CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年11月03日

【WMS杉並】10/28杉並サロン開催しました!

こんにちは。WMS杉並サポーターの原万里子です。
haramari.jpg
こんにちは。WMS杉並サポーターの原万里子です。

今期5回目となるワーキングマザーサロン@杉並が
10/28(日)に無事開催されました!

雨の予報もあり、少し肌寒いなかではありましたが
6名(うち赤ちゃん連れは3名)のかたがご参加くださり
ファシリテーター&サポーター2名、計9名でのサロンとなりました。
ritsuko.jpg

我がらが杉並サロンのファシリテーター・小澤律子さん。自称「ブレブレファシリテーター」(笑)
参加者と同じ目線で一緒にもがいて、精一杯伴走します!


みなそれぞれ「母となってはたらく」をテーマに語りたくて
そして、それぞれおもいを胸にこの場に集まってくださった方々。
とはいっても、会ったばかりで自分のおもいを話すのって
なかなか難しいし、少し気恥かしさがあるのは否めません。

だから、このワーキングマザーサロンでは、前半1時間を使って
人1組のペアになって短時間でできるコミュニケーションワークを行い、
いまの自分の状態を見つめ直し認識するのと同時に、ペアの方について深く知っていきます。
すると相手のことをもっと知りたい!わたし自身のことも伝えたい!
という気持ちが自然と引き出され、徐々に膨らんでいきます。
G&N.jpg

途中、「口の緊張は取れてきたと思うので、体の緊張も…」ということで
ファシリテーターの小澤律子さんの声掛けで、姿勢チェック★
shiseicheck.jpg

そして、いよいよみんなで大きな円をつくり、後半戦の全体シェアリングへ。

今回は【産休中】、【育休中】、すでに職場復帰され【就労中】、と
様々なステージにいる方にご参加いただいたこともあり、
・復職してから子どもが病気になったときに誰がどう対応するのか不安だ
・「保育園選びは任せるよ」と夫に言われたことに違和感を感じる
・仕事と子育てを両立させていけるか自信がない
・平日は夫の帰りが遅く、朝の送りから寝かしつけまでノンストップでたいへん。。

…と、悩み・課題に感じていることも多岐に渡っていたのですが
そこは共感上手で想像力豊かな女性。

「そうそう、わかるー!」と共感するだけでなく、
その状況をイメージして、親身なアドバイスまで飛び交いました。
分かち合うことのできる女性って豊かだなあ、とうれしく感じた瞬間でした。

そして、話題の中心はパートナーシップに展開していきます。

「こうあって欲しい」と相手に求めることばかり語っていると
おかしいほどに「どうしてわかってくれないの?まったく!!」
と、単なる不平不満に終始しがちなもの。

だけど、このワーキングマザーサロンは「わたし」を主語に話す場。
「こうありたい!」を自分の希望を絵にして、そして語ることで、
自分の根っこにあるおもいに気づいていくのです…!

ある方は「ありたい姿を描いてみるとパートナーと一緒にコーヒーを飲んでいる図だった。
いつもは自分のコーヒーだけ入れてしまうんです、もっと思いやりの気持ちを持ちたい
と自分の気持ちを素直にシェアしてくださいました。

また、パートナーシップの課題が山積みで…、と話してくださっていた方が
最後に「パートナーを教育するっていうのもなんだか変。あきらめたくない!」
と力強く発言してくださったのも印象的でした。

そして、実際のパートナーとのやりとりを話してくださったかたもいました。
ちょっとした気持ちのすれ違いが生じてしまい、なんとなく態度で示してみたけれど
お互い釈然とせず…そこで「今日はちょっと疲れていたから、少しの間だけでいいので
子どもをみてもらいたかった」と言葉にして伝えみるとパートナーも理解してくれたそう。
その丁寧にコミュニケーションをとる真摯な姿勢に、一同感動する場面もありました。

こうやっておもいを話していくことで、そしてお互いの発言に刺激をもらい、
自分でも気づかないうちに複雑に絡みあっていた気持ちがほぐされていき
サロン終了後には
「みんな同じようなことで悩んでいるんだ、と知ることで気持ちが楽になった」
「共感してもらえることがこれほどうれしいとは驚き!」
「あらためて『話すこと』が大切と実感した」
「それぞれの環境のなか試行錯誤していることがわかり、わたしもがんばろう!と思えた」
「パートナーを変えようとするのではなく相互理解して助け合っていけるよう考えたい」
「一人で抱え込まずに、時に夫や他人に甘えることも大事」

と、参加者ひとりひとりが次の新たなステップに進むヒントを掴んでいらっしゃいました!

サロンは決して誰かに答えや解決策を教えてもらう場でなく、
「母となって、はたらくこと」をテーマに、ともに考え、語りあう場。
そうすることで自分のなかにある答えに気がついていくんですね。

妊娠・出産を通して、仕事やパートナーとの関係性、
そして人生の価値観が劇的に変化するときだからこそ、
ときに立ち止まって、自分に向き合う時間・仲間と語り合う場を持つことが
自分らしく生きることにつながるのだなと思いました。

kinen.jpg
最後に記念撮影。みなさんの清々しい笑顔!!
このあとも名刺や連絡先を交換し、まだまだ話は尽きない…
ということでランチに向かわれていました☆

みなさんにとって、このサロンがなにかのきっかけになれたら、
ファシリテーターはじめサポーター一同、心からうれしく思います。

さて、今年度のサロンも残り一回、ラストサロンのご案内です!
「母となって、はたらくこと」をテーマに、一緒に考え、語りあってみませんか。

【NECワーキングマザーサロン@杉並】

●日時:11月17日(土)10:00-12:00

●会場:杉並区 永福和泉地域区民センター・第3和室(2F) 
     京王井の頭線「永福町」駅徒歩4分

●参加費:500円(資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします)

●定員:10組程度
  2012年4月21日以降に生まれた赤ちゃんはご同伴頂けます。
  2012年4月20日以前生まれの赤ちゃんは、信頼できる方に預けて単身でご参加ください。


【お問い合わせ】wms.suginami2012@gmail.com 
みなさまのご参加を杉並チーム一同、心よりお待ち申し上げます☆

(文責:原 万里子)
この記事へのコメント
コメントを書く