CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« WMS2014:静岡 | Main | WMS2015_北海道»
プロフィール

WMSプロジェクトさんの画像
WMSプロジェクト
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
リンク集
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/wms/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/wms/index2_0.xml
【7期参画をふりかえって】上松恵子(岐阜チーム進行役) [2016年01月11日(Mon)]

こんにちは☆ 岐阜チーム進行役の上松恵子です。
12400683_1555584218097241_2656115955538992021_n.jpg
(こちらは岐阜チームのキックオフサロンの写真☆とーっても緊張しています!)

みんなからは「けーちゃん」と呼んでもらっていますわーい(嬉しい顔)

このNECワーキングマザーサロンの進行役に挑戦しようと思ったのは、
締め切りギリギリの2015年3月末。

その時から、まだ1年も経っていないのが信じられないくらい、濃い時間を過ごすことができました。

私自身、あの時、背中を押してもらえたことにとっても感謝しています。
だからこそ、このブログを読んでくださっている方に
少しでも勇気と自信を持ってもらえたら・・・そう思いながら、ブログを書いています。


私は3年前にマドレボニータと出会い、産後ケア教室に参加。
同時に育児休暇中で、『母となってはたらく』にモヤモヤしていた時期でもあったので
NECワーキングマザーサロンに参加者として参加しました。

そこで、独身だった時の働き方や思いから抜けきれていない自分に気がつき、
母となってどう働きたいか、を改めて考えるきっかけをもらいました。

それをきっかけに実はその後、転職も。

大好きな会社で、良き人に恵まれた職場だったので未練もありましたが、
<自分の街で長く働きたい><直接、教育現場・地域に関わりたい>そんな思いに気がつき、
転職を決意することにつながりました。

転職して二年目。
子どもも成長し、改めて、自分にとっての<母となってはたらく>を考えるタイミングで
この進行役として参画できたことは、とっても貴重な経験だったと思います。


それは3つの出会いからでした。


1つ目は、岐阜チームメンバーとの出会い
12540641_1555584231430573_7974321548970982576_n.jpg
(5月開催 岐阜キックオフサロン☆)

保育園、職場の往復の毎日に、
サロンのことはもちろん、
自分のこと、家族のこと、仕事のこと、趣味のこと、
安心して話せる仲間ができたことで、
『人を信頼すること』を学び、『チームで行動するダイナミズム』
を味わわせてくれました。
このメンバーとの出会いは、私の人生を彩かにしてくれています。



2つ目は、全国の進行役8名の仲間と、最初から最後まで温かく見守ってくれた
プロジェクトメンバーのみなさんとの出会い

進行役.jpg
(久しぶりの進行役とリアルな場を楽しむ☆)

それぞれの『ありたい姿』に真摯に向き合い、
言い訳をせず、前向きに取り組むみんなに刺激をもらい、
最後まで走り続けることができたと思います。

『こうなったらいいなぁ』という他力本願な願いではなく、
『こうありたい』という主体的な思いは人の心をも動かし、
自分の未来も変える大きな一歩
なんだなぁと、つくづく感じました。


そして3つ目は、6回のサロンで出会うことができた、
岐阜・名古屋・桑名の62名の母たちとの出会い。
12510399_1555584688097194_3848678946223389125_n.jpg
(11月開催 岐阜県立図書館サロン☆)

母となった人生を、いい意味でもがく母たち。同じ時を生きるもの同士、心強い同志。

まさに、今年のテーマ<地域でつながる>のごとく、
これからも、ともに、励ましあって、ともに歩んでいきたい、そんな魅力溢れる方ばかりでした。



12552729_1555586341430362_2701755015583285552_n.jpg
(6月開催 青空サロン☆練習に付き合ってくれたみんな、ありがとう!)

最初、全く自信がなかった私ですが、
ありのままの私を受け入れ、そして、できることからはじめていく。
そして、周りのメンバーと、一つ一つ乗り越えることができました。

まさに、チームメンバーとのキックオフで書いた言葉
『このメンバーと見たことがない景色を見たい!』
それがサロンを終了した今、叶っていることを実感しています。


1382342_1555584221430574_1071222371154485556_n.jpg
(9月 岐阜駅ミスドに大集合☆実は初めての全員集合!)

だからこそ
“いまできていない”からといって、諦める必要はなく、
自分自身の最善を尽くし、仲間を信じること”で、
(仲間にはパートナーや子ども、地域の方、職場の方も含まれますね)
新しい自分、新しいチーム、新しい一歩が始まることを信じることができる”ということを、
私はサロンの取り組みの中で感じました。


大人になっても、成長したい。
これからも、自分の未来を自分の言葉で考え、主体的に選ぶ、そんな女性でありたい。

改めて、そう思いました。


このような機会をもらえたことに感謝し、
そして、この恩返しはもちろんですが、恩送りも始めていきたい。
そのスタートに今、私は立っていると思います。


本当にありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いします。

(岐阜チーム進行役:上松恵子)
7期進行役のみなさんにインタビュー★【その2】 [2015年10月21日(Wed)]
こんにちは、マドレボニータのメールマガジン
「マドレ★タイムズ」編集部の北澤ちさとです。

いよいよ今期のワーキングマザーサロンも10月・11月の開催を残すのみとなりました。
そこで、10月21日配信のメルマガではブログ連動企画として
「進行役のみなさんにインタビュー」を3回にわたり掲載いたします!

【その1】【その2(この記事です)】【その3】

今期の進行役として、研修とサロンの開催にこれまで取り組んできたみなさんに、
「これを聞いてみたい!」という4つの質問を編集部からお聞きしてみました。

プロジェクトメンバーとしての活動に興味がある方も必見です!
個性あふれる進行役の皆さんの声、ぜひじっくりお読みくださいね。
(毎月配信無料メルマガ「マドレ★タイムズ」登録はこちらからお気軽にどうぞ!)


<【藤居料実さん (活動地域:東京都品川区・目黒区・神奈川県川崎市、他)】

★これまでのサロンの中で出てきた、印象的な話やフレーズを教えてください。
「子どもが将来いい大学や会社に入れなければそれは私の責任だ」
実は今年ではなく去年のご参加者の発言なのですが、今までのサロンで一番深いご発言です。

あの日のテーマは一言でいうと「子どもの人生はだれのもの?」でした。
「愛する我が子をちゃんと育てたい」で始まった思いが、いつの間にか夫の役職や、
家の中の綺麗さや、子どもの入った学校のランクに成果を見出そうとしてしまう。
そこまで追い詰められる母親の息苦しさに共感するメンバー有り、疑問を投げかける
メンバー有りで、振り返りも非常にモヤモヤしました。

このとき私は「共感」の側だったのですが、メンバーの話を聞いて初めて
「自分の親がそう思って私を育てた(であろう)から私もそういうものだと思っている」
という自分の思考回路(恐ろしいことにそれがベース?!)に気づくきっかけに!
そこから長い時間をかけて「親から自分を分離する作業」をやるはめになったのですが、
始まりはあそこだったなぁと、今でも印象深いご発言です。

★サロン活動の中での、ハプニングや失敗談がありましたら教えてください
●進行役への不安でパニック症状発生
私事ですが、営業職として専門商社に入社した当時、仕事のハードさと
自身の能力の低さが相まってパニック症状を起こし、ドクターストップが
かかって事務職に転向したという経緯があります。
そこから結婚、出産、マミートラックときて、今回進行役をやらせてもらったことは
自分にとっての大きな挑戦でした。
止まっていた時計が動き出すがごとく、自分の中の何かが喜びとともに動き出すのを
感じていたのですが、 久しぶりの緊張感でなんと8年も前のパニック症状を
引きずり出してしまいました!

