CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年12月16日

【開催報告】12/8 城南・多摩川チーム第7回@多摩川

窓の外には緑の木々が立ち並ぶ、落ち着いた空間。

野鳥の声や赤く染まった紅葉が朝から目に留まり、週末の広場で子供たちがサッカーをする姿が見える。

すでに、慌ただしく、目まぐるしく、走りゆく毎日とは違う目線で、時間を過ごしている自分がいた。


2018年12月8日土曜日に開かれた私たちのチームの今期最後のサロンの会場は、駅近。

でも自然が残る環境で、多摩川のせせらぎからほど近いエリアでの開催が、心地よかった。

会場の雰囲気も、チームの進行役の穏やかで柔らかいめぐみさんの雰囲気に通じるようで、今日はいいサロンになりそうと思わせた。


サロンに私が初めて参加したのは子供が半年過ぎた昨年の夏ごろ。

とにかく息づまっていた。

子どもは可愛い、しかしつきっきりの世話と、なぜ泣いているかがわからない。

ほどんどまともに睡眠時間を取れていないことで、心身が何らかの悲鳴をあげているが、母や行政に助けを呼んだところで自分がやるしかない。

子育てが大変とはよく聞くことだが、寝られないとは聞いていなかった。

仕事が始まったらできない家のこともやらねばと焦っていた。

生後5か月すぎから保育園も始まり復職、さらに寝られないのにフルタイムで仕事をする。

いつも眠く、頭が朦朧としていた。それは、いまだに夜間何度も授乳するので、続いている。とにかく、慢性的に眠い。

虐待という言葉も他人事ではないような気すらしていて、いつか自分も一歩間違えば、と怖かった。

あのころは、サロンで、同じような境遇のワーママのやり繰り方法や生き抜き方を聞きたかったのだろう。

地元の役所主催の育児イベントでは、保健師やママさんたちと今ひとつ話がかみ合わなかったから。


今回のサロン参加者にも、復職前の人たちが数人いて、両立への心配を口にしながらも、前向きに過ごせるヒントを得たいという姿があった。

初回から何度か参加しているが、やはり、WMSには学びがある。

私は、育児と仕事の両立の解決方法を見つけたいとか、的確なアドバイスが欲しいとかいう気持ちとも異なり、それぞれの立場で出てくる言葉や思いに耳を傾け、それぞれの立場で咀嚼していい、このサロンの魅力をしみじみと思った。

「参考になる家事や育児のヒント」「パートナーとのかかわり方」も、たびたび、全体シェアリングの中で語られる。

ただ、参加者の方の発言から得られることは解決のためのノウハウではなく、それぞれ違う立場や状況の中で、自分はどうしたいのか、自分にとって心地よい生き方とは、を改めて考える機会やヒントに溢れていることが尊いのだと思う。

忙しく、子どもや家事に追われている毎日の中で、日常と切り離してようやく作った時間。一人の人間として、サロンで語り聞き、2時間ほどを過ごすことで、自分自身を見つめられる。何でもなさそうだけれど、生きていく上では、結構大切なことがぎゅっと詰まった時間なのだろう。


こんなことを振り返りながらも、いつもの日常に戻ると、また時間がたてば、少し見えた自分の生き方も、また曇りガラスのように濁ってしまう。

だから、ときどき、サロンで振り返る時間を取りたいと思って、何度か足を運べたことは、今の自分の日々の支えになってくれたとしみじみ感じている。


言葉にすること、気づきを書き出すこと、何気ないけれど、このちょっとしたことが出来ないのが日常だから。

自分の内側にある言葉を、表現して、少しずつで良いから具現化することにつながっていく。

今はサロンを終えて、そう在りたいと思えてくる。


最後に、ここまで書いたサロンのことと同じくらい、大切だなと感じていることがある。

自分を見つめる時間、自分を取り戻す時間、考えるきっかけなどなど、色々あるのだが、出会いだと思う。

今期の運営メンバーやこれまでサロンの参加でたまたま同じ時間を過ごした人たちと、単なるママ友的なつながりとは違う、同志みたいな、思いをつなげる仲間がいるという幸せが、目まぐるしい日々の中で、大きな心の支えとなっていることは間違いない。

何気ないことで、息づまったら相談できる仲間がいる、辛い気持ちやちょっと大変だよと言える仲間がいるということは、とりわけ子育てをしながら生きていく女性たちには大切だから。


今回の開催後行ったランチでワイワイ話が弾むことも、これまでのサロンの温もりがあるからだなと思えた。運営メンバーが集まった振り返りの和室で、おやつを食べつつまどろんだこと、窓の外は木々が茂り、柔らかい西日が黄色く色づいた葉を照らして、心地よかった。

