CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年11月17日

【WMS関西】11/6明石市にてサロンを開催しました

11/6(木)兵庫県明石市・明石市生涯学習センターにてサロンを開催
しました。先月に引き続きサポーター鴨谷がサロンの様子をレポート
させていただきます✩
1106akasi-1.jpg

★全部自分でやろうとしてはだめ!★

これから復職するにあたっての不安を持っている方と、すでに復職
した経験のある方とが意見交換をしました。子の病気だったり、生活
をどうまわしていくか、どれくらいの時間働こうか・・子どもや家族との
生活を大事にしながらいかに働こうか、それぞれのあり方を考えました。

その中でも、全部自分でやろうとしたらしんどい!任せるところは
任せる。「自分がやったらなんとかなるから自分がやる」、は家庭でも
仕事でも、自分も周りも大変!という意見にみながうなずきました。

ワーキングマザーの教科書でも「委ねる」能力や必要性が言及され
ていますね、そうやってみんなで子どもも自分も育てていくのですね。

★そこそこに働く!?ばりばり働く!?仕事への想い〜★

・そこそこに働きたいなという思いがある
・そもそも母でなくても組織で働き続けるって大変だよね・・
・子どもに生き生きと働いている姿をみせたい
・仕事を始めたときと、続けている今で働く意味みたいなものも変化してきた

働くといってもそれぞれに働く目的も違うし、職種も働き方も様々!
それぞれが仕事に対する考えや想いを言葉にし合いました。

★パートナーシップ、わたしは夫とどう歩んでいくか・いきたいか★

・夫とは対等でいたい。
・夫の「外で働いて欲しくない!」「定年までお互い仕事頑張ろうな!」にわたしは・・

それぞれの夫との関係性について、「うちはこんなかんじだけどこう
思っている」ということを話しあいました。それぞれの家族にそれぞれの
形がある。話してみること、言葉にしてみることで「ああ、自分はこういう
関係を結んでいきたいのだ」という発見もあったようです。


 

関西のサロンも残すところあと2回となりました。まだ参加されていない方、
もういっかい参加したい方、11月までですので、お見逃しなく✩私たちの
母となって働くを一緒に語り合いましょう!

⇒ 11/27(火)神戸・ヒーローズサロン

11/27(火) 加古川・東播磨生活創造センター かこむ




ところで今朝、保育園に子どもを送っていった時に、園庭に園児たちと
遊ぶ中学生の姿が。これは、我が兵庫県が誇る「トライやるウィーク」の
光景です。98年より始まった中学生の職場体験で、中学2年生が5日間、
職場や公共施設で過ごして学ぶプログラムです。

やけにしっかりした、いい感じの学生さんたちだな、と感じて、それを
先生に伝えると「うちの卒園生なんですよ!こんなに小さい時から
知ってるけど、立派になって!」と教えてくださいました。それをきい
たらなんだか涙が・・・こんなに優しい目で子どもをみてる、どっしりと
した中学生達がこの保育園で育ったんだ!と感動。うちの子達もこんな
中学生になったら嬉しいな、と思いました。中学生と遊んでもらえる機会
などめったにないので母も嬉しくなりました。私もいろんな人に助けて
もらいながら・関わってもらいながら子どもを育てていきたいです。

(文責・WMS関西サポーター 鴨谷 香) 
この記事へのコメント
コメントを書く