CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年10月10日

【開催報告:8/30(土)長野県長野市にて出張サロンを開催しました!】 自分の想いを言葉にすることで、自分の意思がクリアになる感覚を取り戻す

こんにちは、信州チームの藤田 澄恵です。
のんびりした投稿ですが、8/30(土)に開催された長野市でのワーキングマザーサロンについての開催報告です。

今年、長野県では進行役不在のため、東京杉並・世田谷チームから出張でななちゃん(光瀬奈々江さん)が来てくれての開催となりました。

0830_NGN_3.jpg

また昨年長野市では初のサロン開催となり、2年目の今年は長野市からの後援も頂き開催前日には、なんと満席のお申込みで開催を迎えることができました!

0830_NGN_2.jpg

同様に6月に東御市で出張開催をしてくれた、千代田・横浜チーム進行役のさがみん(相模志乃さん)と東御市サロンメンバーのもりりん(森下智美さん)ともにじわじわ高まる熱に、既に開催前日に感涙する信州チームでした。

さて。そんな中始まった長野市サロンで「母となってはたらくを語る」、「自分を主語にして話をしよう」と集まった私たちでしたが、学校を出て組織人として働きだしたり、妻になったり母になったりしているうちに、いつのまにか「自分を主語にして語る」ことが難しくなってしまっていることに改めて気づかされる場面がありました。

0830_NGN_4.jpg

「パートナーが」「会社が」…あれ?じゃあ、「私の気持ち」はどこに置いてきぼりになっちゃっているのでしょう?
改めて「自分のことを話す」ことこそが、実は悩みのほとんどのキーを握っているということに気づいた気がします。

私自身、学校を卒業して会社に入っていくと、自分の意思は全く尊重されることはなく、組織の論理と意思が尊重されるので、いつの間にか乖離していく自分の意思と組織の間に悩み出し、愚痴に繋がって諦めて苦しくなる…私自身そんなことの繰り返しだったと思います。

0830_NGN_5.jpg

「人生」「仕事」「パートナーシップ」の3つからテーマを選んでワークをやったあとは、「母となってはたらく」をテーマに全員で話すシェアリング。真っ先に出てきた話題に、もう既に開催して本当によかった…!と思わされました。

おひとりの参加者さんの
「ワークを通じて、『パートナーが手伝う』という感覚にモヤっとしていたが、実は自分がパートナーに子どもを預けていないことに気がついた」

そうなんですよね。自分の中にある思い込みやパートナーに対する怒りって実はその根源には何があるのか?その「べき」って本当なのか?って自分じゃなかなか気づきにくいもの。

時間を区切ってテーマをもって話をしてみることで出てきた自分の思い込みや、心に寝かせていた思いを口に出す機会としてこのサロンを利用してもらえたのでは、と思えてとても嬉しかったです。

0830_NGN_9.jpg

また、今回のサロンではパートナーである男性側が出席されたがっていたという方もご参加。
今年は長野県では出張開催の2回のみだったところを、機会を逃さず母となったパートナーにご参加を促されたご様子でした。

0830_NGN_all.jpg

こうやって「ママ」であるだけじゃない、「仕事について」「自分の思いについて」語り合える仲間の輪が、現在住んでいる長野市の中で広がっていったことにとても嬉しく思っています。

以上、長野市サロンの開催報告でした!来年もぜひ開催できますように☆

【文責:藤田 澄恵】

2014年10月09日

【開催報告:6/28(土)長野県東御にて出張サロンを開催しました!】 母となったから気づいたこと。この場所だからできること。

こんにちは。さがみ@千代田/横浜です。うっかり報告が遅れましたが、6月に長野県東御市にて出張サロンを開催してきました。

長野県初上陸だった私ですが、緑の濃さや空気の清涼さに、うっとりしてしまいました。

東御市で私を待っていてくれたのは、もりりんとすみえさん。
サロンの会場を準備しながら、もりりんとは「久しぶりー」、すみえさんとは「初めましてー」とご挨拶。

長野県では、昨年度もりりんが第5期のファシリテータとして活動したのが、ワーキングマザーサロン信州の第一歩。
この出張サロンで通算6回目となる開催でした。

改修されたばかりのきれいな会場、畳の素敵な香りのする和室でサロンがスタートしました。

もちろん私は他のご参加者とも初顔合わせですので、私の自己紹介も丁寧にやりました。
「第一子の時に、産院難民になって…」「保育園も入れるかどうかわからないから必死で保活して…」と私の産後紹介をしたのですが、あとで「こっちじゃ、普通じゃないからびっくりしました」と言われました…w

0628_THM_1.jpg

そんな東御サロンで、どんな話題があがったのか、さっそくシェアしたいと思います!

