CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年12月08日

【開催報告:11/30(日)浜松市にてサロンを開催しました!】


みなさま、こんにちは。静岡チーム進行役の大隅侑子です。
今週に入り浜松は一段と寒さが身に染みるようになりました。
この時期になると鍋料理がより美味しく感じますよね〜

さて!11/30(日)に静岡県浜松市のこども館でサロンを開催しました。
今年ラストサロンはお天気日和な1日となりました♬


今回は参加者6名(専業主婦の方3名・産休中の方1名・就業中の方2名)
とプロジェクトメンバー3名の計11名でのサロンでした。
サロン終了後も参加者の方が熱くお話している姿が印象的でした♫


1.jpg

最初の自己紹介で「今日は○○を話に来ました。」
という参加者の方の声を聞きながらスタート。

少し緊張がほぐれたところで
Good & New では参加者の方に24時間を振り返ってみてよかったことを
白い紙に絵と文字で書いてもらいました。

紙に書いてみるとみると
「あ〜こんなことで頭の中がいっぱいだったんだな〜。」
という発見があったり気づきがあったり。

書き出したことから良かったことを1つピックアップして行う
2人組自己紹介では最初の自己紹介よりも相手のことを知ることができ
30秒の自己紹介では少し物足りない様子でした♬

10384449_853114431447603_5161842561025994902_n.jpg

時間を区切って行うことで集中力を発揮したり、
テーマを持つことで勝手にその情報が飛び込んでくる。

普段考えていなかったことを意識することで
当たり前の毎日に少し変化が生まれるのも面白いですよね。


今回の全体シェアリングでは
自分にとって「はたらく」って
どういうことなんだろうという
話に向いて行きました。

沢山出たお話の中から2つご紹介します。



−−−−−−−−−−

・Aさんは産休中にパートナーの仕事の都合で海外へ。
今年日本に戻ってきたことで以前就いてた仕事に就きたい気持ちもあるが、
日本と海外で子育てをしたことで他の目標が見つかりました。
けれどその目標の為に何をしたらいいのか・・。
今自分がやりたい仕事は理想で趣味の仕事。
子どものことと言いつつ本当は自分が不安なんです。
そんな中、他の参加者から出てきた言葉は

仕事1つに絞ると範囲が狭まるけど、その仕事の中で
「自分が本当にしたい事」が何か
 子どもと関わることが好きならそこに焦点を当てることもいいのかも!
まずやってみるためには何が必要なのか考えて飛び込んでみるのもアリなのかも。

その言葉にAさんは

本当は飛び込んでみたかった。
飛び込むためには・・認められたい願望があった。

と不安に思っていた中の理由に認めてもらいたいという思いがあったんですね。

ーーーーーーーーーー

・来年4月に会社に復帰します。でも不安があるんですとBさん。
今社会でも、自分の会社でも「働く母を支えていこう」というのがあるおかげで、
会社も応援してくれてはいるものの、産休明けの社員の中には
社内での報告や相談不足で働く母がよく思われない状況になってしまった。
自分はうまく対応できると思うけれど、マイナスイメージ
がある中で会社に復帰することに不安がある。

このお話の中で出てきたのは

小さな子どもがいる人は急に休むことが多くなるのは
仕方がないけれど、休みの取り方や休んだ後のフォローに
気を付けることで周りからの目は変わってくるのでは。

確かに「休む」ということに注目すると、子どもの有無とは関係なく
誰だって自分の病気で急に休むこともありますよね。

他にも、
その時の本人の姿勢によって、休んだことへの印象は変わってくるはず。
子どもがいることに目がいきがちですが、周囲の人と協力しながら仕事を進めること
フォローをしてもらったことには素直に感謝の気持ちを述べることを

真摯に取り組めばマイナスイメージも減ると思います。という言葉も。

Bさんからは自分は周囲の人と協力をして
素直に自分の気持ちを伝えていきたい

と少し不安がなくなり晴れやかな表情になっていました。


最後には参加者の方から
 
・みんな同じ悩みがあるんだなと思った
・出産して半年で仕事に復帰したので同じ年代の子どもをもつお母さんと
 お話しすることがなくここで自分のおもいを話せてよかった。
・現在専業主婦でこれから仕事をしたいと漠然と考えていたが
 自分の中で答えがまとまってきました。
・内に秘めた朧げな夢を語り、口に出す大切さを実感しました。


2.jpg


この活動を通して、母となった女性から沢山の「おもい」
を聞くことができ一緒に過ごした時間は、
これから母となって働いていきたい私にとって沢山のエールを頂いた気持ちです。

このサロンで紡いできた大切なおもいを、また沢山の方に繋げていきたいと思います。
半年間ありがとうございました。

2014年10月30日

【開催報告】10/26(日)袋井サロン@カンガルーのぽっけ

こんにちは。
NECワーキングマザーサロン静岡チーム運営メンバーの村松智子です。

集合.jpg

10月26日に私の地元、袋井市で初めてサロンを開催しました。
今期静岡チームとして4回目のサロン開催で、初めてのぴかぴか(新しい)満席ぴかぴか(新しい)でした。
10名の女性と赤ちゃん2名が参加したサロンの開催報告です。

今回の参加者は「働きすぎてオトコ化してる」ほど働いている方、
育休から復帰したばかりの方、もうすぐ復帰予定の方、2人目を妊娠したので
再び育休取得予定の方、就業に向けて動き出そうとしている専業主婦の方、と、
様々な背景を持つ方が集まりました。

