CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年01月06日

埼玉・足利チームブログリレー サロンと私≪たね編≫

こんにちは☆
埼玉・足利チーム進行役の種井美緒です。
埼玉チーム 打ち上げ2.jpg
(こちらは埼玉・足利チームの打ち上げサロンの写真☆左下にいるのが私です)

みんなからは「たねちゃん」と呼んでもらっていますわーい(嬉しい顔)

私、アツくなると、文章がどんどん長くなってしまうのでわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
今回は、昨年の4月から進行役として参画して感じた“サロンと私”を
写真で振り返りながら、言葉にしてみたいと思います。

進行役.jpg(5月の進行役研修☆)

私は3年前にマドレボニータと出会い、
産後クラスやNECワーキングマザーサロンに参加しました。

そこで、母となってもやりたい事を諦めない、
一生懸命になる姿に心を動かされて、
2年前にプロジェクトメンバーとして参画、
そして去年は、進行役として参画してきました。

赤羽サロン よこちゃん.jpg(6月開催 赤羽サロン☆)

進行役の席から、参加者さんが話す姿を見ていると、
「自分の思いやモヤモヤを言葉にする」という作業は、
愚痴なんてものではなくて、
人の気持ちも動かす、
もっと主体的で大きな一歩
なんだなぁと、いつも感じていました。

プラザノースサロン.jpg(7月開催 プラザノースサロン☆)

また、サロンの中では、話しているうちに
「あれ?なんだかわかんなくなってきちゃった」ということや、
気持ちや涙がこみ上げて、うまく言葉ならない瞬間もありました。

でも、言葉にならなくても、
「たしかにココ(自分の中)に何かがある」ということを感じられる、
それを輪を作るみんなで共有できる時間もまた、
サロンの魅力
だと思います。

東川口サロン 横断幕.jpg(7月2回目!東川口サロン☆)

私自身、自分の考えていることを言葉にしてみると、
しっくりくる言葉と、
「ん?なんかちょっと違うかも」という言葉があることに気づきます。

自分を主語にして語ることは、とても大切だけれど、
「自分の思いを言葉だけで完全に表現できるか?」と問うと、
私はそれは出来ない気がするのです。

自分の思いというのは、思考や経験や感情やなんやかんや、
いっぱい積もって出来たものだから、
言葉だけでは断片的にしか切り取れない気がするのです。

足利8.jpg(8月開催 足利サロン☆)

だからこそ
言葉を尽くして、言葉を磨いて、伝える努力に終わりはない”し、
それでも
言葉にならなくても、伝わるものはきちんと伝わる”ということを、
私はサロンの取り組みの中で感じました。

和光サロン.jpg(9月開催 和光サロン☆)

私にとって、サロンに取り組むということは、
自分に向き合うことでもあり、
向き合い続けていくための仲間といられる時間でもありました。

with you サロン 横断幕.jpg(10月開催 with youサロン☆)

“自分を主語にして語るって大切”
そう頭ではわかっていても、
日々の忙しさや、周りの空気に流されて、
本当にありたい姿を見失ってしまう。

「これ以上先に行ったら、自分が傷ついてしまうんじゃないか」
「問題が大きすぎて、とても一人で頑張り続けられない気がする」
と立ちすくんでしまう。

足利サロン11.jpg(11月開催 足利サロン☆)

一人では、何度も何度も止まってしまうのを、
「もう一度、やってみよう」
「今度はこうやってみよう」というエネルギーをくれたのは
サロンで出会えた人達や、
一緒にサロンを作り上げてきた仲間たちだと思っています。

のらサロン.jpg(11月2回目! カフェのらサロン)

この魅力的なプロジェクトに、今期進行役として関わることができて、
自分に「よくやったぜ!」という気持ちと、
そして、サロンに参加してくれた人や、
一緒に活動してきたプロジェクトメンバーや、
私の活動を応援してくれた周りの人たちに
「本当にありがとうございます」という気持ちですわーい(嬉しい顔)

以上が今期の”私とサロン”です。
最後まで読んでくださり、ありがとうございます^^

第7期NECワーキングマザーサロンも残すところ、
1/23(土)のNECワーキングマザーサミットのみとなりました。
こちらのイベント、ありがたいことに既に満席になっています。
また、報告ブログをメンバーが書いてくれる予定なので、
そちらもぜひ楽しみにしていてください☆

それでは!

(文責:種井 美緒)

2015年12月19日

【開催報告】11/28(土)さいたまサロン‐NECワーキングマザーサロン・プロジェクト

こんにちは!
埼玉・足利チームの木村です。
11/28(土)にラストサロンがカフェのらにて開催されました。遅くなりましたが、ご報告させていただきます。
カフェのらは、ヘルシーな料理と多目的スペースのあるコミュニティカフェで、入口の雰囲気からして素敵な場所でした。
12279033_862509397200584_2769607588965097453_n[2].jpg
若干緊張している私(向かって左)です。

12289526_862509407200583_7284154146298708152_n[1].jpg
そして、ラストサロンを務めるたねちゃん、いつもよりリラックスしているのか、表情もとてもよく、準備をしながらメンバーでミーテイングです。


12311167_862602783857912_1930982841101311282_n[1].jpg
そして、いよいよ始まりました、ラストサロン!今回は初めての方だけではなくプロジェクトメンバーの仲間たちも参加でにぎやかな雰囲気です。赤ちゃんもいて、みんなで代わる代わる抱っこ。癒されながらも自分の時間に集中することができました。

12311167_862603103857880_1225028541345001821_n[1].jpg
一息、休憩〜。プチ・フランクリンメソッドで自分の身体に向き合う時間も…これはたねちゃんサロンならではの体験です。みんな真剣ですね。