■ただ働きたい!と思ってた。でもその背景は…
出産でいったん仕事を辞め、今は求職中であるという方から…
「自分は(働くことが好きで)ただ働きたいんだと思っていたけど、話をしてみて気づいたのは、パートナーと対等でありたいとか、お金を稼いでいない引け目、また働くことで社会との繋がりがあったり、自分を成長させたい!という思いだった。
でも、やっぱり子どもはかわいくて、本当に今離れないといけないの?と心苦しい思いもある。(そういう姿を知っている)パートナーは『子どもを育てるのだって立派な仕事だし、とても大変なことだ(からまだ働かなくていいんじゃない)』と言ってくれている」

その発言に対して、他のご参加者から
「子どもときちんと向き合いたい、自分も成長したい、どちらも○○さんの本当の気持ちだと感じた」
「お金を稼ぐ仕事じゃなくても、社会と繋がれること、成長できる機会はたくさんあると思う。自分が興味の持てる色んな場に参加して、できることから試してみては」

とあたたかいコメントが…。

ご本人からも
「仕事をしないと成長できない、と思っていたけど、そうではないですよね。今は子どもと向き合いながら、できることからやればいいんだと気づけて、ほっとしました」と仰って頂けました。

0628_THM_2.jpg

■「子どもを預けてまで働いて、かわいそう」…?
「子どもを保育園に預けて働いている、というと周囲の人に『子どもが小さいのにかわいそう』と言われる。パートナーはそんなこと言われたことないのに、私だけ言われることに違和感を感じる」

「特に男性に言われるよね」「社会とかおじさん(失礼)がまず変わらないと!」と盛り上がりを見せる中…

「でも、自分も正直産んでみないと(子どもを持っても働きたいという人がいることが)分からなかった。会社の他の女性たちの「仕事したい」「子育てしたい」も、外からみる印象だけでは絶対に分からない。話してみると、あれ?ということがよくある。子どもがかわいいと思うことと、自分がどうありたいかは別にしてみることが大事かも」

という発言に、「なるほど、そうだね…」とうなづくみなさん。

0628_THM_3.jpg

ちなみに長野では保育園には「入りたい時に入れる」そうで(統計を確認すると103%でした…)、「母となってはたらく」上で「保育園に預けられないからムリ」ということはないんだそうです。

「自分がどういうスタイルで働きたいか、具体的にして、選択することが大事なような気がする」
という発言に、はげしく頷く私でした。

■「久しぶりに自分のことが考えられる喜びをまず感じた」
4人のお子さんを持つ方から…
「4人子どもを育てていると、日々の事でホントいっぱいいっぱい。自分のことも考えたいけど、『今はだめ!』と自分で忘れるようにしていた。そうでないと日々が回らなくなるから。今日もギリギリまで(サロンに)行くか迷ってた。でもこうやって、思いきって出掛けて来てみて、本当に良かった。自分のために時間をつくって、自分のことを考えるって、大事だということに気付けた
「子どもが大きくなったらやりたいことは沢山ある。出掛けることを諦めがちだったけど、これからは出掛けていきたい」

0628_THM_4.jpg

笑ってお話してくださったけど、きっとホントにホントにいっぱいいっぱいだったんだろうな、でも来て下さって本当に良かった…と心から思いました。
最後の「出掛けていきたい」の一言には、大きな決意とこれからの期待が感じられ、私もぐっときました。

…以上です。

0628_THM_all.jpg

今期、信州からは進行役の立候補はありませんでしたが、来期はきっとどなたかがバトンを継いで下さると信じています。
また、この東御サロンは、自分の中でも最高に面白かったサロンのひとつです。進行役として呼んで頂けたことに感謝しています。本当にありがとうございました。

【文責:相模 志乃】

2014年06月27日

【8/30(土)】今年も長野市でNECワーキングマザーサロンを開催します!

こんにちは!
第6期進行役で自称サロンマニアでおなじみ(?)光瀬奈々江です。わーい(嬉しい顔)
100-05-mitsuse.jpg
早いものでもう6月も終わりですね〜
6月から始まったサロンも、千代田区を皮切りに、各地で続々と開催されており、梅雨の蒸し暑さ以上に熱く盛り上がっています!
えー、そんな中、すでにワタクシ、2回exclamation×2のサロンに参加しています(笑)

そしてそして、ホームチームは杉並南・世田谷の私ですが、晩夏の特別出張サロンとして長野市でも開催することが決まりました!!

