CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年09月28日

【開催報告_東京都葛飾区】9/17(月)第2回押上サロン開催しました!

こんにちは。NECワーキングマザーサロン 葛飾チームの船戸です。

9月の1回目の3連休の最終日、葛飾チームの第2回サロンを開催しました。
会場は、押上駅前のSORAスタジオ。葛飾チームと言いながら早々に葛飾区から飛び出してしまいましたが、マドレボニータ産後ケア教室と同じ場所なので、産後ケア教室に参加したことのある運営メンバーにとってはホッとする空間なのですハートたち(複数ハート)

katsushika0917_4.jpg
↑運営メンバーめぐりん作の即席ウェルカムボードひらめき愛がこもってます!

今回は、7名の方に参加いただきました!葛飾チームのサロンで初の赤ちゃん連れの参加者も!さらに、間も無く産休に入る産後ケアインストラクターのゆうちゃんも来てくれましたよ〜るんるん
katsushika0917_1.jpg
↑前のめりなゆうちゃん(右)

katsushika0917_5.jpg
↑シェアリング中に赤ちゃんを抱っこする、我らが進行役のよっしー。生後210日以内なら、赤ちゃん連れでも安心して参加いただけますよ揺れるハート

今回、私はサロン前半は外から様子を見守っていたのですが、「〇〇の母です」ではなく、自分の名前と「産後○ヶ月です」という自己紹介から、徐々に場の緊張感がほぐれていく様子を見て、じんわりと心が温かくなりました。

全体シェアリングからは、私も会話に合流させてもらいました。

話していると、みんな、大なり小なり悩みを抱えているのがよくわかります。
そして、話しても答えが出ないこともある。

ただ、

うまくまとまっていなくても、
面白いオチがなくても、
言っていることが仮に矛盾していたとしても、

「うんうん、そうだね」と、あるがまま、自分の言葉を受け止めてもらえます。
サロンでは、「こんなこと言ったら変な人って思われるかもしれない」「うまくまとまらないかもしれない」という、コミュニケーションの「かもしれない運転」をする必要はないのです!


最後に進行役のよっしーが言っていたのが、

「悩みなくまっすぐ突っ走れる人生も良いけれど、悩みを楽しみながら過ごせることはもっと素敵なんじゃないかな」

ということ。

思うまま、感じるままに言葉を発する。
相手の言葉に耳を傾け、丸ごと受け止める。


その繰り返しが、「悩みを楽しむ」ことにつながるような気がしている今日この頃です。


さて、間もなく10月。復職とか、(家族の)異動とか、何らかの区切りを迎える人も多い時期かと思います。区切りがあってもなくても、「ちょっと今の気持ちや考えを整理したいな」、「改めて『母となってはたらく』ことを考えてみたいな」あるいは「葛飾チームのメンバーに会いたいな」という方、ぜひ、亀有で開催する次回サロンに遊びに来てくださいね。

--------------------------------

《10/7(日)14:00〜 @亀有地区センター》

●日時
2018年10月7日(日)14:00〜16:00(開場13:45)

●会場
亀有地区センター 大広間
(東京都葛飾区亀有3-26-1 リリオ館7階)

●アクセス
JR常磐線 亀有駅下車 南口から徒歩1分

●参加費
500円
※資料として『マドレ式ワーキングマザーの教科書』(A5判冊子)をお渡しします

●対象
就労、未就労、学生、社会人、未妊、既妊問わず「母となってはたらく」ことについて、考え、語り合いたい女性

●定員
10組程度
※生後210日までのお子さまに限り、同伴可能です。
今回のサロンでは、2018年3月11日以降に生まれたお子さまは一緒にご参加いただけます。
2018年3月10日までに生まれたお子さまは、信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。

●お申込み
お申込みはこちらから
※絶賛受付中ですexclamation

●お問合せ先
葛飾チームまでメールでお問い合わせください
katsushika@madrebonita.com

katsushika0917_3.jpg

(文責:葛飾チーム 船戸理絵)