素敵な中島先生。

会場提供から有資格のスタッフの方々による託児の手配などなど… 

本当にお世話になりました。 

(ちなみに私は後列の左から2番目)



通常のサロンでは、生後210日以内の赤ちゃんは同伴で参加していただけるものの 

専門スタッフによる託児は行っていません。

が、今回はスタッフの方々のお陰で1歳〜6歳までのかわいいお子様連れの参加者も多く、

いつもとは少し違った、わいわい・ほんわかとした雰囲気。


託児スペースはこんな雰囲気るんるん

14725679_1113279872118738_4866794811061630094_n.jpg



とは言え、サロンがスタートすると、 

皆さん母の顔から、少し緊張した一人の女性の顔に。 



さて。今回のサロンは、 

「(運営メンバーを除く)参加者全員が専業主婦、未就労、もしくは育休中」という 

メンバー構成。 

どんなサロンになるのでしょうか。 



まずは恒例のストレッチで、場の雰囲気が和みます。 


14900443_1120019248073827_5291335486483224362_n.jpg



自己紹介では、いつか仕事に復帰したときのために、 

「育児と仕事の両立」について聞きたいという声が多く。 



「GOOD&NEW」は、この24時間内にあった 

嬉しかったことを書き出してペアで報告をしあうという簡単なワーク。 

簡単な、とは言っても、「自分自身のことを見つめる」 

「まとめて人に伝える」ことって、結構難しいよなー、と改めて認識しました。 



そしていよいよ「母となって働く」を考えるワークへ。 

まずは自分自身とよーく向き合って、そしてペアで、最後はみんなで、語り合います。 

  

”育児と仕事の両立” 



「子供の病気で月に何日も会社を休まなければならず、 

しかも時短だからますます新しい仕事を覚えられなくてやきもきしている」 

「職場で迷惑を掛けるようなことは、お互い様だと思う。子どももずっと手がかかる 

訳じゃない。今はそういう時期だと思ってやり過ごすのも手」 

「同じワーキングママ同士で、あの人はこうなのにこの人はこう(例えば時短の取り方とか)、 

という風に比べられるのが嫌。それで時短を使いづらいのもある」 

「前の職場に戻ってきてと誘われるが、家庭の事情もあるし、でも戻りたい気持ちもあるし、 

常に迷っている」 



「仕事復帰した場合、どういうサポートが利用できるのか」 

については、 

「ファミリーサポート」という具体例が出て、地元ならではの情報共有にもなっていました。 



”仕事とは?” 



「専業主婦はそれだけでひとつの仕事だ」 

「でもやっぱり、働いてお給料をもらうことで認められると感じる」 

この感覚については、やはり現・専業主婦と仕事を持つ母とでは少し違いがあるような。 



”いつかのために” 