東京都民の私がなぜ長野で?と思いますよね。
実は昨年の信州サロン(進行役はもりりんこと森下智美さん)に参加させていただいたことがきっかけです。
長野でも「自分」を主語にして「母となってはらたく」を語る場、地域でのつながりを深めるきっかけづくりの必要性をひしひしと感じました。

今期のプロジェクトメンバーであり長野県東御市の森下智美さん、長野県長野市の藤田澄恵さん。
お二人の、サロンを継続して地域で開催していくことで、色々な方に届けたい!出会いたい!という熱い気持ちに心を動かされ、私でよければぜひ出張サロンをやらせてほしい!!ということになりました。

長野市や長野市周辺にお住まいの方々にこのサロンの存在をまず知ってもらい、次年度以降の開催につなげることができるよう尽力したいと思います。

長野の皆様が、自分自身に向き合い、心の奥底から涌き上がるおもいを、それぞれの言葉で紡いでいく姿を今からとても楽しみにしています!!


【長野市のプロジェクトメンバー藤田澄恵さんからのメッセージ☆】
こんにちは。長野市の藤田澄恵です。
昨年もサポーターをさせて頂いていましたが、私、今年もやっぱり近くでこのNECワーキングマザーサロン開催の参画をしたい!と思い、サポーターに手を挙げました。
なんで今年も…?という点について、昨年初めてこのワーキングマザーサロンに出会っての感想とオススメ理由を考えてみました。

私から見たこのサロンの参画の魅力ですが、そこで出会う女性が魅力的!に尽きると思っています。

昨年の進行役の森下さんやサポーター仲間の皆さんとその後もフェイスブックなどを使って交流を続けていますが、みなさんどの方もそれぞれ発信が魅力的なのです。

おそらく子供できる前までは話していた、「あなたの興味のあるもの、見つけたものや読んだ本の話を聞きたい!」こんなお話をするきっかけにしませんか?
「暑いですね〜、赤ちゃん何か月ですか?」って表面に終始しがちな「ママ友」の会話じゃ物足りなくはないでしょうか。

平日の日中孤立しがちな産後〜就園までの間や、母になって「はたらく」についての気持ちをめんどくさいから見ないようにしちゃっている人、子供はまだだけど母になったら「私」どうなる?っていう気持ちを周りにはなかなか話せない人…。そんな「わたしの思い」を口にする仕掛けが工夫されているワークショップです。

子供の写真の共有だけでない、母となった私たちに出会って自分の思いを口にしに来ませんか?ピンと来た女性の方のご参加をお待ちしております。学生、専業主婦、求職中、育休中、復職直後…どんな女性の方もご参加できますので是非お越しください!

★☆★☆NECワーキングマザーサロン信州:第2回@長野市☆★☆★
※受付開始は7/1(火)〜です!

●日時:2014年8月30日(土)13:30〜15:30

●会場:長野市 勤労者女性会館しなのき 3階和室

 ・長野電鉄「権堂」駅から徒歩2分

●対象:「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい女性ならどなたでも!
  育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、
  結婚・妊娠・出産の経験の有無に関わらず、どなたでも大歓迎です!

●定員:10組
  お子さまの同伴は生後210日までとしています。
  2014年2月1日以降にお生まれのお子さまは一緒にご参加いただけます。
  2014年1月31日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けいただき、
  単身にてご参加ください。

●参加費:500円
  (資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします)

●お申し込み:こちらの専用フォームからお申込みください♡  

●お問合せ:WMS信州 wms.shinshu@gmail.comまで、メールにてお問合せ下さい。

2014年06月13日

【6/28土】信州第1回:東御サロンのご案内

こんにちは!WMS信州のもりりんこと森下智美です^^

信州でも最近は一日ずつの寒暖(暖というより暑)の差が激しいですね。皆さん体調くずされていませんか?

昨年に引き続き,今年も信州長野でNECワーキングマザーサロンを開催します!

さっそく,「前回から気になっていて〜」「とっても興味があります!」とのお声をいただき,張り切って準備を進めています。

県内在住の進行役はおりませんが,5期に一緒に進行役(昨年まではファシリテータという呼び名でした)研修を受けた さがみんこと,相模志乃さんが横浜から出張してくれます!

サロンは参加のみなさんや皆さんの選ぶテーマによっても毎回違いますが,進行役によっても全体の空気感が全然違います。
私自身もさがみんのサロンを楽しみにしています。

母となった,または将来母となりたい女性向けの働くことについてのワークショップって,長野県ではまだまだ少ないと感じています。
しかも,子育てや家事との両立のコツ!とか,遠くの誰かの成功事例を聞く!とかだけでは,自分がどうしたらいいのかなんて全くわかりません!

