CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年08月17日

WMS杉並開催報告 8/8(月)下高井戸“りらく洞ゆうな”

こんにちは!WMS杉並オフィシャルサポーターの佐藤孝子です☆

8月8日(月)に開催されましたWMS杉並サロン@下高井戸!のご報告をします。

今期のWMS杉並のオフィシャルサポーターであり、第1期ファシリテーター
第2期WMS世田谷サポーターのWMSの活動に欠かせないさっちぃこと、中島佐知子さんの
ご友人が経営されている“りらく洞ゆうな” アジアンな雰囲気の中、
熱い語らいが繰り広げられました!!


マドレボニータ認定インストラクター
白石あすかファシリテーターの笑顔と
Good&Newのワークで参加者の皆さんの表情がほぐれました

今回のサロンは参加者10名、赤ちゃん5名、サポーター3名と大人数だったので、
雰囲気が和むというのはとても大切なことでした





全体シェアリングでは
「日々子育てが大変、忙しいということよりも、今の仕事で本当によいのだろうか。
という部分が整理できていないから悩んでしまうのだと感じた。」

「人生を歩んでいく中で、望まない道を提示されることもある。
自分はそれが嫌で仕事をやめたこともあった。大事なのは自分がどうしたいか。だと思う。
自分を大切にしないといけない」

「母、妻、娘、、、どんな立場でも自分が満足できていないと,
どうして私ばっかり!?という想いができてしまう。それを敏感に感じ取るのは子ども。
だから自分の気持ちを大切にしたいし、子どものためにも母としての自分を大事にしたい」

「会社員をしていた頃、毎朝叱りながら子どもにご飯を食べさせ、
保育園に連れて行っていた。そのバタバタを夫に指摘され、考えて、
自分が何を大切にしたかったかに改めて気付いた。
自分が大事にしたかったのは“家族で食事をする時間”だった。」

シェアリング冒頭から
“働く”の本質について考えたという声
“働きかた”は自分がどうありたいのかという視点で考えるという声
まさにこのサロンの意義と結びつくご意見が続出!

短い時間でも、このサロンを有意義に過ごしたいという熱い想い
母としての行動力・瞬発力に感動しました



「今、パートナーとケンカ中です!」とリアルな声をお届けして下さった参加者の方
一歩間違うとパートナーに対する悪口にもなりかねない話題ですが
なぜケンカに至ったのか、どうしたら良いのかを初対面の方々を前に建設的に発言
これもまた、自分がどうありたいのかと通ずるもの
育休中の時間が無駄に思えてしまうというフラストレーションを他の参加者の方々からの
意見をもとに、見つめなおすことができたことも大きな収穫だったようです
自分だけ、家族の中だけでは煮詰まってしまう話題も語らう場があることで
本当に助けられます

私も先月のサロン前は煮詰まっていて、サロンで助けられましたー(笑)


今、この時間をどう過ごすのか、過ごしている時間の意味をどう捉えるのかで
人生の豊かさが変わりますよね
結果が同じでも、気持ち、考え方で大きく変わるのだと再確認のサロンでした



妊娠中にご参加下さった方からは、産休・育休にむけての準備についてのご質問があり
経験者の皆さんからアドバイス続出でした
妊娠中から、漠然とした不安を具体化して、
パートナーとコミュニケーションをとっておくという事はとても大切なことですよね
妊娠中にサロンに参加すること、本当にオススメです!!

こうして振り返っても、まだまだまとめ切れない(←文章力のなさという噂もありますが〜)
それだけ、内容が濃くボリュームがあるということです・・・





2時間というサロンで得た気づきを持ち帰り、また深めることができるのもWMSの魅力
この充実感を味わいたいという方、ぜひご参加ください
第1回目、第2回目の参加者の皆さま、また語らいたくなったら、リピート参加して下さいね

クローバー皆さまのご参加、心よりお待ちしております!!!クローバー