CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年12月23日

【北海道】ラストサロンご感想Part4【大感謝】

北海道サロン記事一覧→コチラ
【公式】NECワーキングマザーサロンとは?→コチラ

★☆★北海道チーム運営メンバーリレーブログ★☆★
みわっぺ編りかっち編えみ編みきてぃー編ひろ編ともみん編ゆみ編かりぞう編

こんにちは!!
NECワーキングマザーサロン北海道チーム運営メンバーのみきてぃー(田中未希)です。

告知もございまして、ひょこっと顔を出した次第であります←

さて、今回は11/26(土)に行われた、
第7回サロンのご感想第4弾でございます。

いつにも増して、沢山のご感想を頂きました。
本当に有難うございます。
是非、他の方のご感想も一緒にお読み頂ければと思います。
ラストサロンご感想@←クリック★
ラストサロンご感想A←クリック★
ラストサロンご感想B←クリック★

今回は、2名の方のご感想を同時に紹介しますね♪
第7回サロン集合写真.jpg

**********

【E様からのご感想】※一部抜粋
こんにちは!
遅くなりましたがサロンの感想です!
滑り込みで行けて良かったです!

2人1組でのワークでは
頭の中を整理することができました。
悩みはそれがわかれば目標になりますね!
あの手この手で取り組んでみます♪

あとは自分で決めるのが怖い。
という話はわかるな〜と思いながら聞いてました。

私は人にすぐ答えを求めてしまうところがあります。
『あなたの人生、私が決めたことでいいの?』
とお世話になってる方に言われてハッとしました。

今でも求める傾向ありありで、決めるのは本当に怖いけど
自分の人生のハンドル握っていこう。
と改めて思いました!
サロンに行けて本当に良かったです。

【さおりんによる返信】※一部抜粋
Eちゃん、おそくなりました!^^
感想メッセージありがとうございます♪♪

ほんとほんと、悩みはそれがわかれば目標になる!

正体不明のときは巨大に見えて恐ろしくっても、
正体を知ってしまえば、課題もはっきりして目標にできますよね。

当日サロンで要約への感動を話してくれましたが、ワークには色々な仕掛けがあって、
モヤモヤした正体不明なものに向き合えるようになっているなぁと思っています。


自分で決めるのが怖いという話、私もとても印象に残っています。

確かに、誰か決めてー!!となるときも多々あるんだけれども、
ハンドルって表現が!
Eちゃんのメッセージ読んで自分の車のハンドルだけ誰かに操作されてるなんて、怖いわ〜(笑)
と改めて思いました^ ^

うんうん、しっかり握っていきたいですね!
正解はないからこそ、自分がどうしたいのかが大切だよなーと思う日々です。

私からみたら、Eちゃんが
「人にすぐ答えを求めてしまう」
ってところがとても意外な感じがしました。

色々な人の意見を柔軟に取り入れられそうなのがいいな♪
とも思ったり。
またじっくりその辺のエピソードについてもお話聞いてみたい!^^

ほんとに急遽、ぱぱぱっと参加してくださって、ご一緒できてうれしかったです!
またお会いできる日を楽しみにしています♪

**********

【H様からのご感想】※一部抜粋

今回初めて参加させていただきましたが、
【参加目的】は、
自分の将来について子育て中の今からしっかり考えておきたいなと思い、
そのヒントを得るためでした。

【内容】
そこで、ペアワークでは“人生”をテーマに、
およそ10数年後の理想の自分の姿を話しました。
具体的には、今現在は、転勤族ですが、
二人目の子供が高学年になるころには、夫に単身赴任をしてもらい、
私と子供は札幌かどこかに定住し、
定年まで長く勤められライフワークといえる仕事をしているという姿です。

