CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年09月05日

【栃木】9/2(日) 第4回サロン開催報告

こんにちはるんるん
NECワーキングマザーサロン(以下サロン)栃木チームの永井美衣です。
9月2日(日)に、さくら市で栃木チームの第4回サロンを開催しましたぴかぴか(新しい)
20180901_1.jpg
(1番右端が私です)

さくら市では初開催、宇都宮市だと少し遠いと感じるけど、という方や、なんと2年越しでやっと参加出来た、という方にもご参加頂けて嬉しい限りでしたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
改めて、サロンを必要としている人に届きますように、と感じました。

サロンでは、簡単に自己紹介した後、Good&Newというワークをやります。
私はこのGood&Newというワークが大好きなのですが、
やる度に、自分の関心ごとが変化している事が客観視出来て、本当に面白いな〜、と思います。
例えば前回は食べ物の事ばかりだったけど、今回は子供の事ばかりだったなぁ、とか、仕事の事が多いな、等々・・・
このようなワークを通して、サロンには短時間でも楽しく、“自分の気持ち”におもいを馳せられるような仕掛けが施されています手(チョキ)

そしていざ、「母となってはたらく」について、“人生・仕事・パートナーシップ”の切り口から
まずは1人で自分の希望についておもいを馳せ、その後2人組になって話をします。
「今日は、人生について話します」
なんて言って話し始められる場は、他にはなかなかない、貴重な場だな〜としみじみ思う瞬間です目

2人で話をした後には、シェアリングと言って、その場にいる全員で、感じた事や聞きたい事などを
“話したい”
と思った人から発言して行きます。

「母となってはたらく」
ことについて、自分のおもいを客観的に見る/見られる事で、新しい気付きと出会える、そんな時間になります。

20180901_2.jpg
(シェアリングの様子)

その中で私が今回改めて感じたのは、「母となってはたらく」というのは、「1+1=2」のような、明確な答えはないんだな、ということです目

例えば、“自分の両親が共働きだった”という事実に対して、
“寂しかった”
と感じていた人もいれば、
“両親共働きでありがたかった”
と思う人、
“育った環境がそうだから、両親とも働く事が当たり前だと思っている。”
と感じている人。

「自分がそう感じていたから、子供もそう感じるだろう。」
と思いがちだけど、感じ方は人それぞれ。背景も人それぞれ。
自分、パートナー、子供、親・・・、立場や環境だけでは、“どう感じるか”なんて分からない。

言われてみれば確かにそうだけど、なかなか自分1人では気付けない事かもひらめき
と思いました。

サロンに参加した事が
「私は、どうしてそう感じていたんだろう」
と言う風に、また更に“自分のおもい”を掘り下げていくきっかけになったら嬉しいし、私も気付きを得られた充実した時間だったなーグッド(上向き矢印)と思います揺れるハート


次回サロンは宇都宮市で、9/14(金)の開催です。

運営メンバー一同、安心な場をつくってお持ちしておりまするんるんるんるんるんるん

(文責:永井美衣)

◆今後の開催予定:
9/14(金)10:30-12:30 パルティ とちぎ男女共同参画センター
⇨ 詳細はこちら

10/21(日) 9:30-11:30 宇都宮市男女共同参画推進センター アコール
(詳細準備中)

11/11(日) 9:30-11:30 宇都宮市まちづくりセンター まちぴあ
(詳細準備中)

◆参加費:500円(資料代として)
※当日は使用しませんが、今後の参考資料として『マドレ式ワーキングマザーの教科書』(A5判冊子)をお渡しします

◆対象:「母となってはたらく」ことを語り合いたい女性ならどなたでも歓迎です。
既婚・未婚・出産経験の有無は問いません!就労中・育休中・専業主婦・自営業・会社員 どんな立場でも参加可能です。

◆定員:10組程度
※生後210日までのお子さまに限り、同伴可能です。

◆問い合わせ先:
栃木チーム(tochigi@madrebonita.com)までメールでお問い合わせください。



宜しくお願いしまするんるん