でも当時と違ったことはじっくり話を聞いてくれる人が近くにいたこと。
話してごらん、と評価もアドバイスも叱咤激励もなく、ただ話を聞いてもらうことで、
自分が何に不安を感じていたのか一つずつ整理し、気持ちを落ち着かせて前に進むことができました。
一時は自分でもどうなることかと思ったのですが、8年前の自分ごと癒してあげられた気がします。

★進行役として活動する前と現在で、ご自身のどんなところが変化した(成長した)と思いますか?
小さな変化はたくさんあるのですが、あえていうならバラバラだった自分が
一つに統合されてきた感覚でしょうか。 今まで、職場での私、母としての私、
学生時代の私、子どもの頃の私、といろんな場所やステージごとにずれがあった気が
していたのですが、最近どこにいっても私は私と思えるようになってきた気がします。

「こんな私でも大丈夫」と思える経験をいくつかさせてもらって、その場で
「求められ(ていると勝手に思い込んで)いる像」をちょっとずつ手放せるように
なってきているのかもしれないです。

★パートナーとのエピソードを教えてください
●子育てに病んでいた時のことを今さらですがわかってもらえました
まず、進行役に限らずですが私が家を開けることが多いのもあって、
夫が子どもに父親としてがっつり関わる機会が増えました!
で、夫は上の子のイヤイヤ期のときは長時間労働でほとんど家にいなかったので、
下の子が2歳になった今、初めてイヤイヤ期というものに直面し、日々奮闘しています。
夫がそうやって子育ての大変なところを一緒にがんばってくれることで
自分も励まされるし、夫の中にも子どもと接することで
揺さぶられる価値観のようなものがたまっていく。

そこをああでもないこうでもないと話せる素地ができたことも嬉しいし、
過去を整理したり、気持ちに寄り添えるのはすごくありがたい瞬間です。

まだまだサロンで扱うには課題感のある「パートナーシップ」なのですが、
サロンでいただいたヒントを持ち帰り、これからも話をしていけるといいなぁと思っています。


【種井美緒さん(活動地域:埼玉県さいたま市ほか、栃木県足利市)】

★これまでのサロンの中で出てきた、印象的な話やフレーズを教えてください。
「母となってはたらくって、悩みが尽きないからこそ、
共有できるだけの体力と仲間が必要」

”悩むことは悪いことではない”とか”悩んでいる自分を責めるよりも、
もっと必要なこと”に気づかせてくれる一言でした。

「子育てに飽きても諦めない」
子育てをしながら”大切なものに気づく→悩む・葛藤する”のサイクルを繰り返す自分に、
最近少し飽きてきたけど、そうは言っても子育てを途中でやめるわけにはいかない。
悩んでも、壁にぶつかっても、自分の大切なものは諦めない。「子育てに飽きた」という言葉に
ユーモアを含みながらも、みんなが共感していた言葉でした。

「子どもが生まれてから、いろんな場所に参加したけど、
こんなに本音を話している場は今までなかった。
・・・今、ようやくスタート地点に立てた気がする」

という言葉を涙しながら話してくれた方がいました。
”自分が思っていることを、受け止めてもらえる場がある”ということ自体が、
大きな力を持っているんだなぁと、実感した言葉でした。

・(フレーズというわけではないのですが)、一人の参加者が、
仕事や子育て、夫や実母との関係性の中で抱えた悩みや葛藤、そして
在りたい自分を物語っている姿に、とても力強さを感じたサロンがありました。
実際、その話しに心を動かされて、別の参加者が自分を主語にして話してくれました。

自己解決を促す、一歩を踏み出す勇気というのは、「モヤモヤの正体が明確になる」
とか「新たな気づき・視点が見つかった」とか、いろんなことによって得られるけど、
「明確にならなくても、ただただ心を動かされた」ということも大切な側面なんだなと、
学ばせてもらったシーンでした。

「2つの気持ちが同居していてもいい」
「自分のためと子供のため、2つは共存できない想いなのか?」
”仕事と家庭”とか、”子どもと自分”とか、”今と未来”とか、どちらか一つしか
選べないと思って葛藤することが多いけど、本当にそれは相反するものなのか?という
ことにハッとさせられた言葉でした。

「子どもが生まれてから、自分が自分でなくなってしまう感覚があった。
私は考えることで自分を取り戻していったと思う。でも、その場での出会いや、
人とのつながりがなかったら、私はここまで来ていなかった」

自分を取り戻す、主体的に人生を歩むためには、その一歩は、他の誰かが
「これが正解ですよ」と差し出してくれるものではなくて、自分で踏み出さ
なければいけない。だけど、一歩を踏み出す勇気・モチベーションは決して
一人で挑まなくていいんだ、人との関わりの中で作っていけばいいんだ、と思わせてくれた言葉でした。

★サロン活動の中での、ハプニングや失敗談がありましたら教えてください
サロンが終わってから、いつも反省ばかりしていましたが、
この質問を考えてみて「でも、『失敗』っていう失敗はしてないかも」という気づきに至りました。

ハプニングとしては、進行役研修初日に息子が初めての入院となり、
出だしからテンヤワンヤしました(^^;(幸い4日で退院しました)
入院中に、6期進行役(7期全体サポートメンバー)のともみん(細川朋美さん)が病院に駆けつけてくれて、すごく心癒されたというか、励まされたのも、良い思い出です☆

★進行役として活動する前と現在で、ご自身のどんなところが変化した(成長した)と思いますか?
●「聞く」ということが少しわかってきた気がする。
今まで、友達の悩みを聞いていて、アドバイスできず、一緒に「うーん・・・」と
なってしまう自分が嫌いでした。でも、進行役として活動する中で「批判されずに
受け止めてもらえることは、それ自体に価値がある」「問題を解決するだけの力は、
話している本人にある」ということが実感としてわかってきたので、
今までは余計な言葉を自分に言いきかせながら話を聞いていたのが、『聞く』ということに
集中できるようになってきたと思います。

●言葉がまとまらなくても、取りあえず出してみようと思えるようになった。
今までは、思いを言葉にするというのは、おもに書き言葉だったのですが、今年は話し言葉でする機会がグンと増えました。
元々Facebookなどに投稿するときも、頭に思い浮かんだまま書くのではなく、
「この言い方の方が伝わるかな?」「この順序がいいかな?」ということに
時間をかけるタイプで、まとまり切る前に言葉にすることに対して抵抗が
あったのですが、今年はサロンの中や、プロジェクトメンバーや、パートナーと、
色んな場面で、話して伝えるということにチャレンジしています。

「言葉が磨かれていく」というような実感はないのですが(^^;、
まとまらなくてもとりあえず外に出してみる、瞬発力みたいなものはついてきたかなと思います。

★パートナーとのエピソードを教えてください
今まで度々夫と話しあう機会はあったものの、勇気を振り絞って言った割には、
返ってくる言葉が「え?それ?」ということが多く、
「コミュニケーションが大切ってわかっているのに、パートナーに
自分の思いを伝えるのが怖い、パトナーシップに上手く向き合えていない」
という悩みを
前半は抱えていました。
8月に『他チームを覗いてみようskype』で、そのことをテーマに話して、
色んなヒントをそこでもらったことと、色んな人が我が家のパートナーシップに
向き合ってくれたことが勇気になって、夫とじっくり話す時間をとりました。

そこで、「今しか見えていない私と、論理的に物事を捉える夫。
見えているものが全然違うから、一方的に気持ちを伝えるだけでは足りなくて、
お互いの言葉を咀嚼して腹の中に落ちるまで言葉を尽くす」というのが、
我が家のパートナーシップの形なのかも、という気づきに至りました。

