CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年06月03日

★チーム紹介★ 北見チーム

2018年度第10期の北見チームを紹介します。
堂藤友世が進行役となり、北海道北見市を中心とした地域でNECワーキングマザーサロン(以下サロン)を開催していきます。

※五十音順

加賀 裕野
北海道北見市在住。家族は、夫と6歳と1歳の男の子がいます。昨年サロンに参加して、自分に向き合いそれを人に話すということがとても新鮮で刺激を受けました。今度は、その運営に関わりながら、更に自分と向き合い、安心して話せる場づくりを勉強したいと思っています。多くの学びと経験が、今後の生活にも必ず生きてくると思うので、この貴重な時間をチャンスにしたいです。よろしくお願いします。

金一 和美
5歳と3歳の男の子の母です。現在専業主婦です。昨年運営メンバーとして参画し、自分自身を見つめ直す場、新しい気付きをもらえる場がサロンでした。今年も新たな出会いやメンバーとの時間の中で、どんな自分を発見できるのかすごく楽しみです。そして参加してくださるみなさんにとって素敵な場作りをしていきたいと思います。

川尻 沙織
昨年度約1年間の単身赴任を経て、4月から北見市内で働き始めました。WMSは参画4年目となり、今年度は北海道にも、北見チームのほかに札幌チームが誕生し、ますます盛り上がっていけそうでワクワクしています!地域で安心して話ができて仲間ができる場を作っていけたらと思っています。サロンでの出会いを楽しみにしています!

北 友
夫の転勤で北海道北見市に引っ越して6年目、一児のママです。転勤族の妻なので、自分が納得できる仕事を探すのを諦めていましたが、NECワーキングマザーサロンに参加して、いろいろな働き方があることを知り、枠を広げてもらうことができました。知らない土地で子育てしている方へ、北見にはこんな素敵なサロンがあるよ〜と伝えたいです.

櫻井 由美子
夫と2歳の娘と、北見市で暮らしています。出身は横浜市で、夫の仕事の都合で4年前に北見にやってきました。サロンに参画して今期が3年目になります。もともとは何をするところなのかもよく分からないまま「なんだか面白そうなひとがいるから行ってみよう」という興味本位で参加したサロンに、まさか3年もボランティアで関わることになるなんて思ってもみませんでしたし、昨年は進行役も経験させて頂きました。
3年前も今もわたしは専業主婦です。サロンには私と同じように専業主婦の方もたくさん来てくださいます。もちろんいま働いている方や、産・育休中の方もいらっしゃいます。心から共感できることもあれば、わたしとはこんなに考え方がちがうひとがいるのかと驚かされ自分の物の見方を改めて知る場面もある。その場に集まるみなさんとの化学反応が毎回面白くて、わたしはこうしてサロンの運営メンバーを続けています。今年もどんな出会いがあるのか楽しみで仕方ありません。働いていてもいなくても、出産していてもしていなくても。どんな状況でも大歓迎です。まずはメンバーに会いに来てみてください。お待ちしています!

堂藤 友世≪進行役≫
津別町在住、夫と2才の息子との3人家族です。この春から夫の家業である農業の仕事をしています。産前は別の職業をしていましたが子どもを産んだことを機に転職しました。この決断を前向きにできたのもNECワーキングマザーサロンに参加や参画をして、「自分の本当にやりたいことは何か」を自問自答し言葉にしてきたからです。私は出産直前まで別の地域で働き、産休に入ってからオホーツクに引っ越してきました。産後は社会と切り離されたようなさみしさを感じていましたが、サロンの活動を通してたくさんの地域の仲間に出会い、語り合えたことで今は生き生きと生活できています。今年度もサロンが安心して自分のことを語れる時間になるようチームで力を合わせていきます。ぜひ、足を運んでください。お会いできることを楽しみにお待ちしています。

千葉 香緒里
「子育ても、仕事も、みんなで考えながらやるとどんどん楽しくなる!」私は3歳の長男出産後、自社の先輩ママに混ぜてもらい、子育てのことや復帰後の仕事のことを相談させてもらったことで充実した毎日を送ることができました。もっと社外にもこんな空間が広がってほしい!なにかできないか?と思っていた時に出会ったのがWMSでした。もっと母たちがイキイキできるように!をみなさんと実践していきたいです!

西村 美由紀
夫、2歳の息子、5月に出産ばかりの娘の4人で暮らしています。昨年参画する中で、サロン参加者が、話す内にどんどん輝いていく様子を見て、「サロンの場って素敵だな」と改めて思いました。自分自身も信頼できる仲間づくりをしながら、安心安全な場づくりができればと思っています。よろしくお願いします。

平野 聡恵
昨年度は1年マドレオホーツクの活動をしてきました。メンバーがそれぞれの持ち場でできることをできるときに、持ち寄りながら活動している連帯感がすごく心地よく、自分の生活も充実感がありました。また、何かを作り上げる楽しさも感じて、これまでの生活にはなかった嬉しさもあり、サロンの運営にも興味を持ちました。これから色んな人の話を聴きながら、いろいろな価値観に触れながら学びも得たいなと思います。また、マドレオホーツクでは広報活動が自分の強みであると、ほかのメンバーから教えてもらったことで自身になったので、サロンメンバーでも広報にもかかわっていこうと思います。

渡辺 寛子
大空町女満別出身、今も女満別に住む、3歳の女の子の母です。想いを言葉にするのは苦手ですが、話し始めると自分が一番引っかかっていることに気づいて涙が出ることばかりで、貴重な場だと思っています。参加者の皆さんにも安心して話のできる場所を作っていきたいと思います。家庭や仕事のことなど、みなさんと一緒に考えていきたいと思っています。よろしくお願いします。