私は自分なりの一歩を踏み出したいのです。
私の最初の一歩は「夫にありがとうを伝える」でした。
とにかく帰ってから「ありがとう」をいいました。(笑)

何かはわからないけど,少し前へ進みたいあなたをお待ちしています。

*改修中だった中央公民館が完成し,今年はい草のかおりの気持ちいい和室で行います☆



NECワーキングマザーサロン信州:第1回

●日時:2014年6月28日(土)13:30〜15:30

●会場:東御市 中央公民館 和室
 ・しなの鉄道「田中」駅から徒歩10分

●対象:「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい女性ならどなたでも!
  育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、
  結婚・妊娠・出産の経験の有無に関わらず、どなたでも大歓迎です!

●定員:10組
  お子さまの同伴は生後210日までとしています。
  2013年11月30日以降にお生まれのお子さまは一緒にご参加いただけます。
  2013年11月29日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けいただき、
  単身にてご参加ください。

●参加費:500円
  (資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします)

●お申し込み:こちらの専用フォームからお申込みください♡  

●お問合せ:WMS信州 wms.shinshu@gmail.comまで、メールにてお問合せ下さい。




【文責:森下智美】

2014年05月27日

第6期【信州チーム】ご紹介

第6期(2014年度)、長野県では東御市・長野市などで、単発にて開催予定です。

サロンを運営開催する【信州チーム】のメンバーをご紹介します☆

藤田澄恵
昨年の信州チーム公式サポーター参画に引き続き、今年も長野県内で「ママ友」ではなく「母仲間」に出会いたく、出張開催を希望してプロジェクトメンバーに挙手させていただきました。 長野地元だよ〜って方、友達いるわ、って方ぜひぜひよろしくお願いします!

森下智美
2013年ファシリテーターを務めました。一つとして同じサロンはなく,自分も言葉にすればするほど,また新たな課題が見えてきました。サロンは同じプログラムでも,毎回違う気づきがありました。地元でも,必要なタイミングで必要な人に届きますように。皆さんにお会いできることを楽しみにしています^^

相模志乃 ※進行役(東御サロン担当)
100-03-sagami.jpg2013年度WMSファシリテータである森下さんの協力を得て、長野県東御市のサロンで進行役をつとめます。森下さんの『地元で「母となってはたらくことを語る場」を広めていくこと』への情熱に共感し、横浜からチーム信州の一員として参画することにしました。東御市近隣の「母となってはたらく」ことを語りたい全ての女性に向けて、長野だから、信州だからこそできるサロンを届けたいと思います。お会いできるのを心から楽しみにしています!

光瀬奈々江 ※進行役(長野サロン担当)
100-05-mitsuse.jpgホームチームは東京都杉並区・世田谷区ですが、昨年の信州サロン(第5期進行役:森下智美さん)に参加したご縁で、長野市でもサロンを開催させていただきます。信州サロンでも「母となってはたらく」を語る場の必要性を肌で感じ、もっとたくさんの方にマドレボニータやNECワーキングマザーサロンのことを知ってもらいたい!!純粋にそんな気持ちです。横浜の武士さがみん(相模志乃さん)という心強い進行役仲間とともにE7系新幹線または篠ノ井線に乗って長野の皆様にお会いするのを心から楽しみにしています!

(文責:NECワーキングマザーサロン・プロジェクト本部・高橋)

2013年10月22日

【開催報告】10/20(日)松本サロン

信州チームサポーターの森貴代美です。
10月20日(日)、松本市にてサロンを開催いたしました!
189.JPG

私は今回で3回目のサロン参加になりますが 毎回、サロンが終わった後はなんだか気持ちが、体が、すっきりとするのです。今回も楽しみにしていました。

「サロンがあることは知っていたけれど、都市圏での開催だな・・・と思っていたところ松本で開催!参加を申し込みました」
「以前参加したことがあって参加しました」
「ホームページ見て参加しました」など 
皆さんそれぞれに開催情報をキャッチして参加してくれました。
ありがとうございます。ご縁に感謝です。

もりりん(森下智美ファシリテーター)の和やかな進行のもと、ワークが進むにつれて緊張感も薄れ、みんなの距離も縮まっていきます。
「自分の思っていることを相手に伝え、それを相手から言ってもらうことは普段ないので新鮮。」
という感想もでました。なるほど〜。

ワークライフバランスについては 特にみんな熱かった!
今回の参加者は皆さん子育てしながら仕事をしている方でした。フルタイムではたらく、時間短縮ではたらく、自営業ではたらく・・・働き方はみんなそれぞれ。その中で何を優先していきたいのか、思いが熱く語られました。

今回で3回目の参加になる私は、回を重ねるにつれて思うことがひとつ。
参加されている方は、「母として」「妻として」ではなく、「自分自身」がこの先どの様に生きていきたいのかをじっくり内観されている方が多いんだな〜と思いました。