涙を流したこともあるサロン、思わずふいて笑ったことがあるサロン、思えば、WMSに参加してみて、感謝ばかり。

今期は無事に終わりました。また、会いましょう。ありがとうございました。


48266560_293221447978437_2402267576219467776_n.jpg

(文責:城南・多摩川チーム いけ)




2018年12月01日

【開催報告】11/25 城南・多摩川チーム第6回@二子玉川

城南・多摩川チームの山下友子です。

第6回目となるサロンは、秋晴れの中、緑のツタにおおわれた、二子玉川地区会館別館にて開催しました。
43626237_1176870975821816_2988354432564985856_o.jpg

いつもは私が外出する時に決まってグズグズする3歳息子が、この日は笑顔でバイバイタッチ!
嬉しい反面、寂しさも胸に抱えながら、会場に向かいました。

今回も、第二子妊娠中の方、育休中の方、今年の4月に復職された方、新婚の方、など、様々な状況の方々がご参加くださいました。

サロンでは参加者さん同士で、
・人生
・仕事
・パートナーシップ
のいずれかについて対話して頂きます。もちろん、自分のタイミングでお話頂いて大丈夫。
必ず発言しなければならない訳ではありません。

47357559_2108168905911916_716335351664214016_n.jpg

この日は、「パートナーシップ」についてお話しくださった参加者さんが多くいらっしゃいました。

うーん、個人的にも難しいなぁと感じているパートナーシップ。
好きで結婚したけれど。
子供が産まれてもこの関係は変わらない!と思っていたけれど。
おじいちゃんおばあちゃんになっても手を繋いでいたい、と思っていたけれど。
でも現実は…!
子供が産まれても、生活スタイル・考え方などが全く変わっていない夫に、イライラしてしまう毎日…。
こども優先で物事を考える私と、自分優先・夫婦優先で物事を考える夫。
話し合っても平行線のまま…という事も良くありました。

話し合う事って、ものすごくエネルギーを使いますよね。
こんなに疲れるなら、いっそのこと黙っていようか、とも思ってしまったり…。

47196464_2108169842578489_2442330313897017344_n.jpg

でもこの日のサロンで、大事なことに気づかされました。
それは、

「想像すること」

相手の発言の裏には、どんな想いがあるのだろうか。
どうしてそんな発言をしたのかな。
そうやって想像することで、パートナーの言葉の奥にある意図を、感じ取れるといいよね。

うんうん、確かに。
今まで、自分の想いを夫に伝えることに精一杯で、夫の発言の奥に何があるのかな、
と想像したことはありませんでした。
想像することできっと、
「私はこんな風に思ったんだけど、そういう事なのかな?」
と夫に聞き返せるのかな、そうすることでお互い、より深いところの想いに辿り着ける、かもしれないな。
そんな風に思えました。

暗くなってきた帰り道、
「平日夜遅く、我が家の真っ暗な外階段を上ってくるときの夫は、どんな気持ちなんだろうな〜」
と、夫の気持ちに思いを馳せながら帰路についたのでした黒ハート

47133387_2108170205911786_6088967443252772864_n.jpg

                                          

≪次回は、城南・多摩川チームのラストサロンです!!≫

◆開催概要
【日時】2018年12月8日(土)9:45〜11:45(受付開始9:30)
【会場】田園調布せせらぎ公園
    https://www.city.ota.tokyo.jp/shisetsu/hall/denenchoufuseseragi_shuukai.html?fbclid=IwAR1JI0S_GQEkWlgm-3ZAkWe5BLNL_YE5ysMmYo53Iy6oB2zXvlJ2t2lJiWQ
【アクセス】東急東横線多摩川駅より徒歩1分
       大田区田園調布一丁目53番10号

詳細・お申し込みはこちら

2018年11月07日

【開催報告】10/27 城南・多摩川チーム第5回@武蔵中原

サロン。
あなたにとってそこは、どのような場所になるでしょうか。

44906482_1899549056798079_2074588969131048960_n.jpg


サロン運営メンバーの募集が始まった今年の春、私は、混乱の真っ只中にいました。

出産するまで、自分の進む道に迷いはありませんでした。
結婚しても、何ら変わらずに仕事に打ち込んできたように、出産しても、仕事とともに生きていく。
ごくごく自然に、そう確信していました。



ところが産後半年も過ぎた頃、ふと、はっきり見えていたはずの道が見えなくなっていることに気づきました。
代わりに見えてきたのは、これまで夢想だにしなかったたくさんの道。
専業主婦になるか、転職するか、文字どおり適当に働くか・・・。
私の心を占めていた仕事への意欲が、いつの間にかきれいに消え去っていたのでした。