「私のやりたいようにやれば」と言っていた夫の言葉が、それまで冷たく
聞こえていたのですが、話し合いを通して「本当に全面的に応援してくれているんだ」
ということがわかり、大きな力になっています。
とはいっても、日々の生活の中で溜めこまずに思いを伝えるというのは、
まだまだ課題なのですが、以前のような「向き合えていないからダメ」と
考えるのではなく、「やっぱ難しいことだよね」と認めながら
「自分たちはどこまでできるかな?」とチャレンジの気持ちです。


【満尾ひとみさん(活動地域:新潟県上越市、長野県長野市)】

★これまでのサロンの中で出てきた、印象的な話やフレーズを教えてください。
全体シェアリング終盤に、
「あー、一人で考えてたことも言葉にすると全然違うんですね!!」

参加者さんがポロっとおっしゃった言葉。サロン、やって良かったーと思った瞬間でした。

★サロン活動の中での、ハプニングや失敗談がありましたら教えてください
青色Tシャツに合うボトムス選びに結構頭を悩ませています(笑)
一回、ナマ足にショートパンツ履いていったら、二時間もあぐらで座っていると
汗がすごくて…衣装選び失敗したーと後悔しました。

★進行役として活動する前と現在で、ご自身のどんなところが変化した(成長した)と思いますか?
何か困難にぶつかったとき、「自分が頑張ればいいや」と思いがちだったけど、
チームメンバーと一緒に活動する中で、委ねること、思いや状況を言葉にして
共有することが出来るようになってきた気がする。

★パートナーとのエピソードを教えてください
育休中の夫は、平日しか開いていない子育て広場にチラシを持っていってくれたり、
振り込みに行ってくれたりと最早私設秘書のように協力してくれてます
サロンがあった日の子どもが寝たあと、夫は必ず「今日のサロンはどうだった?」と
聞いてくれるので、その時間が私の振り返り第二部になっています。

ーーーーーーーーーーーーーーー
みなさん、ありがとうございました!
インタビュー【その1】はこちら★
インタビュー【その3】はこちら★
7期進行役のみなさんにインタビュー★【その3】 [2015年10月21日(Wed)]
こんにちは、マドレボニータのメールマガジン
「マドレ★タイムズ」編集部の北澤ちさとです。

いよいよ今期のワーキングマザーサロンも10月・11月の開催を残すのみとなりました。
そこで、10月21日配信のメルマガではブログ連動企画として
「進行役のみなさんにインタビュー」を3回にわたり掲載いたします!

【その1】【その2】【その3(この記事です)】

今期の進行役として、研修とサロンの開催にこれまで取り組んできたみなさんに、
「これを聞いてみたい!」という4つの質問を編集部からお聞きしてみました。

プロジェクトメンバーとしての活動に興味がある方も必見です!
個性あふれる進行役の皆さんの声、ぜひじっくりお読みくださいね。
(毎月配信無料メルマガ「マドレ★タイムズ」登録はこちらからお気軽にどうぞ!)


【田中裕子さん(活動地域:福井県鯖江市、福井市、越前市)】

★これまでのサロンの中で出てきた、印象的な話やフレーズを教えてください。
同居について、仕事に対する考え方など、
福井県の女性ならではだと感じることが多々ありました。
(知ってはいた、分かっていたけれど、改めて実感したという意味です)

★サロン活動の中での、ハプニングや失敗談がありましたら教えてください
・アポなし取材。
・申込みなしの当日参加。

…事前にFacebookなどでメッセージを送ってくださっていたが、こちら側で確認できておらず、返信していなかったにもかかわらず当日来てくださった方が2名もいらっしゃいました。

上記2件とも、動揺はしたものの、サロンそのものには差し支えありませんでした。

★進行役として活動する前と現在で、ご自身のどんなところが変化した(成長した)と思いますか?
質問の仕方、聞く力が備わった。

★パートナーとのエピソードを教えてください
正直以前とかわりはありません。
お互い仕事(家業)もプライベートも含め、全て運命共同体な間柄です。
理解してもらえずイライラしたこともないですし、お互いがお互いのことを理解し、
支え合いながら、前に進めていると思います。


【松浦優子さん(活動地域:静岡県島田市、浜松市、袋井市、菊川市)】

★これまでのサロンの中で出てきた、印象的な話やフレーズを教えてください。
「そういう考えがあっても良いんだな、と今聞いていて思いました。
今の自分に見えている情報だけで、未来のことを考えていても仕方ないんだなー、と。」
「今話をしていて、職場までの移動時間も貴重な"一人の時間"なんだと気づきました。有難いことですね。」

"やっぱり話すことって大切!!!と感じた"←アンケートからも多数あったコメント

★サロン活動の中での、ハプニングや失敗談がありましたら教えてください
・研修中に進行役のFacebookグループでなく、個人のFBページに進行練習動画をアップしてしまった(2回)
・サロン当日に横断幕を忘れた!
・サロン進行中、台本を忘れるのは常だが、一回苦手なパートのカンペが
はがれ落ちていたことがあり「えーっと、なんでしたっけ」と進行一時中断してしまったことがあった。

★進行役として活動する前と現在で、ご自身のどんなところが変化した(成長した)と思いますか?
・SNSツールが使えるようになった!!(それを理由に祝☆インターネット開通)
・早起き(4時代)できるようになった!!
・全国に自分の本音を打ち明けたくなる仲間が出来た!!
・苦手な"委ねる"を沢山経験できたことで、以前より義両親にお願いすることが出来るようになってきた。(課題取り組み時間確保や、サロン当日の子供預け)
・「サロンに参画している」という楽しさと自信が、次への行動につながる力になっている

★パートナーとのエピソードを教えてください
課題や告知活動などが、自分の思っているように行えていないときに、
夫にツラく当たる私に「自分が好きでやってるんでしょ?もうそんなに大変なら
やらなきゃ良いじゃん」と言われたこと数回。
その度に"私は誰のために、何のためにやっているのか"を振り返るきっかけになっていた。


【上松恵子さん(活動地域:岐阜県岐阜市、愛知県、三重県)】

★これまでのサロンの中で出てきた、印象的な話やフレーズを教えてください。
「『母となってはたらく』に対する軸を探しにきました。」との話に、
「軸ってあると良いかも知れないけど、無くても大丈夫。
むしろ、その軸は常に変わるかもしれないから、
常に、そして、柔軟に、軸を捉えることが大事。」


★サロン活動の中での、ハプニングや失敗談がありましたら教えてください
時間を区切るために、大事な、大事な相棒:タイマーを忘れました(涙)
サロンサポートメンバーに目配せして、
スマホのタイマーで代替しましたが、冷や汗いっぱいでした。

★進行役として活動する前と現在で、ご自身のどんなところが変化した(成長した)と思いますか?
●<主体的に考えること>ができるようになった。
こうなったらいいなぁという他力本願な考えではなく、
こうしたい、こうありたい、という主体的な希望をもち、
それに対して、行動できるようになりました。

★パートナーとのエピソードを教えてください
わたしが、仕事・家庭のほかに第三の場を持つことを、こんなにも応援してくれるとは思わなかったです。
具体的には、週末のサロンの時間に子どもと出かけてくれたり、
わたしの練習相手になってくれたり…。

自分自身がパートナーに委ねる前に、
パートナーに頼ることを勝手に諦めてたんだなぁと実感。
勝手にプンプンおばさんになっていた私を反省しました。

ーーーーーーーーーーーーーーー
みなさん、ありがとうございました!
インタビュー【その1】はこちら★
インタビュー【その2】はこちら★
7期進行役のみなさんにインタビュー★【その1】 [2015年10月21日(Wed)]
こんにちは、マドレボニータのメールマガジン
「マドレ★タイムズ」編集部の北澤ちさとです。

いよいよ今期のワーキングマザーサロンも10月・11月の開催を残すのみとなりました。
そこで、10月21日配信のメルマガではブログ連動企画として
「進行役のみなさんにインタビュー」を3回にわたり掲載いたします!

