CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年07月29日

7/23(土)@文京サロン、開催しました!

みなさん、こんにちは。
文京チームサポーターの鈴木香織です。

7/23(土)に第3回目のNECワーキングマザーサロン文京が開催されました。

会場は、文京区男女平等センターの和室。畳のお部屋でゆったりくつろぎながらのサロンとなりました。
この日はさほど暑くなく、窓からの風が心地よかったです。クローバー

サロンには、8名の大人と3名の赤ちゃん、そして2名のサポーターが参加。
育休中の方、仕事と育児の両立生活を送っている方、妊娠を機に退職したが再就職を目指している方、これから子どもを考えている方…と今回も多様な面々が集まりました。



まずは、10秒自己紹介に続いて、最初のワーク『Good&New』でウォーミングアップ。力こぶ

次いで、本日の本題「母となってはたらく」を考え、語りあうプログラムです。

「人生」「仕事」「パートナーシップ」の3つの切り口からひとつを選び、2人組でペアになって話していきます。みなさんすっかり打ち解け、どのペアも話が盛り上がっていました。まる

このあとは全体シェアリングへ。
2人組でシェアリングをやってみて感じたことや気づいたこと、そして「母となってはたらく」について思うことをみんなで分かち合いました。

シェアリングでの話の一部をご紹介します。


◆パートナーシップについて◆

・出産後、それまで気づかなかった夫との価値観の違いを顕著に感じるように。違った考えを持った身近な人(パートナー)をどうやって受け入れていくかが大きな課題。

・“パートナーシップ”は大変だけれども、コミュニケーションをしっかりとっていくことが大事だと思う。

・産後に夫とのコミュニケーションの難しさがなぜ浮き彫りになるのかというと、お互いの生まれ育ってきた家庭の価値観が異なっていて、子どもが生まれることでそれが無意識のうちに出てくるからでは。

子どもと向き合うことで自分自身も変わってきている。夫とつきあっていた頃の自分とは明らかに違っている。

・女性と違って男性は父としての自覚をなかなか持ちづらい。でも夫自身も変わりたいと思っているのでは。


◆仕事復帰への不安、産後の働き方について◆

・妊娠を機に退職し、再就職を目指しているが不安を感じている。仕事復帰を控えている人に対してコンプレックスがあったが、今日話してみて、育休中の人も不安なんだということがわかった。

・夫は育児に熱心で、職場も理解があり環境は整っているが、仕事に対する自分のモチベーションを維持するのが難しい。せっかく子どもを預けて仕事をするのだから、それなりにやりがいをもって臨みたいと思っているが…。

・子どもがいてさらに働く意義は何かを改めて考えたとき、自分にとって仕事は自己の再表現の場であると気づいた。

・自分は仕事人間だと思っていたが、子どもが生まれてから価値観が大きく変わった。仕事が一番ではなく、人生の中の選択肢の一つという位置づけに変わった。仕事が一番という、以前の自分とは価値観が変わった今、どういうテンションで仕事に戻っていったらよいのか戸惑いもある。

・子どもが生まれる前と後では価値観や優先順位が変わるのはある意味当然ではないかと思う。母となった自分、変化した自分を自然に受け入れていけばよいのでは。新しい着地点は人それぞれ。働き方が変わる自分に負い目を感じる必要はない。自分自身が納得して新しい着地点を見つけていけばいいのでは。

・仕事へのモチベーションは産休前から少し下がっていたが、育休中に職場に行き、やっぱり自分はここで働きたいと思った。自分が楽しいと思う場所で、自分がやりたいと思うことをやればいいのではないか。

・ポジティブなこともネガティブなことも含めて、産後は新しい自分との出会いの機会。

・これまで自分の気持ちを見て見ぬふりをしてきた。まずは自分がどう感じるかを大事にしてもいいのではないかと思った。


◆職場でのコミュニケーションについて◆

・職場は理解のある方だが、自分なりに工夫もしてできるだけ周りに迷惑をかけないようにしている。(いつ何時休んでも困らないよう、業務を共有できる環境を整える、仕事を一週間前倒しで進めるなど。)このようにできるのも周りの協力があってこそ。周りの方への感謝の気持ちを常に忘れず、「ありがとう」と言葉に出して伝えている。

・産後も出産前と仕事量は変わらない職場のため、ワーキングマザーの同僚たちは定時で上がっても仕事を持ち帰って深夜に自宅で仕事をしている状況。無理をして働くのではなく、キャパシティオーバーである旨を「声」として会社にあげていくことも大事。

・「何が大変なのか」をきちんと会社に伝える。後に続く人のためにも自分が働きやすい職場づくりのパイオニアに。



最後に、「今日自分へ持って帰りたいひとこと」をみなさんに記入してもらい、全員でシェアしました。

とても印象的だったのが、おひとりおひとりが他の方の発言から触発されたりヒントをもらったりして得た気づきを自らの言葉で語っていたこと。そして、それをこの場でみんなで分かち合うことができ、これってまさにワーキングマザーサロンの醍醐味だな〜と話を聞いていた私自身も胸が熱くなりました。キラキラ



今回のサロンで活躍したアイテムがこのホワイトボード。
全体シェアリングでの皆さんの発言をサポーターが書き留めていったのですが、このように可視化することで話の流れもわかりやすく、みんなで今この話題を共有しているという場の一体感にもつながっていたような気がします。


最後にパチリと記念撮影。カメラ
ご参加いただいたみなさま、どうもありがとうございました!!



すいか8月・9月の文京サロンの予定すいか

●8/20(土)10:00-12:00


会  場:牛込箪笥地域センター

アクセス:都営大江戸線「牛込神楽坂」駅 徒歩0分
      東京メトロ東西線「神楽坂」駅 徒歩10分
      都営バス(橋63)「牛込北町」バス停 徒歩2分

赤ちゃん誕生日が2011年1月22日以降の赤ちゃんは同伴可!

クローバー牛込神楽坂駅のすぐ上!駅にはエレベーターもあります!


●9/10(土) 10:00-12:00

会場:八千代助産院(東京都助産師会館2F)

アクセス:東京メトロ有楽町線「護国寺」駅 徒歩4分
       都営バス(上58) 「音羽2丁目」バス停 徒歩3分

赤ちゃん誕生日が2011年2月12日以降の赤ちゃんは同伴可!

クローバー護国寺駅にはエレベーターがあります!
クローバー助産院の一室で行います!未妊の方!2人目の出産を助産院でお考えの方!
  助産院の中が見られるめったにない機会ですよ〜。

料理各日ともサロン後にランチ交流会を予定しています。
  いずれも会場近くで1時間程度です。お時間のある方はぜひご参加ください!

⇒お申し込みはコチラから!
⇒〔問合先〕WMS文京 wms2011bunkyo@gmail.com


(文責:鈴木香織)