CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年11月03日

[WMS横須賀]11/16(金)今期ラストサロンです!〜10/25開催報告

こんにちは!
横須賀サロンサポーターの吉竹雅子です。
自己紹介ーマドレブログ

ここ最近ぐっと冷え込んできましたね〜

首、おなか、足首をしっかり暖め、
適度にカラダも動かして、この季節の変わり目を
元気に乗り越えたい今日この頃です手(グー)

さていよいよ11月、今年度のサロンも、
残すところあとひと月となりました。

ファシリテーターが決定した春から、
これまで半年間活動してきた今、
今月で終了かと思うと、とても感慨深いです。

横須賀は16日がラストサロンとなります!
皆さまぜひぜひ、おこしくださいね。

また、先日10月25日には5回目のサロンが開催されました。
1025横須賀サロン2.jpg

初のサポーター不在のサロンで、
最初は緊張したというファシリテーターの木浪さんでしたが、
暖かいご参加者に囲まれながら、充実の2時間を送られたそうです。

「自らワークにも参加したことで、より近いところで
参加者とともに、考え、語り合い、深く考えることができた」
とひとみさん。

そして終了後にはご参加者と一緒にランチも。
初対面の方とランチ、とは、実はなかなかハードルが
高いことですよね。

でも約2時間のサロンで、しっかりと本音で語り合ったあとは、
参加者同士話も弾みまるでサロンの続きのよう。
更にじっくりと話ができ、こちらも楽しい時間だったようです。
1025横須賀サロン.jpg
いい笑顔!

今回、サロンの報告を聴いて、
わたしもふと自分がファシリテーターをしていたころを
思いだし、振り返っていました。
僭越ですが、そのときのつぶやきをご紹介させていただきますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2年前、横浜市内でファシリテーターとして
開催していたNECワーキングマザーサロン、
今年は、その横浜サロンのご参加者だった
木浪ひとみさんがファシリテーターとなり、
6月から横須賀市で開催しています。

私は今回この横須賀サロンのサポーターに。
約半年にわたる活動もいよいよ来月で終了です。

ファシリテーターと共に成長したい!と臨んだ今年、
青森出身の方らしい粘り強さでどんな苦境にたたされても、
やる気を失わずにサポーターみんなを
ひっぱっていってくれたひとみさんに感謝!

2年前には、地域でも、様々な理由で告知に協力いただけなかったり、
「何かすごい人がやっている会」と思われたり、と
たびたび残念な思いもしたのですが、

ひとみさんも、わたしも、本当に「一市民」であり、
母となっても、自分の人生をあきらめたくない、
生き生きとした自分でいたい、そしてその姿をこどもたちに
みせたい(そうしたら、きっと子供たちもイキイキ
成長してくれるはず!)という想いが強いだけの、
本当に普通のひとです。

ファシリテーターが、なんだかすごい、と思われてしまうのは
仕方ないけど、もし、私たちがすごいのだとしたら、
人の前に立つ者の責任として、進行やこの活動にコミットする
努力をし続けていること。

このサロンに来てくださる方たちの、人生を真剣に考える
姿勢といったら!それは、もう、進行役のファシリテーターだって、
このサロンに中途半端な姿勢で臨めるわけがないのです。

とにかく、NECワーキングマザーサロンって、何?!と思っている方、
ぜひ一度HPを覗いてみてくださいね。

みてくださった全員が、興味が湧くわけではないことは、
重々承知ですが、100人にひとりでも、
ハッと何か心に響いた方がいらしたら、ぜひ参加してほしいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山あり、谷あり、でもチーム一丸となって、
臨んだサロンも、残すところあと一回。
最後のサロンはサポーター全員でお出迎えする予定です。

神奈川県のみなさま、そのほかの地域のみなさまも、
この機会ぜひお見逃しなく☆ご参加お待ちしております!


【第6回 ワーキングマザーサロン横須賀】


●日時:11月16日(金)10:30〜12:30

●会場:ヴェルクよこすか(勤労福祉会館)5階 第1和室(横須賀市日の出町1−5)
→アクセス:京浜急行 横須賀中央駅東口から徒歩5分
【地図】コチラでご確認ください

wmsyksk.jpg
(こちらは会場入り口です。)

●定員:10組
*2012年4月20日以降に生まれた赤ちゃんは、ご同伴頂けます。
 2012年4月19日までに生まれた赤ちゃんは、信頼できる方に預けて、
 単身でお越しください。

●参加費:500円(『マドレ式ワーキングマザーの教科書』をお渡しします)

【お申し込み】
コチラの専用フォームからお申し込みください。

→折り返し、ご案内をメールにてお送りいたします。


(文責:吉竹雅子)



この記事へのコメント
コメントを書く