全員揃ってまずは自己紹介から。
「経験談を聞きに来たつもりですが、自分のことを話すのは苦手です」と
一番最初の方が正直に言ってくれました。きっと他の方も「私も私も手(パー)」と
心の中で答えていたかもしれません。
いきなり自分のことを話すのは大変ですが、話やすい環境を作りだす仕掛けがあるのが
ワーキングマザーサロンのいいところ。
リラックスするにはまずは体から。腕を伸ばしてー、肩甲骨まわりをほぐしましょう。

IMG_2557.JPG

そして最初のワーク、Good&New です。
「24時間にあった良い出来事について書き出し、隣の人に話す」シンプルなワーク。
イメージして、絵を描いて、字を書いて、話して、聞いて、と
進行役スミちゃんの声かけにしたがって、頭も手も口も動かしているうちに、
脳が活性化し、心もほぐれてきます。
開始当初の緊張した表情がなくなり、みなさん自然な笑顔が出てきます。

続いて3分間のシェアリングワーク。
「人生」「仕事」「パートナーシップ」のテーマから1つを選び、
イメージして、絵を描いて、字を書いて、話して、聞いて、と
Good&Newと同じようにワークを進めていきます。

IMG_2585.JPG

自分のことをじっくり話す、相手の話をさえぎらないでじっくり聞く、ということは
いつ以来のことでしょうか?
「相手がじっとこっちを見て話を聞いてもらえるだけで、なぜかウルッもうやだ〜(悲しい顔)と来てしまった」
という方もいました。ただ話を聞いてもらえるだけなのに、なぜか嬉しくなるものです。

自分が話した内容を相手が要約して、今度は相手の方がその内容を話してくれます。
自分が必死に話して考えたことをもう一度聞くことで、
「自分の思い」を再確認できます。

2人組で話す・聞くをすることで、自分の思いを話すことに慣れてきたら、
今度は全員がひとつの輪になり、全体シェアリングです。
これまでのワークで感じたこと、気づいたこと、誰かに話さずにはいられない思いを
全員でわかちあいます。

IMG_2599.JPG


育児に対してどのような姿勢で取り組んでいきたいか、
ということに対する思いを語る人が多かったです。

ーーーーーー
自由に生きてきたようだけれど、実は真面目な人間だということがわかりました。
進行役の「どんなところが真面目なんですか?」の問いかけに対して、
育児を両親や義両親に頼らずに一人で抱え込みすぎて、真面目に頑張っていたら
自分が疲れてしまいました。もっとまわりに助けをもとめてもいいんだ、
ということに
気がつきました。

出産するたびに体調を崩しがちでした。一人で頑張ろうとしたのが原因だけれども、
近くの両親・義両親に助けを求めることをできる時もあるのに、できない時もある。
自分が余裕をもって日々を過ごすことができるラインを見極めているつもりでも、
まだ頑張りすぎていたような気がする。
両親に育児を押し付ける・手伝ってもらう、
のではなく、「高齢者に活躍の場を与える」くらいの気持ちで助けてもらって、
自分の時間を作ることも大事ではないかと思いました。


自分の母親がバリバリ働きいつも忙しそうで、自分はお惣菜の多い食事で育ち、
ああなりたくないと思っていたのに、
育児休暇から復帰すると自分もそうなりそうな気がする。
食事の手を抜きたくないと思うけれど、実際は無理かもしれない、
という葛藤を抱えている
ことに気がつきました。

忙しすぎて子どもを両親に任せっぱなしになり、母親らしことができていない、
と日々思っています。
進行役の「母親らしいことって何でしょう?」という問いかけに対し、
「子どもが困った時に相談に乗ったり、助けてあげられる存在かな?」
「そのためにはどうしたらいいでしょう?」「子どもとは密な関係を保っていきたいですね」と。 
ーーーーーー

育児に取り組むには不可欠である、パートナーとの関係も話題になりました。
ーーーーーー
最近の自分の夫は「オムツを替えてくれる人」になりつつある。事務的な連絡事項や
作業依頼(オムツ替えて下さい、食器運んで下さい等)をしているだけで、
お互いのこととか、気持ちについて語っていないことに気がつきました。
それってなんだか寂しいです。

夫がオムツを替えてくれたりしても、それが当たり前すぎてしまい、
感謝の気持ちを伝えることも忘れていました。「感謝しなきゃいけない」では
なく、小さなことから「自分の気持ちを夫に伝える」ということは
やっていきたいと思いました。
ーーーーーー


サロンの最後には、感想や気づいたことを皆さん順番に話してもらいました。

ーーーーーー
晴れ他の方と語り合うことによって、「こんな自分でもいいんだ」と思えるようになりました。

晴れ両立のコツを聞きにきたのに、まさかパートナーシップについて考えることになるとは
目からウロコ目でした。夫と向き合うことの大切さを実感したので、
そのうち二人で映画にでも行ってみます

晴れ子どもがいて、仕事があり、しかも自分のやりたいことと合致しているので、
いつも大変なことばかりに目が行ってしまうけれど、
今の自分はなかなか幸せなんだということを確認できました

晴れいろんな年齢の子どもがいる女性達が集まって、自分達のことを真剣に語り合う場
参加したのは初めてだったけれど、いい刺激になりました。
もっとこんな場が増えたらいいと思います。

晴れ復帰後の働き方をどうしようと焦ってばかりだったけれど、シェアリングの相手にもらった
「ゆっくりでいいんだよ」という手書きのメッセージが心にすとんと来ました
ーーーーーー

IMG_2610.JPG

2時間のサロンを終えてみなさんいい笑顔わーい(嬉しい顔)です。

わずか2時間ですが、自分で話して、聞いて、書いて、書かれたものを眺めて、
ということを繰り返し、いろんなことを考え、気づきを得ることもできます。
「よくわからないけれど、最近モヤモヤしているふらふら」という方は、
そのモヤモヤの正体をさぐりにサロンに来てみませんか?