日々の忙しい生活の中で、この先どんな人生を送っていこうかとじっくり考えることは、エネルギーをたくさん使います。(ワークの中でもテーマに「人生」についてありますが)
エネルギーをたくさん使って、今悶々としていて参加を決められた方もいるかもしれません。

人生にはタイミングがありそうです。
例えば、サロンのチラシや開催情報を見て、同じ情報だけれど、今回ピンと来て参加した人、3年後にピンと来る人、ピンと来ない人(タイミングの扉を開けた人)、ファシリテーターをやる人、サポーターをやる人・・・ 

やっぱり人生には全てにタイミングがありそうです(ご縁も含めて)。
しかも絶妙なタイミングでやってくる。
そのタイミングをスルーするか受け取るかは自分次第なのかなとも思います。タイミングを受け取るにもエネルギーが要りますね。

今は○○だから・・・できない。□□になったら○○しよう・・・。
ただ人生一度きり。
そしていつまで生きるかって自分たちには分からない。

全てがやりたいようにできるわけではないけど(全てやりたいようにできたら単調で人生面白くないでしょうが・笑)、これから先どんな風に生きて生きたいか、自分にとって譲れないもの・譲れるものを考えていくことって大事だな〜。

このサロン、自分自身のこれからの生き方について・・・「???」な方々にこそ、ぜひ参加してもらいたい!とおもいました。
人の意識の70%は無意識下。ワークを通して、気持ちを紙に書くこと、言葉に出すこと、相手に言ってもらうことで、無意識下にある気持ちが有意識にでてきて、だからきっと、サロンが終わった後にすっきり感があるのだと思うのです。

そして、この先、サロンで行っているワークが、日々の会話の中で、人生・仕事・夢・わくわくすることを、子どもも大人も語りあふれている世の中になるといいなと思います。

私もこれからどんなタイミングでどんな扉を開いていくか、わくわくしながら生きて行きたいと再確認したサロンでした。言うまでもなく、今回もサロン終了後のすっきり感はたまりません\(^o^)/

これからも、この「NECワーキングマザーサロン」を必要としている方々に、絶妙なタイミングで開催情報等が届きますように・・・願いをこめて。


さて、次回の信州チームのサロンは、東御市で開催します。
これが今年度最後のサロンです。ぜひぜひご参加ください!!


2013WMS信州:第5回
NECワーキングマザーサロン@東御市

●日時:2013年11月30日(土)10:00〜12:00

●会場:東部人権啓発センター
  (長野県東御市県288番地3/しなの鉄道 田中駅より 徒歩8分) 
   ※地図はこちらのサイトをご覧ください。

●参加費:500円
  (資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします)

●対象:「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい女性ならどなたでも!
   育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、
   結婚・妊娠・出産の経験がない方、、、どなたでも大歓迎です!

●定員:10組
   お子さまの同伴は<生後210日まで>としています。
   2013年5月4日以降にお生まれのお子さまは一緒にご参加いただけます。
   2013年5月3日までにお生まれのお子さまは信頼できる方にお預けになって、
   単身でご参加ください。

●お申し込み:こちらの専用フォームからお申込みください♡  

●お問い合せ:WMS信州 wms.shinshu@gmail.com まで、メールにてお問合せ下さい。

(文責:WMS信州・サポータ―:森 貴代美)

2013年10月15日

NECワーキングマザーサロン@長野県東御市

こんにちは!
信州チーム ファシリテーターの森下智美です。
森下智美
久しぶりの開催になる松本サロンもあと1週間になり,
じわじわとお申込みをいただいています。
そして,今季ラストサロンのご案内となります。

産後クラスのない長野県で,「地元でサロンを!」と決意して早半年。
アンテナ張って待っていて下さる方々とたくさんの出会いがありました。
母となった「私」を語る場。本当に有難い場であることを私も再認識しております。
諦める?開き直る?いえ,私はどうしたいか!
今の自分とじっくり向き合う時間,長野県でも!お待ちしています。

↓第1回東御サロンの様子はこちら
P7060001.jpg

2013信州:
NECワーキングマザーサロン@東御市

●日時:2013年11月30日(土)10:00〜12:00

●会場:東部人権啓発センター
(長野県東御市県288番地3/しなの鉄道 田中駅より 徒歩8分) 
 ※地図はこちらのサイトをご覧ください。

●参加費:500円
  (資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします)

●参加対象
  「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい女性ならどなたでも!
  育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、
  結婚・妊娠・出産の経験がない方でも、どなたでも大歓迎です!

