CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年09月25日

【開催報告】9/22宇都宮@国本地区サロン開催しました。

こんにちは!
NECワーキングマザーサロン栃木チームの荒川静代です。

シルバーウィークの雨の中、
9月22日(木)に国本地区市民センターで開催されたサロンのレポートをお届けします。

今回のサロンは、栃木チームとしては5回目(そのうち3回目は台風で中止)で、
数日前にメンバーの体調不調と、また台風がくるのではというざわざわ感がありましたが
無事に開催することができました。

IMG_20160922_114836.jpg

この日の参加者さんは5名(赤ちゃんの参加は2名)。
進行役のゆきちゃん以外の運営メンバーは、私一人でしたが、
ゆきちゃんからの「3つのお願い」と、マドレ卒業生のかたも何名かおられましたので
バランスボールを使ったり、声を掛け合ったり、見守ったりの穏やかなサロンに
なりました。

IMG_20160922_112529.jpg

全体シェアリングでは、

「職場復帰が11月からなのだが、まわりからの心無い言葉におれそうになる」

「フルタイムに戻して働いてはいるが、最近部署移動の話がでてきて子供のケアまで手が回るか心配」

「時短で復職したいけれど、周りの目がきになる」

「初めての妊娠で仕事も思うようにできずおいていけぼり感かあったが、出産して世界がかわった」

という、働く母としての悩みが聞かれ、涙を流す参加者さんが多数おられました。

じゃあ、パートナーにはそういう話はしてみたのかな?という流れになって
ある参加者さんが、「夫には期待していない」とはなしたところ「それでは一緒にいる意味がない。寂しい。」
と話し合いになり、軌道修正のきっかけになった。夫も子育てを一緒にしたかったんだという
ことがわかったと話してくださいました。

別の参加者さんは
「夫が、職場で妻とはたくさん会話をしたほうがいいよと薦められて、
妊娠中から色々話をしてきて、産後はとても穏やかにすごせている」
と感動するお話が。
そこからずっと、濃いパートナーシップの話になり、一緒に子育てしたいんだと思える発見があったというお話をしてくれる方もいて
母ひとりで、仕事や、子供や、家事の立ち回りをかんがえる必要はないんだなーと
感じました。

最後に参加者さんの一言で
「仕事や子育てどうしようの中の奥にはパートナーシップがひそんでいることがわかってよかった」

という言葉がとても印象的でした。

FB_IMG_1474642905073.jpg

最後に参加者さんとランチに行きましたが
宇都宮は車社会ということもあり、ランチマップを作製したものを
お渡ししましたよ!
後ろのガーゼマットは私の即席お手製マットです。w


次回のサロンは宇都宮を飛び出して出張開催となります。



★NECワーキングマザーサロン@栃木 第6回


◆日時◆


2016年10月23日(日)10時00分〜12時00分


◆場所◆

足利市子育て支援拠点事業

しゃんしゃん広場

https://goo.gl/kXmNyf



◆参加費◆

500円


※資料として

『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』


をお渡しします。



◆参加対象◆

「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい女性の方ならどなたでもご参加いただけます。


育児休業中の方、専業主婦の方、

ワーキングマザー、学生さん、

結婚・妊娠・出産の経験がない方、


どなたでも大歓迎です!


◆定員◆

10組程度


※生後210日までの赤ちゃんは一緒にご参加頂けます。

(2016年3月27日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加頂けます。

2016年3月26日以前にお生まれのお子様は信頼できる方にお預けになり、

単身でご参加下さい。)




◆お申し込み◆

※9月23日(金)より申込受付開始いたします。


 こちらの専用フォームからお申し込みください。



メールお問合せ:WMS栃木チームwms8tochigi@gmail.com


文責:荒川静代