CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«※満席【北海道】11/5(土)サロンご感想A【11/26(土)ラストサロン!!】 | Main | 【開催報告】10/29(土)第8回サロン@杉並 阿佐ヶ谷サロン 開催しました!»
プロフィール

WMSプロジェクトさんの画像
WMSプロジェクト
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
リンク集
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/wms/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/wms/index2_0.xml
【全体サポート】アンケートの感想より(不安、悩み編) [2016年11月23日(Wed)]
全体サポートメンバー アンケートチームの柳沼です。
アンケートチームでは、サロンのご参加者に記入していただいたアンケートの内容をチェックし、集計しています。
今年のサロンは現在までにのべ600名以上の方が参加してくださっています。今回は一番キーワードの多かった「不安」「悩み」に関する感想をご紹介し、そこから見えてくる「サロンで湧き上がる感情や気持ちの変化」についてふれたいと思います。


不安なんです。でも日々の生活に忙しすぎて考える時間がないんです。
サロンのご参加者に参加目的を伺うと、3人に1人が「不安や悩みを解消したい」と答えており、実際にほぼ毎回のサロンで不安、悩みというキーワードをアンケートに書いてくださる方がいらっしゃいます。

「復職することにとても不安がある」
「育児と仕事の両立はとても課題に感じている」
「パートナー(夫)に対する悩みがある」
「二人目復帰について悩んでいる」
「漠然とした不安がある」


具体的な不安がある方もいらっしゃいますが、「なんとなく」「漠然とした」不安があるけどその正体がわからないという方もいらっしゃるようです。
そんな不安を抱えながら、サロンで2時間たっぷり自分と向き合っていくと、少しずつ気持ちの変化が表れます。


自分だけじゃない。共感。安心。
「不安」という言葉を挙げていた方も、まわりの人の話を聞くことで「共感」という言葉を口にしていきます。不安や悩みは誰もが持っているという事実に気付くことで、不安を共感や安心に変えていく力がサロンにはあります♪
共感に関してはこんな感想を頂いています。

「自分だけではないと思えたことが収穫」
「同じように悩んでいるワーキングマザーがこんなにいることを知っただけでも学び」
「同じ思いをかかえたりしていることを共感するだけで気持ちが楽になる」
「悩みを共有できてよかった」
「悩みを持ちながら働いている人がいるんだと知ることができたことがうれしかった」

当たり前のことですが、誰もが大なり小なり不安や悩みを持っているんですよね。サロンに参加すると、皆さんの不安な気持ちが自分のことを言ってるかのように感じ、首をブンブン縦に振ってしまいます。


新たな気づき
でも、共感して終わり、というわけではないのがサロン。自分の言葉で話す、他者の言葉を聴く、この2つを通して、皆さんが様々な気づきを得ている様子がアンケートからもわかります。

「自分の思いを口に出すことで気づいた部分もあった」
「自分の”やりたい”を言語化してみることで、それに対する不安や恐れにどう向き合えばいいのか?について整理できました」
「色々な方のお話を聞いて今の気持ちの整理が出来ました」
「人の悩みや考えを聞くことにより、自分の生活や気持ちを振り返ることもできた」
「全体シェアで話をきくことで、自分の希望や考え方の傾向に気付くことができたのが、収穫でした」
「自分が実は悩みを持っていること、それに向き合っていなくて気付かないフリをしてただけか!と気がついた」


さあ、これから私はどうする?
2時間のサロンで気づいたことを持ち帰り、次の一歩を踏み出そうとする意志を感じた言葉をご紹介します。

「自分の気持ちを整理することによって、自分が本当はどうしたいのか建設的な気持ちになることができた。不満や不安をグチだけではなく、解決していこうと感じた。」
「仕事をする以前の準備(夫とのコミュニケーション)が必要」
「今後自分がどうしたいか、どういうふうに子供を育てていくかを夫とともに考えていきたい」
「『自分がどうしたいか』という軸を持ち続けることで、少しずつ道が出来ていくかなと希望もわきました」
「きっとこの先もどんなステージも、悩みはつきないし、その時々どう選ぶかの連続が人生なので、自分の中の指針・コンパスを大事にしたいなと改めて思いました。」


皆さまのアンケートを読んで、
「不安や悩みは誰にでもあるけど、『自分は一体どうありたいんだろう、そしてどうしたいんだろう?』とこれからも考え続け、行動に移したい」
と強く思いました。
サロンが、一人でも多くの方の心の整理整頓をし、行動の変化をつくるきっかけになればと思います。

そして、アンケート担当としては、サロンご参加者の気付き、こうありたいという希望がその後どうなったのかがとても気になります。ぜひ「私はこんな変化がありました!」というその後のお話を聞かせてくださる方がいらっしゃったら、お知らせくださいね。

(文責:全体サポートアンケートチーム・蜿タ尚子)