「いつかは働きたいと思っているけれど、自分が何ができるか分からない」 

「自分の育った環境のこともあって、将来は不安のないようにお金を稼ぎたい。 

そのためにも何か資格をとろうかとも思うけれど、じゃあどの資格なのかということは分からない」 



不安をのぞかせつつも、いつか働きたいという前向きな気持ちは一緒で。 

ただ、「いつ」「何を」「そのために今、何をする」ということにモヤモヤがあるようでした。 



そして、 

「今、働けているのなら、辞めないで頑張ってほしい」というニュアンスの 

言葉を聞いて、働けるということが当たり前なことではないということを強く実感し、 

私自身、自分の考え方が大きく変わった体験でした。 



今回、たくさんの参加者の方々の言葉の端々から感じた 

「働く」ということへの切望のようなものを、とても新鮮に受け止めました。 



また、サロンを通じて 

「仕事をしていた時に頭をフル回転させていた感覚が蘇ってきて楽しかった」 

と言ってくれた方。 

飛び入りで参加してくれた学生さんは 

「仕事ということを漠然と考えていたけれど、皆さんの話を聞いて少し実感が持てた」 

と思ってくれたそう。 

更に、NECワーキングマザーサロンがボランティア女性で運営されていることを知り、 

自分も運営メンバーになりたいと言ってくれた方もいて。 

運営メンバー一同、感無量でした。 




サロンを通じてすぐに「はい、これが具体的な打開策ですよ」、 

となる訳ではなくて(なる場合もありますが)。 



ただ、「自分はどうしたいか」ということを、日常の生活にのまれずに考え抜くきっかけになったり、 

考え方のヒントを得たり、話ができる仲間ができたりして、 

それが次には具体的な打開策に繋がっていくのだと思います。 



環境や状況が違っても、「母になって働く」を考えるのは必要なことで、 

また気付きも多いということを感じた茨城サロンでした。 


中島先生、スタッフの皆様、大変お世話になりました!

14523013_1120020871406998_3705895399933815669_n.jpg 



さてここからは、次回サロンのご案内です。

=====================

NECワーキングマザーサロン☆品川 第7回

=====================


●日時 2016年11月20日(日)9:45〜11:45(受付9:30〜)



●場所 荏原第四区民集会所 和室

荏原町駅徒歩1分

http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000005700/hpg000005648.htm

●定員 10名

生後210日以内のお子さまと同伴での参加が可能です。
 ・お誕生日が2016年4月24日以降の赤ちゃんはご一緒に参加できます。
 ・4月23日までに誕生したお子さんは信頼できる方にお預けいただき、単身でご参加ください。


●参加費 500円

資料として『マドレ式ワーキングマザーの教科書』をお渡ししています。


●対象

「母となってはたらく」ことについて考えたい女性どなたでもご参加いただけます。

今働いていなくても、結婚出産されていない方も大歓迎です!


●お申し込み 
こちらの専用フォームからお申し込みください。

受付完了後、こちらからご連絡さしあげます。

●その他 お問い合わせなどありましたら、WMS品川までメールをお願いいたします。

メール: wms8shinagawa@gmail.com


ぜひお知り合いの方にもご紹介ください!



文責:増田理央
※満席です※【品川】10/29(土)出張サロン@茨城のご案内です [2016年10月23日(Sun)]
こんにちは。

品川チームのみきてぃ、こと大谷美樹です。


14469449_1140104559391028_5437644152315043216_n.jpg


写真右が、われらが品川チーム、癒しの進行役もとこさん。左が私です。

社食でランチをしたときの写真です(この日のメニューは鯖の塩焼きでした)。


さて、さっそくですが、品川チーム出張サロン@茨城のご案内です。


========================

2016年10月29日(土) 13:00〜15:00

@子育て支援アンネローゼ

(茨城キリスト教大学 子ども未来研究所 構内施設)

========================


今回は、進行役もとこさんの出身地でもある茨城での開催ですexclamation


茨城では、女性の就労はとてもハードルが高いそうです。

また、子育てが落ち着いたら働きたいという思いを持ちながらもやもやしている女性が大勢いるようです。

そんな地元でサロンを開催したい!というもとこさんの思いがきっかけとなり、今回の出張サロンの開催が決まりました。


そして、今回は大学での開催ということで、女子大生ともコラボしますexclamation


私が学生だった頃は、「母となってはたらく」ことについてなど少しも考えたことがありませんでした。

実際にワーキングマザーになって、課題に直面しながら後手後手に対処しているのが現状です(対処しきれていないかもあせあせ(飛び散る汗))。


就職活動のときに、「母となってはたらく」ことについて少しでも考えておけば、あるいはワーキングマザーの実態を少しでも知っておけば、ちょっとは違ったのかな〜と思っています。


ただ、本やインターネットの情報だけをもとに考えすぎてしまって、「母となってはたらく」ってとても大変なんだ…できるかな…と不必要な心配を抱いてしまうのもNGです。

不必要にがんじがらめになって、自分の選択肢を狭めてしまうのはもったいない手(グー)


今回もさまざまな立場の女性が集まることで、参加者それぞれにとって新鮮な気づきがあるといいなと思いますひらめき


=======================

NECワーキングマザーサロン☆品川 茨城出張編

=======================


●日時:2016年10月29日(土)13:00〜15:00


●場所:子育て支援アンネローゼ

(茨城キリスト教大学 子ども未来研究所 構内施設)