●定員:10組
   赤ちゃんの同伴は生後210日までとしています。
   2013年5月4日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
   2013年5月3日までにお生まれのお子さまは、
   信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。

●お申し込み:お申し込みはこちらのフォームから♡

2013年08月29日

【開催報告】8/24(土)長野市にて第3回サロンを開催しました!

WMS信州チームサポーターの村上かおりです!
8/24(土)、信州第三回めサロンを長野市にて開催しましたので報告します。

当日朝、ファシリテーターもりりんこと森下智美さんの車に乗せてもらって(運転に自信のない私…^^; もりりん、ありがとう!!)東御市からイザ出発!!今日はどんなサロンになるかな?と話しながらのドライブ、そして会場の【長野市勤労者女性会館しなのき】に到着しました。長野市内、松本市からも駆けつけてくれた信州チームメンバーと合流し、参加者さんともご挨拶しました。

中高生のお子さんのいる方、求職中の方、育休から復帰間近…さまざまな立場の4人の参加者さんを含めた輪で、サロンがはじまりました。そして当日取材に来てくださった新聞記者さんも、お子さんを持つお母さん!ということで、シェアリングに参加していただきました。

「Good & New」でのウォーミングアップのあと、ふたり一組になり「人生」「仕事」「パートナーシップ」の中からテーマを選んでのワークでは、どのペアもニコニコの笑顔で、たくさんの思いを言葉にしていきました。

wmsnagano_03.JPG

wmsnagano_01.JPG


★「やりたい事」か「子育て」か?


全体シェアリングでは
ご結婚され、お子さんをこれからもうけるか、どうしようか、考えていらっしゃる参加者さんより
「やりたい事があり、今はまだ妊娠出産に乗り気になれない。出産するとしたら、子育てと、自分がしたい事の折り合いをどうつけていくか」
「子どもがいると自分の好きなことができない?自分の時間が犠牲になる?」
「いろいろと不安要素も多い時代。子どもは幸せになっていける?」
「ママ友とのお付き合いナドナド」
等、疑問を投げかけていただきました

今回の参加者さんは「私がやりたいことはコレ!!」を見つけて、お仕事にされている「はたらく母」ばかり(うらやましい!^^)。「やりたい事・好きな事」と「子育て」について、それぞれの思いを語りあいました。

「実際に子どもを持ってみると、それ以前とまた違う世界・違う視界が開けてくる。子どもと過ごす時間って楽しい!と思えた」
「想像もできない時代の変化があり、その中で育っている子どもたち。毎日成長していろいろなもの、親にとってはイヤなものも持ち帰ってくる時もある」
「出産して、産前・産後の自分の変化を感じるというのは、男性には経験できないこと。その体験も自分のモノ、強みになる」
「子どものことでイライラする時もあるけど、好きな事に没頭する事でバランスがとれている」
「子どものせいでやりたい事ができなかった、とは言いたくないので、工夫して自分のために時間を作っている」


子育てにはなにかと「犠牲」という言葉がつきまといがち…
ですが、パートナー、祖父母、保育園や地域の方々など、周囲に手助けを求めて、みんなでよってたかって育児、という環境を作ることが可能であれば…母も自分のための時間を持てそうですね。子どもを見守る目が増えるし、悩みはシェアできるし、イイことたくさんあるかもしれません。

「子育てのために、私は犠牲になった」よりも
「みんなの力も借りて、子育てがとても楽しかった。ありがとう!」と言えるほうが、子どもも、母自身も幸せな気がします。上手に工夫して、好きな事も、仕事も、子育てもイキイキ楽しめる母になりたい^^ みなさんの言葉からたくさんヒントをいただいて、そんなことを考えました。

★求職中の焦り、悩み

「自分が好きな事」を続けて行くためにも、べつの仕事も持って経済的安定をはかりたい。という参加者さんより、仕事を探しているけれどなかなか決まらず…という悩みをシェアしていただきました。

じつは…しばらくしたら、新たに求職活動をしようと考えている私です。就職活動の現実のキビシサをきいてドキドキハラハラ…^^; 職業安定所のなかにマザーズハローワークが開所した地域もあるなど、むかしと比べれば環境はよくなっているのかもしれませんが、やっぱり、小さな子どもをもつ母の仕事探しはむずかしい?

「仕事に求めるものはなにか、が はっきりすれば、選択肢もかわるのでは? たとえば「お金を稼ぎたい」なら思いきって、さらに間口を広げるとか」
「育休復帰できるか、会社の都合でむずかしかったけれど「「母親」であることを生かせる部署」に配属され復帰できた」
「続けてきた仕事、育休後、復帰させてもらえず(!)でも再雇用され、子どもも小さいので今は仕事の規模を小さくして、パートで務めている」
「仕事の数は限られている。その中で若い独身の人、子育て中の母親、いろんな人で仕事の取り合いになってしまう。自分の強みはなにか、突き詰めて、アピールもして、自分の良さを生かせる仕事を探すという手も」


パワフルで前向きなメッセージの数々に、目からウロコ!
そう、たとえば今は子どもが小さくて、全力で働くことは難しくても、数年後にはステップアップできそうな職場をさがすとか!
自分の強み、得意なことをもっと突き詰めて考えたら、新たな選択肢がみえてくるかも?
母親であることを生かす、なんていう考え方もある!