12246797_862603490524508_2523193601917332138_n[1].jpg
そして、全体シェアリング。ここでの話題は100パーセント、120パーセント問題について。
120パーセントと言っても、捉え方は人それぞれで、母となって働く女性たちにとって、育児・家事、仕事の両立についての悩みは避けてえ通れないもの。
「120パーセントやらなければ…と思うのではく、100に近づくようにという発想転換をしてみる。(余分に考えてしまう20パーセントを取り除くことができたらもう少し楽になるんじゃないか)」「任せることの勇気、できること、できないことを自分で仕分けていくことの大切さ」
復帰に向けて不安ばかりが大きくなる気持ちにたくさんの言葉が大きな力となり、自然と笑顔が溢れました。
私にしかできない家族・組織はHAPPYじゃない!
確かにそうだな、だから人は集団生活しているんだなと感じる場面もありました。



また、10代の子たちと接する機会があり、気づいた若い子と私たちの違いについての話ではー
「100点取らなきゃと異常に力が入る私たちだけれど、学生は、70点取れれば大丈夫!といういい意味での脱力感を目の当たりにして、あの頃の私たちもきっとそうだったんだと思う。でも、時が経ち、いろんな経験を積み、母となって働く立場で抱える責任から、肩の力を抜くことが下手になったんだなと感じた」
ーそんな参加者さんの言葉に、私たちもいい意味で肩の力を抜くことができました。


11225071_862604057191118_5822937716113675542_n[1].jpg
さまざまな言葉を積み重ね、自分の気持ちを見つめなおすことができる本当に豊かな時間でした。


12295459_862604420524415_6917433973287959942_n[1].jpg
ランチもおいしくて素敵ハート(トランプ)ほんと、終わって欲しくない時間でした(笑)。


12308295_862605507190973_487388898892639218_n[1].jpg
そして、たねちゃん一年間、本当にお疲れさまでした。
しばらくサロンはお休みになりますが、また皆さんにお会いできることを楽しみにしています。
(文責:木村奈央)


2015年11月19日

【開催報告】10/24(土)さいたまサロン 

こんにちは!
埼玉・足利チームサポーターの鈴木美穂(よねこ)です。
10/24(土)にさいたま新都心駅近くの会場、WithYouさいたまにてWMSサロンを開催しました!遅ればせながら、そのご報告を。
2015.10.24_get ready.jpg
↑チーム念願の事前MTGができた喜びの様子
毎回、サロン開催前は準備でバタバタしてしまうのですが、
各メンバーそれぞれの目標や気を付けたいことなど会ってからすぐに話せると
やるぞ!という気持ちも高まり、やっぱりいいね!と思いました。

2015.10.24_1_クリテリウム.jpg
この日は、さいたまクリテリウム(自転車レース)の開催日で、駅付近もとっても盛り上がっていました!

参加者の皆さん、10分前には全員集合で(ありがとうございます!)
開催時間の5分前にサロンスタート。
進行役のたねちゃん(種井美緒さん)、緊張しながらも懸命に進行。
たねちゃん自身は「オロオロアタフタしないようにしたい」と話しているのですが、
オロオロアタフタも含め、一生懸命今紡ぎたい言葉を探す姿、
進行役をやる理由を話す姿、そのサロンに向き合う真摯さに、サポートメンバーも
参加者も心を動かされるんですよね。
自分の魅力は、意外と本人にとっては直したい箇所だったりして・・
そういうのを客観的に知る機会にもなるプロジェクトでもありますわーい(嬉しい顔)
2015.10.25_tanechan.jpg
サロンでは、”人生・仕事・パートナーシップ”を切り口に、
まずは自分で「こうありたい」を絵で描き、
次に2人組で話す・聴くを順番にやり、
最後に全体で今自分が感じている事、こうありたい姿などを話したり聴いたりして分かち合います。

可愛い赤ちゃんのカメラ目線越しに見える、母達が真剣にワークしている姿ぴかぴか(新しい)
2015.10.24_wms.jpg
途中、身体も動かしてリラックスしながら
(種ちゃんが今期、同時進行で挑戦しているフランクリンメソッドの身体を動かすワーク
をやりました)
2015.10.24_taisou.jpg
パートナーシップの話、仕事の話、色々な話が出ました。
「職場で初めての育休取得、ロールモデルにならなくては、というプレッシャーと
もう十分働いた、子どものためにも違う働き方をしたいという葛藤と・・」
「夫の仕事が忙しく、子どもが病気になったら100%自分でやらなくてはいけない、
それが辛い」
「夫に子どもを見てもらうと、不機嫌になったり疲れたりしている、その姿を見ると
テンションが下がるし、自分でやった方がいいかな、と思う」
という話が出て、
「育休中で、母となって働く事を想像しかできなかった頃が一番辛かった。
実際にやってみると、辛いばかりではないと感じる」
「子どもが病気になったらどんな手があるか、どれくらい休まなくてはいけないか
などを夫婦で共有している。すぐに実家を頼りにするのではなく、まずは夫婦で
どうするかを考えたい、と夫に話した」
「不機嫌な気持ちがありながら嘘っぽい笑顔で出迎えられる方が嫌かも(笑)
難しいけど、パートナーの不機嫌な気持ちも受け止められたらいいかな、と思う」
など、話題が広がっていきました。

どれが正しい、そっちの方がいい、とかではなく、
色々な話を聴く中で、そういうやり方もあるんだな、私達はどうしたいかな、
と考えるきっかけができるのが、サロンの魅力だな、と改めて思いましたぴかぴか(新しい)

2015.10.24_wms2.jpg
ご参加者の皆様、ありがとうございました!
2015.10.24_gathering.jpg
終了後は全員でランチ揺れるハート
今日、初めての赤ちゃん連れのランチを楽しまれた方もいらっしゃいました!
最初ってハードル高いんですよね。一度やったら、あ、できるなーとなるのですが。
そのハードルを一緒に越えられて嬉しいですわーい(嬉しい顔)
2015.10.24_lunch.jpg