静岡県内のサロン開催は次回でラストです。
11月30日(日)に浜松市で開催です。
詳しくはこちらをごらん下さい。

チーム一同、皆様のご参加をお待ちしております。
(お問い合わせはこちらまでメールをどうぞ)

【文責:村松智子】

2014年10月19日

【11/30(日)浜松サロンのご案内】

こんにちは。
静岡チームプロジェクトメンバーの村松智子です。

今年初めて静岡県西部でワーキングマザーサロンを開催してきましたが、
早いもので最終回もうやだ〜(悲しい顔)のサロンのご案内となりました。
サロンどころか、マドレボニータもあまり知られていない地域での開催で、
「無事に開催できるの?」「参加者集まるかな?」と不安だらけでしたが、
過去4回のサロンを開催できました。

晴れ第1回 6/30@浜松市 開催報告はこちら
晴れ第2回 7/13@浜松市 開催報告はこちら
晴れ第3回 8/31@浜松市 開催報告はこちら
晴れ第4回 10/26@袋井市 開催報告はこちら

進行役のすみちゃんこと、大隅さんを含めて今年の静岡チームは4名。
就業の形態、産後の年数、子どもの人数、パートナーや両親との関わりなど、
様々な背景(すみちゃんは独身ぴかぴか(新しい))を持つメンバーであり、
今年のサロン参画によって初めて顔を合わせた仲間でしたが、
「この地域にサロンを、マドレの考えを広めたい手(グー)」という強い意思を持って
運営活動を続けてきました。

サロンは1日で完結するイベントとはいえ、開催日の決定、会場の確保、広報活動、
受付対応、備品の管理など様々な準備が必要です。
たくさんの作業でもメンバーでうまく分担すれば大丈夫。
メンバーの得意分野や、活動可能な時間帯を持ち寄っては相談し、分担を決め、
作業を進める、の繰り返し。「サロンを広める」という共通の目標があるので、
お互いに励ましあったり、知恵を出し合い、頑張りに感謝しているうちに、
私たちずっと前から知り合いだったっけ?と思えるような感覚にもなってきました。

サロン当日、不安な表情を見せながら受付をしたのに、
終了時にはスッキリとした笑顔で帰られる参加者を見るたび、
「ああ、サロンを開催してよかった」と思えました。

仕事でも、家庭でも、子どもつながりでもない、部活のような感じでしたね。
プロジェクト自体は来年もあるのか?
来年あったとしても、静岡県内で進行役になる人は現れるのか?という不安はありますが、
来年以降に一緒に活動してくださる方に出会えることを願っています。

自己満足的な記事になってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
「運営活動にも興味あります」というお問い合わせも受けていますので、
運営活動について紹介させていただきました。
wms6_shizuoka.jpg
(約半年前、チームメンバーが初めて顔を合わせた日の写真です)


それでは、今年度の静岡チーム、最後のサロンのご案内です。


【NECワーキングマザーサロン 11/30(日)浜松】


●日時
 平成26年11月30日(日)13:30〜15:30



●会場
 ザザシティ浜松中央館5階レンタルスペース(和室)


 浜松市中区鍛冶町100-1
 JR浜松駅・遠州鉄道 新浜松駅より徒歩10分
 http://www.zazacity.jp/


●参加費 500円
(資料として「マドレ式・ワーキングマザーの教科書」をお渡しします)


●参加資格
 「母となってはたらく」ことを語り合いたい女性ならどなたでも歓迎です。

既婚・未婚・出産経験の有無は問いません!
就労中・育休中・専業主婦・自営業・会社員 どんな立場でも参加可能です。



●定員 10組
 生後210日以内のお子さまと同伴での参加が可能です。
 2014年5月4日以降にお生まれのお子さまは一緒にご参加いただけます。
 2014年5月3日までにお生まれのお子さまは、信頼できるかたにお預けになって、
 単身でご参加下さい。

★今回の会場の6・7階には「浜松こども館」があります★
 
 広い遊びスペースがあるので、ご家族とお子さんが遊んでいる間に
 サロンに参加、という1日を過ごすこともできますよ。
 施設利用方法は施設サイトにてご確認下さい。


●お申し込み
 こちらの専用フォームからお願いします。
※10/22(水)受付開始

 受付次第、メールでご連絡をいたします。

その他問い合わせなどありましたら、WMS静岡までメールをお願いします。


【文責:村松智子】

2014年09月25日

【開催報告】8/31(日)静岡サロン@こども館


こんにちは!
NECワーキングマザーサロン静岡の大隅侑子です
9月に入りすっかり秋風になってきましたね〜
気温の変化もあり、皆さんも体調にはお気をつけくださいね☆


さて、すっかり秋が漂う中、8月最終日に行いました


熱〜い


サロンの開催報告をお届けします。




第3回目は「浜松の未来を育てる会」さんに共催して頂き
ザザシティ浜松にあるこども館5Fで開催しました。


参加者は2人目出産したばかり
専業主婦・お仕事をしている
パートで働いている・お子さんは結婚している

など様々な状況の9名と赤ちゃん1名が参加してくださいました。

皆さん緊張していたところから徐々にほぐれてきて
G&Nが終わる頃にはサロン内は熱気に包まれました!

