CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«☆チーム紹介☆全体サポート【広報チーム】 | Main | ★チーム紹介★神奈川北・城南»
プロフィール

WMSプロジェクトさんの画像
WMSプロジェクト
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
リンク集
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/wms/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/wms/index2_0.xml
【広報チーム取材記】進行役実地研修(5/19〜5/20) [2017年05月21日(Sun)]
こんにちは!
NECワーキングマザーサロン広報チームです。
今期は、8名のメンバーで、サロンについて発信していきます。

最初の投稿は、全国各地の進行役が集合し、合宿形式で行う実地研修のレポートです。
(この研修は2017/5/19〜5/20の1泊2日で行われました)

研修1日目

午前中は公開講座で、運営メンバーも参加。
踊ってカラダづくりからスタートしました。
サロンは身体を動かすプログラムではないですが、身体感覚をとても大事にしています。

18556752_1282347165216803_8133102421256989225_o.jpg
一緒に体を動かすことで、会場の緊張感もほぐれました。

講座の主な内容は以下のとおりです。
・NPO法人マドレボニータの理念やミッション、ビジョンについて
・NECワーキングマザーサロンの目的
・なぜ「語る」「きく」なのか?
・安心・安全を高めるための、進行役のありかた
・人はなぜ「問題」を抱えるのか?そしてなぜそこに「きく」が効くのか?

18527978_1499767356765289_5140039065334305919_n.jpg
NECワーキングマザーサロンを主催しているNPO法人マドレボニータの思いを知るところから講義は始まります。

18582622_1499767396765285_4127103263519028406_n.jpg
続けて、NECワーキングマザーサロンを開催する目的を理解し、「サロンをどのような場にしたいか」をイメージしながら、サロンの進行で重要な「きく」と人の話の構造について学び、実践しました。

wms2017_1day2.png

研修2日目
とにかく実践!の時間。
笑いや、時には涙も交えつつ(自分の今の思いに気づき感極まる方も!)、熱のこもった雰囲気で進みました。

18595203_1283235778461275_1150862568688616472_o.jpg
今まで練習してきた進行を、輪になって何度も実践、その中で生まれた気付きや感想を、全体で共有します。

18595572_1283236148461238_1922363878635839315_o.jpg
このプロセスがとても大切で、この2日間、場を共にし、サロンをどんな場にしたいかを共有しあえたからこその、プロジェクト全体の一体感が生まれるのだな、と思いました。

この研修を支えているのは、プロジェクト本部、そして全体サポートメンバーチーム伴走の皆さん。
こちらもボランティアスタッフです。
engawa.png
縁側でみんなを見守っている、そんな本部を表現した写真です(^^)

研修、合宿の目的は、「サロンをご参加者が安心して話せる場にする」ため。
そのためには、まず進行役が安心した気持ちでサロンを開催することが不可欠です。
合宿では、身体を作り、頭だけでなく身体ごと感じ、聴くを学び、地道な練習を積み重ねます。
プログラム全てが目的に直結しているな、と感じました。

こうして、2ヵ月間のオンライン研修を終えた進行役候補の皆さんが、2日間の合宿を終了し、晴れて進行役としてデビューしました!

wms2017.png
皆さんの笑顔が眩しい!

これから、開催地区各地で、運営チームのキックオフが始まります。
そこで、チームごとに研修を受け、いよいよ、6月から11月まで、今年度は北海道から名古屋まで、13チームでサロンを開催していきます。
皆さま、どうぞお楽しみに!