CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年08月10日

【開催報告】7/8 練馬区石神井公園 第1回サロン

こんにちは、はじめまして。

NECワーキングマザーサロン、東京西チームのメンバー宮ゆいと申します。

記念すべき、第1回サロン開催しました!


第1回東京西チームサロン開催報告


36765335_10216350043445787_3518443775888195584_n.jpg


*7/8(日)に開催された石神井公園サロン参加者の皆さん。じっくり話してすっきりしたお顔が印象的!


開催告知ブログでも書かせてもらったように、両立不安を抱えている人がたくさんいるんだと実感しました。

育休中にふと、、
「復職したらどんな生活が待ち受けているんだろうか?」
誰もが少なからず考えることだと思います。

そんな漠然とした不安が、産後だと精神的にも回復をしていないので、
大きな不安になってしまうものです


育休中だと、育児と家事だけ、
復帰したら育児も家事も仕事もこなさなきゃならない、今より時間がなくなるし、どうすればよいのだろう?

悩んでおられる方がいたら、
その一番の処方箋は、時短でもライフハックでもないんですという投げかけをしたいです。

お子さんも家庭も、パートナーがいませんか?
そもそもお子さんはあなた一人が背負い込むものなの?

自分の夫や、家族、もしかしたらシッターさん、ファミサポさん??
シェアできる人がきっと身近にいますよ。

 
育休が終わって、生き生きと社会で活躍している女性がたくさんいます。

この東京西チームのメンバーも、苦労はあるけど
子どもを育てながら人生を、仕事を楽しんでいます。

たしかに、子どもとの時間は少なくなるけど
周りの人や保育園と協力して、子どもを大勢で育てていけば、

あなたは自分の時間を捻出でき、体力・気力も回復していき、もっと多くのことができるようになります。
そして、子どもはどんどん自分でできることが増えていきます。
いつまでも、あなたの腕の中にいるわけではないのです。


そして家庭のパートナーである、夫は女性より時間がかかるかもしれないけれど
子どもがコミュニケーションを取れるようになってくる頃には
父としての自覚が芽生え、あなたからの働きかけがあれば、より早く育児も担うようになっていきます。
夫には期待しないわ!と諦めず、育児に家事に参加できるように、環境を整えてあげて!いくら家事能力が高いからと言って夫の入り込む余地も残してあげてくださいね。やりすぎは禁物ですよ。


「子どもは母にしかなつかない」とどこぞの政治家が言いましたが
そうではない!!と多くの反論がありました。

よりコミットした方になついていくと実証済みです。
我が家では寝かしつけを夫が毎日やった結果、一緒に寝るのはパパです。


諦めずに、子どもと関わっていくことで、より愛しい存在になっていくと思うのですぴかぴか(新しい)
36818239_10216350051325984_4043924413144367104_n.jpg



世の育休女性たち、復職した女性たち、がんばれ!!

私たちは引き続き、初対面でも話しやすいメソッドも取り入れ、存分に語れる場を作ってお待ちしています。




【東京西チームのサロン開催一覧】

●7/8 (日)PM@石神井公園 開催報告 
●8/5 (日)PM@花小金井  開催報告
●9/1 (土)AM@ひばりヶ丘 開催報告
●10/20(土)AM@上石神井  告知記事
・11/17(土)場所調整中
・12/9 (日)場所調整中
※今後の予定は、詳細決まり次第ブログでお知らせいたします★
※平日での追加開催も検討中です★

◆お問い合わせ

WMS東京西チームまでメールでお問い合わせください。

〔メールアドレス〕tokyowest*madrebonita.com(*を@に変えてお送りください^^)


(文責:東京西チーム 宮ゆい)