4無題.png

要約してもらって分かってもらえたことが嬉しかった。
要約で相手に返すことで新たな発見が!


と1人1人何かを感じて噛み締めているようにも思いました。


そんな中での全体シェアリングでは仕事の話やパートナーシップの話へ

・本当にやりたいことってなんだろう
・ただ働きたいということだけで子供を預けていいのだろうか
・家にいることが大変だということをわかってもらえない
・賛同するかしないかという結論が出やすい話しかしない
・やりたいことがあっても、まとまってからじゃないと伝えれない
・・・・・・・まとまってからっていつ?


などの話題になりました。

皆で話を紡いでいく全体シェアリングの中で

話しながら自分のおもいを深めていく。
聞きながら自分の湧き上がる感情に気づいていく。


そんな新たな発見や改めて自分のおもいの再確認ができた時間でした。


・他の人の思いをきくことで、自分自信を見つめなおすことができた時間だった
・自分が気づいていなかった自分に気づけた
・得意だと思っていたことが実は苦手だったことに気がついた
・思っていることに温度があるうちに相手に言葉で伝えること
・今の状況もパートナーも全て自分が選択してきたんだということ


こんな言葉が参加者の方から。

確かに
温度があるうちに相手に伝えることって大切だな〜。
と感じました。
熱があるから相手に伝わりやすいことも、
自分の中でしっかりまとめていざ話すときは
時間が経っていてその思いに熱がなかったり伝わりにくかったり・・・

「ま、いっか。自分の中で消化すれば。」という考えにもなったり。

パートナーを選択したのも自分。しないパートナーを育ててきたのも自分。
でもそんなパートナーを変えていけるのも自分なんだ。
パートナーと向き合うことで自分がやりたいことも見つかる気がする!

                   ・・・・などなど

他にも1人1人が不安に思っていたことや
本当はどうしていきたいのかを話していくうちに
最後には希望の言葉がたくさん出てきました。


3無題.png

そして生後2ヶ月の赤ちゃん1名も参加してくれましたが、
ずっとサロンの場を見守ってくれているような
姿がとても印象的なサロンでした。(^^)


次回開催は静岡メンバーのめ〜さん(村松智子さん)
の地元である袋井市で初開催です☆



6無題.png



【NECワーキングマザーサロン10/26(日)袋井】



●日時
 平成26年10月26日(日)13:30〜15:30


●会場
 中央子育てセンター「カンガルーのぽっけ」まなびの部屋1

 袋井市高尾町5-22袋井センタービル2階 0538-45-0085
 JR東海道線袋井駅から徒歩3分 駐車場・入館料無料


●参加費 500円
(資料として「マドレ式・ワーキングマザーの教科書」をお渡しします)
●参加資格
 「母となってはたらく」ことを語り合いたい女性ならどなたでも歓迎です。
既婚・未婚・出産経験の有無は問いません!
就労中・育休中・専業主婦・自営業・会社員 どんな立場でも参加可能です。


●定員 10組
 生後210日以内のお子さまと同伴での参加が可能です。
 2014年3月30日以降にお生まれのお子さまは一緒にご参加いただけます。
 2014年3月29日までにお生まれのお子さまは、信頼できるかたにお預けになって、
 単身でご参加下さい。

 ※袋井市在住の方は、「カンガルーのぽっけ」内に併設されている、
  ファミリーサポートセンターの託児室を利用できます。(未就学児まで)
  サロン申込みとは別途申込みが必要なので、
  興味のある方は0538-44-3149までお問い合わせ下さい。


●お申し込み
 ★こちらの専用フォームからお願いします★
 受付次第、メールでご連絡をいたします。
 ※満席になりました。お申込みありがとうございました。

その他問い合わせなどありましたら、WMS静岡までメールをお願いします。



【文責:大隅侑子】

2014年08月28日

★開催日時変更★ 【10/26(日)静岡県袋井サロンのご案内】

★満席となりました。お申込みありがとうございました★(9/26現在)

こんにちは。
静岡チームプロジェクトメンバーの村松智子です。

写真2.jpg

マドレボニータとNECワーキングマザーサロンがほとんど知られていない
私の地元、袋井市で、ついにサロンを開催することになりました。
ついにこの日を迎えるとは・・・じーんもうやだ〜(悲しい顔)

という私の思いは置いておいて、
開催のお知らせとともに静岡チームのメンバーの思いを書くペンシリーズ、
今回の担当は大村美智代さんです。
メンバーの中でワーキングマザー歴が一番長い大村さんの体験&思いをどうぞ。

----------
浜松市在住、大学2年生と小学5年生の母です。
私はこれまでずっとワーキングマザーとして仕事をもって生きてきました。
長男を産む前は専業主婦に憧れたのですが、産んだ後にまったく専業主婦に
向いていないことに気づき、家にいることに悶々とした日々を送っていたことを
今でも鮮明に覚えています。
産後は派遣職員として仕事を開始し、その後私学職員を経て、
現在は妊産婦支援事業を行うマザーリングラボとして活動しています。
長男が小さいとき、「なんで仕事するの?家にいないの?」と何度も聞かれ、
働くことに罪悪感さえ感じた時期もあります。
同じ思いをした(している)女性はたくさんいるのではないでしょうか?
ワーキングマザーサロンでは不安や悩みを聞き手に話すことで自分自身の本当の思いや
大切な人たちの思い、自分の課題に気づくことができます。
子育てしながら働くことにまだまだやさしい社会ではありませんが、
「母となって、はたらく」思いを分かちあった仲間がつながることで、
きっとしなやかに働き続ける女性として成長していけると思います!
今年の静岡県西部地区でのワーキングマザーサロン開催は残りわずかです。
つながるチャンスを逃さないでくださいね。
お会いできるのをメンバー一同楽しみにしていますから〜!!
-----------

