CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ただいま進行役研修中!【栃木県宇都宮市・永井美衣】 | Main | ただいま進行役研修中!【群馬県高崎市・石井尚子】»
プロフィール

WMSプロジェクトさんの画像
WMSプロジェクト
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
リンク集
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/wms/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/wms/index2_0.xml
ただいま進行役研修中!【東京都杉並区・目黒友子】 [2017年04月21日(Fri)]
こんにちは。
第9期のNECワーキングマザーサロン進行役にエントリーした目黒友子です。
家族は、夫、長女(1年生)、次女(もうすぐ3歳)、長男(1歳)と私の5人で、第三子の育休中です。
IMG_9137.JPG

進行役の研修と同時に始まった新1年生や新入園児の新生活にやっと慣れてきたところですが、来週からは私自身の復職を控えており、ドキドキしているところです。そんな中でも、安心・安全な場所を作りたいという同じ志を持って進んでいく進行役の仲間がいてくれて、日々支えられながら研修の毎日を過ごしています。

【サロンとの出会い】
NECワーキングマザーサロンに参加したのは、第一子の産後の2011年なのですが、その当時の同僚から勧められてなんとなく参加しました。実はその時のサロンで出会った方が心に残っていて、今回のエントリーにつながったのですが、その話は後述します。
「母となってはたらく」というテーマについては、3度の妊娠・出産を通してマドレボニータの産後クラスやにんぷクラスに通っていたおかげで、何度も考えるきっかけを得て、そのたびに棚卸しができたのはとてもよい機会でした。

【どうして進行役に?】
大きくは三つあります。
一つ目は、サロンで出会った方の「その後」に出会ったことです。
私がNECワーキングマザーサロンに初めて参加したのは第一子の産後の2011年。その時、同じ場に居合わせた方が「本当はフードコーディネーターをやりたい」ということをふりしぼって語っていたのですが、その数年後、雑誌でフードコーディネーターという肩書で掲載されている特集記事をお見かけし、ちゃんと夢を叶えたんだなというのが心に強く残っていました。
あの時、あの場で葛藤しながら、自分の本当にやりたいことを言葉にされたことで拓けて行った道なのかなと想像し、同時に、あの場所が気持ちを出しても安心・安全な場所として存在していたからこそ、出てきた言葉だったのかなと思いました。

二つ目は、身近な人の話をもっとたくさん聞いてみたいなと思ったことです。
3人の子どもの産後を通してたくさんの母たちと知り合いましたが、仲良くなって話が深まってくると、モヤモヤしていることの話になり、仕事・人生・パートナーシップがキーワードなことがほとんど。
しかし、普段はそばに子どもがいるので、どうしても途中で中断せざるおえず、その話を最後までじっくり話したり耳を傾けたりできなかったりしてムズムズしていました。
遮られることのない安全・安心な場所で言葉にすることができたら、モヤモヤから一歩進んで方向性が見えたり、自分の棚卸のきっかけになるんじゃないかなと思い、ワーキングマザーサロンのような場所で、もっと身近な人の話をたくさん聞いてみたいなと思いました。

三つ目は、ひたすら話を聞くということは、人を動かす力があるんだなということを経験したからです。
夫が数年前にとても悩んでいた時期に、傾聴の人に話を聞いてもらったという出来事があって、それ以来、私の中で「傾聴」という言葉がキーワードとして残っていました。今回の育休中に受講した傾聴ボランティアの講座での経験を通じて、傾聴してもらうことでみるみる表情が明るくなっていく人たちを目の当たりにして、もっとこういった場をたくさん持ってみたいなと思ったからです。

さらに、サロンの場は、みんなで安心・安全な場所を作ろうという価値観の元にみんなで作り上げる場というところもとても魅力的で、私もその一員になりたいなと思っていました。

【運営メンバーを検討中の方へ】
私自身、サロンには参加者として参加した経験のみだったので、予備知識もない状態で飛び込んでしまい、基準がない状態です。ただ、自分のゆかりのある地域で、メンバーと一緒に、安心・安全な場所を作りたい気持ちはいっぱいなので、一緒に一からチームを作っていきましょう。
お会いできるのを楽しみにしています!