【その1(この記事です)】【その2】【その3】

今期の進行役として、研修とサロンの開催にこれまで取り組んできたみなさんに、
「これを聞いてみたい!」という4つの質問を編集部からお聞きしてみました。

プロジェクトメンバーとしての活動に興味がある方も必見です!
個性あふれる進行役の皆さんの声、ぜひじっくりお読みくださいね。
(毎月配信無料メルマガ「マドレ★タイムズ」登録はこちらからお気軽にどうぞ!)


【永野間かおりさん(活動地域:北海道北見市、網走市)】

★これまでのサロンの中で出てきた、印象的な話やフレーズを教えてください。
「本当は週2,3回のパートではなく、私はもっとはたらきたい。
夫は家事育児をほとんどしないので、自分のできる範囲でとおもっていたが、
みなさんの話を聞いて、自分一人で家事育児を抱え込むんじゃなくて、
もっと夫とわかち合っていっていいんだとおもえた」
と発言されました。

パートナーシップもその価値観も、夫婦それぞれ。違う価値観や関係性に
触れるからこそ、「私は何を大事にしたいか?」「そのために何ができるか?」を
あらためて考える機会になるのだとおもいました。参加者の発言が、その人自身の
道のりを振り返ったり、将来におもいを馳せるのはもちろん、他の誰かの勇気付けや
気付きにつながる。その瞬間に立ち会えた時、話す・聴くことによるエンパワメントと、
その先の可能性の広がりを強く感じます。

★サロン活動の中での、ハプニングや失敗談がありましたら教えてください
●自己紹介をすっ飛ばしてしまったこと。輪の中にいたチームメンバーが、
戸惑い気味に教えてくれて助かりました(ありがとう!笑)。
●手元にタイマーを置き忘れたこと。忘れ物ばっかりしているのは、小学生の頃から変わりません(笑)

★進行役として活動する前と現在で、ご自身のどんなところが変化した(成長した)と思いますか?
自分でいうのも何ですが(笑)、思考や人とのコミュニケーションの取り方が
柔らかくなったと思います。これまでは、自分の価値観に頑なに固執してしまう面が
あったのかも知れません。でもサロン進行役を経験することで、「価値観は人それぞれ」
「大事にしたいものはみんな一人ずつ違う」ことを実践で学び、じゃあ私はそこからどう
人と関わってつながっていこうか?と、これまでよりゆったり考えられるようになりました。

★パートナー(夫)とのエピソードを教えてください。
夫と今まで以上に、仕事のことや将来のことを気軽に話すようになりました。
それはサロンでたくさんの「母になってはたらく」おもいや話題に触れて、
「じゃあ私はどうだろう?」とサロン後もしつこく(笑)考えているから。
自分の考えを整理したり、夫の意見も聞きたくて、「あのね」とか「どう思う?」と
切り出すことが多いです。
そうやって話し合いながら、転勤族の夫と、自営業の私が
お互いの仕事や学びをどうやって同時に(または交互に)進めていくか?も、チーム感をもって話しています。


【山井七恵さん(活動地域:宮城県仙台市)】

★これまでのサロンの中で出てきた、印象的な話やフレーズを教えてください。
サロンの後にメールで感想を送ってくださった方より
ーーーーーーーーーーーーー
話を聴く機会は多いけれど、
自分が主語で話す機会は少なかったと気づきました。
なれていないのと緊張もあって、
自分の思いを伝えることは難しかったです。
また、子供が産まれてからは子供が主語で考えることが多かったので、
自分が主語で考えることはとても大切だと分かりました。
仙台ではこのような働くママを支えるような活動は少ないように感じます。

ーーーーーーーーーーーーー
わたしも自分がサロンに初めて参加したとき、同じように自分を主語として
話すのは難しいけど大事なんだなーと思ったのを思い出しました。

★サロン活動の中での、ハプニングや失敗談がありましたら教えてください
横断幕を忘れました…。

★進行役として活動する前と現在で、ご自身のどんなところが変化した(成長した)と思いますか?
自分の望みとは?に目を向けることが増えた…かな?と思います。


★パートナー(夫)とのエピソードを教えてください。
●夫の「託児アレルギー」再発!?
サロンとは関係がない仕事での用事ですが、わたしが出張に行くことになりました。
1泊2日ですが、夫の出張と初日がかぶってしまいました。
とはいっても夫が帰ってくる日なので、わたしが出発してから夫が帰宅するまでの
3時間だけ空白の時間が発生することになりました。

その日はベビーシッターさんにお願いするつもりで夫に話したら、
「かわいそう、出張をやめれば?」(ちょっと怒りモード)との返答。
あまりにびっくりして一瞬頭が真っ白になりました。

連日夫の帰宅が遅く話す時間も少ない中、なんとか納得(ではなかったことが後から判明)
してもらいシッターさんにお願いしてその日を乗り切ることができました。
後日に「あのとき最初は反対していたのに納得してくれたのはなぜか?」と聞くと、
「今でも別に納得してない」という返答でした。

その返答にすごくモヤッとして、
「あなたも仕事だし、わたしも仕事だった。代案も考えもせず反対だけして
どういうつもりか。自分だけが大事な仕事をしているつもりでいるのか。
わたしは息子の預け先を探したがあなたは何を?」と、
「わたしはあのとき行ってらっしゃいと言って欲しかったのに!!」という気持ちをぶつけました。
結果、「ごめんね」と言われその場は終わって、わかってくれたのか
収めたかっただけなのか?は心配でしたが、それ以降わたしの仕事のことを
気にかけてくれたり、休日に息子と2人きりで出かけてわたしが一人で家で仕事をする
時間を作ってくれたり、明らかに変わりました。

以前は衝突を避けて言わないでいて、ある日突然切れて
自分でもどうしたいのかわからない!!みたいなことがあったけど、
一時的な衝突を恐れないで思っていることを話すことで、
関係がより良好になったのかな?と思います。

夫の託児アレルギー(預けるなんてかわいそう精神)は
息子の保育所入所とともに治まったものと思っていたけど、
根本は変わっていなかったことが今回わかりました。

多分、嫌なものは嫌なんだろうなと、わたしは虫が嫌いなのですが、
それと同じようなもので、誰がなんと言おうと、なんか嫌!っていう
感じなのかなと思いました。
それは多分なくすことは難しいだろうし、その都度話しあっていく他ないのかなと。
こうやって解決したと思ったことが再度浮上してくることって、
大なり小なりよくあるもので、終わりはないのかなとあらためて
感じることができた一つの出来事でした。


【関口幸季さん(活動地域:東京都大田区・世田谷区・品川区・杉並区)】

★これまでのサロンの中で出てきた、印象的な話やフレーズを教えてください。
「モヤモヤはともだち」というフレーズ。
第1回サロンで出てきたのですが、今モヤモヤしている自分を
励ましてくれるフレーズだな、と感じています。
サロンの最中、自体の中の話はすっからかんなくらいに忘れていて、
その後に考えたことや振り返りで話したことのほうが、よく覚えています。(残念ながら)
なので、↑のフレーズしか思い出せないの〜(ノД`)・゜・。

★サロン活動の中での、ハプニングや失敗談がありましたら教えてください
第1回サロンでタイマーを忘れたこと!スマホに助けられました。
それから、2回目のサロンでワーク進行手順が頭から抜けてそわそわしたので、
その後は事前に必ずワーク進行練習をするようにしています。おまじないとして。

