CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年10月22日

10/17沖縄サロン@北谷開催!!

こんにちは!沖縄サロン、サポーターの
伊禮貴子(いれいたかこ)です。

最近は、肌寒かったり、かと思えば
急に夏日のように暑くなったり。。。
体調管理が難しい時期ですね。

先日の日曜日は、急に戻った夏日の中で、
思いっきり海遊びを楽しんできましたー。
これぞ、沖縄の特権泳ぐ



さて、少し遡りますが、、、
10月17日(月)、沖縄県の北谷町にて
「NECワーキングマザーサロン」が開催されました。



ファシリテーターは、「なおぽん」こと神谷直美さん。



Good&Newや自己紹介をした後は、
軽くストレッチをして、お待ちかねのシェアリングへ。。。


全体シェアリングでは、前半、
パートナーシップの話で持ちきりでした。

女性は、約40週間の妊娠期間を経て、
少しずつ母親として自覚も出てくるけど、
男性は、本人が妊娠するわけではないから、
父としての自覚が芽生えにくい。

仕事以外にも趣味が多い夫が、
産後に変わってくれるか不安という妊婦さんが
いらっしゃいました。

そこで先輩母たち、苦笑い。。。

やはり、妊娠期間中から、自分の想いや不安を、
しつこいくらいに伝えていかないと、
パートナーには、分かってもらえない。


この日のサロンは、カメラ担当だったので、
参加せずに、後ろでみなさんのお話を聞きながら、
先日観たドキュメント映画での、産婦人科医の先生の
お話を思いだしました。

「女性は、妊娠中の、身体や心の変化を
パートナーに伝え続けていくことが大切。
そうすることで、男性も少しずつ父親になる
自覚が出てくる。」

というような内容のお話でした。

ましてや、母となってからも働いていくには、
こういったコミュニケーションを妊娠中から
とり続けていくことが、絶対に不可欠だと
感じました。

長男の産後は、専業主婦として過ごし、
長女の産後にマドレボニータに出逢って、
産後セルフケアインストラクターという仕事を持った私。

妊娠中から、仕事復帰を見据えて過ごすなんて、
微塵も考えずに過ごしてきました。

3人目を授かる機会があったら、
「夢見る妊婦さん」としてだけで過ごすのではなく、
パートナーと産後のこと、仕事復帰のこと、
たくさんたくさん話して過ごそうと心に決めました!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年度、初めて沖縄で開催されるようになった
このサロン。

「母となって、はたらく。」についても、
いろいろな角度からのお話を聞けて、
毎回、たくさんの刺激と学びを
受けています。


そんなサロンの開催も、残りあと僅か!!

現在、開催が確定しているのは、
11月26日(土) 10時〜
那覇市「てぃるる」にて。


こちら、残席も僅かとなっています。
詳細・お申込みは、コチラから。


11月前半にも、あと一回開催を検討中です。
この件に関しては、決まり次第、
またご報告いたしますクローバー
どうぞ、お楽しみに☆