さてさて、振り返りも終了後、私は家族と待ち合わせして、
さいたまクリテリウムを楽しみましたよー!
自転車レース、スピードが速く、迫力があって楽しめるのでお勧めです!
(同じ場所を何度も通るレースなので、何回も見れます)
criterium.jpg

次回、ついにラストサロン!
さいたま市中浦和にあるカフェのらにて開催します。
既に満席となっております。開催報告をお楽しみに!ぴかぴか(新しい)

(文責:鈴木 美穂(よねこ))

2015年11月18日

【開催報告】足利ラストサロン!答えは自分の中にある。

こんにちは!
全体サポートメンバー広報チームのななちゃんこと光瀬奈々江ですわーい(嬉しい顔)
11月9日に、今期最後の足利サロンが開催されました。
私は昨年、第6期進行役のときに足利サロンを開催させていただいたご縁でまた足利のみなさまにお会いしたい!と今回はいちサポートメンバーとして参加させていただきました。

始まる前に、進行役のたねちゃん、チームメンバーのたまちゃん、足利のみなさんと足利名物ポテト入り焼きそばでランチ!
久々に食べたけど、やっぱり美味しかった♡

IMG_1832.JPG



足利ラストサロンは、参加者10名、赤ちゃん1名でスタート!
冒頭は、サロンとは?から、たねちゃんの自己紹介も。
「自分を主語に話すこと、思いを言葉にすることの魅力にとりつかれた」と進行役に手をあげたたねちゃん。

IMG_1834.JPG

たねちゃんは進行役に挑戦すると同時にフランクリンメソッドという別の学びにも半年間挑戦してきました。
その学びも無事に合格し、一区切りついたからか、最初からすごく安定・安心の進行でした。
ウォーミングアップのワークGood&Newもペアで話すシェアリングも参加者全員真剣そのもの!真剣に自分に向き合い少しずつ言葉にしていく姿は本当に美しかったです。

12241227_467974600053330_90157658168653104_n.jpg12208779_467973823386741_6869331844122448062_n.jpg

たねちゃんによるからだほぐしに続いて全員で感じたこと気づいたことなどを分かち合う全体シェアリング。

11200762_467974653386658_9026263485100731824_n.jpg

最初からしばし沈黙の時間が続き。。。
進行役のたねちゃんから「話さなきゃいけない?と考えることは、ここではあまり必要ではないです。でも、"話したいような気がする"と感じている人は、その気持ちが固まるまでの時間にしてあげてください」と優しい声かけが。

口火を切った方は、ペアのシェアリングをしてみて、一年で大きく変化があったとのこと。
特に8月のサロンに参加してから、自分自身が忙しすぎることに気がつき、子どもとの時間もうまくバランスがとれなくなっていたこともあり、思い切って仕事を「手放す」ことを選択したそう。

「手放すまでにどんな葛藤がありましたか?」とたねちゃん。

「下の子の保育園が終わるまでは。とかまだ下積みの時期だから。と自分の勝手に決めたゴールと葛藤していた。今が自分のやりたいことにじっくりと取り組んでいい時期と思えた。」と手放すまでの思いを言葉にしてくれました。

それから話題は、「自分のやりたいことがわからない。」「やりたいことと、家庭を両立するには?」といった内容に。
新しいことにチャレンジすることへの「恐れ」を口にする人も。

私は、家と仕事と「やりたいこと」の3つがあることで、自分自身を平衡に保っていられるということを話しました。
自分の人生は決して、家庭と仕事の両輪だけの人生ではないと思うのです。
やりたいこともあきらめないでいいとサロンに参画するようになってますます実感しています。

さらに、一番やりたいこと=「仕事」という気付きを得た方は、「パートナーから、(パートナーの仕事の)支障がでないようにしてほしいと言われた。やりたい仕事をできるパートナーをうらやましいと思っている。」との発言が。

「仕事をしたい!」という自分のまっすぐな気持ちに気づきながらも、「パートナーが忙しいのはわかる。自分の気持ちを話したらどういう反応が返って来るのかわからない」ということから、正直な気持ちを伝えられない。

「仕事をしたい気持ちと相手を察する気持ちを天秤にかけることに、私は違和感を感じます。」と進行役のたねちゃん。

私もですが、つい相手はこう思っているんじゃないか。こんなことを言ったら否定されるに違いない。女性はそんな風に先回りして考えがちではないですか。
パートナーをうらやましいと思う気持ち、仕事がしたいという正直な気持ち、すぐには難しいかもしれないけれど、自分の気持ちに蓋をせずにパートナーに伝えてほしいなと思いました。

誰でも言葉にしなければ伝わらないことがあると思います。
相手に対して、自分のおもいを言語化して伝えることは、容易ではありません。でもあきらめないで少しずつでもアウトプットしてほしい、そんな風に感じました。

別の方は、産前産後で、夫と話す時間をなるべくとるようにしているとのこと。
やはり「はたらくこと」=「私のやりたいこと」で、楽しいと思っていきいきと働けることが理想。この理想はまだ夫にシェアしていないので、ぜひ話したい、と決意表明してくれました。

最後に、サロン初参加の方は、
「ここに来る前は復職に対する不安があったけど、色んな話を聞く中で、今の自分だから出来ること・理解できることがあるように思えてきた。自分の中で働く意味が子どもを持つ前と今とでは変わってきている気がする。」と話してくれました。

12239707_467974730053317_2705518750481001479_n.jpg


そして、「サロンの2時間で答えを出すのは難しい。帰ってからもおうちサロンをしてみてください。心の中のおもいを咀嚼しながら言葉にしたり、誰かと共有したりしてみてください。」とたねちゃんはサロンを締めくくってくれました。

私は話をききながら、自分自身のこれまでの変化をたどっていました。乳児の時期とはまた違ったフェーズにきている。自分の「どうありたい?」は変化するから、その都度問いかけたりしていくことが大事なんだなとあらためて。
そしてその変化を一緒に共有できるパートナーがいる。
これまで以上にパートナーと話をしてみたくなりましたひらめき

足利ラストサロン、参加できて本当によかったです。
来年以降も、足利でサロンが続きますようにるんるん

ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました黒ハート

12243458_467975050053285_1082939420979648372_n.jpg

足利では今期ラストなので、メンバーのたまちゃんからたねちゃんへ花束贈呈もかわいい

IMG_1840.JPG

たねちゃん、たまちゃんお疲れさまでしたーぴかぴか(新しい)

(文責:全体サポートメンバー広報チーム 光瀬奈々江)

2015年11月01日

満席!【11/28(土)@中浦和】埼玉・足利チームラストサロン!