★進行役として活動する前と現在で、ご自身のどんなところが変化した(成長した)と思いますか?
「話を聞く」ことがどういうことか、考えるようになりました。
また、自分の中に「〜ねば」や「〜しなければ」が隠れていると、
自分を疑うことができるようになったと感じています。
それが、いいか悪いかというより、自分にはそんな思い込みや
思考停止する何かがあるかも?と客観視する感じです。

それが成長かどうかはさておき、そう考えられるようになったことで、
自分の目の届く範囲は確実に広くなったのではないかと。
一方向からしか見てなかったものを、違う方向からも見られるようになった、という感じで。

★パートナー(夫)とのエピソードを教えてください。
・サロン後、毎回「今日のサロンはどうだったん?」と聞いてきます。めちゃ気にしています。
・進行役研修中、朝活をしていたのですが、一緒に起きて仕事して、朝スカイプとか
 実は聞いてたり、登場したり…。
・夫自身の仕事と、私のサロン活動の違いについて、私と意見が相違しているが、
 まだここは話合えていません。進行形モヤモヤ。

ーーーーーーーーーーーーーーー
みなさん、ありがとうございました!
インタビュー【その2】はこちら★
インタビュー【その3】はこちら★
【感動!】第7期進行役合宿2日目をレポート☆ [2015年06月17日(Wed)]
こんにちは!
サロンマニアで全体サポートメンバー広報チームのななちゃんこと光瀬奈々江ですわーい(嬉しい顔)

昨日に引き続き、今日は第7期NECワーキングマザーサロン進行役合宿2日目の様子をレポートします☆

【第二日目はいざ実践!】

合宿の2日目も、全体サポートメンバーでもあり、第5期進行役(世田谷)を務めたひろちゃんこと土本広美さんと、第6期進行役(埼玉)を務めたともみんこと細川朋美さんも進行役研修をサポートにきてくれましたぴかぴか(新しい)

午前中の最初は、サロン冒頭部分〜10秒自己紹介のところまでを、台本なしの一発勝負で進行練習パンチ
CFF55hFUEAEy3lK.jpg


NECワーキングマザーサロンとは?
誰が主催?誰が運営?
NPO法人マドレボニータはどんなことをしている団体?
進行役の自己紹介(どんな思いで進行役という席にいるのか?どんな場にしたいか?)
サロンを安心して話せる場にするために3つのお願い(赤ちゃん、情報の取扱い、写真撮影)
そして参加者全員で10秒自己紹介(お名前、お住まい、職業、産後何ヶ月など)

サロンでは、生後210日以内の赤ちゃんは一緒に参加できます。
210日以降の赤ちゃんは信頼できる方にお預けになってのご参加をお願いしています。
これには理由があります。
赤ちゃんも生後5・6か月頃になると、自我が芽生え、動きも活発になります。サロンは、2時間ワークをしたり、大人の話をする場であり、赤ちゃんにとっては退屈に感じられることもあります。
赤ちゃんはいつでもコミニュケーションを取りたいので、退屈に感じられると泣いてアピールすることでしょう。
以前、赤ちゃん連れでご参加いただいた方からも、「なかなか集中できなかった」とのお声もあります。
210日の意味は、赤ちゃんを一人の人として尊重しているからこそ。

進行役研修でも、サロンに参加してくださる方とその赤ちゃんのことを想定してどんな関わりがいいのかみんなで考察していきます。
ワーク中に赤ちゃんが泣いてしまったら?
泣いているのはコミニュケーションをとりたい証。
できれば、お母さんが赤ちゃんの声に応えてもらいたいのですが、ワーク中だとそうもいかない。
お母さんが手を動かしている間だけ、まわりの参加者やスタッフが代わりに抱っこをする。
でもいきなり抱っこをしてしまうと赤ちゃんを奪われたような気分になる(笑)ので、サロン冒頭部分で「この場では、赤ちゃんも参加者の一人。もしワーク中などに泣いたりしてしまったら、まわりのみんなで抱っこするなど、みんなで見守っていきましょうね。」ということを全員に意識的に共有しておきます。
そうすることで、赤ちゃん連れのご参加者も安心してワークに集中できます。
サロンでは、あくまでもご参加者も赤ちゃんもお互いに豊かな時間が過ごせるよう最大限配慮されています。

サロン冒頭部分のあとは、これまでたくさん練習してきたGood&Newとシェアリングのワーク進行をリレー方式で実践☆

CFFpcaXUUAAT6mI.jpgCFFjW0UUsAAvzLa.jpg

実際のサロンのように輪になってやるのは初めてのはずなのに、もうサロン開催したことがあるかのような堂々とした進行っぷりに私も驚かされました。と同時にすごく努力をされてきているんだなーと感動しました。

CFFvwb2VEAAYxfb.jpg


サロンの大きなテーマは「母となってはたらく」ですが、実際にシェアリングというワークでは、「人生」「仕事」「パートナーシップ」という3つのテーマのどれかを選んで「話す」「聞く」を2人組になってやっていきます。
この3つのテーマは一見別のようで、根っこでつながっている。

3分間という短い時間ではありますが、誰にも邪魔されず、否定もされず、自分がどうありたいか、今思っていること感じていることをどんどん言葉にしていく時間です。
そしてその話を聞いていた方が「こういったお話でしたね」とまとめて返します。その時に、言葉にしていくうちに「人生」について話していたつもりが「パートナーシップ」ばかり話してるなー私!なんてことに気づいたりもする本当に面白いワークです。

そのワークをいかにわかりやすく説明し、やってもらうか。
進行役はタイマーやフリップの使い方ひとつとっても丁寧に練習を重ねていきます。

午前中を終えて、全員でランチへ!!
たわいもない話からやっぱりここでもパートナーシップが話題になったり(笑)
やっぱりいいな〜進行役仲間って☆

CFHBD-IUIAAVA-J.jpg


午後は、サロンの肝となる全体シェアリングを実践。
ここは台本もなく一番難しいところ。
そして一日目で学んだ「まるごときく」「共感的にきく」が一番発揮される時間です。

2グループにわかれて一人が進行役、あとの人は参加者役で実践。
私もオブザーバーとしてグループの脇で拝見しました。

CFHCcoyVIAAZW26.jpg

オブザーバー的に外から進行役を俯瞰するのはとても新鮮でした。
進行役や参加者の表情。話の盛り上がり方や収束の仕方などいろいろな場面をみることができ、私にとってもすごく学びの時間となりました。

と、ここで、北海道の進行役・かおりんが飛行機の時間により途中退出。みんなでハグ!!