アクセス:JR常磐線 大甕(おおみか)駅隣接  http://www.icc.ac.jp/anne/pdf/map.pdf



●定員:10名


お誕生日が2016年4月2日以降の赤ちゃんはご一緒に参加できます。

4月1日までに誕生したお子さんは信頼できる方にお預けいただき、単身でご参加ください。


なお、隣室に託児設備と有資格者の託児スタッフを手配いたします。

託児希望の方はフォームのその他コメント欄に人数と月齢をご記入ください。


●参加費:500円


資料として『マドレ式ワーキングマザーの教科書』をお渡ししています。


●対象:「母となってはたらく」ことについて考えたい女性どなたでもご参加いただけます。


今働いていない方も、結婚出産されていない方も大歓迎です!


●お申し込み:こちらの専用フォームからお申し込みください。


受付完了後、こちらからご連絡差し上げます。

 ※※満席となりました※※


●その他:お問い合わせなどありましたら、WMS品川までメールをお願いいたします。




ぜひお知り合いの方にもご紹介ください!


文責:大谷 美樹
【開催報告】 10/15(土)第5回サロン@品川荏原開開催しました! [2016年10月16日(Sun)]
10/15(土)第5回サロン@品川荏原開催報告

こんにちは。品川チーム運営メンバーの野地りえです。
今回は武蔵小山から徒歩5分、商店街を突き抜けた先にある
荏原第一区民集会所でサロンを行いました。

品川チームなのに今までずっと他区開催だったのですが、
今回ようやく品川区での開催を実現しました。
めでたしめでたし。パチパチ〜ひらめき
さて、毎回10名を定員としてきましたが、今回は何と5名exclamationの少数精鋭での開催です。

13912862_1010251972426325_7861979547852348040_n.jpg
後列右から2番目が私です

広〜い和室の中央に集まり、開放感のある空間に進行役もとこさんの
小鳥の様なささやきと波音のBGMが響きます。
リラクゼーションマッサージ店さながらの落ち着いた雰囲気に、
思わず眠気を覚えてしまう眠い(睡眠)のは私だけexclamation&question

今回は人数が少ない分参加者同士の距離が近く、
密度の濃いサロンになったと思います。
サロンでは生後210日までの赤ちゃんは同伴出来る事になっていますが、
この日は皆さん単身での参加。
赤ちゃんの居る風景も場が和んで良いですが、
大人だけだと真剣な表情が垣間見れてこれまた良いですね〜ハートたち(複数ハート)

まずは恒例のストレッチから始めます。

14695421_227495151001174_1615940286435429719_n.jpg

身体がほぐれた所で自己紹介を順番にして行きます。
サロン参加の動機は、
産後の働き方を話し合いたい
という方から
復職を控えての気持ちの整理をしに来た
という方、
家事と育児に忙殺される中での自分の時間の作り方を参考にしたい
方など様々。

最初のワークはGood&New
今から24時間以内にあった“自分にとっての良い事”を10個まで挙げてみます。
いつもは限られた時間の中で10個書き切れる人は少ないのですが、
この日は何と3人もいて進行役もびっくり!


