CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«2012年度オフィシャル・サポーター紹介【東北〜関東】 | Main | 2012年度オフィシャル・サポーター紹介【東京A】»
プロフィール

WMSプロジェクトさんの画像
WMSプロジェクト
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
リンク集
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/wms/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/wms/index2_0.xml
2012年度オフィシャル・サポーターのご紹介【東京都@】 [2012年05月25日(Fri)]
東京23区内の開催、今期は少ないですが熱いメンバーが揃っています!
昨年に引き続き開催の北区チーム練馬・豊島チーム杉並区チーム
1年あけて復活した板橋区チームのご紹介です!

P1050624.jpg

***北区チーム***
●石田 その
仕事に育児にと目まぐるしい日々を過ごしているため、日々のことを
じっくり振り返る余裕もないまま上の子は小学生になっていました。
このままでは自分がどうありたいのかもわからないまま老後を迎えてしまいそう…。
そんな焦りもあり去年一昨年とサロンに参加したのですが、そこでは初対面の
メンバーでありながら人生や仕事やパートナーシップについてごく自然に語り合える
仕掛けに富んでおり、まずそこに非常に興味津々!でした。

そんな仕掛け満載なサロンの内部に関わってみたいという探究心と、
また自分含むはたらく母親たちが語り合える場を増やしていくことは今の世代は勿論、
次の世代にも続く支援になるのではないかと考え、
今回サポーターにチャレンジしてみることを決意しました。


●蟹谷 有加
働く母として、色々な悩みを抱え育児をしてきました。現在も育児真っ只中ですが、
サロンを通じて多くのワーキングマザーと
母として女性としての生き方をシェアしていけたらて思います。


●河島 純子
地元・北区でのサロンを応援するべく、今年度初めてサポーターとして
活動させていただきます!かくいう私もワーキングマザー歴4年目に突入しましたが、
仕事、ライフスタイル、パートナーetc、まだまだネタは尽きません。
「想いを言葉にする」ことがどちらかというと苦手なので、
サロンで紡がれるたくさんの言葉に出会えると思うと今からとても楽しみです。


●清水 志保
去年、一昨年とサポーターとしてNECワーキングマザーサロンに関わらせていただき、
働くこと、母であることを考える機会を持つことができました。
今年もみなさんとつくる新しいサロンのお手伝いをしたいと考えています。


●鈴木 香織
一昨年育休中にサロンに参加し、今度は運営側にも携わってみたいと思い、
昨年はサポーターとして活動に参加しました。半年間の活動を通して、
思いをわかちあえる仲間と出会い刺激を沢山もらったこと、そして、今後の自分の働き方や
やりたいことの方向性をじっくり考えることが出来たことが大きな収穫でした。
今年もサポーターとしてチームでサロンを作り上げていくプロセスに参加し、
より多くの方にサロンの魅力を広めていきたいと思い応募しました。


●鈴木 美穂
昨年、赤羽・さいたまファシリテーターを務めました鈴木美穂(よねこ)です。
サロンを開催していく中で、たくさんの想いに触れたこと、ファシリテーター仲間や
マドレボニータの皆さん、NEC竹内さんと話した事、本当にいい経験をしたな、と今も
思います。サロンに参加した方と再会した時や、メールなどで、
「あの時から、ずっと自分の事について、仕事について、考え始めている」という言葉を
もらう事があります。

私もそうでしたが、サロンの素晴らしいところは、そんな”きっかけ”になれるところ
だと思います。また今年も、自分がサポートできる地域で開催できる事がうれしい。
これまでの経験を活かして、精一杯サポートしていきたいです!