CFHEqGAVEAAuq-1.jpg


続いて、全員で全体シェアリングについて考察。
進行役はどこに視野を置くか?
一人の話を聞きながらも、体は全体に向いている。全体に意識を置く。マットの真ん中に言葉を置いていくイメージ。
視界に誰までが入っているかを意識する。

最後は、2日間の研修を振り返り、全員でシェアリングのワーク。
横でみていても、みなさんのすごい熱量を感じました。
中には涙ながらに話している方も。

CFHzz6FVIAIfcwJ.jpgCFH1VQ9VEAE2_F-.jpg

そして、全員で輪になり全体シェアリング。

CFH2FOyUMAAfQxD.jpg

(福井・ひろこちゃん)
マドレが知られていない福井での開催。一人でがんばろうとしなくていいと思えた。
みんなと出会いつながれた。
これからがんばって素敵な場を作っていきたい。

(埼玉・たねちゃん)
場がもつ力ってすげえな!と感じた。
ワクワクしている。
意図して作る部分もあるし、意図せず起こることもある。
起こることを楽しんで扱いたい。
サロンを開催することが楽しみに。

(東京南・川崎 かずみちゃん)
場に委ねるということを体感できた。
委ねて大丈夫なんだということ。
手放した先にみえたものは気持ちいいと感じた。 
今までの飢餓感。満たされない感じが埋まって行くような感じがした。
自分ががんばっているから、家族もがんばらなければというような周りに余計なプレッシャーを与えていた。
自分自身のハードルを下げて楽に生きやすくしたい。
何かを成し遂げないといけないものではなく、この場にいるだけでいいんだというのが体感できた。

(岐阜・けいちゃん)
すごい楽しかった!にやにやしてました(笑)
新しく発見できたことあった。
それは、人が成長する、がんばっている姿がすごい好きなんだと気づいた
みんな顔が変わった。表情が変わったのがみることができて、ワクワクにやにや。

(静岡・ゆうこりん)
みんなに会えたたことが嬉しくてしょうがない。
みんなでやればうまくいくとおもっていた。
オンラインでは感じられない温かさをすごい感じた。
場にきて空気で熱で感じた
楽しく教えてくれて、それが勉強になって嬉しかった。
進行役をやります、といった私たちを信頼してくれて応援してくれて
たくさんの暖かさを感じた。感謝したい。
絶対がんばらなきゃと思った。
リアルで伝わってくるものは違う。

(大田・世田谷 みゆきたん)
進行役から受けるキラキラ感。
そのキラキラ感の正体見たり。それが体感できた。
この人たちにはこういうものがあるからそのひとたちが好きなんだ。
安心できるし憧れていたんだとわかった。嬉しい。
7期のメンバーに自分がそこにいる。心からにやにや(笑)

(仙台・やみーさん)
ここにくるまでは、進行役してこうしなければという意識はないつもりだったが、きてみてそういう意識が意外とあったことに気づいた。
昨日泣いてしまって「泣いちゃいけないと思っていたんだね」と言われ、えそうなの?と価値観がひっくり返るようなかんじがあった。
自分のことを受け入れられれば他人も受け入れられるのかなと思った。
ここにきてよかった。

(信越・ひとみさん)
孤独だったんだなーと感じた
産休入って引っ越した土地での子育て。
現状変えたいと思い進行役に。
研修の最後の動画投稿できないままここにきてしまった。
ぶっちゃけ、最後モチベーションがわからなくて。
コメントしあうけど、それだけで安心できなかった。
いつでも言ってねと言われると、何から話していいかわからない・
不安だった。
場を共有して話すことにすごいパワーを感じた。
下がっていたモチベーションがあがりがんばりたいと思った。

(WMSプロジェクト本部・つかさっちん)
みんなに「ありがとう」ということしかない。
1期と3期と進行役やって今もこのプロジェクトが続いている奇跡。
大変だけどやってみたいとか。
そこにほしいものがあるはずと信じてきてくれて感謝してもしきれない。
これから何があるのかなと思うとすごい楽しみ。色々きけそうだなという楽しみ。

最後の最後は全員で輪になり、手をつなぎ、エネルギーを感じて終了。
私も感動して涙が止まりませんでした。

CFH74JPUkAI94Ty.jpg
CFHBq29VEAARNfC.jpg

こんなアツい場は他にはない!!
アツい心をリアルで体感した進行役たちがチームメンバーとともに全国各地のサロンでお待ちしています。
いよいよ20日からサロンがスタートします!!お見逃しなく!!


次項有1日目の記事は→こちら
◎WMS北海道@北見市(6月20日)詳しくは→こちら
◎WMS福井@鯖江市(6月20日)詳しくは→こちら

(文責:全体サポートメンバー広報チーム 光瀬奈々江)
【潜入!】第7期進行役合宿1日目をレポート☆ [2015年06月16日(Tue)]
こんにちは!
サロンマニアで全体サポートメンバー広報チームのななちゃんこと光瀬奈々江ですわーい(嬉しい顔)

いよいよ今週末から、北海道福井を皮切りに全国各地でNECワーキングマザーサロンが開催されます!!
満席となっている地域もありますのでお申し込みはお早めに!!

記念すべき第1回目のサロンは北海道と福井県で行なわれます。

◎WMS北海道@北見市(6月20日)詳しくは→こちら
◎WMS福井@鯖江市(6月20日)詳しくは→こちら


さてさて、今日はちょうど1ヶ月前に第7期NECワーキングマザーサロン進行役合宿が行なわれました。
あっという間に1ヶ月が経ちましたが、あの時肌で感じた進行役のみなさんの熱量がいまだによみがえってきます。

【第一日目は初の試み!公開講座】
合宿の一日目は、今期初めての試みで、NECワーキングマザーサロンやおもいを語り合う「場作り」に興味のある方に向けて講座の内容を公開しました。

午前中の最初は、アイスブレイク。
NPO法人マドレボニータ代表吉岡マコさんと自己紹介をしながら一緒に体を動かします。
(体を動かすことで緊張もほぐれ言葉も出やすくなります!)

CFAqPAsVAAAviHZ.jpg-medium.jpeg


NECワーキングマザーサロンとは?
プロジェクトの概要と進行役の役割について。
「安全で安心な場」を作ることが進行役の役割、ということで「安全で安心な場」を作るための「きき方」について実際にまずは3人組になってお互いの話しを聞きます。


お昼には、なんとマドレTVによる潜入取材が!!
その様子はこちら↓↓↓
☆第3回マドレTV
「潜入!NECワーキングマザーサロン進行役研修合宿」
前半
https://youtu.be/rf3jSqC5CAA
後半
https://youtu.be/RKy7ANl_y_8
(ネットワーク接続状況が良くないため、一部音声のみになる箇所があります。)

CFBqjYLUIAEZhJt.jpg-medium.jpeg

午後からは「その人の本当に話したいことをきく」について、やはり3人組になって「話す」→「きく」を繰り返し、それをみていたオブザーバーがみえてきたもの、感じたもの、をフィードバックしていきます。

CFBec7wUIAA5b8x.jpg-medium.jpeg
この時話していたテーマは「怒っていること」

講師の八田吏さん(WMSプロジェクト本部)は、「みなさん怒っている話しをしているのに、なぜか笑っているようにみえた。人は怒りの感情を認めたくない。触れたくない。そこにいかないように「笑う」」とフィードバック。

岐阜チームのけいちゃん(上松恵子さん)からはこんな感想が。
「テーマは怒りだったのが、自分が話しているのは不安だったと気づいた。不安を言葉にできているつもりができていなかった。不安を安心して話せる場所がサロンだったらいいなと感じた。不安を言葉にできたらすごい進歩。」

「その人が本当に話したいこと」「望み」をきくのはとても難しい。
基本的な聞き方は、レスポンスリフレクションの繰り返し。「思考」から「感情」へ、さらに進むと「望み」にたどりつく。
サロンでは、思考中心だった人が、感情の部分にたどりついただけでも、とても大きな一歩となる。

そんな気づきを得たあとは、「自分の価値観の扱い方」
「自分の感情を脇に置く」とは?