14563317_227494857667870_5929490956682949620_n.jpg

人は“時間を制限する”&“テーマを持つ”ことで
通常よりも集中力を発揮できる
そうです!ほほぅ〜

次にシェアリングというワークへと進みます。
人生・仕事・パートナーシップ
の中から1つを選んで“
母となって働く
”を語る時間です。

母としての自分から離れ、
一人の大人として自分自身の事を語る参加者の顔は輝いてぴかぴか(新しい)いて、
ペアの方も楽しそうな笑顔で聞いて耳います。

それぞれが自分の思いを見つめ直し、
悩み・葛藤・希望何でも言葉にして表しています。

その中で印象的だったお話を紹介しますと…

二人目の出産を控えて産休中の方。
二人の子供を抱えて職場復帰した時の事が今から不安あせあせ(飛び散る汗)
でしょうがないとのお悩み

それに対して、ワーママベテランの参加者からは、
仕事と子育てを夫婦だけでこなそうとしても限界がある。
身内が近くに居なくても、
保育園や近隣のママ友を大いに頼って良いんだよ。
みんな同じ様な体験をしてるから、
どんなにぶざまな姿を見せても気にする人なんて居ない。
困った時はお互い様なんだから。
とのお言葉exclamation
これには私もビビッと来ちゃいました〜exclamation
アフリカのある種族の共同で子育てする姿が思わず脳裏に浮かびましたね。
(注釈:この種族、仲間がみんな一緒に子育てするのが当たり前で、
それが人間本来の子育ての姿なんだそうです!)

14681623_227494587667897_2118182115366322262_n.jpg

更に
パートナーの親御さんが孫の世話に積極的過ぎて戸惑っているたらーっ(汗)との体験談

これを聞いて発言したい衝動に駆られた私
実は私もパートナーの親戚とのつきあいに悩んでて…
と思いの丈をぶつけちゃいました!

他の参加者からは
「今まで不思議な事に親戚の話題は出てきた事が無く、新鮮で驚いた
また、
「親戚づきあいの何が不安なのか、まだ自分の中で整理出来てないんじゃない?」
と言われ、はっ目と目が覚めた私

そういえば不安材料を具体的にクリアに出来ていないかも…

よし、このもやもやを持ち帰ってもう一度よーく掘り下げてみようexclamation×2

と心新たに決心したのでした。わーい(*^_^*)


自分を主体として物事を考える

これって簡単なようで凄く難しいあせあせ(飛び散る汗)
時には抵抗や罪悪感を感じてしまったり…バッド(下向き矢印)

でも、
母となってからも自分自身に目を向けて“私”を主人公に生きて
行く
事は大切だし必要な事なんだなぁ

こんな風に改めて考えさせられるサロンだったと思います。

以上、第5回目サロンの開催報告でした!

(文責:野地りえ)
14691015_227494414334581_8695999247903746299_n.jpg

●その他 お問い合わせなどありましたら、WMS品川までメールをお願いいたします。

メール: wms8shinagawa@gmail.com


11月の予定も近々upしますひらめき楽しみにお待ちくださいわーい(嬉しい顔)

※満席になりました【品川】10/15(土)第5回サロン@品川荏原のご案内&第4回@渋谷の開催報告 [2016年09月15日(Thu)]
こんにちは。
品川チーム運営メンバーの袴田里美です。

今回は第5回サロン@品川荏原のご案内と、
第4回サロン@渋谷<アイリス>での開催報告を
同時にさせていただきます。

次回は5回目にして、なんと初の品川開催ですw(品川チームなのに!)
第5回サロン@品川荏原の詳細・お申込みについては
末尾に記載させていただきました。
今すぐ申込したい!という方はこちらからどうぞ!

ではまず、先日の第4回サロン@渋谷<アイリス>の
開催報告をさせていただきます。

品川チーム4回目のサロンは初の渋谷進出!
「渋谷男女平等・ダイバーシティセンター<アイリス>」
の会場をお借りして開催しました。

14249913_1089821494420618_2279366535858079198_o.jpg
今回の運営メンバー☆左から2番目が私です。

余談ですが、このアイリスでは、市民の法律相談だけではなく、
LGBTなどのセクシャルマイノリティの相談窓口も兼ねているとか。
渋谷区ならではの取り組みだなぁと感心しました。



さて、今回はご覧のメンバーが集まり、満員御礼
10名でのサロン開催となりました。

14232050_1089819744420793_7688743638329517896_o.jpg

今回は赤ちゃんの同伴がないのもあり、ぐっと大人な雰囲気なサロンになりました。

まずはいつもの10秒自己紹介から始まり、
美しい姿勢を保つストレッチへ。
あちこちで「肩が…!」「ひぃ〜!」等といった
悲鳴が聞こえてきます(笑)(←私も含め!)
進行役のもとこさん、「もっともっと〜!あと15cm後ろへ〜☆」と声は穏やかで
ふんわりしているのですが、この時ばかりは鬼のように見えた瞬間でしたw
美しい姿勢をキープするのって、難しい!!