働いていると意外と社外の人とつながる場が少なく、
気がつくと会社・保育園・自宅を回るだけダッシュ(走り出すさま)の生活になってしまいますね。
自分の思いを整理するだけでなく、様々な立場の女性がつながることのできる
ワーキングマザーサロンにぜひお越し下さいぴかぴか(新しい)

サロンではどんなことをやるのexclamation&questionと思う方、
過去の開催報告記事がありますので、こちらを参考にして下さいね。
第一回浜松サロン第二回浜松サロン


【NECワーキングマザーサロン 10/26(日)袋井】


●日時
 平成26年10月26日(日)13:30〜15:30


●会場
 中央子育てセンター「カンガルーのぽっけ」まなびの部屋1

 袋井市高尾町5-22袋井センタービル2階 0538-45-0085
 JR東海道線袋井駅から徒歩3分 駐車場・入館料無料


●参加費 500円
(資料として「マドレ式・ワーキングマザーの教科書」をお渡しします)


●参加資格
 「母となってはたらく」ことを語り合いたい女性ならどなたでも歓迎です。
既婚・未婚・出産経験の有無は問いません!
就労中・育休中・専業主婦・自営業・会社員 どんな立場でも参加可能です。


●定員 10組
 生後210日以内のお子さまと同伴での参加が可能です。
 2014年3月30日以降にお生まれのお子さまは一緒にご参加いただけます。
 2014年3月29日までにお生まれのお子さまは、信頼できるかたにお預けになって、
 単身でご参加下さい。

 ※袋井市在住の方は、「カンガルーのぽっけ」内に併設されている、
  ファミリーサポートセンターの託児室を利用できます。(未就学児まで)
  サロン申込みとは別途申込みが必要なので、
  興味のある方は0538-44-3149までお問い合わせ下さい。


●お申し込み
 ★こちらの専用フォームからお願いします★
 受付次第、メールでご連絡をいたします。
 ※満席となりました。お申込みありがとうございました。(9/26現在)


その他問い合わせなどありましたら、WMS静岡までメールをお願いします。

【文責:村松智子】

2014年08月10日

【開催報告】7/13(日)NECワーキングマザーサロン静岡 開催しました!

こんにちは!
静岡チームの大隅 侑子です。
大変遅くなりましたが7/13(日)あいホール浜松にて開催しました、
第2回目サロンのレーポートをお届けします♬

今回は、なんと!!!

埼玉からはるばる進行役の細川朋美さん(ともみん)が遊びに来てくださいました〜!
一緒に進行役の研修を受けていたともみんに静岡サロンで会えるなんて感動!
そんな嬉しさを胸の中にしまいつつ、今回は育休中・就労中・専業主婦など様々な
状況の方8名と赤ちゃん2名そして埼玉進行役ともみんの11名の方にご参加いただきました。


中日新聞を見たその日に予約をしてくださった方

知人の紹介できてくださった方

1回目のサロンから気に留めていてくださった方


様々な出会いから静岡サロンに足を運んで頂き嬉しい気持ちでいっぱいです。


最初はどことなく緊張気味のみなさん。

少し身体を動かして自分の簡単な自己紹介からスタート☆
このサロンは進行役も含めて参加者の方と輪になって行います。
自己紹介のウォーミングアップから始まり徐々に会場も温まりました♬

10270470_597389907042406_5530056289068141584_n.jpg

この場は子どもの話やパートナーの話ではなく
「私」の話をするサロン。

皆さん次第に緊張も解れてきて2人組自己紹介では
意気投合!!笑顔や笑いが絶えません

2人組自己紹介の後には
「母となってはたらく」を皆で考えるワークへ・・・
2人1組で話したあと
相手の人に直筆のメッセージをプレゼントします。

皆さん頂いたメッセージを見ながら、目がキラキラ

「嬉しい」の言葉が
サロン会場も熱気で熱くなってきました!
熱くなってきたところで「母となってはたらく」を皆で考えるワークへ・・・


全体シェアリングでは
主にパートナーシップの話へ・・・・・


「パートナーが協力的じゃない」
「ついついイライラをぶつけてしまう。けどイライラがおさまらない」
「仕事に戻りたいけど子どもを預けられるのか不安」
「パートナーが進んで外に出させてくれるから今の仕事ができたりする」


など色んなお話が出てきました。

最終的に行きつくところは
パートナーとの向き合い方でした。

色んな状況の方が本音で自分のことを話せる場所
だからこそ

「そういう考え方もあったんだ」
「伝えているようで伝えれていなかったかも」
「もっとパートナーによりそってみようかな」
「自分としっかり向き合うことでパートナーとも向き合えそう」


という前向きな答えが!!