みなさん、こんにちは。
今年度サロンプロジェクトで信越チームと埼玉・足利チームサポートをしている
水口陽子です。

12065817_945418228872265_3336258507199868617_n.jpg
写真一番右端におります。

ちなみに、こちらは歴代の埼玉・東京都北区チームメンバーが勢ぞろい☆
実は、パートナーの仕事の都合で渡米するそのちゃんの壮行会を!と、
集まったメンバーが全員サロンに参画した経験があったのでした^^


この日ほぼ初対面や、久しぶりに顔を合わせるという人同士もいたので、
乾杯と、主賓のあいさつの後は、各々近況報告が止まらない!
もちろん仕事の話もたくさん出てきました。

そんな風に、長らくご無沙汰していても、会えばすぐに語りあうという
対話モードになるのが、このプロジェクトを通して繋がった関係ならでは
だと感じました。アイスブレイクとか全然必要なく、いきなりがっつり
自分の今の気持ちを話せちゃうんです。
しかも、気取らず、飾らず、素直な気持ちで、、です。

大人になってから、しかも子どもが生まれたことで知りあえた関係で、
こんなに深いつながりが出来るものなのだなぁ・・・

・・と、サロンメンバーとして参画することって、
参画中よりも、むしろその後の自分の働き方や生き方、
周囲の人との関わりかたに影響を与える

プロジェクトであることを改めて感じたのでした。


何年関わってもたくさんの気づきがあるこのサロン。
11月が今年度最後の活動となります。

nora_gaikan.jpg
埼玉・足利チームのラストサロンは、埼玉地域での活動がさらに広がる
発端となった伝説の会場(と、勝手に思ってマス^^)
ヘルシーカフェのらサロンです。

nora_2.jpg
昨年のサロンの様子。

お店奥にある落ち着く空間で、まずはじっくり、ワークでウォーミングアップ。
その後、みんなで「母となってはたらく」への思い、今感じていることを
言葉にしていきます。

lunch-07bcf.jpg
そして集中して話をした後は、そのまま同じスペースでランチ。
身体に優しいオーガニック素材のランチで脳に栄養を送りつつ、
振り返りのような交流時間。この時間があるから、
さらに思いが深まっていくのですね^^

私もこのお店が大好き♡なので、すっごく参加したい!のですが、
別の仕事があり無念の欠席です。。
ぜひ私の分まで、たっぷり語りあってください☆


ちなみに、今回の記事を書くためにいろいろと検索をしていたら、
こんな記事を見つけました。
2011年8月に、カフェのらで初開催サロンのご報告です。
わ、若いな!私^^;

<文責:水口陽子>
***************************

満席になりました!☆NECワーキングマザーサロン@カフェのら☆


●日時:2015年11月28日(土)10:00〜13:30(ランチ付)ランチは別料金です

●会場:ヘルシーカフェのら
    (さいたま市南区鹿手袋7−3−2 )

JR埼京線・中浦和駅下車 徒歩8分
JR埼京線/武蔵野線・武蔵浦和駅下車 徒歩13分
JR武蔵野線 西浦和駅下車 徒歩13分


●参加費:500円
(資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします。)
●ランチ :1,000円(税込)
※原則、ランチも参加で予定を調整して頂ければ幸いです※

●参加対象

「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい女性の方ならどなたでもご参加いただけます。

●定員:10組

 ※お子さまの同伴は生後210日までとさせていただいております。

2015年5月2日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。

2015年5月1日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。


●お申し込みはこちらの専用フォーム

***************************
その他のNECワーキングマザーサロンさいたま足利チーム開催予定

●2015年11月9日(月) @足利しゃんしゃん広場(足利市駅より徒歩8分)
*2015年4月13日以降に生まれた赤ちゃんとは、一緒にご参加頂けます
*詳細はコチラ

***************************
●お問合せ:WMS埼玉・足利
 wms7saitama★gmail.com(★を@に変えて)にお問合せ下さい。

2015年10月10日

満席です!【開催報告&開催告知】ワーキングマザーサロン足利しゃんしゃん広場開催されました!

満席になりました。お申込みありがとうございました!
こんにちは!
埼玉・足利チームの木下千佳です。
P1100231.jpg
(向かって右側が私です。チームメンバーのなおちゃんと一緒に赤ちゃんサポート中の一枚☆)

4月から新年度が始まり半年・・
後半に突入しましたね。

日々はあっという間に過ぎていきます。


そんな中でも
環境や、気持ちに変化があり
そのたびに、言葉にならない言葉がこみあげてきたり
葛藤したり、誰かに背中を押してもらいたくなったり・・

そんな時に
サロンに参加しては大きな力をもらってきました。


ちょっと前になりますが

8月22日
たねちゃんとなおちゃんが埼玉から足を運んでくれ
足利しゃんしゃん広場で
ワーキングマザーサロンが開催されました!!
P1100243.jpg

4年前
初めて参加した時から
支えられてきたサロン

今年も足利で開催できることになり
皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。


プロジェクトメンバーとして携わって2年目

どれとして同じサロンになることはないということ
改めて感じた時間となりました。


自己紹介の時間から
それぞれ話したいこと
想いなどを強く持った方たちが集まったこと感じ
一緒に過ごせること、誇りに思いました!