自分がいったいどうなってしまったのか、混乱を通り越して、恐怖すら感じる日々。
今思えば、「私はどうしたいか」ではなく、「子どものために、家族のために私はどうすべきか」という思いに縛られていたのでしょう。

自分がどこを向いているのかも分からないまま、日々を消化していくのは嫌だ。
そんな思いから、私はサロンの運営メンバーに応募し、サロンへの参加を重ねてきました。
そしてその都度、自分の状態と向き合い、自分の想いを言葉に乗せてきました。


44981024_1899549026798082_6593058675223429120_n.jpg

そうして迎えた武蔵中原でのサロン。
このサロンで私は、「母」や「妻」としてではなく、「私」として、話をしていることに気づきました。
そしてその「私」の中には、出産前は「仕事人」としての顔しかなかったのとは違い、「母」や「妻」としての顔もせめぎ合いつつも同居するようになっていました。
いろんな顔を持つ「私」として話をすることは、とても心地のいいことでした。
これまでは、良い母、良い妻でありたいという思いが、良い仕事人になりたいという思いを押さえつけ、3つの思いがてんでばらばらの方向を向いていたのが、ようやく一つの方向を向いたという感じかもしれません。

44971969_1899548313464820_6567079277043384320_n.jpg


顔が増えれば、見えてくる道も増えてきます。
出産前にははっきり見えていた一本道が、出産後になくなったように感じたのは、今まで見えていなかった他の道も見えるようになったことで、それらに埋もれただけでした。
それなら、新たに見えるようになった道の中から、今度は自分で道を選べばいい。
道を選ぶときの軸として、「自分はかけがえのない存在」ということを考えてみるのはどうだろう。
仕事にしても母にしても妻にしても、自分がいなくてもそれなりに回っていくはず。でも、ここでいう「かけがえのない存在」というのは、そういうことではなく、自分の人生においては、自分はかけがえのない存在だということ。
どちらの道を選んだ方が、かけがえのない自分がより輝くのか。そんな軸で物事を見てみるのは、楽しいことかもしれない。


今回のサロンで私が受け取ったメッセージは、こんなことでした。サロンに参加された方々の考えに触れたことで、気づかせてもらいました。

44846198_1899548693464782_3821127228092055552_n.jpg


あ、誤解を招かないようにお伝えします。
サロンでは、こんなことが堅苦しい雰囲気の中で話されたわけではありません。
様々なバックグラウンドを持つ等身大の女性たちが、和やかな雰囲気の中でぽつぽつ、ときに饒舌に自分の想いを語っていました。時折、進行役が質問を挟み、それを受けてさらに自分の想いを掘り下げて考え、言葉にしていく。そうやって穏やかに話が紡がれていく中で、参加者が各自、いろんな言葉を拾い、それぞれの道に帰っていきます。
だからこそ、サロンは毎回全く違うものになるし、一回一回が、一生に一度の経験になります。

44807327_1899548070131511_1365938739888521216_n.jpg



私にとってのサロンは、そういう場所です。
もちろん、サロンで気づきがあったからと言って、現実がうまく回り始めるなんてそんな都合のいいことはありません。
サロンで自分と向き合い、慌ただしい現実に揉まれ、時を見てサロンに戻ってみる。その繰り返しに意味があると思っています。
そして私は、そんなサロンの時間を、より多くの人と共有できたら素敵だなと思います。




今後の予定
第6回 11/25(日) 世田谷区(二子玉川駅徒歩7分・二子玉川地区会館別館) 詳細・申し込みはこちら

第7回 12/ 8(土) 大田区(多摩川駅徒歩1分・せせらぎ公園集会室)


(文責:城南・多摩川チーム ゆり)


2018年11月03日

【城南・多摩川チーム】12月8日(土)第7回多摩川サロンのご案内

NECワーキングマザーサロン(以下サロン)城南・多摩川チーム運営メンバーの山下友子です。

城南・多摩川チーム最終回となるサロンは、東急東横線多摩川駅から徒歩1分、田園調布せせらぎ公園で行います。


緑に囲まれた公園の中に佇む会場。

以前この場所を訪れた時、私は心が落ち着くと同時に、この場所に強く惹かれるものを感じました。


この場所で最後のサロンを開催できることが、とても嬉しいです。

緑あふれる空間で約2時間、参加者との対話を通して、自分自身に向き合ってみませんか?