●内藤 純子
専業主婦、ワーキングマザーに関わらず、母となった人にとって、仕事、人生、
パートナーシップは、大切なテーマ。語る場所、語る仲間の存在は、そんな母たちにとって
なくてはならないものだと、サロンに参加し私自身が感じました。
今年は、微力ながらも、サポーターとして関わらせていただき、さらにたくさんの
母たちへのエンパワーメントへ繋がったらいいなぁと思っています。
そして、この活動を通じて、同じ思いを持つ仲間との出会いを通じ、自分自身も
楽しく成長していきたいと思っています。


●林 理恵
2年前、ワーキングマザーサロンに参加したことがきっかけで、楽しくそして本気で
ワーキングマザーサロンをはじめとするマドレの活動に共感し、それを広めたいという
仲間に出会うことができました。昨年は、さいたまチームにサポーターとして参加。
サロンの良さはリピートしてこそわかると実感しました。
そして、今年はさいたまチームのメンバーを中心にキタカンボニータというチームを
結成したので、このチームでサロンを盛り上げていきたいと思っています。


●細川 朋美
昨年、サロンに参加させてもらい、自分が思っているもやもやがすっきりしたこと、
そして同じ思いの人があつまりつながっていく場に出会えて、とても有意義な時間を
過ごすことができました。同じようにもやもやしている人たちに会い、話を聞くことで
自分も成長できたらいいなあと思い応募させてもらいました。



***板橋区チーム***
●荒木 智子
2年間ファシリテーターをして、このプロジェクトの魅力、必要性を
身をもって感じている一人です。今年も、と思っていたのですが、環境整備が整えきれず
今年はサポーターとして参画したいと思います。ファシとはまた違う立場で、
このプロジェクトをより広く拡散していけたらと思います。


●江口 佳織
復職後の生活に慣れると、「はたらく」「パートナーシップ」などのことは、
考えなくても何とかなってしまうんだな、といま感じています。そして、そこを敢えて、
ちょっとめんどくさいと思っても、振り返り、語る機会を持たなければいけないんだ!とも。
今年もたくさんの魅力的な女性たちと、アツク語り合えるのを楽しみにしています!


●大平 朝子
2010年度に板橋と赤羽でファシリテーターをさせていただきました。板橋サロン開催の際には
集客に苦労し、開催を断念しようと思ったことが何回もありました。
そんなとき、宇佐美さんが板橋の子育て支援団体等に対して精力的にチラシ設置依頼等を
はたらきかけてくれたおかげで、サロン参加申込してくれる方がでてきて、板橋でサロンを
開催し続けることができました。

今回、その宇佐美さんがファシリテーターとして、板橋の地でサロンを開催します。
告知・集客等々、あらゆる面で、宇佐美さんをサポートして、板橋サロンを再び開催し
板橋の地にWMSが根付いてくれたら、何よりも嬉しいです。


●水口 陽子
第1期ファシリテーターとして活動してから4年目となる今年度も、このプロジェクトが
行われること、参画しながらその様子を間近で見られることが、とてもとても嬉しいです!
今年も活動を通して、たくさんの「子育てしながら働く」への思いに触れ、刺激を
あたえあうことを楽しみにしています^^ぜひ興味のあるサロン・ファシリテータのところへ
足を運び、語り合いましょう☆



P1050614.jpg

***練馬・豊島チーム***
●加藤 由美
3人の子どもの母です。サロンのテーマである「母となって,働くこと」に
日々悩み続けて約10年。そういう意味では,「母となって,働くこと」については
ベテランの域に達していなければならないのですが,いまだに悩みはつきません。
今回,サポーターとしてサロンに参加することで,改めて「母となって,働くこと」について
考え,参加者の皆様といろいろな思いを共有できればと思っています。


●上代 みゆき
私がサロンに参加したのは、職場復帰直後で「仕事も家事も育児も何もかも中途半端・・・
これでいいの?」ともやもやした気持ちでいっぱいの時でした。
サロンに参加し、自分の気持ちを話し、みなさんのお話を聴くことによって、
気持ちを整理することができました。
サロンは「現在働いている、いない」を問わず、どんな立場の人でも安心して
語り合える場です。もやもやとした気持ちを抱えている人に、ぜひおすすめしたいです。


