CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年09月26日

【戸越銀座サロン開催報告】9月10日開催、湘南・目黒チーム第4回サロン

こんにちは。NECワーキングマザーサロン湘南・目黒チームの飯坂由弥子です。


残暑が厳しい中、戸越銀座にて7名の参加者とともに熱いサロンが開かれました。


今回も、元舞台役者であり進行役のあっかちゃんがアイスブレイクでせんだみつおゲームを取り入れてくれました。自己紹介やGood&Newが終わって、皆が少し場に慣れて緊張が和らいだあとのアイスブレイクだったので、みんなちょっとドキドキしながらも笑顔がたくさん出て、いっきに場が和みました。
9月10日サロン写真1.jpg

全体シェアリングでは、たくさんのお話が出ましたが、私が一番印象に残ったキーワードは「受け入れる」です。

仕事仲間だったり、パートナーだったり、自分とは違う価値観や考えを持っているその人自身を「受け入れる」。例えば、パートナーとの会話の中で、「どうしてこうやらないの?」とか、「なんでそんなにふうに思うの?」と言ってしまうことがあって、全くもって「受け入れる」なんてしていない、とふと気づきました。必ずしも自分と同じ思いであるとは言えないし、「えっそうなの?」なんて思うこともあるかもしれないから、正確に言うと「受け入れる」じゃなくて「受け止める」になると思うけれど、相手のことを理解しようとする気持ちが大切だとあらためて感じました。

9月10日サロン写真3.jpg

そして、もう一つが自分自身を「受け入れる」ということ。人から認められたい、弱みをみせたくない、失敗したくない、という思いはあって当たり前なのかもしれないけれど、そんな弱い自分を認めるのが苦手でした。20代前半くらいまでは、仕事を任されたら「やらなきゃ。できないっていうのはだめ。」というように自分のできないことを認めることは、簡単に諦めていることになるんじゃないか、みたいに感じてしまったりしていました。
でも、体調を崩したり、子供が生まれたりしていく中で、自分の体力の限界やできないことを実感して「こういう弱い自分でもよいか」とか「あー自分は人からこう思われたいって感じていたんだ」とありのままの自分も少しは受け入れられるようになってきた気がします。自分を認められる、受け入れられたところからまた次に進めるのではないか、と今は感じています。

「受け入れる」ということばはよく聞くけれど、今回のサロンは私にとってじっくり考える機会になりました。
ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

9月10日サロン写真4.jpg

晴れ今後の湘南・目黒チームのサロンのご案内晴れ

第5回サロン@自由が丘
こちらおかげさまで満席です。キャンセル待ちをうけつけております。
◆日時:10月1日(日) 9:45〜11:45

◆会場:緑ヶ丘文化会館 第8研修室(和室)
   目黒区緑が丘2-14-23
    
◆アクセス:東急線自由が丘駅徒歩7分

◆参加費:500円
 資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします

◆参加対象:「母となってはたらく」ことについて、
 考え、語りたい女性の方ならどなたでも!ご参加いただけます。
 育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、
 結婚・妊娠・出産の経験がない方でも、もちろんNECの社員の方でなくても、
 どなたでも大歓迎です!

◆定員:10組程度
 生後210日以内のお子様はご同伴できます。
 2017年3月5日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
 2017年3月4日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、
 単身でご参加ください。

◆お申し込み:コチラからお申込みください。
本サロンは満席となりました。
キャンセル待ちをご希望の方は、お申込みフォームにその旨を入力いただき、
送信をお願い致します。
受付担当より返信させていただきます。


第6回サロン@鎌倉 
◆日時:11月19日(日)9時45分〜11時45分

◆会場:鎌倉生涯学習センター(きらら鎌倉第3集会室)
  鎌倉市小町1-10-5

◆アクセス:鎌倉駅徒歩3分

生後210日以内のお子様はご同伴できます。
 2017年4月23日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。

※こちらは10月22日〜受付開始とさせていただきます。


(文責:飯坂由弥子)