CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年07月04日

【WMS品川】第1回開催レポート☆

こんにちは。
ワーキングマザーサロン(WMS)品川のサポーター東 麻吏です。
産後1年2カ月。今まで、妊娠中から、サロンには参加者として数回お邪魔してました。


さて。
去る7月3日(日)に記念すべき第1回のWMS品川が開催されました。


会場は近所なので、早めに行こうといそいそと出かけたら、すでにファシリテーター高橋葉子さんがほとんど会場セッティングを終えられているところでした。準備の早さにびっくり。

高橋葉子さんは、マドレボニータの産後ケアインストラクターであり、このWMSプロジェクトのリーダーで、昨年までのWMSでは、ファシリテーター達のサポートをしていた方。
いわば、ファシリテーターの“親分”であります。
そんな「海千山千」な方だから、余裕シャクシャクでサロンに臨むんだろうな〜って思ったら、かなり緊張していたとか…!
なんと心を落ち着かせるために、早めに会場入りしたらしいです。
見た目はスムーズな流れも、段取りを書いたフリップの裏に、
「忘れちゃいけないこと」付箋を貼っていたり…。
人知れず、初々しいファシリテーターでありました。


そんなファシリテーターの緊張をよそに笑い、今回のサロンは和やか〜な雰囲気で行われました。

参加者は5名+サポーター3名。
今回は育休の方1名(+4カ月のかわいい赤ちゃん同伴→参加者みんな癒されました…)の他、職場復帰をしている方、2人目妊娠中の方などが参加されました。

ワークでは「テーマ」と「時間」が決まっているのが、逆にやりやすいなどの声が。「絞り出す」こともあったけれど、「だからこそ出てくるものがある」との意見もありました。

全体シェアリングでは、「母として働くこと」から、一歩踏み込んで、「やりがいある仕事をすること」と「母でいること」のバランスの話題が出ました。

私自身、「やりがいのある仕事をバリバリやる自分」と「母としての自分」の間で揺らぎに揺らぎます。
参加者の皆さんの話を聞いて、どこに重きの置くのか?という自分自身の優先順位が何かを見極めることが大切なのかなと、感じました。
(すんなり優先順位がつけられないのが悩ましところですが)

さらに、3.11以後には、個々人が自分の中でどういうライフスタイルを選びとるのかがより明確化しているのではないかとの意見もありました。


そして、今回のサロンで興味深かったのは、
お子さんの年齢が、乳児から中学生までと、幅が大きかったこと。

その時々の「働く母」ステージにいる人がいたので、
「私も1年前に同じことを思っていました」
「子どもが大きくなったら、状況も変わっていきますか?」など、
子育て+仕事の「過去」「現在」「未来」が交錯する語り場となりました。

子どもの母親として、出会うのは子どもの年齢が近しい人が多くなりがち。「横」の広がりを感じつつ、「現在」の共感・分かち合いをしていく機会は得やすいのですが、「この先どうなっていくんだろう?」と不安に思うこともあります。

しかし、今回のサロンでは、違う子育てステージの方々と「母として働く」ことを軸に話し合うことで、「縦」の広がりを感じられました。

お互いの「現在」の想い、悩み、課題をシェアすることで、「ちょっと前はこうだったなあ」「この先はこういうことがあるんだ」と、子育て・仕事・家族にかかわる自分の「母スタイル」の道すじが少し見えてきたように感じたサロンでした。


また、印象的だったのは「安心して語ることができた」という参加者の感想。
思えば、初対面で短時間で、これだけ各々のコアに触れるような話ができるのも「そういう場」であることの前提、さらに決まったワークでの「絞り出し(いい意味で)」があるからこそ。

そして、「このお話はここだけで心にとどめておきましょう」というルールのおかげで、「安心して語れる」場をつくれたのではないかと思います。


さらに、今後はブラッシュアップをして、サロンを盛り上げていきたいと思います。

次回のWMS品川8月21日(日)です!

文責:東 麻吏

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NECワーキングマザーサロン品川 第1回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日程】 8月21日(日)10:00〜12:00

【会場】 荏原ほっとサロン (荏原4‐12‐20)
(アクセス:東急目黒線・武蔵小山駅から徒歩10分)


【定員】 10組 (生後210日まで※の赤ちゃんは一緒にご参加いただけます)
           ※今回は、1月23日以降生まれ※

【対象】 育児休職中の方、いずれ再就職を考えている方、ワーキングマザー、学生さんなど、
     「母となってはたらく」ことについて考えたい女性なら、どなたでも!
     (もちろん、未妊・未婚の方も歓迎です)

【参加費】 500円 (資料として、『マドレ式ワーキングマザーの教科書』(A5版/全80頁)をお渡しします。

【内容】 コミュニケーション・ワークを活用しながら、「母となってはたらく」をテーマに
     みんなで考え・語りあうワークショップ。(約120分)



【お申し込み方法】 こちらの専用フォームからお申し込みください★
              折り返し、詳細ご案内をメールにてお送りいたします!

【お問い合わせ】 《WMS品川》担当・高橋
ご質問や、万が一、お申し込み後にご案内メールが届かない場合には、
上記まで問い合わせ先まで、メールでご一報くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━