CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年10月30日

【WMS板橋】10/13小豆沢サロン開催報告

みなさん、こんにちは。
板橋・荒川サポーターで、マドレボニータ赤羽クラスインストラクターの
水口陽子です。
C:\fakepath\プロフィール1206.JPG

だいぶ遡りますが、10月13日に開催された板橋区小豆沢サロンをご紹介します☆
会場は都営三田線志村坂上駅からすぐの地域センターで行なわれました。

実はこちら、私がインストラクターとして初めてクラスを
開催した思い出の場所でもあります。
ここでの活動が、現在行なっている赤羽クラスや、
キタカン☆ボニータ誕生の原点といっても過言ではないほどです!


DSC_1822.JPG
そんな思い出の室内に入り、(部屋も同じ!)
「そうだった、座布団がすっごく分厚かった!」などなど、
様々な思い出がよみがえり、開始前からひとり感動していました。


1350092011886.jpg
少人数ながら、近隣の方ばかりがご参加くださったことも感激でした!

「母となって働くへの思い」を語りたい人がここにいた☆
とすごく嬉しかったです。自分の住む地域で開催したい、
とサポーターの皆さんが熱望する気持ちがやっとわかりました。
(4年も関わっていて、今ごろという感じですが^^;)

実現させてくださった、ファシリテーターのかのさんに大感謝です!!


今回の参加者は職場復帰をしたばかりの方が多かったです。
仕事と生活の両立についてパートナーとのコミュニケーションについてなど
様々な話が出てきましたが、会場が思い出深い場所だっただけに、
「現在幼子の育児と家事と仕事に奔走している」という話が、
つい昨日のことのように身近に感じられました。

その時にこのサロンがあったら!といつも考えてしまいます。
というのも、その当時は明確な答えがないテーマだけに、
何か問題が起こるたびにすごく迷って、「どうしたらいい?」と
誰かに正解を出してもらおうとしていたのですね。

確かに、スキルアップしたり、先輩の経験談を聞くによって、
日常が少し快適になったりもしたのですが、すぐにまた迷って
アドバイスを求める、そんな日々がずーっと続いていました。

その中で徐々にわかってきたのが、
「どんなにスキルなどを向上しても、自分の軸が定まっていないと
不安はなくならない。そして、これからどう働き、どう生きたいか、
夫や子どもや地域の人や職場の人とどのような関係でありたいか、
その答えは自分の中からしか出てこない」
ということだったのです。

そこに至るまで試行錯誤、紆余曲折の10年だったのですが、
もしその時にサロンに参加できていたら、もう少し早い段階で
日々の不安や負担が軽くなったのではと感じています。


DSC_1823.JPG
「母となって働く」をはじめたばかりの方も、だいぶ長い方も、
そしてこれからという方も、自分の原点回帰ができる
本当に貴重な機会、今年も残りあとわずかです!

板橋チームも、いよいよ次回の成増サロンが最後になりますので、
お近くの方はこの機会をお見逃しなく☆


(文責:WMS板橋・荒川 サポーター 水口 陽子)



=================================
◆◆NECワーキングマザーサロン@板橋◆◆

●日時:11月12日(月) 10:00-12:00
●場所:成増アクト -和室-(板橋区成増3-11-3)
 →アクセス:東武東上線成増駅 徒歩1分、有楽町線成増駅徒歩3分 
【地図】 こちらでご確認ください。

●参加費:500円(テキスト『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします)

●定員:10名
 *11月(成増サロン):お申込み頂いている人数の都合上「単身」でご参加
頂ける方のお申込みのみ受付させて頂いております。(2012年10月31日)


【お申込み】 こちらから

【お問合せ】<板橋・荒川サロン>に関するお問い合わせは↓こちらまで
WMS板橋 wms.wakuwakupro@gmail.com

==============================
この記事へのコメント
コメントを書く