14242292_1089818137754287_4362128754324368200_o.jpg

次に、24時間以内にあったいいことをシェアするGood&New
【仕事】【人生】【パートナーシップ】について一つテーマを選び、
語っていくワークへとテンポよく進んでいきます。

14324386_1089818681087566_600689142707202260_o.jpg

そしていよいよ全体シェアリングへ。

皆さんの言葉、どれも印象深かったのですが、
特に考えさせられたトピックを3つあげます。

◎男女逆の立場だったら悩まないのに

「女性は考えなければならないことが多い。
同じことを男性がやってもなら何も言われないのに。
女性がやると何か言われる。」
夫婦逆の立場だったら悩まないのに、というもどかしさを
感じたというトピックに対し、話が盛り上がりました。

お子さんが2歳の時に社会人大学院に行き、修士を取得された方、
妊娠・出産・育児をはさみながらも資格取得・転職をかなえた方からは、
大変な思いや周囲からの理解を得る苦労もしたけれど、
「自分がどうしたいかが大事」
「自分の気持ちに正直に生きて欲しい」
「イキイキとやりたいことをやっている母の姿を子供も見ている」
と、意志を貫いた経験を笑顔で話してくださいました。

いろいろ迷うこと悩むことあるけれど、
やりたいこと・好きなことをやって、
イキイキとしている母の姿を子供に見てもらうことで
子供にも理解してもらえるんじゃないか、
子供の成長にもつながっていくんじゃないか。
ワーキングマザー1年目、日々葛藤しまくりの私にとっても、
悩んだ時に答えを導き出す一つの軸を発見できた気持ちになりました。

◎相手(パートナー)はエスパーではない

パートナーと面と向かって会話してもちゃんとした返事が返ってこない、
という話題の中で、LINEの方がスムーズだからそれが定着しているという
参加者の方。
「パートナーシップの話になるとなぜか涙が出てきてしまう」
と心の奥の気持ちを吐露してくださいました。

涙が出てくるから、パートナーシップの話題は避けたトピックを
話すけれどもやっぱり避けては通れない。
心のうちを言葉に出していく中で、パートナーと
「ちゃんと話さなきゃ」ということにご自身で改めて気づかれていったようでした。

そこから広まった「パートナーシップ」に対する話題。
「相手はエスパーではない」
「自分で勝手に納得して終わらない」
「できること・できないこと含め相手にはちゃんと開示することが大事」
という暖かく励ましあう言葉が飛び交いました。

◎準備万端で復職する人はほとんどいない

昨年度出産し育休中だったが、すぐに入るのは無理だと思っていた
保育園から入園許可があり、急きょ来月から復職することが決まった
という参加者の方。望んでいた復職だったけれど、急すぎて、ここ
最近ずっとパニックに陥っているという話を打ち明けてくださいました。

そこに進行役のもとこさんが、
準備万端で復職する人ってほとんどいないのでは。
準備万端の復職でなかった方、話をシェアしていただけますか」
と他の参加者に問いかけ。

それに対し、学生時代に思いがけず妊娠、休学を経て
就職したという参加者の方から、
「困難な状況でも、まず何を軸にして働きたいと思い続けられるか。
自分の場合は「応援してくれた人への感謝や恩義」。
それを見つけることがまず一番大事だと思う。」
という、困難な経験からの力強いアドバイスがありました。

進行役のもとこさんが最後に、
「うまくやっている方法を情報収集することや、何とかなるもんだよーと
いうきれいな励ましだけでは、不安という気持ちが根本から消えることはない。
この場にすぐ役立つ答えはがあるかはわからないけれど、
何を大事にしていくか、どうして働きたいのかを自分なりに探って、
その気持ちにしたがっていけたらいいのかなと思うのですが・・どうですか?」
と穏やかに問いかけ、その場では結論が出ることなく、終わりました。