〜足利サロンでの皆さんの言葉〜

・自分の実際のやりたい仕事と、子育てしながら出来る仕事は違うと思う。

・職場復帰が近づいているが、子どもとの時間も大切にしたい。
 時短をとるのも難しいし、辞めようと思っている。

・時短をとり、職場復帰したが、以前と違う働き方をしていることで
 仕事内容も変わり、自分は必要とされてないのではと感じた時期があった。

・もうすぐ職場復帰が近づいているが
 子育てにも追われ逃げ出したい気持ちになることも・・ 

・早く仕事したいと思う反面、子育てから逃げだしたくて
 仕事を始めたいと思っているのかも・・
 そんな気持ちで仕事をしていいのかと感じてしまうこともある。

・母になり、〜ちゃんのお母さんと呼ばれるようになり
 自分が自分でなくなっていく気がする。
 
・働くなくなり、今までの自分が仕事で築いてきたものは何もなくなり
 パートナーとは対等ではなくなってしまったように感じることもある。
 


・職場復帰しても、もっと子どもといたいと思った時期もあったが
 母親が働くのは初めての職場にいることで、周りの方に母が働くこととはどんなことなのかと
 知ってもらえるようになったと思う。


母が働く姿を見せていくことは、職場にとっても
 大きな成果につながったと思えるようになった。


・母になって働くようになり、以前は気づかなかったようなことも気づけるようになった。 

母親の気持ちに寄り添えるようになり、仕事に生かせるようになったと感じる。

・自分が自分ではなくなっていくだけでなく、母親としての自分もすごく誇りに思っていると
 気づけた。


・職場復帰に不安もあるが、まずはやってみる中で、慣れていくことや
 人とのつながりの中で変化する気持ちもあると思う。

・また働いたり、母だけではなく、「自分」としていられる場所がほしいと思った。

・答えがないから働いてはいけないとか、決めつけなくてもいいのでは
 子育てをしながら働くことは、働き方を「選べること」も大きな強みだと思う。

・仕事でつらいときに子どもに支えられたり、子育てで辛いときに職場で支えられたり
 様々な「居場所」があることは、とっても大事だと思う。



初めて一緒に過ごす方もいるとは思えない言葉の数々

ワーキングマザーサロンという
「場」だからこそ

じっくり自分に向き合い
「言葉」になり
共有できる気持ちもあると思うのです。
P1100226.jpg

P1100240.jpg

皆さんはどんな言葉が心に残りましたか?

11月9日
今年度最後の足利サロンが開催されます!

ぜひ参加して
言葉や気持ち、持って帰ってみませんか?

ご参加お待ちしています!!


ご参加下さった皆さん
本当にありがとうございました!!

(文責:木下 千佳)
***************************

☆NECワーキングマザーサロン@足利しゃんしゃん広場☆


●日時:2015年11月9日(月)12:30〜14:30

●会場:足利しゃんしゃん広場
(栃木県足利市田中町943−11 たいらや西、しらゆり幼稚園学童棟3階
東武伊勢崎線足利市駅より徒歩8分)

●参加費:500円

(資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします。)


●参加対象

「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい女性の方ならどなたでもご参加いただけます。

●定員:10組

 ※お子さまの同伴は生後210日までとさせていただいております。

2015年4月13日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。

2015年4月12日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。


●お申し込みはこちらの専用フォーム
 ※10/12受付開始予定です。もうしばらくお待ちください。

***************************

今後のNECワーキングマザーサロンさいたま足利チーム開催予定

2015年10月24日(土) @WithYouさいたま
(JR宇都宮線/高崎線/京浜東北線 さいたま新都心駅徒歩10分)
*2015年3月28日以降に生まれた赤ちゃんとは、一緒にご参加頂けます
*お申し込みはこちらの専用フォーム


2015年11月28日(土)@カフェのら
(さいたま市中浦和駅より徒歩10分)
*2015年5月2日以降に生まれた赤ちゃんとは、一緒にご参加頂けます
*受付開始日が決まりましたら、またブログにてお知らせ致します

2015年10月06日

【開催報告】9/19(土)和光市サロン開催しました♪

みなさん、こんにちは!
埼玉・足利チームの小野寺が9/19(土)のNECワーキングマザーサロン@和光市の開催報告をいたします☆

和光集合.jpg

前列左端が私です!

今期サロンのテーマは「地域でつながる」。
待望の和光市での初開催でした!!

和光市といえば、「妊娠期からの切れ目のない支援〜ネウボラ〜」が真っ先に始まったりと、ヒジョーに母子支援にアツい街!
※くわしくはこちら

サロンは「和光市駅」から徒歩1分、本町地域センターで行われました。

この日は朝、どんより曇りで肌寒かったのに、サロン中からどんどん暑くなり、外に出る頃には強い日差しが・・・!!

和光市の気温上げたの、ここに集まった母たちでしょ! 
松岡修造ですか!

と、つっこみたくなるくらい、アツくて濃いメンバーが集まりました(^^)

※松岡修造さんは訪れた現地の天気と気温を変えてしまうので有名です。

「サロン告知前から“和光でいつやるの!?”とデラちゃん(小野寺)に詰め寄っていた。」

「きっと和光サロンは“チケットぴあ状態”になると思って、受付開始日の深夜0時に申し込みスタンバイしてた。」

って、どんだけ前のめりなんですかー!(笑)

和光1.jpg

↑種ちゃんに向けられるアツい眼差し!

「10秒自己紹介」(←10秒じゃ終わらなかった)も さることながら、前半のワークもタイマーの音や進行役の種ちゃんの声をかき消すほど大盛り上がり!

