CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年06月02日

★チーム紹介★東京西チーム

2018年度第10期の【東京西チーム】を紹介します。
金子 小夜子が進行役となり、東京都西東京市 周辺(小平市、練馬区)を中心とした地域でNECワーキングマザーサロン(以下サロン)を開催していきます。

※五十音順

牛山 泉
練馬区在住。4歳の娘と夫との3人暮らし。障害者施設で生活支援員をしています。
2013年に産後1か月で初めてサロンに参加した時、薄っぺらい話だけにならず、安心して自己開示できるような仕組みになっていることに驚きました。2016年に進行役をやり「自分を生きる」の姿勢を共有できるメンバーと、地元で場作りできることの嬉しさを味わったので、今期も応募しました。参加者の皆さんと作る時間が楽しみです。

小澤 真未
練馬区に住んでいる男児2人(4歳・2歳)の母です。初めてサロンに参加したのは2人目の育児休暇中でした。「自分」を主体として話をするということが産後なかったのでとても新鮮でした。そして、運営メンバーの方々がイキイキしていて憧れになりました。そしてやってみたいなぁと思い手を挙げてみました!!みなさまがイキイキとなるよう自分がイキイキとできるよう頑張りたいと思います!!よろしくお願いします☆

金子 小夜子≪進行役≫
夫と2歳の娘と0歳の息子と4人暮らし。結婚して夫の地元、西東京市に来て4年目になります。
第一子出産後、サロンに参加したことをきっかけに働き方を大きく変え、仕事人間を脱却!時短勤務を選択しました。この4月から子どもが2人になっての2度目の復職。ますます時間は限られる中、日々もがきながら再び働き方を模索中です。
昨年第二子を出産、育休中に改めて感じたのは母となった女性が自分を主語に話せる場がとても限られているということでした。もっとたくさんの人が語りあい、つながれる場所があったらな。という気持ちがムクムクと湧いてきて、進行役になってサロンを開催しようと思い立ちました。「母となってはたらく」を安心して語り合える、ホッと出来る場所をメンバーと一緒につくっていきたいです。ご参加お待ちしています。

斎藤 優子
3歳と1歳の姉妹の母です。2017年4月にフルタイムで復職後、家族のこと、仕事のこと、自分のことで、失敗したり、「これでいいのかな」と悩む日々ですが、それを振り返る時間もうまく捻出できないことにモヤモヤ・・。サロンでは皆さんのお話を聞き、刺激を頂きながら、自分の思いも見つめ、考える大切な時間にしたいと思っています。たくさんの方にお会いできることを楽しみにしています。

酒井 亜希子
5歳、0歳3ヶ月の母です。今まで、フルタイムで働いており、結婚して10年、15年目で子どもを授かりました。育児休暇を取り、仕事中心の人生だったところから、平日にイキイキ趣味を楽しんだり、自宅サロンで特技を生かして自分の好きな仕事をしている方々がいたり、エクササイズを通して女性の体をみつめる仕事をしていたりする方々と知り合い、自分の仕事と違う世界で生きる方々の世界を知りました。自分自身も今後の人生をイキイキ生きたいと思っています。

鈴木 かおる
皆が少しずつ自分の力を持ち寄り、場作りをしていくこのプロジェクトがとても好きだということに気づき、3年目の参画を決めました。今年は地元で開催できることがとても嬉しいです!「できること」と同じように「できないこと」も大事に扱い、共有し、チームで協力して活動できればと思います。小平市在住、2人の男児(3歳、0歳)の母で、育休中。自分の気持ちと家族を大切にし、自身の「はたらく」(絶賛悩み中!!)ともじっくり向き合う期間にしたいです。

宮 ゆい
まさに育休中にWMSに参加した時、母としてどう生きていくかのビジョンがうっすら見え、行動するきっかけになりました。
それ以降、このプロジェクトを通じて、フラットに語り合える同じ志を持った仲間と出会い、つらいことも乗り越えてきました。こうして今、前向きに働いていられるのは、語り合える友がいてくれるおかげです。
今期は過去参画チームのメンバーが進行役に立候補したので、誰でも安心できるアットホームなチームを目指していきたいです★