私自身まだ結婚をしていないので
参加者の皆さんとのパートナーシップに興味津々でした。(笑)

日々子育てやお仕事をしているからこそあっという間に1日1日がすぎていってしまう。
「忙しいのは仕方ない」って考えるのではなく
「少し落ち着いて見つめ直すことも大切」
という声も印象的でした。

頑張りすぎてしまうからこそ
共に共感してくれる人がいたり、自分の話を共有できることって
心に余裕ができるし大切なことだなと改めて感じました。

このサロンで日々の時間から少し離れて「自分」を見つめ直す
きっかけになればとても嬉しいです。

10458119_597390213709042_6389511493442794863_n.jpg

今回ご参加頂きました皆様、本当にありがとうございました!
毎回サロンに来る方が違うように話す内容も変わるのが面白いこのサロン☆
11月まで開催しています♬
次回開催も静岡メンバー一同お待ちしています☆

次回サロンは8月31日(日)10:00〜12:00に
JR浜松駅近くのザザシティ浜松中央館5階(和室)で開催します。
詳しい開催案内はこちら

浜松の未来を育てる会さんにもご協力いただいております♬

【文責:大隅侑子】

2014年07月14日

【8/31(日)浜松サロンのご案内】

こんにちは。
静岡チームプロジェクトメンバーの村松智子です。

浜松での3回目のNECワーキングマザーサロン開催のお知らせです。
今回はサロン開催を支えるプロジェクトメンバーの一人、
田村佳代さんをご紹介。
(写真右から2番目)
写真2.jpg

サロン参加だけでなく、運営メンバーとしての経験もある田村さん。
専業主婦としてサロンへ参加・参画することの大切さを
熱く語ってもらいましょうexclamation

------------
現在浜松市在住で専業主婦の三児の母です。
私が初めてNECワーキングマザーサロンに参加したのは末っ子の産後一年の時、
当時住んでいた埼玉県狭山市から電車で1本の東村山のサロンでした。
単身で電車に乗るのも久しぶりで、しかも「わたし」を語る場に向かうということで
とても興奮して足を運びました。
サロンで溢れ出てきた言葉は支離滅裂だったけれど、
なんにも考えていないと思っていた自分の中の本音や感情に気づき、
涙が出てきたことを思い出します。
母親であるから子どものことを大切に思うことはもちろんだけれど、
母親だからこそ自分自身の生き方に真摯でありたい、
子ども達に見られて恥ずかしくない生き方をしていきたい、という想いも強くなりました。
今は「仕事」はしていませんが、幼稚園の活動や小学校のボランティア、
NECワーキングマザーサロンの活動など、
自分が「今」大切にしたいと思うことに打ち込んでいます。
いままで定期的にサロンに参加させていただいてきた中で、
自分はどうしたいのか?に向き合いながら
その時その時の大切にしたい「今」を選択し続けてきたからこその「今」だと思っています。
「今」はまた流れていきます。
向かい合うべき自分の思いもその時その時で変わっていくと思います。
だから今年もまたサロンに参加したい!多くの方と語り合ってみたい!
そして自分に向き合うことを共有したい、してもらいたい!という思いで
参画させていただいています。
浜松市でのサロンは今年度が初めてです
この機会をお見逃しなくぜひ多くの方に参加していただきたいと思っています。
------------

自分の人生や仕事のことを考えるのは、ある程度子どもの手が離れてからでいいや、
と思っていると、どんどんそれが後回しになってしまって、
いつの間にかあれ?私ってどうするんだっけ?となってしまいますふらふら
そうではなく、今からでも少しずつ自分の思いに目を向けて、
田村さんのように「今」を大切に過ごしてみませんか。
そんなことをサロンで語り合ってみましょう。

★今回のサロンは0・1・2歳みんなで子育て ここみ広場さんとの共催です★

「浜松の未来を育てる会」が運営しています。
2011年スタートした浜松市子育て支援ひろば事業を民間団体で唯一受託。
子育てを始めた親たちがつながり、子どもたちが健やかに育つひろばの運営を通して、
子育ての日常を豊かにし、親たちが自然と次の担い手となって
地域循環していく地域づくり・人材育成に努めています。


【NECワーキングマザーサロン 8/31(日)浜松】


●日時
 平成26年8月31日(日)10:30〜12:30



●会場
 ザザシティ浜松中央館5階レンタルスペース(和室)


 浜松市中区鍛冶町100-1
 JR浜松駅・遠州鉄道 新浜松駅より徒歩10分
 http://www.zazacity.jp/


●参加費 500円
(資料として「マドレ式・ワーキングマザーの教科書」をお渡しします)


●参加資格
 「母となってはたらく」ことを語り合いたい女性ならどなたでも歓迎です。

既婚・未婚・出産経験の有無は問いません!
就労中・育休中・専業主婦・自営業・会社員 どんな立場でも参加可能です。



●定員 10組
 生後210日以内のお子さまと同伴での参加が可能です。
 2014年2月2日以降にお生まれのお子さまは一緒にご参加いただけます。
 2014年2月1日までにお生まれのお子さまは、信頼できるかたにお預けになって、
 単身でご参加下さい。

★今回の会場の6・7階には「浜松こども館」があります★
 
 広い遊びスペースがあるので、ご家族とお子さんが遊んでいる間に
 サロンに参加、という1日を過ごすこともできますよ。
 夏休みの思い出としてのお出かけもいかがですか?
 施設利用方法は施設サイトにてご確認下さい。


●お申し込み
 こちらの専用フォームからお願いします。


 受付次第、メールでご連絡をいたします。

その他問い合わせなどありましたら、WMS静岡までメールをお願いします。


【文責:村松智子】

2014年07月11日

【開催報告】6/30(月)@あいホール浜松でサロンを開催しました!