・・・

今回も、様々なカタチの「母となってはたらく」体験談がシェアされました。

「私」を主語にして考えること。

大切なことってわかっているんだけど、
育児・家庭生活と仕事を両立し、毎日忙殺されていく中で、
”わかる”と"できる”は違うわけであせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
かなり意識してやっていかなきゃなぁと考えさせられました。

第4回サロンの報告は以上です。


さて、ここからは次回サロンの告知になります。

=====================

NECワーキングマザーサロン☆品川 第5回

=====================


●日時 2016年10月15日(土)9:45〜11:45(受付9:30〜)

【満席です】


●場所 荏原第一区民集会所 和室

武蔵小山駅徒歩5分

http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000007300/hpg000007216.htm


●定員 10名

お誕生日が2016年3月19日以降の赤ちゃんはご一緒に参加できます。

3月18日までに誕生したお子さんは信頼できる方にお預けいただき、単身でご参加ください。


●参加費 500円

資料として『マドレ式ワーキングマザーの教科書』をお渡ししています。


●対象

「母となってはたらく」ことについて考えたい女性どなたでもご参加いただけます。

今働いていなくても、結婚出産されていない方も大歓迎です!


●お申し込み 【満席です】

こちらの専用フォームからお申し込みください。

受付完了後、こちらからご連絡さしあげます。


●その他 お問い合わせなどありましたら、WMS品川までメールをお願いいたします。

メール: wms8shinagawa@gmail.com


ぜひお知り合いの方にもご紹介ください!



文責:袴田里美
【開催報告】8/28(日)第3回品川チームサロン@港区 開催しました! [2016年08月31日(Wed)]
こんにちは。
品川チーム運営メンバーの増田理央です。

8月28日、田町にある港勤労福祉会館にて行われた、
第3回品川チームサロンについてご報告します。

様々な立場にいらっしゃる総勢10名の皆さんに参加していただき、
品川チームの特色である「多様性」の効果が存分に発揮された会になりました。
温かく心に沁みる涙と、それぞれの気付きから生まれる笑顔が印象的です。

14100316_1078168738919227_5656864937443959174_n.jpg
(前列左から2番目が私です)


品川チーム進行役のもとこさん。「癒しのかたまり」と呼びたい。

優しいトーンの声と笑顔で「よろしくお願いします」と始まれば、
少〜し緊張していた場の空気がフワッと和みます。

「母となってはたらく」をテーマに、
ワークを行いながらそれぞれの気付きを得る場のスタートです。


まずは10秒で自己紹介


その後、きれいな姿勢のレッスン。姿勢って大事。
シャンとすると、不思議と気持ちも引き締まります。

14141952_1078164182253016_8017974926948770631_n.jpg

きれいな姿勢のまま、GOOD&NEWという簡単なワークを行います。
24時間内にあった良かったことを二人組で共有するもので、
自然と「自分と向き合う」、「気持ちを言葉にする」ということの
ウォーミングアップができました。

14079566_1078165162252918_5727575198625674197_n.jpg

そしていよいよ「シェアリング」。

3つのテーマ「人生」「パートナー」「仕事」から1つを選び、それを切り口にして

まずは一人で、

次は二人組で、

最後はみんなで、共有します。

本当は、シェアリングの内容をぜ〜んぶ書きたいくらいですが、
さすがに全部は書ききれないので、泣く泣く限定してご紹介します。

二人組のシェアリングで、ペアになった育児の先輩から「生きていればいい」と言われて、
少しいっぱいいっぱいになっていた気持ちがとても楽になった、という方。


「子供や状況はどんどん変わっていくから、それに合わせて自分も夫も変わっていかなくては
ならない。答えはない(その時々で違う)」
というお話に、多くの参加者が「ほ〜」と納得。


「未知は怖いけど楽しい」という名言も飛び出し。
「何が起こるか分からないということは楽しい。今、子供のいる生活が想像できなくても、
未知のことを恐れず新しいステージに挑戦したいと思う」
と語ってくださった方。


今はお子さんはいないという方から、
「保育園に迎えに行ったとき笑顔の子どもにハグされる、そういう幸せな生活を、
自分もそういう風になるのを、こんなに楽しみにしているんだということが分かった」