44829712_1899548830131435_7190308752866672640_n.jpg



開催概要、お申し込みは以下の通りです。



◆開催概要


【日時】2018年12月8日(土)9:45〜11:45(受付開始9:30)

【会場】田園調布せせらぎ公園


【アクセス】東急東横線多摩川駅より徒歩1分

       大田区田園調布一丁目53番10号

【参加費】500円

     ※資料として『マドレ式ワーキングマザーの教科書』

     (A5判冊子)をお渡しします。

【対象】「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい女性の方。

     育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、

     結婚・妊娠・出産の経験がない方でも、どなたでも大歓迎です!

【定員】10組

    ※生後210日までの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。

     2018年5月12日以降にお生まれのお子さまは一緒にご参加いただけます。

     2018年5月11日前にお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになっ

     て、単身でご参加ください。

【お申込】2018年11月2日(金)受付開始

     こちらのフォームよりお申し込みください。

【お問合せ先】WMS城南・多摩川チームまでメールでお問い合わせください。

       mail tojyonantama@madrebonita.com



産後は、女性を取り巻く環境は大きく変化する、とよく言われますよね。

私も産後、環境や自分自身の考え方が大きく変わり過ぎて、戸惑い、悩み、葛藤し、今に至ります。


私は日常に追われて、自分自身のその戸惑い・悩み・葛藤に、きちんと向き合う時間がありません。

サロンは、約2時間ではありますが、じっくりと自分の内側を見つめ直す良い機会だなぁと、毎回感じています。


サロンでは、≪人生・仕事・パートナーシップ≫について、参加者の皆様と対話して頂きます。

ある時は、パートナーとの関係性についてだったり、

またある時は、仕事の事だったり。

それらをひっくるめた、人生について語ってみたり。


もちろん、無理に話そうとしなくて大丈夫。

自分のタイミングで、話したいな〜と思ったときにお話頂いて大丈夫です。


人に話すことで、「へ〜私、こんな風に考えていたんだ」と自分の思いが整理出来たり、

人の話を聴くことで、「なるほど、そういう考え方もあるのか」と新たな視点に気付けたり。


たった2時間、されど2時間。

濃密な2時間を、ぜひ味わってみてください。


お申し込みはこちらです。


(文責:城南・多摩川チーム 山下 友子)


2018年10月21日

<満席 キャンセル待ち受付中!>【城南・多摩川チーム】11/25(日) 第6回世田谷区二子玉川サロンのご案内

こんにちは。NECワーキングマザーサロン(以下サロン)城南・多摩川チーム運営メンバーの辻小夜子です。

第6回目となるサロンは二子玉川駅より徒歩5分の二子玉川地区会館別館で行います。

通称"二子玉(にこたま)"

マドレボニータの産後ケアクラスも定期開講されているこの地域でのサロンはどのような雰囲気になるのか楽しみです。

<仕事・人生・パートナーシップ>について、私たちと一緒に語り合ってみませんか?

nikotama.jpg

開催概要、お申し込みは以下の通りです。



◆開催概要

【日時】2018年11月25日(日)9:45〜11:45(受付開始9:30)
【会場】二子玉川地区会館別館
    http://www.city.setagaya.lg.jp/shisetsu/1202/1236/d00004138.html
【アクセス】東急大井町線・田園都市線二子玉川駅より徒歩5分
      東京都世田谷区玉川3-27-1
【参加費】500円
     ※資料として『マドレ式ワーキングマザーの教科書』
     (A5判冊子)をお渡しします。
【対象】「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい女性の方。
     育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、
     結婚・妊娠・出産の経験がない方でも、どなたでも大歓迎です!
【定員】10組
    ※生後210日までの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
     2018年4月29日以降にお生まれのお子さまは一緒にご参加いただけます。
     2018年4月28日前にお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになっ
     て、単身でご参加ください。
【お申込】2018年10月25日(木)受付開始
     こちらのフォームよりお申し込みください。
【お問合せ先】WMS城南・多摩川チームまでメールでお問い合わせください。
         mail tojyonantama@madrebonita.com



私事ですが、これを書いている今現在、妊娠37週の正期産に突入しようとしています。
サロン当日にはもう産まれていると思うととても感慨深いです。

思い返せば、今回の妊娠が分かったのは今期の運営メンバーに応募する3月頃でした。
サロン開催期間の終盤は出産時期だったので、一瞬迷いましたが、去年はちゃんとできるのか自信がなく見送ってしまったので、今年こそはやってみたいという気持ちが強かったです。

産後2年、仕事復帰して丸1年が経過してなんとなく1年間の見通しも立ち、家庭、職場、それ以外の第3の場所、仲間が欲しかったのだと思います。

運営メンバーの活動はおよそ月に1度のサロンの開催を中心に広報、受付、記録、報告などを行います。それぞれのメンバーがその時々でできることを持ち寄ってやり繰りしています。