こんにちは!
NECワーキングマザーサロン・静岡チームの
進行役 大隅 侑子です。
無題.png


6月30日(月)に、あいホール浜松で
静岡チーム第1回サロンが終了しました!

遅ればせながらではありますが、6/30(月)
@静岡サロンの開催報告をお届けします。

WMS静岡チームはじめてのサロン!
静岡メンバーは、参加者のみなさんにあえる「ワクワク」
そして、浜松市での開催も今回が初めてという「ドキドキ」
という中でのスタートとなりました♫


初回サロンは、参加者6名と赤ちゃん2名、
静岡メンバー3名の計11名であいホール浜松で行いました。


育休中・就労中・専業主婦、など状況や年齢も様々なみなさんで
色んな視点から「母となってはたらく」について考え、
自分のおもいをシェアすることができた熱〜い2時間になりました。

最初は簡単な自己紹介から始まり、肩のストレッチで心も身体もほぐしていくと・・・
「ジワジワ身体が熱くなる〜」と皆さん反応も良く、
次第に表情も柔らかくなっていくのがわかりました。^^

皆で話す前に、ちょっとしたゲーム感覚のワークでウォーミングアップ。
時間を区切って、決めたテーマにそって頭に思い浮かんできたものを
紙に書いてみる「good&new」というワーク。

この「good&new」のワークはその時その瞬間の、
自分の「関心」や自分の「状態」が紙に転写されているので
参加者のみなさんも「おぉ〜なるほど〜」という感じで夢中になっていました♫
緊張がどんどん解れ、この後に行われた2人1組みの30秒自己紹介が終わると
隣の人とぐっと距離が縮まって更に温かく和やかな雰囲気に。

22.png


そのあとも
2人組になってテーマにそって自分のおもいを相手に「話す」
相手が話していることに耳を傾けひたすら「きく」
相手が話してくれた内容をまとめて「要約」してみる

安心できる場所で自分の話を親身になって聞いてくれる人がいて、
要約して返してくれる相手がいる。

参加している皆さんが次第に盛り上がって来ているのを
間近で感じることができとても嬉しい時間でした。^^

なかなか心の中や頭の中だけでは整理できていなかったことも
「わたし」を主語にして話したり、
相手の話を聴いたり、要約して返してもらうことで
また新たに気が付けたりするんですよね。
自分のおもいを言葉にのせて相手に伝えることって大切だな〜と感じました。


みんなで話す全体シェアリングでは

・現在2人目の育休中で次に仕事へ復帰するときはどういう勤務体系にするべきか

・働きたいけど、家事に育児に時間がない

・やりたい仕事に就いたけど、子どもに負担をかけているか不安


など、参加者のみなさんが普段感じていることや思っていること、
蓋をしていた葛藤や悩みを「わたし」の言葉で話してくださいました。

参加者みなさまの様々な視点から、1人1人の考え方を聞くことができ
私にとって全てがとても新鮮で、前のめりで聞き込んでしまいました(笑)

出産・産後・育児・・・色々な葛藤もありますが
こうやって向き合おうとしている女性って素敵!!
私も結婚、出産をむかえたらこうありたい!!!!

と尊敬してしまう女性の方ばかりでした。

これから結婚や出産に向かう女性にも是非、考えて頂きたい内容ですね。^^


最後にサロンに参加した感想をご紹介します。

・自分の思いを聞いてもらうことができ、今の自分を受け入れることができました。

・次の一歩に向かってがんばろうとおもいました。

・ゆったりとした雰囲気の中で自分を見つめる時間が持ててよかったです。

・何年か前の自分の生活を振り返ってそして今の生活まで頭の中でいろいろ浮かんできてよかったです。

・いろいろな年代、立場の方とお話ができて、そして自分の想いを話しながら整理できてよかったです。

・ひとりで頑張っている気持でした。みんな悩んでいるんだと知り、また新たな気持ちで進んでいけそうです。

・サロンを受けて今の自分を前向きに考えることができたこと。



本当にあっという間でしたがとっても深い2時間でした。
たくさんのおもいを1人1人の形でシェアしてくださった
参加者のみなさまに本当に感謝です!


ご参加ありがとうございました!

11.png




NECワーキングマザーサロンは全国各地で11月まで毎月開催しています。
ご参加お待ちしています!

7/13(日)のサロンは残り僅かです!

☆開催内容・お申込みはこちらからどうぞ☆




【文責:大隅侑子】

2014年06月22日

【7/13(日)浜松サロンのご案内】

こんにちは。
静岡チームプロジェクトメンバーの村松智子です。
(写真の左から2番目)

wms6_shizuoka.jpg

浜松での2回目のNECワーキングマザーサロン開催のお知らせです。
開催案内の前に、進行役を務める大隅侑子さんについてご紹介。
(写真の右から2番目)

結婚も出産も未経験な彼女ですが、
友人の出産や育児をきっかけに自身の今後を考え始めたところで
マドレボニータとサロンの存在を知ったそうです。
そこから「進行役」になろうとしたのはなぜでしょう?
ここからはご本人の言葉で語ってもらいましょう手(パー)

