CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年10月22日

【WMS東海】10/21豊田サロン開催しました!

こんにちは、WMS東海サポーターの卜部眞規子です。

10/21(日)、私の以前の住まいにほど近い豊田市で
ファシリテーター小宮山郁美さんの、5回目のWMサロンが開催!
ということでサポートに行ってまいりました。
(三重から電車で2時間半の旅^^)

当日は豊田の伝統的なお祭り、挙母(ころも)まつりも開催され
会場近くでは大きな打ち上げ花火も鳴っていました!

スクリーンショット 2012-10-21 21.04.45.png
(豊田市観光協会HPより)


そんな賑やかな日曜日、サロンには6組のかたがご参加くださいました。
リピーターのかたも2組いらっしゃいましたが、
ほとんどの皆さんが初対面。ということで最初は少し緊張モード。

IMG_1341.jpg

「母となってはたらく」を語るサロンでも、
いきなり出会ったばかりの初対面の人に、自分のありのままを話すって
誰でも緊張してうまくできないもの。

それ以前に、育児中心の生活では、自分の思いを言葉にする機会も少なく
産前と違って思ったように言葉が出ない・・・という経験がある人も多いのでは。

だから、短時間で自分を客観的に見ることの出来る、
そして相手のことを深く知ることのできるコミュニケーションワークを用い、
まずはお隣のかたと話をし、それから全員で、というように
徐々にアイスブレイキングしていきます。

IMG_1347.jpg

今回参加してくださったのは、育休中&仕事復帰したての皆さん&妊娠中のかた。
序盤の10秒自己紹介のときには
「ブレブレな自分がいるので、それを整理したい」
という発言に、ぶんぶんうなずいていらっしゃいました。

皆さん何にブレているのか?
話を聞いていくと・・

「子どもが生まれて本当に幸せ。可愛くて、離れるのが嫌。寂しい」
「でも会社には戻らなければならない。子ども可愛い♪のテンションでは戻れない。
 会社では仕事の顔しか見せられない。」
「でもそれって子どもを束縛しているってことかな・・・」


子どもと離れることに対する心配、寂しさと
仕事もしっかりしなければ、席がなくなるのでは・・という不安。


子どもと離れる寂しさの影には、何があるんだろう?
どうして不安になるんだろう?
母の顔を仕事で出してはいけないというのは、何故だろう?

IMG_1353.jpg

さらに迫っていくと・・・
実は子育てに関する多くや、こうした悩みを、
母である自分ひとりで抱え込んでいるのではないか?

との意見が。

「周りがこう言う・思うんじゃないか?」
という、まだ実際には起こっていないけれど、不確かな何かに
時に翻弄されてしまう私たち。

それぞれが抱え込んでしまって苦しくなっている今、どうすることが
その状況を変える一歩になるのか?

「その不安を一人で抱えずに、もっと甘えてみよう」
「夫婦間でもっと話をしてみよう」
「夫は忙しくて頼れないから・・ではなく、例えばより子育てしやすい
 環境を一緒に用意する、というのは夫婦協力してできることでは」


各々から紡ぎ出された言葉に、また新たな扉への鍵をもらった皆さんからは、
次々と心の中の思いが溢れ出しました。

参加者の皆さん、普段から本当に頑張りやさんなので、
つい自分の気合だけで「がんばっちゃおう!」と思ってしまっていたのかも。
たとえば、「がんばる」って具体的にはどうすることだろう?
自分だけじゃなくて、夫婦で、家族で、周りの人と、「がんばれる」ことはある?

・・まだまだ色々と考えていきたい、話したい!というところでしたが、
名残惜しくもタイムアップ。

IMG_1354.jpg

サロン終了後も、連絡先を交換しつつ、積もる話に花が咲く皆さん。

初対面でたった2時間を一緒に過ごしただけなのだけど、
「自分」をさらけ出して話せる場だったからこそ、
あっという間に仲良くなれるのですね。
早速、次回のサロンへもリピートしたい!とのお声が^^

〜〜〜〜
全体でのシェアリングの時間では、堰を切ったように思いが溢れ出し、
でもそれを受け止めてくれる存在、場があったことで
本当に清々しい笑顔で帰っていかれた姿が印象的でした。

子どもが産まれて、子どもの生活リズムにあわせる生活の中、
「自分」の人生を生きるというのはどういうことか?
いろんな欲望や思いはあるけれど、それをやりたいと思うこと自体が
子どもにとって“悪い”のでは・・・という漠然とした不安があったり。

出産後の生活には、それを考える・話す場すらない・・・
いや、その必要性があることすら気づかずに過ごしていたかもしれない、
と自分の産後を思い出していました。

ファシリテーターの小宮山いくちゃんが終了後に言っていましたが
「リピーターのかたの、前回からの変化に圧巻!」と。
きっと最初にサロンに参加されてから、自問自答したり、
ご家族と会話されるなかで、どんどん「母となってはたらく」
掘り下げていかれたんではないかな?と^^

そう、サロンはたった2時間、この場はきっかけにすぎない。
多種多様な価値観に触れ、自分が揺さぶられた話には
きっとこれからの生き方を考えるヒントが満載だし、
思わず出た自分の発言から、新たに自分を見つめ直すことができたり。

今年度のNECワーキングマザーサロンも11月が最終月となります。
(来年の開催まで間があいてしまいます!)
ぜひ、語りに、自分を見つめに、また仲間と出会いに来て下さい。

今年度のWMS東海でのサロンは残り3回!
ラストの豊田サロンも、残席僅少となっています。

<WMS東海共催のサロン>
・11/17(土) 1400-1600 ウィルあいち  【満席となりました】
・11/21(水) 1030-1230 とよた市民活動センター
・11/下旬  三重県四日市市(予定)
←近日詳細をお伝えします

お申込はコチラからどうぞ。

近くの、遠くのご友人にもぜひお薦めください^^
新たな出会いを心より楽しみにしています!

(文責:WMS東海サポーター 卜部眞規子)
この記事へのコメント
コメントを書く