「無理をしない」ということが大前提として共有されているので、それぞれの事情で関われないことがあっても大丈夫。
作業ができればみんなからとても喜んでもらえるので、素直に「やったー!」という気持ちになります。(子どもかw)

そして図らずも、出産を一緒に楽しみにしてくれる仲間を得られたことが何よりも収穫でした♡
メンバーには二児の母も多く、これから悩むことがあっても身近に相談できる相手が複数いることはとても心強いです。

このあと控える2人目育児、パートナーとの関係、仕事との両立。

これからも悩みは尽きないと思いますが、まずは出産!!
無事産み落とすことを第一に考えたいと思います。

当日のサロンには参加できませんが、参加したみなさんが充実した時間を過ごしてもらえたら嬉しいです。
メンバーからの報告も楽しみにしたいと思います!

お申し込みはこちらです。
(文責:城南・多摩川チーム 辻小夜子)

2018年09月25日

【開催報告】9/15 城南・多摩川チーム第4回@久が原

城南・多摩川チームの今年第4回サロンは大田区にある認可保育園で開催しました。昨年もお借りしたこの会場、木がふんだんに使われている空間でとっても暖かい雰囲気です。保育園もふだんから働く母とタッグを組んでいることもあり、サロンへの理解も深く、快く場所を提供してくださいました。

当日はあいにくの雨模様でしたが6名の母たちが集いました。運営メンバーもあわせ10人程度でこじんまりと輪になって座り、それぞれの「母となってはたらく」を語りあいました。

42107456_1979663075429167_5850494834455871488_n.jpg

こじんまり、と書きました。実際10人で集うくらいなのでそんなに大きな会ではありません。でも、私はこの日この場が持てたことが本当に奇跡だなぁ!と感慨にふけっていました。参加されたみなさんはSNSのイベントページや、道端などで見つけたチラシを頼りにこの場に来てくださいました。友人知人に誘われたわけでもなく、どんな人たちが運営していてどんな内容なのかよくわからないイベントだけど、とにかく行ってみよう!とご自身で決めて来たのです。その勇気の大きさたるや!参加してくださった方々が、申し込んでみよう、参加してみよう、そう決めた背景には、目には見えない日々の悩みや葛藤が大きく鎮座していたのではないかと思います。サロンに参加すれば何か変わるかもしれない、そういう感じだと思います。

私自身、こうやってブログを書くのにも、重い重〜い腰をあげ、ようやくとりかかっています。家族の予定や子どもの面倒を調整し、ひとりの時間を確保して、それでも「面倒だなぁ。」なんて気持ちの方が先行しています。ちなみに私はサロンの運営に関わって2年目、そこそこ積極的に、自分の意思で関わっていて、いろんな母たちの話を聞いてきました。それでも現実と向き合うのには未だ慣れず、どこか目を逸らしているような気がしています。文章を綴るには、自分と向き合わなければならないのですから。。。

サロンに参加すれば何か変わるのでしょうか?ハッキリ言えば、日常生活で特に変わることはありません。 明日も来週も来月も、育児に家事に仕事に振り回されていると思います。

でも私は変わると信じています。

一回一回のサロンはとてもこじんまりしていて、何かしらの解決策を提示してもらえるわけでもなく、逆にモヤモヤが大きくなったりして。。。でもこういう場があって、そこでは安心して話が出来て、受け止めてくれる人がいて、そして自分の気持ちと静かに対面する時間を持つ。そういう場があることを知っていれば、10年後は自分の生活も、社会の環境も、今より確実にいい方向に向かっていると思うのです。

41980784_1979663742095767_1012204194007875584_n.jpg

ちょっと立ち止まり、冷静になって自分を俯瞰してみる。今の私はどうしてモヤモヤしている?気持ちはどうだろう?どうしたい?どうする?この「振り返り」がすごく効く。サロンはそれを教えてくれます。実際に、ボランティアで参画している運営活動でもこの「振り返り」だけは半ば強制的にさせられます。振り返ることで、心が痛むこともあります。でも、私は自由気ままに好きなことをして過ごしていた10年前より、毎日はいっぱいいっぱいだけどなぜか今のほうが心地いい、そう感じています。だから10年後が楽しみです。

10年後が楽しみな私が、私の中にいるんだな。それがこの文章を綴った収穫だな、と思っています。

41842564_1975557199173088_1858235991664361472_n.jpg


                                        

今後の予定

第5回 10/27(土) 川崎市(武蔵中原駅徒歩1分・エポック中原)10:00〜12:00 詳細・申し込みはこちら

第6回 11/25(日) 世田谷区(二子玉川駅徒歩7分・二子玉川地区会館別館)