これを聞いて、ワーキングママ達は涙です。

そうか、保育園での子どもとのやり取りって、そんな風に幸せに見えるのか。
母になる以前の、なったばかりの頃の、そういう純粋な気持ち。
当たり前過ぎる毎日の生活に忙殺されて、思い通りにいかない(いかないに決まってるのに!)
子ども達へのイライラが重なって、つい忘れちゃうんですよね。

「かわいいはずの子どもを、かわいいと思えなくなっていたかもしれない。
子どもに申し訳ない」
と、声を詰まらせながら話してくれた方。

私も、保育園に迎えに行ったときの息子の笑顔が頭に浮かんできて涙がでました。
あの笑顔に会えるのは、本当に幸せなことなんだと、改めて思い直したのです。


保育士経験者の方の
「ママ達にとって命に代えても大切な子供たちを、毎日怪我なく無事に送り返す。
安心できる場所にしたい」
という真摯な姿勢に、

同じく子どもと接する仕事をしている方は
「自分の仕事にもフィードバックできそう!」と嬉しそうに話してくれました。


「夫は今、仕事が楽しいときだから、それをサポートしたいと思っていた。
でも、自分がどうしたいかも考えたい。積み上げてきたキャリアを諦めたくない。
夫も幸せにしたいし、自分も幸せになりたい。そういうことを、夫と話してみたいと思った」

と語ってくれた方。

「育休をとっている自分が、保活とか頑張らなきゃって、ひとりで抱え込んでいた。
なかなか話せる場所もなくて…」
と、最後は声を震わせながら話してくれると、
他の参加者も涙。

一人で抱え込まないで、こうやって話をする場って本当に大事なんだと思いました。

余談ですが、私も育休中は、仕事を休んでいるんだから、
育児も家事もできるだけ私が頑張らないとって思っていました。
子どもが眠っている間にソファでテレビとか。なんとなく罪悪感がありました。
でもそれって、自分で勝手に決めたルールに自分で縛られているだけなんだなって、
別に誰からもそこまで求められていないよなって、
当時同じワークをやったことで私も気付いたことがありましたね。


そんなこんなで、気付くともう終了の時間です。本当にあっと言う間!


サロン終了後も、名残惜しそうに会話を続ける参加者の皆さん。
連絡先を交換したり、有志でランチに行ったり。
そういうネットワーク作りのためにも、いろいろな地域で開催しているサロンです。

今回のサロン会場近くのNEC本社前にて。運営メンバー。
14117760_1115884035146414_7820854481000078892_n.jpg

日頃、心に浮かぶモヤモヤをそのままにしないで、自分としっかり向き合う時間を作ること、
それを「言葉にしてみる」こと。そして、誰かに聞いてもらうこと、誰かの話を聞くこと。
そういう場って、意外と少ないですよね。
「おしゃべり」や「愚痴の言い合い」とは違った、安心して話ができる場。


今回、ご参加いただいたみなさん、どうもありがとうございました。
私も参加者のひとりとして、とても充実した時間を過ごすことができました。


以下、品川チームの第4回サロンのご案内です。

=====================

NECワーキングマザーサロン☆品川 第4回

=====================


●日時 2016年9月11日(日)9:45〜11:45(受付9:30〜)

★8月27日受付開始★


●場所 男女平等・ダイバーシティセンター<アイリス>

渋谷区総合文化センター 8階内

渋谷駅徒歩5分




●定員 10名

お誕生日が2016年2月14日以降の赤ちゃんはご一緒に参加できます。

2月13日までに誕生したお子さんは信頼できる方にお預けいただき、単身でご参加ください。


●参加費 500円

資料として『マドレ式ワーキングマザーの教科書』をお渡ししています。


●対象

「母となってはたらく」ことについて考えたい女性どなたでもご参加いただけます。

今働いていなくても、結婚出産されていない方も大歓迎です!


