CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年10月30日

※満席※【荒川・足立】11/25(日)第6回サロン開催のご案内(@町屋)

※11/15追記 おかげさまでこちらのサロンは満席となりました。
ありがとうございます。
---------------------------------------------------------------------------

こんにちは!


NECワーキングマザーサロン(以下サロン)荒川・足立チーム運営メンバーの矢部いづみです。


wmsarakawaadachi1.jpg


(チームのキックオフの時の写真。一番左が私です。)


チームの紹介はこちらるんるん



11月25日開催の第6回サロンのお話の前に少し私が感じているサロンについてお話させてください。



〜私が感じるサロン〜



サロンに参加する前(運営に携わるようになる前)、私はサロンは悩みを解決する場だと思っていました。


でも、回数を重ねていくうち少し違ったイメージを持つようになりました。



サロンにはいろいろな人が来る。


必ずしも悩みがあるわけではないし、サロンで解決できるわけでもない。


コップの中に入れた水が、サロン参加者だとすると、私たち運営メンバーはその中に小石を投げる。


投げ入れた小石でできる波は大きくなるかもしれないし、ならないかもしれない。


その小石でコップから水があふれるかもしれない・・・。




参加者にとってサロンに来る目的は、人それぞれで、参加者の皆さんが何かを考えるきっかけだったり、


ヒントだったりが得られるような場サロンなのではないかと思っています。




〜忙しいときこそ、自分を主語にして考える〜



私には2歳と5歳の子供がいます。1年弱ずつ育児休職と取り、2人目の復職の時は、


フルタイムで復帰し、今もフルタイムで働いています。


慌ただしい毎日の中で、どうしても子供たちを優先に考えてしまっている自分がいたりします。


でも、たまには、特に忙しいときこそ「子供は●●したいのではないか」「子供のためには〇〇すべきでは」


ではなく「私は△△したい」と自分を主語に自分の想いに向き合ってみることもとても重要だと思います。



自分の今の気持ちに気づかせてくれ、自分を主語に話せるのも、このサロンならではだと私は思っています。




〜どんなきっかけでも大歓迎〜



育休復職後の働き方でもやもやがある、子供はいないけど母となってはたらくについて考えてみたい、


仲間とつながりたい、話を聞いてもらいたい、聞きたい、サロンの内容に興味があるから出てみた・・・など


きっかけは何でも大歓迎です!


皆さまにこのサロンの場は開かれていますし、私たちはサロンにいらっしゃる方を心を込めてお迎え致します!




さてさて、今日の本題です。



荒川・足立チームの第6回次回サロンは荒川区町屋にて開催です!


開始も15時半からと夕方三日月のサロンです!!



今回はどんな出会いがあるかな?とメンバー一同ワクワクしながら準備を進めています。


みなさまのご参加を心からお待ちしています!



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


【NECワーキングマザーサロン 11/25(日)@町屋】


 ※荒川・足立チーム第6回サロン


◆日時


日時:11月25日(日)15:30〜17:30(開場15:15)
※サロン終了後飲み会(任意参加)も企画しています。受付メールでご案内しますので、こちらのご参加もぜひご検討くださいわーい(嬉しい顔)ビール


◆場所


町屋ふれあい館


町屋一丁目35番8号



◆アクセス


京成線・千代田線 町屋駅から徒歩7分(千代田線は2番出口です。京成線の出口は1か所です。)






◆参加費


500円


※資料として「マドレ式・ワーキングマザーの教科書」をお渡しします。



◆対象


「母となってはたらく」ことを語り合いたい女性。

既婚/未婚、出産経験の有無は問いません。


学生、就労中、育休中、専業主婦、立場や肩書は関係なくどなたでも大歓迎です。


そして、初参加の方も、リピーターの方も、同じようにご参加できます。



◆定員


10組程度


※生後210日以内のお子さまと同伴での参加が可能です。


今回のサロンでは2018年4月29日以降に生まれたお子さまは同伴可能です。2018年4月28日までにお生まれのお子さまは、信頼できるかたにお預けになって、単身でご参加下さい。



◆お申込み


満席のため受付を終了しました。



◆お問い合わせ


WMS荒川・足立チームまでメールでお問い合わせください。



(文責:矢部 いづみ)