第7回 12/ 8(土) 大田区(多摩川駅徒歩7分・富士見会館
※(10/10追記)会場がせせらぎ公園集会室(多摩川駅徒歩1分)に変更になりました。

(文責:城南・多摩川チーム 村田典子)

2018年09月22日

【城南・多摩川チーム】10/27(土) 第5回川崎市中原区サロンのご案内


こんにちは。城南・多摩川チーム進行役をしています、文野めぐみです。
今日は私が初めてワーキングマザーサロンに参加した時のことをご紹介させていただきたいと思います^^
nakahara_1.jpg



もう7年近く前の話だと思うのですが、
私は第一子の産後の育休中に、初めて「ワーキングマザーサロン」に参加しました。
その日、都内のある和室には8名前後の初対面の女性が集まっていました。

「は、はじめまして」と思いながら、私はみなさんと自分の人生や仕事の話しをしました。

私は確か「子どもを保育園に預けて復職するのが不安だ」ということを口にしたのだと思います。

その日そこに参加することで、すぐに私の不安が消えるというわけではありませんでした。

ただ、そのことを口にした私に対して何かをとやかく言う人は、その場にはただの1人もいなかったということが起きました。

私はその事実に心底驚いて、そして思いがけず安堵したことをよく覚えています。

私はその当時、周囲からこんなことを言われるのではないかと恐れていて「私は不安だ」と正直な気持ちを口にすることをためらっていました。

「仕事に対する意欲が足りないのでは」
「そもそも休んでいることが迷惑で無責任だ」
「正社員で育休が保証されているなんてその時点で恵まれている」
「育休中は給付金があるんだって?働かずにいくらもらってるの?」
「休めるなんて気楽でいいねー」
「働きたくてもそもそも競争に勝てずに保育園に預けられないのに…贅沢な悩みなのでは」
「みんなやってる、大したことではない」
「保育園に子どもを預けるなんてかわいそう」
「子どもが可愛くないの?」
「専業主婦より働いている女性の方がエライんですか?」

はい。現実と妄想が入り乱れた脳内構築の世界です…笑。

ただ当時、右を向いても左を向いてもいろんな声が聞こえて来るようで、気軽に気持ちを口にすることが怖くなっていた実感があったことは覚えています。

ではその日、集まっていた女性達が特別に人格者揃いだったのかというと、多分決してそういうことでもなかったのだろうと思います。様々な状況の中、等身大に悩み、母となって働きながら試行錯誤を重ねる女性達だったと記憶しています。

ただその日会場で伝えてもらったことは、
相手の話しを聞いたときに

「それってつまり△△ってことでしょ。」

と『即断即決・一刀両断』してしまわずに

「あなたは今こういうことを話してくれましたね。」と返す。

というシンプルなガイダンスでした。

初めての私でもガイドの通りには実践してみることが出来るのでした。

その日偶然に集まった人達と、支えたり支えられたりする体験を分かち合う。誰かに支えてもらうことも出来るし誰かを支える事も出来る。私もあなたもそういうチカラを持っているんだね。

その日の私はそんなことをぼんやりと感じて、少しだけ温かくほぐれた気持ちを持ち帰った気がします。



そんな「母となってはたらく」を語るワーキングマザーサロン。2009年にスタートしたプロジェクトで、今期はなんと10期目だそうです!

城南多摩川チーム今期第5回目のサロンは、川崎市中原区で開催します。武蔵小杉駅から南武線で1駅のロケーションです。

川崎市にお住いの方も、それ以外の方も、ぜひ足を運んでいただけましたら嬉しいです^^



【日時】2018年10月27日(土)10:00〜12:00(受付開始9:45)
【会場】エポックなかはら 7階和室
   川崎市中原区上小田中6-22-5 

【アクセス】JR南武線武蔵中原下車 徒歩1分。
(武蔵中原駅改札右側の連絡通路より直結)
【参加費】500円
  ※資料として『マドレ式ワーキングマザーの教科書』
 (A5判冊子)をお渡しします。
【対象】「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい女性の方。
育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、既婚未婚やお子さんの有無を問わず、どんな状況の方でも大歓迎です!
【定員】10組
※生後210日までの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
2018年3月31日以降にお生まれのお子さまは一緒にご参加いただけます。
2018年3月30日前にお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。
【お申込】2018年9月26日(水)受付開始
 こちらのフォームよりお申し込みください。    
【お問合せ先】WMS城南・多摩川チームまでメールでお問い合わせください。
        mail tojyonantama@madrebonita.com

NAKAHARA3.jpg


今後の予定

  • 第6回 11/25(日) 世田谷区(二子玉川駅徒歩7分・二子玉川地区会館別館)