和光3.jpg
和光4.jpg
和光5.jpg

後半シェアリングもアツかったです!
予想通り時間オーバー(笑)
種ちゃんが締めなければ、きっと何時間でも話してたと思います(^^)

和光6.jpg

*元のようには働けない。元の自分には戻れない。時間は限られている。
「母となってはたらく」ってなんだろう?



今は“母”になることに精一杯。“母としての自分”と“社会人としての自分”がバラバラのイメージ。“母となってはたらく”が未知の世界。

保育園が決まらないので、復帰してどうなる?というところまで目を向けられない

ワーママだからといいわけをして、働けないオーラを出していたかもしれない。少しずつ意識を変えるようになった。

復帰前の面談で“自分はこういうスタンスで働きたい”と上司に伝えるようにした。

男性の働きかたも変えていかなくてはならないと思う。夫が忙しすぎて、“平日1日でも家族全員で夕食を食べたい”と願うのは私のわがままなの?という友人がいてモヤッとしている。

せめて子どもが産まれて1年間、男性は定時退社してもらいたい。

いらない仕事多すぎない?長時間労働って本当に必要?

自分も夫も年を重ねて体力も落ちてくるのに、この働き方(長時間労働)続けられるの!?

子どもが思春期になって、育児が別ステージにあがった感じ。抱っこすれば泣き止んでくれたあの頃とは違う。自分にはこれ(仕事)があるという想いや、今までの経験が自分を救っている。

時間と家族の幸せについて考えていた。一緒にいる時間の長さ=幸せなのか?

母じゃなきゃいけない場面ってどんな時? 病気の時は、むしろ病時保育士さんのほうがプロだし、子どもも喜んでたりするし・・・

子どもが成長するにつれて(特に小学校に上がって)、地域のコミュニティの大切さをより感じるようになった。

子どもの逃げ場というか、何でも言える環境(親以外の人、家以外の場所)を作ってあげるのも親の役目かもしれない。



・・・あふれる、あふれる言葉たち。
1つ1つ掘り下げてじっくり語り合いたかったです!

育児に終わりはなく、子どもの成長とともに母親のステージもどんどん変わっていくんですよね。
ただ一緒にいればいい、ということではなく「母親としてどうあるか」が問われてきそうです。

子ども達の逃げ場(安心できる場)が必要なように、私たち母親にも そんな場が必要ではないでしょうか?

息を止めて潜水で進むような毎日だけど、たまには水面に出て、息継ぎや進む方向を再確認する時間も大事だと思います。

私は、その1つが「サロン」のような気がしています。

和光ランチ.jpg

サロン後のランチも、和光市の子育て環境(小学校・中学校事情など)の話題でノンストップ!

地域でつながる意味」「語り合う場を作る意味」と、「和光市でサロンを開催したこと」がガチッと はまったような、不思議な感覚を得られたサロンでした。

サロン後も「また和光でやって!」という声や、「本当は参加したかった!」という声をいっぱいもらい、泣きそうなくらい嬉しいです!


最後にひとこと大声で言ってもいいですか?

和光市でサロンができて本当に良かったー!

みなさん、ありがとー!!!!!



来期も一緒に参加・参画できる仲間が増えると嬉しいです☆

って、まだ今期サロンだって終わってませんよ!!

次回サロンは、with youさいたまにて!

皆さんの参加、お待ちしてします☆


<文責:小野寺佳代子>
***************************

☆NECワーキングマザーサロン@さいたま市☆


●日時:2015年10月24日(土)10:00〜11:50

●会場:WithYouさいたま埼玉県男女共同参画推進センター

 JR宇都宮線/高崎線/京浜東北線 さいたま新都心駅徒歩10分
 JR埼京線 北与野駅徒歩10分


●参加費:500円

(資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします。)


●参加対象

「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい女性の方ならどなたでもご参加いただけます。

●定員:10組

 ※お子さまの同伴は生後210日までとさせていただいております。

2015年3月28日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。

2015年3月27日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。


●お申し込みはこちらの専用フォーム

***************************
今後のNECワーキングマザーサロンさいたま足利チーム開催予定

2015年11月9日(月) @足利しゃんしゃん広場(足利市駅より徒歩8分)
*2015年4月13日以降に生まれた赤ちゃんとは、一緒にご参加頂けます
*受付開始日が決まりましたら、またブログにてお知らせ致します

2015年11月28日(土)@カフェのら(さいたま市中浦和駅より徒歩10分)
*2015年5月2日以降に生まれた赤ちゃんとは、一緒にご参加頂けます
*受付開始日が決まりましたら、またブログにてお知らせ致します

***************************
●お問合せ:WMS埼玉・足利
※メールにてお問合せ下さい。

2015年09月21日

【10/24(土)さいたま市】サロンと私《よねこ編》サロン開催のお知らせ☆

皆さん、こんにちは!

WMS埼玉・足利チームの鈴木美穂です。
11791706_806787142768758_1824894098_n.jpg

写真一番左が私。最近、この”LIVE YOUR LIFE"Tシャツ着用率高いです手(チョキ)
このメッセージが大好きで、着るたびに心引き締まる気持ち。
”自分の人生を生きる”
言葉にすると簡単だけど、そして自分の心がけ次第でできる気がしちゃうけど、
心がけだけじゃ絶対にできないですよねーたらーっ(汗)
そして、自分1人でもできない。

【自分はどうありたいのか】
って、日常の忙しさにかまけて、いくらでも”考えない”事ができる。
”横に置いておく”事ができる。
自分の人生の充実度を、自分以外の誰かに託す”すりかえ”が賞賛される事もあるしね。