●お申し込み ★8月27日から受付開始です★

こちらの専用フォームからお申し込みください。

受付完了後、こちらからご連絡さしあげます。


●10月の予定

10/15(土)品川区 荏原第一区民集会所 和室(武蔵小山駅徒歩5分)9:45〜11:45 ★9月16日から受付開始です!★
     →詳細はこちら

●その他 お問い合わせなどありましたら、WMS品川までメールをお願いいたします。



ぜひお知り合いの方にもご紹介ください!



文責:増田理央
※満席です【品川】9/11(日)第4回サロン@渋谷のご案内です [2016年08月27日(Sat)]

こんにちは。

品川チームのみきてぃ、こと大谷美樹です。


13876352_1005540959564093_5872027093108887966_n.jpg

前列の左から2番目、ピンクが私です。


暑さはまだまだ夏ですが、ツクツクボウシが鳴きはじめ、夏が終わるな〜と感慨にふけっている今日この頃です猫

でも、子どもたちはそんなのお構いなしに今週末も「プールいく!」と言っていますあせあせ(飛び散る汗)


さて、品川チーム第4回サロンのご案内です。


品川チーム第4回サロンは、

9/11(日)渋谷駅から徒歩5分の男女平等・ダイバーシティセンター<アイリス>

で開催予定です。


今回も、「仕事」「人生」「パートナーシップ」をテーマに皆で「母となってはたらく」について語りましょう。


ここで、私の経験を通して、ちょっとだけサロンの紹介をさせていただきますね。


実は、私は今期運営メンバーになるまでサロン未経験でした。


性格柄、あまり深く考えずにワーキングマザーとなり、たまに「うーん…(もやもや)」と違和感を感じ、夫や子どもたちに当たることがありつつも(←こらexclamation)、「ま、こんなもんよね。ワーキングマザーが大変なのは当たり前よね。今だけだし、ま、いっか〜」と、大して向き合うこともせず、深く悩みもせず過ごしてきました。


目の前の生活に追われて自分のことなんて考えてこなかったし、そもそも自分のことを考えていいとすら思っていなくて自分の思いに蓋をしていました(でも、蓋をしきれていなかったからたまに違和感を感じていたんですね、いま思えば…)。


ところがexclamation×2


サロンでのワークを通して、

私が今までもやもやしていたのはこういうことなのでは?という気づきを得たり、私はどうしたいのか?と考えるきっかけを得たりすることができましたひらめきひらめきひらめき


ワークでは、大して考えていなかったはずの自分から、悩み?や思い?の芽のような言葉がどんどん出てきて、自分でもびっくりしたのを覚えています。


絶賛子育て中である今の時期に、自分についてちゃんと考えるきっかけを得られたのが大いなる収穫でした。


自分について考えていると、自然と家族についても考えていて、みんながハッピーであるには?と最近よく考えていまするんるん


ちょっとだけと言っておきながら長くなりましたが、第4回サロンの詳細です。


=====================

NECワーキングマザーサロン☆品川 第4回

=====================


●日時 2016年9月11日(日)9:45〜11:45(受付9:30〜)

★満席になりました★


●場所 男女平等・ダイバーシティセンター<アイリス>

渋谷区総合文化センター 8階内

渋谷駅徒歩5分




●定員 10名

お誕生日が2016年2月14日以降の赤ちゃんはご一緒に参加できます。

2月13日までに誕生したお子さんは信頼できる方にお預けいただき、単身でご参加ください。


●参加費 500円

資料として『マドレ式ワーキングマザーの教科書』をお渡ししています。


●対象

「母となってはたらく」ことについて考えたい女性どなたでもご参加いただけます。

今働いていなくても、結婚出産されていない方も大歓迎です!


●お申し込み ★満席になりました★

こちらの専用フォームからお申し込みください。

受付完了後、こちらからご連絡さしあげます。


●9月の予定

9/11(日)以降は未定です。決まり次第ご案内いたします。


※品川区、川崎市などでも開催を予定しておりますのでお楽しみに!


●その他 お問い合わせなどありましたら、WMS品川までメールをお願いいたします。



ぜひお知り合いの方にもご紹介ください!


文責:大谷 美樹
| 次へ