  • 第7回 12/  8(土) 大田区(多摩川駅徒歩7分・富士見会館
    ※(10/10追記)会場がせせらぎ公園集会室(多摩川駅徒歩1分)に変更になりました。



(文責:城南・多摩川チーム 文野めぐみ)

2018年09月05日

【開催報告】9/1 城南・多摩川チーム第3回@矢向

NECワーキングマザーサロン 城南・多摩川チームの山下友子です。

まだまだ残暑が厳しい中にも秋の気配を感じた、9月1日(土)に開催されたサロン。
場所は、南武線の矢向(やこう)駅。
私自身初めて降りる駅、南武線に乗車することも20数年ぶり…。
乗り過ごさないように、乗り間違えないように…(まるで小学生!)
ちょっぴりドキドキしながら会場に向かいましたるんるん
こうやって、日常生活で降りたことが無い駅に向かう事で、フレッシュな気持ちになるのも、私は好きです。

この日も、皆さんのお話に共感できることが沢山あって、自分も発言したい気持ちでウズウズ(笑)。
でも今日は、じっくりと皆さんの話を聞くぞ!
と、メモを取りながら話を聞かせてもらいました。

今回、一番盛り上がったなぁと感じたテーマは「パートナーシップ」
「すごいわかる!」という声や、大きくうなずく参加者さんたち。
私自身、「うんうん、そうだよねぇ」とうなずきながら聞いていました。

40528738_809800902744509_9192172466703695872_n.jpg


サロンでパートナーシップが話題に上るとき、私は毎回、
「あぁ夫の事をもっと大事にしよう!感謝の気持ちを忘れずにいよう!」
と心に誓うのですが、
数週間(若しくは数日⁈)経つとすっかり忘れてしまい、ついイライラむかっ(怒り)が出てきてしまうのですダッシュ(走り出すさま)

今回もまた、夫の事を大事にしよう!と再確認させられたのですが、さらに今回は、
「家事育児において、夫の得意とすること・好きなことって何だろうexclamation&question
と考えさせられました。

40479106_809801572744442_6331586082764750848_n.jpg


「平等でなければならない、ではなく、得意なことでお互い補完し合えたら、いいよね^^」
とは、進行役のめぐみさんのことば。
あ〜なんて素敵な考えなんだろう…黒ハート

これは、パートナーとの関係だけでなく、職場でもどこででも必要とされることなんだなぁ、と気づかされました。

夫の不得意とすることを押し付け、自分がイライラしていないかな。
夫の得意とする分野の家事育児を、お願い出来ているかな。
そんなことを考えながら、帰路についたのでした。

思いがけない一言で、ヒントをもらえたりするサロンの場ひらめき
皆さんも、参加してみませんか?

40455071_809801742744425_3443491060360151040_n.jpg


次回サロンのご案内
【日時】
2018年9月15日(土)9:45-11:45(9:30より受付開始)

【会場】
クオリスキッズくがはら保育園(大田区東嶺町28-4)

【アクセス】
東急池上線久が原駅徒歩2分(五反田から15分、蒲田から7分)

【詳細ブログ】
http://blog.canpan.info/wms/archive/2368

今後の開催予定
10月27日(土)川崎市中原区 (エポックなかはら)

★お問い合わせ先:WMS城南・多摩川チーム
 jyonantama@madrebonita.com

(文責:城南・多摩川チーム 山下友子)

2018年08月23日

【城南・多摩川チーム】9/15(土) 第4回大田区久が原サロンのご案内

こんにちは。NECワーキングマザーサロン(以下サロン)城南・多摩川チーム進行役の文野めぐみです。

第4回サロンは東京都大田区、東急池上線久が原駅近くの『保育園』を会場にお借りしてサロンを開催します。

チームメンバーが開催を持ち掛け、ご快諾頂いた会場です☆
育休中の方、保活中の方など、これからお子さんを保育園に預けることをイメージされている方にも実際の保育園の雰囲気を感じていただける機会になれば嬉しいです。

PA140655.JPG
(昨年度の様子です。同じ会場で開催しました。)

そんな久が原での開催概要は以下の通り。

【日時】
2018年9月15日(土)9:45-11:45(9:30より受付開始)

【会場】
クオリスキッズくがはら保育園(大田区東嶺町28-4)

【アクセス】
東急池上線久が原駅徒歩2分(五反田から15分、蒲田から7分)

【参加費】
500円(テキスト代として)
資料として「マドレ式・ワーキングマザーの教科書」をお渡しいたします。

【対象】
「母となってはたらく」ことを語りたい女性。
既婚、未婚、出産経験の有無は問いません。
就労中、育休中、専業主婦、自営業、会社員 どの立場の方でも参加可能です。