【気づき】

そのライフワークを見つけるためには具体的にどうしたらいいのか分からない
というのが悩みだと思っていましたが、
帰ってからサロンでのことを反芻した結果、それとは他に心のモヤモヤに気づきました。
それは専業主婦の自分にプライドがないということです。
わたしは育休中の人を羨ましく思う時があります。
それは“主婦”以外の肩書きを持っているからです。
結婚を機に夫の転勤があったため、私は新卒で入社した会社を辞めました。
その事に後悔はないのですが、子供を産んで母親になった途端にこれまでの自分が消えてしまい、
ただの母親という存在になってしまった
と感じることが多くあります。
それ故、「育休中」の人は同じ母親でもちゃんと他にアイデンティティがあるようで
(他者からそう見られる事にも)
羨ましいと思っています。
さらに、世の中の流れや現政権の政策の影響もあってか!?
産休や育休で子供を産んだ後も女性が働くことに関するニュースや話題をよく耳にします。
女性としてとても嬉しいことではありますが、
私としては余計に専業主婦でいることにモヤモヤや焦りを感じ、
時に罪悪感すら感じてしまうことがあります。

【これから】

そうは言っても子育て(7ヶ月)の日々と“家庭”の切り盛りに奮闘&楽しんでいるため、
しばらくは仕事をする予定はなく、モヤモヤ&罪悪感と共存していくことになるかと思います。
ですが、この感想を書いている中で、少し気持ちが整理されました。

【自分のきもち】
人生を通して常に理想の自分でいる必要はないと考えることにします。
その時々の自分の状態を楽しめているかに重きを置いてみようと。
そうすればひとまずモヤモヤとも仲良くできそうです。
とりあえず今は!!笑

☆最後に☆
今回、サロンに参加させていただき、自分と会話できたような気がします!
来年、また参加したいと思いました。
「とりあえず今は!」の気持ちが
半年ほど経ったところでどんな変化があるのかとても気になります。

とてもとても有意義な時間を過ごすことができました。子供のこと以外であんなに話したのは本当に久々でした!!


【えみちゃんによる返信】※一部抜粋
母親学級で出会ったHちゃんとサロンで再会できたこと、とっても嬉しく思います!

サロンのことを振り返ってくれた、Hちゃんのメールを読ませてもらい、
新たな発見をたくさんもらいました☆

【読みやすい!!】
Hちゃんのメール【話の流れ】が整理されてて、すごく見やすくて感動しました。
話し言葉でも書き言葉でも、何を伝えるか、内容はもちろんだけど
それをどう表現するか、伝え方とか見せ方って大切だなと思うのですが、難しいですよね。
私はすごく苦手で(T_T)
で、まねして【見出し】つけてみました(笑)

【今までの自分はどこに・・・】
Hちゃんが、
「子どもを産んで母親になった途端にこれまでの自分が消えてしまい、
ただの母親という存在になってしまったと感じることが多くある」
と書いてくれていましたが。
子どもと一緒にいると
「○○ちゃんと、そのママ」
という位置づけになり、話題も子供のことが中心になってしまいますよね。
子どものことなら気軽に話せても、母となったその人が
どんなことが好きなのか
どんな仕事をしてたのか
どんな人生を思い描いてるのか

とかってなかなか聞きにくかったり自分も話しにくくなっちゃうのはなんでなんですかね。

子どもの話もそれはそれで楽しいけれど、それしかしてないと、
自分はこうしたいとか
自分の人生これからどうしていきたいのか

ということを考えたり言葉にすることは、
意識的に取り組まないと置いてけぼりになりがちなテーマな気がします。

「○○ちゃんのママ」である自分も間違いなく自分だけど、
自分=○○ちゃんのママではなくて、
自分>○○ちゃんのママであることを忘れたくない
なーと思います。
そして、そういう「自分を主語に話せる」ところはワーキングマザーサロンの魅力だなと。

【どこを見つめて歩いていくのか】
Hちゃんが、
10年後の理想の自分として「人生」について話された
ということを聞いてはっ!としました。
そうだ、自分にも10年後があるんだ・・・と。
私は仕事に復帰してもうすぐ3か月ですが、
子どもは毎日10時間は保育園にいて10時間は睡眠時間で、一緒にいるのは残り4時間。