●副島 宏子
現在フリーの日本語教師をしております。
第二子を出産して、今まで仕事一辺倒だった頭に、初めて「子供達と一緒にいたい」
という思いに駆られました。それでも働いていたい、では自分はどうして働きたいんだろう...
と悶々とする中、産後クラスに通い、出会った志高いWM達。その出会いから、
より多くの方の「働く」「母」「女性」「人生」などについて話を伺いたい、
そして学ばせていただきたいと思い、今回応募いたしました。


●竹下 浩美
産後セルフケアインストラクターとして活動&サロン事務局もしています。
今年度、サポーターになりたい!と思ったのは、ファシの野本さんをはじめ
練馬チームメンバーを見て「この人達とサロンをつくりたい!」と思ったかったから。
地元での活動、沢山の方との出会いを楽しみにしています!


●野上 文子
私自身WMSに参加して気持ちが前向きになることを実感し、また参加したい・・・
それなら思い切ってサポーターとして関わってみようと思って応募しました。
沢山の方々との出会いを通して、自分と向き合い、母となって働く意味を
一緒に考えていけたらいいなと思っています。


●三門 久美子
夫、娘(5歳)、息子(2歳)の4人家族です。仕事は介護職(非常勤)をしています。
昨年中央区サポーターとして参加し、率直やって本当に良かったと思いました。
ファシリ、サポーター仲間で深いつながりが出来た事。現在でも自分の住む地域やFB上でも
お互いの近況が知れたり仲間意識が持てたこと。サロンで定期的にシェアリング等の機会が
持てその都度自分自身の気持ちの整理が出来たり、それが家庭、仕事、自分をとりまく
近辺の事等に活かせたことなど挙げたらキリがありません。

勿論今年度は普通にサロンに参加型も有りかなとも思いましたが、さらに深く関わっていきたい
気持ちを大事に今年も何かお手伝い出来たらと思い応募しました。



***WMS杉並区***
●兒玉 尚子
福岡出身、上京12年目です。好きな四字熟語は「博多美人」です。
これから10年自分がどう働いていくか、そしてその先にある子どもたちが育っていく
10年後20年後の社会が少しでも健やかなものとなるよう、皆さんとお話ができたらと
思っています。東京で子育てしやすいコミュニティを皆さんで作っていきたいです。


●白石 あすか
昨年、ファシリテーターを経験し、このプロジェクトの魅力を再確認しました。
今年もまたあの熱い場が繰り広げられること、想像するだけで楽しみ!
杉並チームの一員としてサロンを盛り上げていきたいです!


●原 万里子
マドレ事務局スタッフとしてサロンには関わってきたものの、妊娠出産のタイミングと
重なりガッツリ参画するのは今回が初めて。ファシリテーターやサポーターのみなさんと共に
知恵を出し合いながら迷いながら楽しみながら、取り組んでいければと思います。


●向井 千文
産前は出産しても働くぞ〜と張り切っていましたが、いざはじめると
毎日日々のことに追われて「本当に仕事と育児を両立することがいいことなのか。。。」と
悩みつつ毎日仕事をしています。この機会にみなさんといっしょに
「母となってもはたらく」ことをあらためて考えたいと思います。


●宮下 ひかり
私は勤めていた地方放送局を妊娠中に退職しました。仕事が多忙だったことの反動で
「子どもが3歳になるまでは子育てに専念して…」とお決まりの台詞を連発。産後も
「アロマや食育の勉強をしようかな」と夢見がちでした。サロンはそんな私の目を覚まし、
”母となった自分がどう生きたいのか”を見つめ直すきっかけを与えてくれました。
サポーターとしての参画は今年で2年め。ひとりでも多くの方に参加していただけるよう、
お手伝いしていきたいとおもいます。


●吉田 沙枝
2歳の息子と7ヶ月の娘がいます。現在は専業主婦ですが、今後後地域との関わりや
人との関わりを持ちながら、自分はどんな形で働きたいのかを考えていきたいと
思っています。サロンを通して、自分自身と向き合いながら、地域のメンバーとの
交流も楽しみにしています。



【東京A】では、西東京チームと小平チームのメンバーをご紹介します!

(文責:ワーキングマザーサロン事務局・竹下浩美)
コメントする
コメント