【定員】
10名
生後210日までのお子さまに限り、同伴可能です。
今回のサロンでは、2018年2月17日以降に生まれたお子さまは同伴いただけます。
2018年2月16日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。 
会場となる保育園での託児は制度の都合上利用出来ません。ご了承ください。

【お申込み】
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfogFN1n1gjbk8whwX3AkiahBcC0x2DRniUBJfKzDBabLMTVw/viewform
からお申込みください。
8/15から申込みを受け付けます。
申込み受付後、折り返しメールでご連絡を差し上げます。

【お問合せ先】
WMS城南・多摩川チームまでメールでお問い合わせくださいmail to
jyonantama@madrebonita.com

2018年08月10日

【開催報告】8/4 城南・多摩川チーム第2回サロン@あざみ野

城南・多摩川チームのゆりです。



「サロン行くの、面倒 だなぁ。」


サロン当日の朝、私は、そんなことを思っていました。

育休中で時間はたっぷりあるはずなのに、
育児と家事に日々追われ、
一日があっという間に終わっていく
毎日、毎日、毎日・・・ダッシュ(走り出すさま)

そんな日々に心がざわつくのに、
なぜざわつくのか分からない。

サロンでは、人生、仕事、
パートナーシップの
3つのテーマで話をしていくけれど、
今の私にはそんな「大それたこと」、話す余裕がないんだよなあ。

38488041_1125608954281352_6126464921518473216_n.jpg




そんな気持ちが変わり始めたのは、
ペアでのシェアリングを始めたときぴかぴか(新しい)
ここでは、先ほど挙げた
3つのテーマの中から1つを選び、
それについて自分の想いを語ります。

自分のちっぽけなざわつきは、
そんな大それたテーマとは
かけ離れてそうだけど、
強いて言えば「人生」が近いかなあ。

そんなことを思いながら、
自分の気持ちを表す絵を書いたり、
ペアの方に向かって話をしたり。

38492591_1125608980948016_192494236568911872_n.jpg



すると、
自分の中にあったざわつきの正体が
ぼやーっと浮かび上がってくる。
そして、
「一人の時間が欲しい。」
という言葉が、
ふっと口をついて出てきました。

あーそうかそうか。
私は、問題を整理するために、一人で
ゆっくり考える時間が欲しかったのに、
それができないことが続いて、
「ざわざわ」になってしまったのね。
知らず知らずのうちに、自分の気持ちを押し込めていたんだなー。




続いて、参加者全員でのシェアリング。
特に盛り上がったテーマは、
「仕事に子育てに家事。
時間が足りないよねexclamation
 皆さん、どうやりくりしてるexclamation&question


私は育休中だし、
今は自分のざわつきで手一杯だし、
あまり興味がないなあと思いきや。

他の方が語る
「働く母は時間が足りない!」という
現状(惨状?)や、
それに対する様々な打開策などに、
気づけばどんどん引き込まれていました。

私のざわつきの一因は、
職場復帰後、
どれだけ大変になるか分からない
どうやって対処すればいいのか分からない
ということもあったのかなと、
ここでも気づきがひらめき



終わってみれば、今回のサロンでは、
ほとんど話をすることがなかった私。
それでも、ペアワークのわずかな時間、
自分の想いと向き合って口に出したり、
全体ワークでいろいろな人の話にじっくり耳を傾ける中で、
今回も多くの気づきをもらいました。

38612115_1125608900948024_2059740524159434752_n.jpg



話すサロンもいいけれど、
聞くサロンもいいな。

帰り道ではそんなことを思いながら、
朝、ざわつきを抱えて歩いてきた道を、
ちょっぴり軽い足取りで戻りました。

あなたも、サロンに参加してみませんかるんるん

38675504_1125612020947712_1131303254873866240_n.jpg


次回サロンのご案内

【日時】2018年9月1日(土)
    10:00〜12:00(受付開始9:45)
【会場】矢向地区センター 2階和室
 http://www.npo-ttk.jp/yako_cc/yako_cc_event.html
【アクセス】JR南武線矢向駅下車
      徒歩5分。※駐輪場有り
【詳細ブログ】
http://blog.canpan.info/wms/archive/2332


今後の開催予定
 ダイヤ 9月15日(土) 東京都大田区(クオリスキッズくがはら保育園)
 ダイヤ10月27日(土)川崎市中原区 (エポックなかはら)


★お問い合わせ先:WMS城南・多摩川チーム
 mail tomail tojyonantama@madrebonita.com

(文責:城南・多摩川チーム ゆり)