CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年10月27日

10月22日(土)東村山サロン開催☆

はじめまして、WMS@東村山サポーターの一ノ関です。
現在産後2年、「地域の母に貢献☆」を自分の産後のテーマに、
2011年度はNECワーキングマザーサロンのサポーターをしています。
では、10月22日(土)のWMS@東村山についてレポートいたします!



この日のファシリテーターは東村山市在住のおがきょんさんこと小川恭子さん。
おがきょんさん、お姿だけではなく声も美しいお方です♪



おがきょんさんの他に参加者6名、サポーター3名、そして赤ちゃん2名が合いの手を
打ち、にぎやかなサロンとなりましたクローバー

はじめにファシリテーターからの始まりの挨拶、そしてファシリテーターがサロンへの想いを語ります。

私は、今回でおがきょんさんのサロンのサポートが3回目ですが、サロンのたびにおがきょんさん自身の「働くこと」「母であること」への気持ちがどんどん掘り下げられていって
いるのを感じました。
私もサポーターとしての役割を越え、一人の働く母として、サロンで気付かされる事はとても多いです。

その後、参加者の方の自己紹介。
「エルゴの新色の話もいいけど(笑)、大人として話がしたくて」
「育休中なので、復帰を見据えて」
など、それぞれ「働くこと」への想いを語ります。

後半のシェアリングでは、キーワードとして「不安」と「自分軸」という言葉が
あがりました。



自分の軸が見えていないと、これからどうすれば良いのか不安になってしまう。
不安になって色々調べようとすると、情報の津波に飲み込まれてしまい
ますます不安になる。。。(私も産後、そうでした!)
そんな時、一番心強いのはやっぱり人と会って話すこと。
今回のサロンでも、
自分がどうしたいか、軸はすぐに見つからなくても、
自分は本当は何に不安を感じているのか
気付きを得た方が何人もいらしゃったようです(^^)

仕事はしたいけれど家族も大事にしたい。自分も大事にしたい。
現在働いている、働いていない、育休中、状況は違うけれど母となった
私達の想いはみんな同じ。。
そんなことをみんなで感じながら今回のサロンはお開きとなりました。

そして最後に、「今日のサロンを通して持ち帰りたい言葉」を
付箋に書き留めてお持ち帰り。皆さん、それぞれどんな言葉を持ち帰ったのでしょうか。
ちなみに私は・・・
「軸は1本じゃなくてもいいのかも?!」
でした!

皆さん、この度はありがとうございました!!
サロン後は皆さん、美しい笑顔♪