でも、頭のかたすみにこの問いがあると、ふとした時に
うん、そうか、そうだよな。
どうありたいのか、なんだよね。
と、基本に立ち返る事ができます。

NECワーキングマザーサロンに参画して6年、
サロンはいつも私のそばにあり、
【自分はどうありたいのか】を問い続けてきてくれました。
それはいつだってくっきりとした形があるものではなく、
ワークを通して描いたり話したり聞いたりしていくうちに、
今の私、が浮き彫りになっていくもので、
そこが面白いなぁー、話すっていいなぁー、このワーク好きだなーひらめきと思うところです。

自分を主語にして話す、というのをサロンではとても大切にしているのですが、
母となった女性のみならず、大人になると誰もが、”役割”として話す、事が当たり前になり、
自分の事を自分の言葉で話す機会って失われていくのではないかなーと最近思っています。
「あなたの夢はなんですか?何になりたいですか?」なんて、いい大人に聞かないしね。
子どもにはなんか言わせようとするのにね(笑)
(このよくある設問も、何になるか、よりも、どうありたいのか、の方が
人生においては必要な問いだよなー、と思ったりして。
”何か”になってから(またはなれなくなってから)、の先の人生の方が、
圧倒的に長いですからねー。)

今期のサロンも、残すところ2ヶ月となりました。
埼玉・足利チームでは、残り3回のサロンを予定しています!
ぜひぜひ、足を運んでみてくださいね!
チーム一同、一緒の場を共有するのを楽しみにしていますわーい(嬉しい顔)

(文責:鈴木 美穂)

***************************

☆NECワーキングマザーサロン@さいたま市☆

 
●日時:2015年10月24日(土)10:00〜11:50


 JR宇都宮線/高崎線/京浜東北線 さいたま新都心駅徒歩10分
 JR埼京線 北与野駅徒歩10分

 
●参加費:500円

(資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします。)

 
●参加対象

「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい女性の方ならどなたでもご参加いただけます。

●定員:10組

 ※お子さまの同伴は生後210日までとさせていただいております。

2015年3月28日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。

2015年3月27日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。

 
●お申し込みはこちらの専用フォーム

※絶賛受付中です! 


***************************
今後のNECワーキングマザーサロンさいたま足利チーム開催予定

●2015年11月9日(月) @足利しゃんしゃん広場(足利市駅より徒歩8分)
*2015年4月13日以降に生まれた赤ちゃんとは、一緒にご参加頂けます
*受付開始日が決まりましたら、またブログにてお知らせ致します

●2015年11月28日(土)@カフェのら(さいたま市中浦和駅より徒歩10分)
*2015年5月2日以降に生まれた赤ちゃんとは、一緒にご参加頂けます
*受付開始日が決まりましたら、またブログにてお知らせ致します

***************************

●お問合せ:WMS埼玉・足利
※メールにてお問合せ下さい。

2015年08月21日

【9/19(土)和光市】サロンと私<デラ編>&サロン開催のお知らせ☆

みなさん、こんにちは!

NECワーキングマザーサロン埼玉・足利チームの小野寺佳代子(デラちゃん)です!
仲間内では「クールにみえて中身は暑苦しい」でおなじみ、今年春に転職したばかりの2児の母です。

11791706_806787142768758_1824894098_n.jpg

写真ど真ん中が私。進行役の種ちゃんより目立ってすみませーん(汗)



今年の3月頃でしょうか、休日に私が1人でランチしていたところ、隣の席に3人の女性が座りました。
1人は妊婦さん、あとの2人は、その妊婦さんのお母さんとお祖母さんらしき人でした。

お母さんは、妊婦さんにこう言いました。

「子ども産んだら、まともには働けないわよ」
「一度会社を離れたら、特別な資格でもない限り戻れないわ」
「どうしてもっていうなら、子どもが幼稚園とか小学校に入る頃に適当なパートで働くしかないのよ」


隣でお祖母さんは、無言でブンブンうなづいています。

耳をダンボにして聞いていた私は、サングラスをかけ、「ちょと待て、ちょと待て、おかあさ〜ん!!」と踊りながら近づこうか(当時流行中)、それとも星一徹のようにちゃぶ台テーブルをひっくりかえそうか、とても迷いました。

「〜しかない」って、なんですの〜?
この世には、いろんな職業や、いろんな働き方がありますやん!
「適当」って意味わからんから、できませ〜ん


(※実際は、大仏のような表情で静かにランチを食べていましたよ)


何より気になったのは、本人がどうしたいのかを、お母さんもお祖母さんも全く聞こうとしていなかったこと。
妊婦さんの表情が、とても寂しそうだったこと。


その様子は、サロンに出会う前の私と重なって見えました。


1番身近で、人生の先輩の言葉・価値観。
「子どもが1番だし、そうするしかないよね」って、なんとなく受け入れてしまう気持ち、私はわかります。
以前の私がそうだったから。

でも、それに違和感があるなら、本当の自分の気持ちが奥底に隠れているんじゃないかな?

親、パートナー(夫)、身近な人にほど本音を言えないのはなぜだろう?

そもそも私、どうしたいんだっけ?

そんな頭の中のモヤモヤをサロンで紐解いてみませんか?

子ども産んだ途端、人生「閉店ガラガラ」!?
いやいやいやいやいや!
新装開店で行きましょうよ!!

ワーキングマザーサロンは、いろんな職業、いろんな立場の女性が参加しています。
サロンでの気づきや出会いは、新しい価値観、新しい自分との出会いでもあります。

もう、親子3代で参加しちゃってください☆
(あー!本当に参加して欲しい!)

ほんの数ヶ月前まで美容業界にいた私。
「美しさ」ってなんだろう?と常に考えていました。

仕事やサロンを通じて沢山の女性と出会いましたが、清濁併せ呑み、「自分はどうありたいのか」を自分で選択して生きていける女性は、本当の意味で美しい!と感じています。


そして、なんと、9月に和光市で初!サロンを開催することになりました☆
今年のサロンのテーマは「地域でつながる」。
素敵な出会い&再会をとーっても楽しみにしています!

