CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年06月14日

【東京西】7/8(日)第1回サロンのご案内

はじめまして。
NECワーキングマザーサロン東京西チーム 運営メンバーの宮ゆいです。
「働き方改革」が喫緊の課題となっている広告代理店(でしか)勤務(したことのない)17年目の2児の母です。


私はこの活動を始めて4年目になりますが、
毎回違うメンバーと新しいチームを作って運営していることが自分の視野を広げてくれるので、結果、励ましになっていて、地道に続けています。

画像調整済み.jpg

(キックオフ時の写真。左うしろがわたしです。)


東京西チームメンバーは進行役のさよりん(金子小夜子)を含む7人。
練馬、西東京、小平、杉並といった地元の女性が集まりました。
半年間、東京の西側(主に西武新宿線沿線)でサロンを開催していきます。

ところで、先週発売の東洋経済では、特集が「共働きサバイバル」だったようです。
https://premium.toyokeizai.net/articles/-/18191

IMG_2464.JPG

内容を見ると、
「働き方改革の実現へカギを握るのが共働きを続けやすい社会の仕組みづくり。だが、仕事と家事・育児の両立にみんな悩んでいる。」とあります。

私は、そんな悩んでいる女性の皆さんが陥っているのが
働く女性の支援事業を行っているスリール株式会社の堀江さんも特集の中でおっしゃっている
「両立不安」
だと思います。

つまり、あれこれ考えて、「私には無理なんじゃないか?」という不安を感じて
一歩踏み出せない状況です。
妊活、保活、復職、再就職、昇進、、、いろんな場面で働くと子育てには壁が立ちはだかります。

が、解決策はなんでしょうか??
私は、言いたいです。
まず百聞は一見にしかず。当事者と語りましょうよ。


知る、という行動からスタートしませんか?

あれこれ自分だけ考えて、想像で無理と決めつける前に
本当にそうなのか?と疑ってみてください。


わたしも実は当事者として、
この特集のタイトルについても「サバイバルなんて、、、そうでもないよ」って思います目

そんなあなたに、おススメなのが「NECワーキングマザーサロン」なんです。
あなたが何を不安として感じているのか?自分でも分からなくなっていませんか?
サロンはじっくりあなたの言葉を受け止めてくれる安心安全な場です。
否定されることはありません。


【「母となってはたらく」ことについて、考え、安心して語ることのできる場】
であるワーキングマザーサロン。
母となって働くには、1回きりではなく、何度も壁がやってきます。
色んな方が集まり、今の自分の状況や気持ちを整理できる場です。

みなさまのご参加をお待ちしています!!


【NECワーキングマザーサロン 7月8日(日)@石神井公園】

◆日時:2018年7月8日(日)13:30〜15:30(開場13:15)

◆会場:男女共同参画センターえーる・和室大(練馬区石神井町8丁目1番10号)

 アクセス:西武池袋線「石神井公園駅」西口下車徒歩6分
西武バス「石神井庁舎前」バス停下車徒歩5分

◆参加費:500円
※資料として『マドレ式ワーキングマザーの教科書』(A5判冊子)をお渡しします

◆対象:「母となってはたらく」ことについて、考え、語り合いたい女性。
ワーキングマザー、育児休業中の方はもちろん、専業主婦の方、学生さん、どなたでも大歓迎です!既婚・未婚・出産経験の有無は問いません。

◆定員:10組程度
※生後210日までのお子さまに限り、同伴可能です。
今回のサロンでは、2017年12月10日以降に生まれたお子さまは一緒にご参加いただけます。
2017年12月9日までに生まれたお子さまは、信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。

◆お申込み:こちらから
※6月15日(金)より受付開始

◆お問い合わせ:tokyowest@madrebonita.comまでメールでお問い合わせください


(文責:東京西チーム 宮ゆい)
【WMS2018_東京西の最新記事】