仕事も家事も育児もカツカツで、
明日かせいぜい数日先くらいまでしか見えない毎日を過ごしているうちに、
顔を上げることを忘れていたというか、
自分はどこの山を登っているのか
どこが頂上なのか
どっち向いてすすんでるんだか
わからなくなっていました。
何のために何してるんだっけ?
ていうか、何で働いてるんだっけ?
みたいな状況になってきていました。

でも、Hちゃんの未来予想図を聞いて、自分も10年後の未来を少し思い浮かべたとき

一直線じゃなくても、時々ペースダウンしても、
目指す方向に進んでいけたらいいな

時々顔をあげて遠くを見渡して方向確認しつつ、
目の前の風景も大切に楽しみながらすすんでいきたいな

もしかしたら途中で目指すところが変わることがあるかもしれないけど、
それもありだよな

と思うことが出来ました。

Hちゃんが言うように
「常に理想の自分でいる必要はない」し、
「その時々の自分の状態を楽しめているかに重きを置いてみる」だなと!!

いろんな立場の人が「母となってはたらく」っていう一つのテーマについて考えて話せるって面白いですよね。
よくも悪くも、どういう言葉をどういうフィルターにかけてどう自分に落とし込むかはその人次第ですしね。
そこもまた深堀していくと面白そうだなーーと思ったりします。

**********

今回のお二人の共通点は、
将来の自分を見据えた話をした
…という部分なのかなと、個人的には感じています。

私自身がシェアリングを行う時もこの結構タイプで、
自分の発言に覚悟を貰いに行くというか。

いや、
お二方には覚悟とかそういう部分はお聞きしていないので
勝手な事は言えないんですけどね(笑)。

私の場合は
『よーし、言ったからにはやってやる!!』
…という男前な感情が湧いて来るので、
選択肢すら見出せずにグルングルンしている時に
シェアリングを欲します。

あー。
今も結構サロンが恋しい…(´・ω・)

と、いう事で。

来年1/28(土)に行われる
ワーキングマザーサミットの
広報チームメンバーとして参画させて頂いております!!

当日私は参加出来ないのですが、
私の様に
サミットに興味はあるけど遠方で…
という方達や、
興味はあるんだけど今一歩が…
という方達の為に、
フワッとサミットの雰囲気を味わえる
あんなこんなな企画も練っていますので、
今後とも告知情報は
要チェックでお願いいたします☆

さー、
明日はまた
北海道チームメンバーが集まりますよ〜♪

勝ちに行く為に。何に

この様子はまた後日お届けしますので、
もうちょっと
北海道チームにお付き合い下さい♪



【NECワーキングマザーサロン2016の集大成がココに集結…っ!!】


第8回NECワーキングマザーサミット

◆日時◆
2017年1月28日(土)13:30〜16:30 (開場13:00)
◆会場◆
Impact Hub Tokyo イベントスペース
→東京都目黒区目黒2-11-3 印刷工場ビル1階
 https://goo.gl/maps/oLqS4tPzTwo
◆交通◆
JR・東急目黒駅 西口より徒歩10分
◆対象◆
どなたでもご参加いただけます
年齢・性別・職業・状況などに関わらず、「子育てしながら働くこと」に関心がある方。
生後90日以内(※2016年10月30日以降生まれ)のお子様は一緒にご参加いただけます。
◆参加費◆
500円
夫婦・カップル参加大歓迎!!
『産後白書2〜産後から考える働き方』をお渡しします。
※カップルでご参加の方には、『産後白書3〜産前産後のパートナーシップを語る』とのセットでお渡しします。
◆定員◆
70名
要予約/定員になり次第締め切り


◆◆◆第8回NECワーキングマザーサミット◆◆◆

サミットバナー.jpg

↑画像をクリック↑


お申込みはコチラ
↑コチラをクリック↑


問合せ:NECワーキングマザーサロン・プロジェクト
wmsalon.pj@gmail.com
主 催:NPO法人マドレボニータ
http://madrebonita.com/
協 賛:NEC
http://jpn.nec.com/community/ja/resources/mother.html
協 力:株式会社ここるく
http://www.kokoruku.com/

(文責 WMS北海道 田中 未希)