一人で考え込んでいると、気づかないうちに自分自身で選択肢を減らしてしまったり、可能性を閉じてしまったり。面接がうまくいかなかったりしたら、なおさら落ち込んで、わたしダメなの?なんて思ってしまった経験があります

でも、人に出会う、話をする、自分とは違う考え方にふれる、そしてまた考える。そうすると、突然窓が開けたように、実はまだまだたくさんの選択肢、可能性があることに気がつきます。

みなさん、決して自分の考えを押しつけるのではなく、悩みに共感しながら、暖かい笑顔でたくさんお話してくださり、あっという間の二時間、ぎゅっと凝縮された時間を過ごさせていただきました。ありがとうございました!

wmsnagano_05.JPG

終了後は、長野市内のとってもすてきなカフェで、参加者さん・スタッフでお昼をいただきながら、サロンの余韻を語り合いました。

wmsnagano_06.JPG

サロンで生まれた「気づきの種」みたいなものを家に持ち帰り、サロンで感じたワクワクを思い出しながら、いろんな事を考えています。もしかしたら「こうありたい自分」にどんどん近づいているかもしれません…^^

(文責:WMS信州公式サポーター 村上かおり)

次回サロンは10月20日(日)、松本市での開催です!

(↓前回 8/2上田サロンの様子はこちら
wmssUEDA01.JPG


2013信州:第4回
【NECワーキングマザーサロン@松本市】


●日時:2013年10月20日(日)10:00〜12:00
 (※9:50までには会場にお越しになれになり、受付をお済ませください。)

●会場・開催協力:松本市 コ・ワーキングスペース Knowre(s)
 (長野県松本市大手1-3-29 丸今ビル1F/JR「北松本駅」より徒歩10分)
 ※会場に駐車場はありません 
 ※地図はこちらのサイトをご覧ください⇒ http://knowers.jp/about.php

●参加費:500円
  (資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします)

●対象:「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい女性ならどなたでも!
  育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、
  結婚・妊娠・出産の経験がない方でも、どなたでも大歓迎です!

●定員:10組
  お子さまの同伴は生後210日までとしています。
  2013年3月24日以降にお生まれのお子さまは一緒にご参加いただけます。
  2012年3月23日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けいただき、
  単身にてご参加ください。

●お申し込み:こちらの専用フォームからお申込みください♡  

●お問合せ:WMS信州 wms.shinshu@gmail.comまで、メールにてお問合せ下さい。



◆「WMS信州」の記事はこちらへ→【PC版】 【モバイル版】

2013年08月27日

【WMS信州】10/20(日)松本市で開催します!

こんにちは!WMS@信州・サポーターのまさきちです。
今回は、信州第4回目のサロンとなる、松本市での開催についてお知らせします。

第3回サロン・8/24(土)長野市での開催も終わり、『今は子供を通しての出会いが多く、それはそれで楽しいけれど「お母さん」でも「奥さん」でもない自分を見てもらえるのは嬉しかった』、とのお声を参加者さんからもいただきました。

本当に同感でした。今回は主に聞き役に回りましたが、子供を持つことについて、また子供を持って働くことについて「自分はどうしたいか?」を相手に伝え、考えていく時間の豊かさを再認識しました。
大人になるとなかなかこういう時間って貴重ですよね。

そんな時間をあえて取り、自分のおもいを口に出してみたり、同じような仲間のおもいを聞いてまた自分はどうしたいのか考えてみませんか?新たな発見、視点の転換が起こるかもしれませんね。

女性のみなさまの参加の申し込み、お待ちしております♪

(↓8/2上田サロンの様子)
wmssUEDA01.JPG wmssUEDA04.JPG


2013信州:第4回
【NECワーキングマザーサロン@松本市】


●日時:2013年10月20日(日)10:00〜12:00
 (※9:50までには会場にお越しになれになり、受付をお済ませください。)

●会場・開催協力:松本市 コ・ワーキングスペース Knowre(s)
 (長野県松本市大手1-3-29 丸今ビル1F/JR「北松本駅」より徒歩10分)
 ※会場に駐車場はありません 
 ※地図はこちらのサイトをご覧ください⇒ http://knowers.jp/about.php

●参加費:500円
  (資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします)

●対象:「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい女性ならどなたでも!
  育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、
  結婚・妊娠・出産の経験がない方でも、どなたでも大歓迎です!