***************************
☆NECワーキングマザーサロン@和光市☆


●日時:2015年9月19日(土)10:00〜12:00

●会場:和光市・本町地域センター 3階和室

(埼玉県和光市本町3-3) 
 http://www.city.wako.lg.jp/home/kurashi/siminkatudou/komisentiiki/_12210/_10718.html

 東武東上線/有楽町線/副都心線・和光市駅徒歩1分


●参加費:500円
(資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします。)

●参加対象
「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい女性の方ならどなたでもご参加いただけます。

●定員:10組
 ※お子さまの同伴は生後210日までとさせていただいております。
 2015年2月21日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
 2015年2月20日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。


●お申し込みはこちらの専用フォーム
*満席になりました!ありがとうございます*

●お問合せ:
WMS埼玉・足利
※メールにてお問合せ下さい。

文責:小野寺佳代子

2015年08月09日

【開催報告】東川口サロン開催しました!

こんにちはexclamation×2
埼玉・足利チームのサポートメンバーの細川朋美です。
s-ともみん 花.jpg
(向かって右側が私ですわーい(嬉しい顔))
毎日暑い日が続いていますがいかがお過ごしですか晴れ

本格的な暑さが始まった7月25日(土)、川口市の戸塚公民館で埼玉・足利チームとしては3回目となるサロンが開催されました。
託児つきサロンだったため大人の時間をじっくり楽しめる時間となりました。
そして子供たちも有意義な時間を過ごしたと思いますぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

進行役は、この暑さに負けないくらい熱いたねちゃんこと種井美緒さんですひらめき
021.JPG

サロンでは、人生・仕事・パートナーシップという三つの切り口から話したいことを選び、
まずは一人で考え、それから二人組みで話をし、最後に全員で言葉を交わしていきます。

新規詰め込み画像111.jpg

全員で輪になり話し始めると色々不安なことも出てきましたがく〜(落胆した顔)もうやだ〜(悲しい顔)ふらふらあせあせ(飛び散る汗)

・復帰後の社内の働くメンバーのことを考えると不安・・・
・母親を追う自分
・社会に出たい
・まわりからどう思われているか不安
・子供にさく時間が少ない・・・
・子供はママといたい時期・・・長い時間一緒にいた方がいい?
・パートナー(夫)のどっちでもいいよの自分にかかる負担(不安)


049.JPG

でもその不安の先には何があるのかな?自分はどうしたいのかな?
と参加者のみなさんがじっくり自分と向き合っていました。
頭の中で色々考えているのが表情や姿から感じられましたわーい(嬉しい顔)

じっくり考えているところに

「みなさん、何で働いていますか?」

の参加者からの問いかけがあり一人ひとり自分はなぜ働いている?
を問い言葉にしていました。

・働くこと・子供も好きな自分がいる。外に出ることも好き。
働くことの意味は自分のためだし、自分の人生捨てきれない
大切なものに順番はいらない!
ひらめき

・仕事と家庭の折り合うところの納得できるところは、自分でしか決められない!ひらめき


全ては書けませんがたくさんの言葉があふれていましたぴかぴか(新しい)
もちろん、たった2時間のこの場で解決できることはないけれど次への半歩・一歩に
繋がる時間にはなったのではないかなと思いますぴかぴか(新しい)

みんなで話し合う(シェアリング)が始まる時に進行役のたねちゃんから

「シェアリングとは、分かち合うという意味で、
話をする人も必要だけど、話を受け取る人も必要です。
話をきく人は、自分はその話をどういう気持ちで話をきいているか、
ということに少し目を向けててきいてみてください」


と声掛けがありましたプレゼント

その言葉をしっかり受け止め誰かの発言に対し参加者の全員が
一生懸命に耳を傾けている姿が本当に印象的で

「あっ、みんなつながっているひらめき

と感じるサロンでした。


054.JPG


熱く語った後は、子供達と合流しコメダ珈琲でランチをしましたファーストフード喫茶店
参加者のみなさんサロン中とはまた違った笑顔を見せてくれましたわーい(嬉しい顔)るんるんるんるん

 071.JPG


         074.JPG

 068.JPG
         
ひらめきここでももちろん熱い会話は続いていました。

今回は大田・世田谷チームからお手伝いにおぐりんこと小栗美紀さんがサポートメンバーとして駆けつけてくれました。
20150725_141943.jpg

このNECワーキングマザーサロンでは『母となってはたらく』に興味のある女性であれば
だれでも参加できます。
全国で11月まで開催されているので興味のある方は参加してみてくださいグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

次回の埼玉・足利チームのサロンは満席となっていますが11月まで熱く開催しまするんるんるんるん

〈文責:細川 朋美〉


☆NECワーキングマザーサロン@足利しゃんしゃん広場☆
 

(満席)

●日時:2015年8月22日(土)10:00〜12:00


●会場:足利しゃんしゃん広場

(栃木県足利市田中町943-11 たいらや西、しらゆり幼稚園学童棟3階) 



 東武伊勢崎線足利市駅徒歩8分


●参加費:500円

  (資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします。)



●参加対象

  「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい

  女性の方ならどなたでも!ご参加いただけます。

  育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、

  結婚・妊娠・出産の経験がない方でも、どなたでも大歓迎です!



●定員:10組

   ※お子さまの同伴は生後210日までとさせていただいております。

   2015年1月24日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。

   2015年1月23日までにお生まれのお子さまは、

   信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。


●託児:しゃんしゃん広場にて、託児を希望される方は
お申し込みの際に託児希望とお知らせください。

託児費:お子様1人につき、2時間1000円を、別途お願いいたします。


●お申し込みはこちらの専用フォーム

※7/27(月)より受付開始いたします。 


●お問合せ:WMS埼玉・足利
メールにてお問合せ下さい。