どうしても、人の話をきくときに、共感できないことがあると心がざわつくことってありませんか?
進行役は、その「ざわつき」に気づくことがとても重要
話に共感できなくて心がわついたり、イラっとするのは、自分の中の「〜すべき」「〜しなくては」という自分の中の価値観に触れたから。
この場では、それは流すことが大事。
あくまでも参加者のための場だから。

でも、自分の中で起きていること、感情を素直に言葉にしてもいい。
そこからつながることもある。

例えば、自分が場の中の発言が気になってしまって、何度もやりとりが生じてしまったら自分の中の価値観に触れているので中止する。
そこでやりたいことは自分がすっきりしたいこと。

進行役で、大事なことは、「まるごと聞く」「共感的に聞く」こと。
一人の話をじっくり聞く。
本当に大事にしたいことは何か?
本当に大事にしたいことがみえてきているとき、場に一体感が生まれる。


また、全体シェアリングの中で、途中要約したり、これまで出て来た話をまとめるのも進行役の役目。要約すると場が活性化する。

CFCD4NSUkAAGx3T.jpg-medium.jpeg


仙台チームのやみーさんからは
「進行役は泣いていいのか?」という質問が。
それに対し、講師の八田吏さんからは「ネガティブの感情を出したら収集つかなくなるのではと思ってしまう。その感情を隠して平気な顔をしてやるのと、泣きたい気持ちを素直に出したのとどっちが得られるものがあるか」

私は、昨年のサロンで、思わずもらい泣きをしてしまった時がありました。
正直、泣いたことで進行できなくなってしまいましたが(笑)、振り返りでは、その姿が「素」で良かったと言われました。

どこか「進行役とはこうあるべき」にとらわれてしまうと、集中して話しをきけなくなります。
自分の感情を脇におき、まるごときく、共感的にきく」は、ありのままの自分で素直にきくことなのかなとあらためて感じた一日目の研修でした。

CFB5aU4VEAA8kcc.jpg-medium.jpeg
☆一日目最後に記念撮影☆

さらにレポートは2日目に続きます!(笑)

(文責・全体サポートメンバー広報チーム 光瀬奈々江)





ただ今進行役研修中!【長野市&上越市:満尾ひとみ】 [2015年05月21日(Thu)]
こんにちは!
新潟県上越市在住満尾ひとみです。

11080932_10206353913555054_1119416675774968147_n (447x640).jpg



夫と1歳になったばかりの娘と3人で生活をしています。

今日は,私の自己紹介と合わせて,
進行役研修の最後の山場☆実地研修(1泊2日の合宿形式!)
の様子をご紹介したいと思います。


<なぜ進行役に>

第7期のテーマは、「地域でつながる」です。

今期のサロンは
「住んでいる地域で、リアルに出会えて本音で語り合える仲間をつくる」
ということを目指しています。

私はこのテーマに強い思い入れがあります。

というのも,私は,産休に入ると同時に住み始めた
長野市で初めての子育てをしていました。

「○○ちゃんのママ」として誰かと出逢える機会はあっても,
「満尾ひとみ」として誰かと出逢える機会がない。
育休に入って,復帰後の自分のキャリアとか,
仕事と子育ての気持ちの上での折り合いの付け方とか,
もやもやしていることはいっぱいあるのに,話せる人がいない。
インターネットを介して,遠くにいる友達には話してみるけど,
なーんか満たされない。。。

そんな私を救ってくれたのが,
昨年,長野市で開催されたサロンと
そこで出逢った仲間たちでした。

「自分を主語にして語る」ことのできる場。
そして言葉にした想いを真摯に受け取ってくれる人たち。
実際に場を共有し,顔を見合わせているからこそ,出てくる本音。
まさにリアルにつながることの大切さを実感した瞬間でした。

今年も長野市でそんな場を作りたい!
欲張って,4月から住み始めた上越市でも!!
そんな思いで進行役に挑戦しています。

<研修ってどんなことをやってるの?>

5月15日(金)〜16日(土)
4月から始まったオンライン研修を経て,
全国から進行役研修仲間が東京に集まり,
実地研修に取り組んできました。

11222908_986967751354041_4699246406778887759_n (640x425).jpg



もうこの2日間の濃密さは言葉じゃ表せません。
が,概要を少しだけ。

実地研修で集中的に取り組んだのが,「安心して話せる場づくり」。
場のデザインの仕方を学び,ひたすら聞く練習を繰り返す。

レスポンスとリフレクションを交えながら,共感的に聞く。
話し手が自分の思いを掘り下げられるように,話の構造を意識して聞く。
自分の中に沸き起こってきた感情をそっと横に置きながら聞く。

2人組で,3人組で,小グループで,全員で。
話して聞いて。聞いて話して。

11150879_770927579692100_2814970554539107763_n (640x425).jpg


新しいことを学び,意識することを変えていくことで,
こんなにも変わるものかと驚きの連続でした。

そして気付いた,話すことの力。
言葉の威力。

普段は口に出さない思いを誰かに話すのはとっても勇気がいるけど,
言葉にできたときの,体重がちょっと軽くなったようなすっきりした感じと
後ろから誰かが背中を押してくれているような前向きになれる感じ。
そんな感覚を味わえたのも大きな収穫でした。

最後に進行役研修仲間全員で,
進行役として自分がどうありたいかをシェアリング。
2日間で最大の熱量が発生していました!

そんなボコボコマグマを抱えた9名が,

いよいよ全国でサロンを開催ぴかぴか(新しい)します!

あ,深夜のベンチで9名の母により開かれた夜会が楽しすぎたことは秘密w
ただ今進行役研修中!【福井県鯖江市・田中裕子(たなかひろこ)】 [2015年05月08日(Fri)]
こんにちは。
兵庫県出身、東京育ち、福井県在住の田中裕子と申します。

wms_profile.jpg

まだまだ手のかかる甘えん坊の3歳の娘と、
好奇心旺盛すぎて目が離せない0歳10ヶ月の娘がいます。

家業を手伝っているので、夫はもちろん、
義理の両親もみんな同じ職場というなかなかレアな環境で仕事をしています。

今年の4月に、約1年間の産休+育休生活を終え、職場復帰をし. そして同時に、

ワーキングマザーサロン福井『初』開催に向けて、
進行役のオンライン研修が始まりました!
ぴかぴか(新しい)


*なぜ進行役に?*

端的にいうと、
福井県の女性の活躍を私なりに応援したくて、そしてそのためには・・・
ワーキングマザーサロンの開催は絶対にはずせない!
と思ったからです。

背景に、私自身の2つの気持ちの変化がありました。

1つ目は、24歳に結婚して以来ずっと、受け身な生き方(あるがまま/求められるがままを受け入れる生き方)を続けてきたことが原因で、自分自身のアイデンティティーが失われていくような感覚に陥ったことです。

(この辺の詳細について、いろいろ話したいことは山ほどあるのですが、長くなるのでブログでは割愛しますね^^;)

このときに、以前の自分のように、能動的に、
自分の意志で何かをしたい!と思い始めたんです。


そして2つ目は、29歳の誕生日を迎えたときでした。
親しい友人たちが、それぞれの夢を徐々に実現させている様子をSNSなどで目の当たりにし、自分は30歳目前にして、未だ何も成し遂げていないということに猛烈な焦りを感じました。

とにかく何かをしたい!(←しつこい?笑)

誕生日の夜、夫とお酒を飲みながら自分の思いをぶちまけました。

夫はあっさり、「裕子のしたいようにすればいいよ」と。

あぁ、やっぱり私この人と結婚して良かった!黒ハート・・・って思った瞬間でした(笑)


そこからは自問自答の日々。

何をする? 何ができる? 何がしたい?

その答えが、先ほどの、「福井県の女性の活躍を応援したい」でした。

当時、ワーキングマザーサロンのことは存在すら知らなかったのですが、
ある人に自分自身の活動について相談をしたときに、「こんなのがあるよ」と教えてもらったのが最初の出会いです。

そして11月、岐阜県のラストサロンに飛び込み、
「これだ!」と思ったわけです(笑)

wms_2014_gifu.JPG


* 研修ってどんなことやってるの?*


話す練習と聞く練習をスカイプなどを通じて行い、自己評価を行う。
その後、Facebookに動画をアップすることで、他のメンバーからフィードバックをもらう。
この2つのステップをひたすら繰り返しています。

自分一人で練習して自分一人で評価するだけではなく、
フィードバックをもらったり、他の人の動画を見たりすることで、
みんなそれぞれが少しずつ、そして確実に進化しています!