●定員:10組
  お子さまの同伴は生後210日までとしています。
  2013年3月24日以降にお生まれのお子さまは一緒にご参加いただけます。
  2012年3月23日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けいただき、
  単身にてご参加ください。

●お申し込み:こちらの専用フォームからお申込みください♡  

●お問合せ:WMS信州 wms.shinshu@gmail.comまで、メールにてお問合せ下さい。



(文責:WMS信州公式サポーター・まさきち)

◆「WMS信州」の記事はこちらへ→【PC版】 【モバイル版】

2013年08月02日

【開催報告】8/2(金)上田市にて、信州サロン第二回を開催しました!

こんにちは!WMS信州チーム・サポーターの村上かおりです。
8/2(金)上田市塩田公民館にて第二回サロンを開催しましたのでご報告します。

ファシリテーター・東御市在住のワーキングマザーもりりん(森下智美さん)
森下智美

とサポーターを含めて、8人の女性と4か月の赤ちゃんが参加した、信州・第二回サロン。

産後数ヶ月の方、小中学生のお子さんを持つ方、自営業、専門職、いろいろな立場から「母となってはたらくこと」について、それぞれが向き合う2時間になりました。

wmssUEDA02.JPG

wmssUEDA01.JPG

「仕事で長いブランクがあるので不安」
「毎日の時間の使い方に悩む」
「キャリアアップ、スキルアップのために学ぶ場も、都会と違ってこのあたりにはあまりない」
「ママ友とどうつきあっていけばいいのか……子育ての悩みや仕事のこと、話したいことをもっとオープンに話せる場が欲しい」

全体シェアリングでは、子育てと仕事を続けていくうえで抱える、さまざまな課題が挙げられました。

「前回(上田サロン)参加した際「こうなったらいいな」と話したことが、実は今、具体的に実現できつつある」
「ワークで話を聞かせてもらって、目標をしっかり持っている人は強い!と思った」
「子育てと仕事を両立していく上で、職場の人に負担をかけてしまうこともあったが「後からいくらでも恩を返せる」という言葉に救われた」
「夢はいろんな場でどんどん人に話していくことで実現に近づくと思う」
「両立の大変さは、自分でやっていきやすい環境を作ってしまうことでなんとかする、というのもアリ」

など、前向きなメッセージもたくさん飛び出し、盛り上がりました。

わたし自身も今回は、いち参加者として輪のなかに加わらせていただきました。みなさんのお話に耳を傾け、様々な道をあゆんできた方々の考え・思いに触れていくなかで、自分のなかにあるモヤモヤの原因や、こうしていきたいという思いが見えてきました。

職場の人間関係のなかでは、その場の空気にのまれてしまいがちだし、保育園のママ同士は忙しくてなかなか交流を深める事もありません……でも日常から一歩外へ踏み出して、このサロンのような場へ出かけてみると、普段の生活のなかだけでは出会うことのない人、考えに出会う事ができます。リフレッシュできるし、新しい刺激を得られます。二時間のサロンを終えた後、モヤモヤはきれいに晴れて、みなさんの前向きなパワーに背中を押された気分になりました!

次回は長野市での開催です。「母として・自分自身として、ありたい姿、行きたい道を自分の言葉で表現して作り出していく場」に、ぜひご参加ください!

wmssUEDA04.JPG



2013信州:第3回
【NECワーキングマザーサロン@長野市】


●日時:2013年8月24日(土)9:40〜11:40
 (※会場の都合上、9:40開始です。9:30には会場にお越しになれるようご留意ください)

●会場:長野市勤労者女性会館しなのき
 (長野市西鶴賀町1481-1/長野電鉄権堂駅より 徒歩5分) 
  ※地図はこちらのサイトをご覧ください⇒ http://goo.gl/maps/L1mEe

●参加費:500円
  (資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします)

●対象:「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい女性ならどなたでも!
  育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、
  結婚・妊娠・出産の経験がない方でも、どなたでも大歓迎です!

●定員:10組
  お子さまの同伴は生後210日までとしています。
  2013年1月26日以降にお生まれのお子さまは一緒にご参加いただけます。
  2012年1月25日以前生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けいただき、
  単身にてご参加ください。

●お申し込み:こちらの専用フォームからお申込みください♡  

●お問合せ:WMS信州 wms.shinshu@gmail.comまで、メールにてお問合せ下さい。



(文責:WMS信州公式サポーター・村上かおり)

◆「WMS信州」の記事はこちらへ→【PC版】 【モバイル版】