------------
様々な世代や立場の方が自分の思いを言葉に表す場ってなかなかないなと思いませんか。
私も社会人になり、自分の思いを言葉にせず自分の中で消化しようとしてもしきれない
モヤモヤ・・がたくさんありました。
このサロンで実際に自分の思いを言葉にして表していくことで自分の頭の中が整理できて、
考えていたことを進めることができました。
母となる前からこのサロン知っていたらもっといい気がする!と思って始めた進行役です。
これから母となる方、子育て中の方、働いている方、専業主婦の方・・いろんな世代、
立場の方にこの浜松で自分の思いを自分の言葉にして表す場があったら
もっともっと女性本来の美しさや健康でいられるのにと感じ、
浜松にサロンがないのであれば作ってしまおうという思いで進行役になりました。

いろんな方の言葉にできなかった胸にあるモヤモヤ・・・
子どもの話、パートナーの話ではなく、「わたし」の話をきかせてほしい♫
真剣に、でも自分のペースで、サロンに参加された方が少しでも自分のおもいを整理したり、
考えを進めることができる。そんな場を作っていきたいです。
------------

なるほどー目
母になるとついつい子どもを優先して「わたし」が後回しになってしまいます。
それ自体は悪いことではないけれど、後回しを続けていると、
いつの間にか「わたし」の思いに蓋をしてしまい、「わたし」がいなくなってしまうかも?
2時間だけでも「わたし」の話をしにサロンに来てみませんか?
みなさまのお越しをお待ちしていますわーい(嬉しい顔)


【NECワーキングマザーサロン 7/13(日)浜松】

●日時
 平成26年7月13日(日)10:00〜12:00



●会場
 あいホール浜松市男女共同参画・文化芸術活動推進センター 304号室


 浜松市中区幸3−3−1 053-412-0350
 浜松駅バスターミナル13番のりば50系統 市役所山の手医大行き(あいほーる下車)
 駐車場利用は1回100円です
 http://www.ai-hall.com/


●参加費 500円
(資料として「マドレ式・ワーキングマザーの教科書」をお渡しします)


●参加資格
 「母となってはたらく」ことを語り合いたい女性ならどなたでも歓迎です。
既婚・未婚・出産経験の有無は問いません!
就労中・育休中・専業主婦・自営業・会社員 どんな立場でも参加可能です。


●定員 10組
 生後210日以内のお子さまと同伴での参加が可能です。
 2013年12月15日以降にお生まれのお子さまは一緒にご参加いただけます。
 2013年12月14日までにお生まれのお子さまは、信頼できるかたにお預けになって、
 単身でご参加下さい。


●お申し込み
 こちらの専用フォームからお願いします。★
 受付次第、メールでご連絡をいたします。
 ※6/23より受付開始いたします。


その他問い合わせなどありましたら、WMS静岡までメールをお願いします。
※6/30(月)のサロンも受付中です。詳しくはこちらへどうぞ。

【文責:村松智子】

2014年06月06日

【6/30(月)浜松サロンのご案内】

初めまして。
静岡チームプロジェクトメンバーの村松智子です。
(写真の左から2番目)

wms6_shizuoka.jpg

浜松でついにNECワーキングマザーサロンが開催されることになりました。
私自身はマドレボニータとサロンの存在は数年前から知っていたものの、
周囲で知っている人はほとんどいませんでした。
マドレの教室がなく、サロンが開催されたことない地域なのだから当然です。

そんな地域でサロンを開催するにはどうしたらいいんだろ?と一人で悩んでいたら、
今年浜松で進行役として大隅さんが手をあげてくれました!
それでも進行役を支えるメンバーまで集まるの?と
心配していたら、私の他にも2人のメンバーが集まりました。
静岡チームメンバーの紹介はこちら

「母となってはたらく」ことについて語り合う場と聞くと、
堅苦しいイメージを持たれてしまうかもしれません。
しかし実際は参加者が輪になって座り、ゆったりとした雰囲気の中で
自分のペースで話ができ、それを真剣に聞いてくれる人たちがいる、
暖かい雰囲気に囲まれた場所です。
初対面の人同士でも打ちとけやすいワークを用意していますので、
お一人でも安心して参加できます。

皆様のお越しを、メンバー一同お待ちしております。


【NECワーキングマザーサロン 6/30(月)浜松】

●日時
 平成26年6月30日(月)10:00〜12:00



●会場
 あいホール浜松市男女共同参画・文化芸術活動推進センター 303号室


 浜松市中区幸3−3−1 053-412-0350
 浜松駅バスターミナル13番のりば50系統 市役所山の手医大行き(あいほーる下車)
 駐車場利用は1回100円です
 http://www.ai-hall.com/


●参加費 500円
(資料として「マドレ式・ワーキングマザーの教科書」をお渡しします)


●参加資格
 「母となってはたらく」ことを語り合いたい女性ならどなたでも歓迎です。

既婚・未婚・出産経験の有無は問いません!
就労中・育休中・専業主婦・自営業・会社員 どんな立場でも参加可能です。


●定員 10組
 生後210日以内のお子さまと同伴での参加が可能です。
 2013年12月2日以降にお生まれのお子さまは一緒にご参加いただけます。
 2013年12月1日までにお生まれのお子さまは、信頼できるかたにお預けになって、
 単身でご参加下さい。


★申し込みはこちらの専用フォームからお願いします。★
受付次第、メールでご連絡をいたします。
※6/7より受付開始いたします。

その他問い合わせなどありましたら、WMS静岡までメールをお願いします。

※次回開催は7/13(日)です。詳しくはこちら

※浜松市周辺地域での開催も計画中です。
 楽しみにして下さいね。

【文責:村松智子】