でも実は、この研修のもう一つ大事なポイントは、
時間を捻出することと、協力者を増やすことだと思っています。

私もそうですが、進行役メンバーのほとんどがワーキングマザー。
仕事、育児、家事もしながらの研修です。
パートナーや家族の協力なくして成り立ちません。

私のパートナーも、「好きなようにして良いよ」から、「応援するよ」そして「協力するよ」と少しずつ変化してきました。

それから福井県はマドレ未踏の地なので、プロジェクトメンバーを集めることも私自身で行いました。

マドレのこと、サロンのことを知ってもらい、「参加するよ」から「応援するよ」そして「協力するよ」までのステップを経て、5名のプロジェクトチームを結成することができました!


不安はいっぱいです。でも夢もいっぱいです!
サロン開催の日が今から待ち遠しいるんるん
ただ今進行役研修中【岐阜県岐阜市・上松 恵子】 [2015年05月05日(Tue)]
はじめまして!

岐阜県岐阜市上松 恵子(けーちゃん)です。

11125495_827979233949194_1605990466_n-3.jpg


仙台のやみーから、バトンを受け取り、ドキドキしながら
ブログ初デビューです。

3歳の娘、5歳の息子、そして、パートナーである夫との生活。
事務職員をしながら、日々ドタバタ、試行錯誤な毎日を過ごしています。

岐阜でのサロン開催を目指し、今、進行役の研修真っ只中です!!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<<なぜ、進行役に??>>

私のマドレとの出会いは第二子出産後の3年前の産後クラス。

そして、同じ年に開催されたWMS岐阜に参加しました。
第一子出産後に復職していた時に、子どもとパートナー、
そして仕事とのバランスを崩しかけた経験から、
自分の働き方ってこれで良いのかな・・・と迷いがあったのです。

岐阜サロンの申し込み日には、携帯を持ってスタンバイ!
参加できると決まった時は、ホッとしたのを覚えています。
(この年の岐阜サロンは当日に満員御礼だったそうです。)

参加したWMSでは、まさに<母となって働く>に真摯に語り合う場。
自分の言葉を紡ぐ場所。
そんな場所が新鮮でした。

ずっと、これでいいのかなぁと思ってはいたものの、
岐阜では働く母が周りにおらず、
会社でも久しぶりの産後社員、
そして、『自分が働きたいと思って働かせてもらってるのだから。』と
パートナーにも弱音を吐かないように・・・と、
自分の感情を、自分の言葉で、考える場・伝える場がなかったんですね。

私はサロンを通して、自分の考え方がアップデートされてなかったこと
に気がつき(この話もいつかしたいです!)、
実は、サロンの後に転職をすることにしました。

その転職先で2年間勤務し、いまに至ります。
改めて、自分の働き方を見直す時期だなぁと感じていたこの春。
WMSをサポートする役割をしたいと思いましたが、
岐阜での進行役がまだ居ないと伺いました。


あの携帯を握りしめ、予約画面を見つめてた自分を思い出すと、
絶対に岐阜で開催したい!
そこで、進行役に立候補し、今、岐阜でのサロン開催を目指しています。

<<研修ってどんなことやってるの?>>
2ヶ月間の研修も、いま、折り返し。
ただいま、『聞く練習』真っ只中です。

ご参加者に、安心して、自分の感情を、自分の言葉を話してもらうために、
<ひたすら聞く>練習をしています。

さらに、各地でのプロジェクトチームメンバーも発表され、
そのメンバーとのキックオフサロンや
6月に予定している第1回サロンの計画もメンバー間でしています。

10721328_628861857249782_825504149_n-3.jpg

第7回目となるWMSの今回のテーマは<地域でつながる>がテーマ。

岐阜メンバーは、名古屋から参加してくれるあややも含め、
7名の強力メンバー。
マドレインストラクター、フルタイム勤務、専業主婦、育休中・・・様々な状況の中で、
<母となって働く>を語る場を作りたい!と手を上げてくれたみんな。
このメンバーで、どんな化学反応が起こるかワクワク黒ハートしながら
この地域でサロンを開催し、<地域でつながり>を作っていきたいと思っています。

連絡手段どうしたらいい?一番メンバーが参加しやすい方法は?・・・
などなど、試行錯誤しながら、いま、岐阜チームは始動しています。

この試行錯誤も、きっと、より良いチーム作り、サロン作り、
そして、地域づくりにつながっていくと信じて!

メンバーの想いを込めた、6月からのサロン。
たくさんの出会いを楽しみにしています。
ただ今進行役研修中【宮城県仙台市・山井七恵】 [2015年05月02日(Sat)]
こんにちは宮城県仙台市山井七恵です。
やみーと呼んでください。
P1330052.jpg
夫と2歳の息子と3人暮らしをしています。
今年の3月末で正社員を退職し、現在はパートタイム勤務をしながら、
個人事業主として自宅での仕事もしています。

さいたま市のたねちゃんからバトンを受け取りました。
今回は、わたしのNECワーキングマザーサロン参画への想いを記していきます。

●なぜ進行役に?●

育休中は復帰後のことで悩み、復帰後も働き方で葛藤があり、もっと近くにサロンのような、話ができる・聞いてもらえる場があったら良かったのにと思っていました。
そこで、今年は仙台でもぜひサロンを開催して欲しい!という想いから、最初はサポーターに立候補しました。
実はサロンには1回しか参加したことがなく、それも1年以上前だったので、「まずは今年は少しでもサロンに関わってみよう」という気持ちからサポーターに立候補したのです。

しかし、今年仙台はおろか東北で進行役に立候補した人がいない状態で、このままでは東北での開催はないということを知り、仙台での開催を目指して自分が進行役に立候補することにしました。

不安な気持ちもありましたが、どんな出会いがあるんだろう?自分はどんな風に変わっていくんだろう?というワクワクした気持ちが大きくなっていきました。

●宇都宮の産後クラスへ参加●

進行役にチャレンジすることを決意してから、宇都宮市のマドレボニータの産後クラスに参加することにしました。(わたしは産後2年経っていますが…)
進行役に挑戦するにあたって、ワークやシェアリングを改めて体験したかったというのもありますが、楽しそうなので単に行ってみたかった!というのが本当のところです。
4回コースに参加し、宇都宮の産後女性たちと毎週語り合い自分や周りの参加者の心の変化を肌で感じました。
語ることで、問題に気付くこともあり、解決策にたどり着くこともあり、前に進めることもあること。そして、悩むことは必要なステップなのだと実感しました。
「こういう場があって良かった」という参加者の声を聞いて改めて、仙台でも「母となって働く」を
語る場を作っていくぞ!という気持ちになりました。


o0480036013262710551.jpg

●進行役研修について●

今は研修真っ最中で、毎週の課題に動画のアップにと必死な毎日です。
今週は3分間話を聞く練習です。
ただ聞くって・・・聞きながらも自分の想いが出てきたり、「こうじゃないのかな?」なんて思ったり、意外と難しいことなのだと気付きました。
そしてそんな姿を動画に録るなんて、なかなかない体験です。

今はオンライン研修なので、各地域の進行役研修仲間とスカイプやFacebookでアドバイスし合っていますが、もうすぐ東京での実地研修があります。
実際にみんなに会えるのが楽しみです。

そして6月からはサロンを開催します。
どんな出会いがあるのでしょうか。とても楽しみです。

o0480036013283887353.jpg
| 次へ